心膜炎 (Pericarditis)の最近のブログ記事

Efficacy and safety of colchicine for treatment of multiple recurrences of pericarditis (CORP-2): a multicentre, double-blind, placebo controlled, randomized trial. Imazio M, et al. Lancet published online March 30, 2014.

僕はあまりお目にかかったことは無いのですが、原因は何であれ、心膜炎を何回も繰り返す患者さんがおられるそうです そう言えば 当科にもおられるとのことです そのような患者さんは現実問題として心嚢水が貯留するために、入院、排液を繰り返さねばなりません

これに対して、これまではアザチオプリンによる免疫抑制、ヒト免疫グロブリンの大量投与、IL-1受容体拮抗薬 (Anakinra)、あるいは他の免疫抑制剤投与が行われたり、場合によっては、外科的に心膜切除を行うことも行われてきました

この論文では、痛風発作に対して古典的には用いられていたコルヒチンを投与して、再発を防ごう、という試みです

240例の該当患者さんを 1:1 に無作為化し、コルヒチンを投与するか、あるいはプラセボを投与するか比較されましたが、18ヶ月までの経過観察において、心膜炎再発率に対する Hazard Ratioをコルヒチン投与群では、プラセボ群に対して 0.46 (95% CI: 0.30 - 0.72)に抑制されました 心配な副作用に関して、両群で有意な差は認められませんでした

うーん 何で高窩がるのか良く分かりませんが、居ずにしても ESC guideline 2004ではコルヒチンが再発性心膜炎に対する一次的治療法として推奨されているようです 今回は、多発再発性心膜炎に対しても有効性が示唆された、ということでした 何だかこんな安価な薬で有効であれば素晴らしいですね

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち心膜炎 (Pericarditis)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは冠動脈ステント植え込み術 (Coronary Stenting)です。

次のカテゴリは慢性完全閉塞 (CTO)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。