統計学 (Statistics)の最近のブログ記事

Endovascular Treatment of External Iliac Artery Occlusive Disease: Midterm Results. Suero SR, et al. J Endovasc There 2014; 21: 223-229.

多分みなさんがた普通に EIA (外腸骨動脈)病変に対して、血管内治療を行っておられると思います そして、その有効性に関しては何ら疑問を呈していないと思います この論文は、連続した 99例の外腸骨動脈に対する血管内治療の中期予後 (Median = 27.5ヶ月) について後ろ向きに検討したものです

結果は、外腸骨動脈病変のTASC A/Bに関しては、血管内治療は素晴らしい成績を示すが、外腸骨動脈の遠位1/3に病変があると、予後はそれ以外よりも良くない 特に covered stentを用いた症例は予後が悪い というものでした

まあ何れにしても外腸骨動脈の病変に対して primaryに外科的手術という選択は既にあり得ないでしょうね まあ当たり前といえば当たり前の結果でした

ところで、論文中の Figure 1においては、ROC curveが書かれています そして、病変長 60mmと、ステント長さ 80mmが cutoff値としているのですが、その AUCがそれぞれ 0.65と 0.61なのですよ これっていいのでしょうか? ROC curveの AUCは別名 C statisticsとも呼ばれる値であり、それをカットオフ値の検出に用いるためには、少なくとも 0.8以上無いと意味が無いように聞いているのですが・・・
0.6なんて、要するにこの Figure 1でもそうですが、特徴無い曲線であり、そこからカットオフを取り出すなんてどう考えても無理ですよっ!!


お久しぶりです 色々とバタバタしたり、精神的ショックなどのため、そして Qt programmingにハマり込んでいたり、安倍首相御一行様と同時にしかし、別にメキシコに入り、メキシコ政府保健省からこれまでの貢献に対する感謝状を贈呈されたり、保健省局長と今後の政府間プロジェクトの詳細について話しあったり 要するにそんなこんなでサボっていました これから頑張ってまた uploadします!! 約束し 宣言します という訳で まずは今朝の抄読会から

Drug-Coated Balloons vs. Drug-Eluting Stents for Treatment of Long Femoropopliteal Lesions. Zeller T, et al. J Endovasc There 2014; 21: 359-368.

さて、この論文は僕も慢性完全閉塞に対する経皮的冠動脈インターベンション指導で訪問したことがある、ドイツの Bad Krozingen心臓病センターと、がもう一つのドイツの病院の二施設で行われた後ろ向き研究です そのテーマは 大腿膝窩動脈の長い病変に対する、DEB (Paclitaxel)と DES (Zilver-PTX Paclitaxel)との成績比較です
さて、ここでタイトルに Femoropoplitealつまり大腿膝窩動脈とあることが問題なのです はっきり言って最初から Superficial Femoral Arteryとかに限定すれば良かったのです 何故ならば膝窩動脈に対してステントを植えこむことは特に、Zilver-PTXの場合には完全な適応外であり、そもそも DEBと比較対象とはならないからなのです それをこの論文ではその適応外のものを含めているのです ここに何らかの意図を感じます 要するに、最初の組み立て段階から DEB有利な世界なのです まあ、しかし、この論文では統計学的な「理論付け」を行っています それが、なかなか一般の我々が理解できない Propensity Score Stratification (傾向配点層別化)分析という 耳慣れない手法を用いているのですよ あーー 難しいですねーーー 如何にも「「科学的」」ですねーー
論文を見ると、色々な病変因子とか、患者背景とか、それらから Propensity Scoreを計算し、それを用いて DES群にマッチしない DEB群を除外して、いやいやあるいは DEB群にマッチしない DES群を除外したのかな? これをどちらの立場を採用するかで、結果が逆転しそうですね クックックッ
結果は、治療後一年間の MACEとか TLRとかでは、両群で差は無かったければ、どちらかと言えば、 DEB + bail-out BMS stentingが一番良かった傾向がある、というものでした この結果を受けて
「10CMを超える長さの大腿膝窩動脈病変に対しては、DEBも DESも従来の EVTの成績よりも良い結果をもたらすことが出来ることが分かった これを受ければ、現実の医療の中では、 TASC C (>15CM)および TASC D (>20CM)の病変に対する今後のEVTとしては DEB + Provisional BMS stentingがもっとも良いでしょう」というものでした

はい分かりました 素晴らしい ただねえ、最後の Acknowlegementの中に書いてあるように、この複雑な統計解析を行ったのは、DEBを世に出している M社の統計チームなのです これって、あの ◯◯◯バン の N社絡みの事件と同じ構図のように思いますが・・・
欧米では許されても日本では許されないのですね まあ内緒にしていたからでしょうか? 日本は寛容な国と思いきや 世界で一番厳しい国かもですね
という批判めいたことは止めにしましょう まあ、普通に考えれば現在のテクノロジーから考えてどう見たって 20CM以上のステント植え込みが良い結果をもたらすとは考えられないですよね そんな万能金属なんて未だ人類は作り出せていない筈です
Warfalin Use and the Risk for Stroke and Bleeding in Patients With Atrial Fibrillation Undergoing Dialysis. Shah M, et al. Circulation 2014; 129: 1196-1203.

心房細動においては、一般的に塞栓症予防のために、ワーファリンによる抗凝固療法が必要とされています。また最近ではいわゆる NOAC (Nobel Oral Anti-Coagulation)と呼ばれる納豆も食べられる抗凝固薬も使用されています。但し、弁膜症や機械弁がある場合には NOACの有効性は証明されておらず、特に機械弁の場合には有害とされており、未だにワーファリンが Golden Standardなのですね

しかしながら抗凝固薬を服薬すれば、当然のことながら出血性合併症を伴うリスクも増大します ここいら辺の関係は昔から良く検討されており、現在では簡単なスコアでそのリスクとベネフィットを推定できます (CHADS2 score/HAS-BLED score)

さて慢性血液透析を受けておられる患者さんは一般的に出血性リスクがそうでない患者さんよりも高いのですが、このような患者さんが心房細動となっている場合に、ワーファリンによる抗凝固療法を行うことが良いのか否かについてはこれまで一定の見解はありませんが、日本においては慣例的に抗凝固療法を行わない場合の方が多いようです

この論文ではカナダ・ケベックのデータベースから拾い上げ、これらの患者さんに対してワーファリンによる抗凝固療法を行うリスク・ベネフィットを検討しています

結果は、慢性血液透析を受けていない患者さんではワーファリン使用により脳卒中発症リスクは低下したが、出血性合併症発症リスクも増加する しかし、慢性血液透析患者さんでは脳卒中発症リスクも増加し、出血性合併症発症リスクも増加する、という結果でした このため、慢性血液透析患者さんではたとえ心房細動を合併していたとしても、ワーファリンは投与しない方が良い、という結果でした 何故ワーファリン投与によってかえって脳卒中発症リスクが増加するのか? についてははっきり分かっていませんが、慢性血液透析患者さんの特異な代謝が影響していると推論されています

さて、この論文では、1,626名の慢性血液透析患者さんと、204,210名の非慢性血液透析患者さんで比較解析がされているのですが、こんな三桁も異なる群間比較に意味があるのでしょうか? これではどんなに微細な差異でも統計学的有意差が検出されてしまい、本当は意味の無い独立変数がいかにも意味のある独立変数とみなされてしまいます 僕としては、こんなに差がある母数を比較する時には、「差がある」ことには何の意味も無く、「差が無い」ということのみ証明できるのでは? と考えますが如何でしょうか?

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち統計学 (Statistics)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは経橈骨動脈的冠動脈インターベンション (TRI)です。

次のカテゴリは造影剤です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。