DESはDESでも別物だ

Stent Thrombosis in New-Generation Drug-Eluting Stents in Patients With STEMI Undergoing Primary PCI: A Report From SCAAR. Sarno G, et al. J Am Coll Cardiol 2014; 64: 16:24.

Sweden国内にはPCIを行っている施設は確か 16しか無かったと記憶しています しかもその全てが国立病院であり、そこでの診療記録はは全て登録されます PCIに関する登録は SCAAR (Swedish Coronary Angiography and Angioplasty Register) と呼ばれています これまでにもDESの late stent throbosisについての問題提起をしたり、非常に業績のあるレジストリです

この論文では、STEMIに対するBMSと第一世代DES、そして第二世代DESについて成績が比較されました もちろん、この植え込みは無作為化されていませんので、多くのバイアスが入る可能性がありますが、何しろ大きなレジストリなので、別の言い方をすれば、限定された症例ではなく、実世界診療を表しているとも考えられます

結果は、早期/晩期ステント血栓症の発生は、BMSに比較して、第二世代DESでは HR 0.65 (0.43-0.99)、第一世代DESでは HR 0.60 (0.41-0.89)と少ない発症頻度でした そして、晩期ステント血栓症に関しては、BMSに比較して 第二世代 1.52 (0.78-2.98)、第一世代では HR 2.88 (1.70-4.89)と有意に第一世代DESで多く発生しました

このことから、STEMIに対して総合的に第二世代DES植え込みがBMS植え込みよりもステント血栓症リスクが少ないが、第一世代DESでは多いことが分かり、結果として現在のガイドラインは書き直しが必要である、と提言しています

まあ今さら第一世代DESを用いる施設や医者はいないと思いますがね・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kamakuraheart.org/mt/mt-tb.cgi/90

コメントする

このブログ記事について

このページは、Dr_Radialist (KAMAKURA & SAPPORO)が2014年7月31日 14:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「立ち上がれ Radialist」です。

次のブログ記事は「へえー 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。