カテーテル・アブレーションする時には、どの抗凝固薬を用いるのが良いか?

Periprocedural Stroke and Bleeding Complications in Patients Undergoing Catheter Ablation of Atrial Fibrillation With Different Anticoagulation Management: Results from COMPARE Randomized Trial. Biase LD, et al. Circulation 2014; 129: 2638-2644.

心房細動に対するカテーテル・アブレーションは既に標準的治療法の一つとなっており、日本では健康保険診療下で日常的に行われています 心房細動患者さんに対しては CHADS2 scoreにもよりますが、ワーファリンないしNOACによる抗凝固療法が脳梗塞予防のために行われていますが、カテーテル・アブレーション手技中にはヘパリンが用いられますので、その時には経口抗凝固薬から一時的に切り替えねばなりません ところが、この時に、梗塞や場合によっては出血といった合併症が起こるのです

そこで、経口薬としてワーファリンか NOACかというのが議論になっていました ワーファリンの利点は Vitamin K投与により reverseが簡単に行えるのと、抗凝固能を簡単にモニターできる点でしょうか さて、この論旨に則ってワーファリンによる抗凝固療法をカテーテル・アブレーション前に行っていた場合、手技に移行する時に、ワーファリンを止めるのか、止めないで継続して手技に移るのか? それが現実的に問題となります この論文ではここに焦点を当てて臨床試験が組み立てられました

この論文では 1,584名のCHADS2 score >= 1の患者さんを、ワーファリン継続群と ワーファリン一次停止群に 1:1で無作為化して open-labelで行われました もちろん blindは不可能ですねよ だって INRとか測定せねばならないので服薬しているかいないかは自明ですから・・

結果は驚くべきであり、ワーファリン継続群では、2例 (0.25%)でしか脳梗塞が発症しなかったにもかかわらず、ワーファリン一次停止群では、39例 (5.0%)で何らかの脳梗塞が発症したのです これはももちろん掛率(OR) = 13 (3.1 - 55.6; p<0.001)という賭けにもならない程の確かさで、ワーファリン継続群の勝ちとなりました

というわけで現在のところ、多くの医師が、ワーファリンが効いた状態で、カテーテル・アブレーションなどの侵襲的手技を行うのをためらうにもかかわらず (言っておきますが、僕はためらいません だって Radialistだもん)、カテーテル・アブレーションに際してワーファリンを停止することは勧められませんね 

なお筆者達は、この結果は他の NOACに外挿することはできない、と言っています

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kamakuraheart.org/mt/mt-tb.cgi/88

コメントする

このブログ記事について

このページは、Dr_Radialist (KAMAKURA & SAPPORO)が2014年7月31日 07:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「これは高齢化社会日本にとっての福音か? それとも爆弾か?」です。

次のブログ記事は「立ち上がれ Radialist」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。