うわーっ、やばい

Long-Term Follow-Up of Elective Chronic Total Coronary Occlusion Angioplasty: Analysis From the U.K. Central Cardiac Audit Database. George S, et al. J Am Coll Cardiol 2014; 64: 235-43.

同じ論文をたてつづけに抄読会で読んでしまいました!!! もう読んだことあるような という気がしたのですが、あからさまに気づかない こんな馬鹿な です しかも、ほんの2週間ぐらい前に読んだのにもかかわらずなので まあ、疲れているからでしょうか?
最近は本当に精神的にも肉体的にも疲れきっているのです 朝が来れば、「あーあ また一日が始まる」と毎朝思う日々なのです
新しい一日を迎えるのが怖いのです

などとグタグタ言っていても仕方ないですね

この論文は先のブログにあるように既に抄読会で読んだものです

しかし、二度読めば新しい観点も出てくるのですね

それは何か、と言えば、Table 1に代表されるデータです そこで、狭心症症状のクラス分け(CCS class ですが)がされ、それと共に慢性完全閉塞に対する経皮的冠動脈インターベンションの成功率が書かれています それによれば、有意な差を持って、Class I; 60.7%, II; 69.2%, III; 73.0%, IV; 75.0%; 0; 68.1%と症状があるほど成功率が高いのです これまでの慢性完全閉塞についての論文が、そもそも(表向き)有症候性の患者さんが慢性完全閉塞の対象となっていないことになっているので、このような真のデータは出てこないのですよ
そもそも、僕自身の豊富な慢性完全閉塞に対する経皮的冠動脈インターベンションの経験から言わせて頂けば、この症状の強い患者さんほど成功率が高い、というのは真の感覚なのです まあ、長年慢性完全閉塞があり、硬くなっている方は症状が無くなっている可能性も高いでしょうし、自覚症状が強ければ、術者としてもしゃかりきになる というバイアスもあるでしょうし

という訳で 二回読みは決して無駄ではありませんでした

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kamakuraheart.org/mt/mt-tb.cgi/94

コメントする

このブログ記事について

このページは、Dr_Radialist (KAMAKURA & SAPPORO)が2014年8月12日 16:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「耳の痛い話 - それにしてもこんな校正ミスするとは!!??」です。

次のブログ記事は「ふーんっ もっと大雑把と思っていましたよ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。