機械式大動脈弁の復権

Transcatheter Aortic Valve Implantation in Failed Bioprosthetic Surgical Valves. Dvir D, et al. JAMA 2014; 312: 162-170.

TAVI (経カテーテル的大動脈弁植え込み術)の急速な普及と適応拡大に伴い、日本では未だですが、欧米では外科的に植えこまれた生体弁の機能不全 (狭窄や逆流)に対してTAVIを行うことが行われています これに伴い、大動脈弁位の外科的弁置換においては、継続的な抗凝固療法が不要な生体弁を用いた植え込みを行う戦略が広まりつつあります 生体弁は機械弁よりも長期耐久性が劣るため、これまでは高齢者に植え込み、若年者には植え込まないのが外科的な常識だったのですが、それが変わりつつあるのです しかし、この論文はこれに対して重大な警鐘を鳴らすものです

国際的レジストリで、459例の生体弁による大動脈弁置換術不全に対して、TAVIが行われました もちろん適応となった患者さんは92%で NYHA Class III or IVという重症例であり、外科的植え込みからの Median = 9年という母集団でした
これに対して、大きさの異なるTAVI device (SAPIEN or CoreValve)が用いられてTAVIが行われました

結果は驚くべきもので、Large Device (>= 23mm)のTAVI deviceが持ちられた場合の長期予後は良いのですが、Small device (< 20mm)のTAVI deviceでは有意に長期予後が悪かったのです

つまり、小さなdeviceしか用いられなかった場合には、予後が悪いのです ということは、日本人患者さんでよくある 19mmの弁しか用いることができないような状況であれば、生体弁を用いた外科的大動脈弁置換術の妥当性は無い、ということになります この場合にはワーファリンをずっと服薬せねばなりませんが、長期機能が保たれる機械弁を用いて大動脈弁置換術を行うべき、ということになります

正直これは意外な結果でした

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kamakuraheart.org/mt/mt-tb.cgi/96

コメントする

このブログ記事について

このページは、Dr_Radialist (KAMAKURA & SAPPORO)が2014年8月13日 17:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ふーんっ もっと大雑把と思っていましたよ」です。

次のブログ記事は「これをどう解釈すれば良いのか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。