もっと改善するかと思っていました

Long-term follow-up after atrial fibrillation ablation in patients with impaired left ventricular systolic function: The importance of rhythm and rate control. Nedios S, et al. Heart Rhythm 2014; 11: 344-351.

慢性心房細動の時に左室駆出率が低下し、潜在的あるいは顕在性の心不全となっている患者さんを見ます あるいは、基礎疾患として拡張型心筋症などがあり、その結果心房細動となっている場合もあります これらの病態に対して、カテーテル・アブレーションを行い、洞調律に復帰し、さらにそれを長期間維持すれば心機能が改善するか否かに関しては、これまで両方の結果が示されてきたようです

この論文では、難治性有症候性心房細動に対しての初回カテーテル・アブレーションとして、2006 - 2010年の5年間に 2,065例に対して初回カテーテル・アブレーションを行っているドイツの施設からの報告です この症例の中で、駆出率 < 40%かつ NYHA class II以上の症例 74例 (4%)を抽出し、その中で長期経過観察のできた 69例についの報告です

結果としては、洞調律を維持できた群では、6ヶ月後の時点で多少左室駆出率が改善し、さらに 12ヶ月後、24ヶ月後にかけて有意に左室駆出率は改善し続けるが、洞調律を維持できなかった症例です、長期にわたり駆出率が低下してくる というものでした そして、これに伴って洞調律維持群ではNYHA class も改善を示しました

これらの結果から、著者達は、心房細動に対してカテーテル・アブレーションを行い洞調律となれば、初期六ヶ月では、まず心拍数コントロールにより左心機能が若干改善し、それ以降 2年間までは、洞調律となったことにより、心房収縮による効果、心房と心室収縮の同期効果、規則正しい調律の結果、十分な左室血液流入と拡張期の適度な前負荷が得れることによる効果により、更に左室駆出率が改善する、と考察しています

そして、これまで改善するかしないか議論が分かれていた原因は、この中期と長期の二段階に渡って効果が現れるにもかかわらず、十分な長期経過観察がされていなかったからである、と主張しています

ただ~ ~ 左室駆出率の改善といっても、EFにして20%程度改善するものの、NYHA class としては、平均 2.4が2.0になるくらいでした もっと改善するのかと思っていたのですが・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kamakuraheart.org/mt/mt-tb.cgi/100

コメントする

このブログ記事について

このページは、Dr_Radialist (KAMAKURA & SAPPORO)が2014年8月20日 09:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「FH (家族性高脂血症)の方々に対してはいいかも」です。

次のブログ記事は「DAPT(二重抗血小板療法)は一年後も必要か?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。