CAS (頸動脈ステント植え込み術)の最近のブログ記事

Carotid Artery Stenting According to the "Tailored CAS" Algorithm Performed in the Very Elderly Patients: The Thirty Day Outcome. Dzierwa K, et al. Cathet Cardiovasc. Interv 2013; 82: 681-688.

CAS (頸動脈ステント植え込み術)は内頚動脈狭窄症による虚血性脳卒中に対する治療法として、あるいは予防法として確立しています この分野においても、心臓領域でそうであるように、外科的治療法(内膜剥離術)と、インターベンション治療法(ステント植え込み術)が互いに パイを奪い合っている側面もあります

この論文は、ポーランドの CAS high volume centerにおいての報告です

CASは高齢者 (75歳以上)では術中・術後の虚血性脳卒中合併症が多く起こることが分かっていますが、手技中のこれらの合併症を予防するために、さまざまな術中末梢保護ディバイスが使用されたり、あるいは Closed Cell Stentが用いられたりしています この論文においては、high-volume centerにおいて、75歳以上の症例に関して、積極的にこれらのディバイスを用いることにより、虚血性脳卒中合併が減らせるか否か、について検討しました

結論から言えば、それらの仕立て屋さんのような、病状に併せて微妙にディバイスを変更しながらCASを行っても、75歳以上の患者さんでは多くの虚血性脳卒中合併症が起こったのです

この結果、筆者達は、心臓における Heart Teamのように、Vascular Teamによってこのような high-risk群には対処すべきだ、ということを提唱しています

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちCAS (頸動脈ステント植え込み術)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはBVS (完全生体吸収性薬剤溶出性ステント)です。

次のカテゴリはCKD (慢性腎臓病)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。