今日もTAVIに浸かりきり

昨夜、神奈川SHD研究会で勉強してから帰宅したのですが、会が終了したのは 9:40PM頃でしたので、結局自宅に着いたのは 11:00PM頃となっていました

何故か寝付けず、また最近の暑さのためでしょう 部屋に蚊がいて、足を刺され痒くて眠れず、結局寝入ったのは 2:00AM頃でした そして目覚まし時計で 4:05AMに起床し、シャワーを浴びたりしてから羽田空港に向かったのです

羽田空港到着は 5:30AM頃、そして6:25AM羽田発千歳行きの ANAで千歳、そして札幌東徳洲会病院に移動しました 9:00AMからのTAVIカンファランスに続いて 第一例目のS3 TAVI 順調に終了 続いて ERの Proctoring TAVIを 二例しました Proctoringは自分自身にとってもとても勉強になります 自分が何気なく体で行っている手技を自分自身で客観的に解析し、理論付け、さらにはそれを伝授する方法なりを考え、そんな色々が新しい世界なのです

二例抜群にうまく行き、これは Proctoringの勲章です

時差ボケのはてに

日曜日夜遅くシカゴから鎌倉に帰宅 翌日月曜日は過酷な外来診療、そしてPCI、そして 16:00には出発し帝国ホテルに行きました

これはTAVIに関連する座談会を行うためで、多分 10月頃には刊行される見込みのものです 林田くん、白井くん、山中くんの三名をお呼びして僕が座長としてTAVIに関連する話題について楽しくまた有意義に語り合いました

そして、その夜は大船の「北斗七星」という韓国料理の店に入り、1.5時間ぐらい過ごしたのです この店は初めて入ったのですが 仕事を終えたと思しきサラリーマンが数組おられました

火曜日は朝からTAVI二例、そしてPCIをそれに続いて二例、それから外来診療さらに、それが終了してからPCI、ようやく終えた後は治験の打ち合わせ四件あり クタクタになって帰宅

そして今日水曜日も外来診療の後、危険なPCI でもうまくいって救命できたと思います そしてそれに引き続いて夕方から重症心不全を伴う緊急TAVIを行いました ものすごくうまく行きました そして今は 神奈川SHD研究会に参加するため登戸の正マリアンナ医科大学川崎市立多摩病院に向かっています

何だか慌ただしく時間が過ぎていき、記憶と実際がずれているのか正しいのか 時間の大きな波の中で翻弄されている気分です

シカゴ

まったくボケています シカゴには木曜日に羽田を出て、土曜日にシカゴを出発し、結局羽田に戻るのは日曜日の夜8:00PMでした

今回始めて TVTに参加しました TVTとは Transcatheter Valve Therapiesのことで、今回が 10回目です もともと Martin Leon先生がいち早く始められた学会であり、中身は全て Structured Heart Disease Interventionです

朝から晩まで Leon先生はずっと座長あるいは discussantあるいは演者としてずっと会場におられました すごいです

ライブは Vancouver St Paul Hospitalから、あるいは Minneapolisから、さらには Chicagoから行われ、内容は TAVI, MitraClipそして TMVR (Transcatheter Mitral Valve Replacement)さらには 三尖弁に対する治療など多岐に渡りました ライブの質は非常に高く勉強になりました

既に Rotterdamでは 90%以上の症例が意識化局所麻酔でTAVIを行っているということで、それには驚きました また会の運営は素晴らしく、2019年 7月に鎌倉が主管として JTVTを開催することになっていますが、その時に向けて参考になりました

シカゴには時々訪れることがあり今回は 2014/10月以来の訪問でした 非常に奇麗な大都会であり、道路が二層になっているのが特徴です ミシガン湖のほとりにあり高層ビルが立ち並んでいます

ミシガン湖上空よりシカゴに
トランプ・タワー

食事もとてもおいしかったのですが、今回は Catch35という seafood restautantに行きました

Catch 35
Catch 35の料理

またここの後に、ラーメン屋さんに行きましたが ここのラーメンは絶品でした これまでアメリカのラーメンは一風堂が安定していましたが、一風堂の天下もそろそろ終わりか と思わせるものがありました

拉麺さん
拉麺さんの辛味噌ラーメン

今から二泊三日でシカゴです

本日 10:50AM羽田発のANAシカゴ便でシカゴに飛びます 木曜日から TVTという TAVI関係の学会がシカゴで開催されているのです 今回この学会から初めて Facultyとして招聘され初めて参加します 何だかワクワクします

シカゴにはこれまで何回も訪れ、その全米でも一番美しい町並みと風の街として有名な雰囲気はとても好きです 私立のシカゴ大学はこれまでに大学あたり世界で一番ノーベル賞受賞者を輩出してきた名門大学として有名です

到着は木曜日の 9:00AM頃で、そのまま会場であるホテルに向かい、そうですねトイレの中でも着替えてそれから参加します

現地時刻 何と日本には土曜日の 20:00頃羽田着で戻るのです まだ戻りの便の upgradeができていません 最悪 economyで戻ることになるかも知れませんが それも仕方ありませんね。

本日のTAVI

本日は二例のTAVI 自己拡張型で行いました 重症例でしたが非常に良好な結果でした

バルーン拡張型と自己拡張型を比べれば、多くの日本の先生方はバルーン拡張型に馴染みがあると思います それには理由があります その理由とは バルーン拡張型が日本で保険診療下で使うことが出来るようになったのは 2013年10月ですが、自己拡張型を使えるようになったのは確か 2014年の暮ぐらいからではないでしょうか

結果的に多くの医師にとって自己拡張型は馴染みが無い、それが最大の理由でしょう

僕自身はと言えば、治験段階から自己拡張型を用いていたので馴染みはあるのですが、問題は治験終了から保険診療下での使用まで数年間のブランクがあることです この間に全てそれまでに得た技術から遠のいてしまうのです それで結果的に僕自身自己拡張型に何となく抵抗感が出てきたのです でも最近はようやくその心理的バリアから脱出しつつあります

TAVIを終わってからPCIを一例自分でしました そしてその後夕方に外来診療です そしてその後院内の委員会に出席、僕は早めに帰宅しました 外は小雨が降っていましたが、自転車で戻りました

TAVIもCTOも、そしてプログラミングも僕の心にとっては同程度の心の障壁です その心の障壁を乗り越えればこれまでに鍛えてきた能力により結果は成功という型でついてくるのです

ヘロヘロと光明

昨日はミヤンマー そして札幌でのTAVI 3例に引き続き、早朝から W治療を 4例実施、その間に外来診療をしながらです そして懸案の重症大動脈弁狭窄症の患者さんに対してどのように対処するか 議論の後、治療に踏み切りました

とても重症で併存疾患もありかつ救急で運び込まれてきた患者さんです 心臓血管外科、循環器内科、麻酔科、血管外科、看護師さん、技師さん、コーディネーター皆総出で 19:00から 23:00まで頑張りました

それから遅くに自宅に帰宅、一人で夕食食べながら MacBook Proを立ち上げメールを見ていたところ、Ron先生からのメールを受信、懸案の DICOM moduleなどを用いて 非圧縮DICOM XAを動画展開できそう、とのプログラムでした

素晴らしいです 漠然としていたモヤの中の色々が見えてきそうです これまでの 圧縮DICOM画像の解析と併せてもっと前に進めていければ良いですね それでこそ Pythonを勉強している甲斐があります

そして今朝は辛かったけど頑張って出勤です

今朝のツーリング

ふーっ

何だか目まぐるしく日にちが過ぎていきます まるて日めくりカレンダーのようにパラパラパラパ日にちが変わっていくのです

そして日にちと日にちの間にあるのは3時間程度しか眠れない不眠状態です 何でねれないのかなあ つらいなあ

水曜日は札幌東徳洲会病院で午前中難しめのTAVI 2例 実施しました 90歳超の方が翌日にはお元気になられ ICUで車椅子に座っておられる時に 「ずっと旭川に住んでおられるのですか?」「うーん生まれもそうなんだよ ずっとだね」「今どこか苦しくないですか?」「すごく楽ですよ」などという会話を取り交わし 自分の心の中はほっとしました

それから短い昼食をとり、そして院内ライブをしました これは主目的がIVUSだったのですが、結局 15:00過ぎから 17:00前までに三例のPCIをしたのです やっぱり僕の実力が出ましたね やる前は「えーっ、今からPCI? もういやだなあ」という感じだったのですが、やっぱり体にPCIが染み付いているのですね やり始めると勝手に体が動きます そりゃあそうですよね 僕が初めてPCIを行ったのは 1981年ですから既に36年間もやっているのです

先日開催された EuroPCR2017では Andreas GruentzigがPTCAを開始してから 40年目の節目ということでセレモニーが行われましたが まさしくその中の 36年間も僕の体にPCIが染み付いているのですよね

そして昨日は午前中に二例のTAVIをしました 特に二例目は 90歳超の方で心機能も悪く非常に危険な状態でした PCPSも必要かも と考えられていた患者さんであり、しかも左冠動脈が低く弁尖の石灰化のために左冠動脈主幹部閉塞の危険も考えられていた症例です しかも大動脈がものすごく蛇行し、S3も途中から上げられなくなりました これら全ての障害を最終的に乗り切り成功しました 結局 1.5時間で終了です この患者さんも現在はお元気です

そして今朝は流石に疲れ果て札幌の自分の部屋で 6:30AMまで体を休めました そしてもう暫くしたらば函館に飛びます 今日は函館経由青森です

TAVIに染まって

月曜日深夜にソウルから自宅に戻りましたが、なかなか寝付けず睡眠不足のままに、火曜日の朝となりました 何時ものように 7:00AM前には病院に出勤、「あーー 朝から辛いなあ 眠いなあ」

そして、7:30AMよりの抄読会および循環器内科カンファランス 引き続いて 8:30AMよりのTAVIカンファランスと時間が過ぎていきました そして午前中には二例のTAVIそして、経皮経静脈的僧房弁交連裂開術 (PTMC) 1例あり、15:00からは外来診療に入り、16:10には病院を出て自宅に戻りそのまま自宅から羽田空港に出発、19:00発の千歳行に搭乗し、21:30札幌の宿舎に到着、食事後 本日 1:00AM就眠

今朝は 5:45AMに起床し、今日の講演の準備をしていて時間が過ぎ、7:15AMには病院に出勤 そして 7:30AMより札幌東徳洲会病院でTAVIカンファランス

その後、症例の打ち合わせを行い 9:30AM本日のTAVI患者さん出棟、入れ替え時間含め、1:00AMには二例完璧にTAVI終了しました 二例目は特に早く、40分ぐらいで終了です これって最速TAVIかも知れませんね

患者さんもお元気で、そして今さっきアメリカとテレカン終了、これから午後のPCIの時間帯に入ります ここまでで僕が直接関与したTAVIは今週で 4 + 2 + 2 = 8例です 明日また二例あり、今週は合計 10例ということでしょうか これってPCIへの関与よりも多いかも いいなあ 新しいってことは 前に進むめば進むほどに新しい世界に足を踏み入れるのですから

ぎりぎりセーフ

昨日夜遅く そう実際にホテルに入ったのは 23:30を過ぎていました 夜遅くにソウルのホテルに入りました それから Pythonの勉強少しして寝ましたが、なかなか寝ることができず あっち向いたりこっち向いたりしている内に寝ましたが、浅い睡眠で 5:40AMには起床してしまいました

シャワーを浴びて 6:30AMよりホテルの 5階で韓国風朝食を食べたのです 昔は年に 15回くらいは韓国各地を訪れて PCI、TRI、CTOをしていましたが、ここ数年はすっかりご無沙汰でせいぜい年に一回ぐらしか訪問していなかったのです

今回は Seoul National University Bundang HospitalでのTAVIプロクターとして行きました とてもきついスケジュールです 7:30AM頃ホテルを車で出発し、ソウルの南に位置する衛星都市 Bundangに向かいました Bundang Seoul National University Hospitalには実は 2005年にも訪れています その時も丁度今頃 5月 18日でした Bundangは最近人気の場所で、ソウルから 30Kmぐらいに位置します 若い人や少しお年を召されたお金持ちの人々が、ソウルのようにガチャガチャしていないし、空気も奇麗なので移り住んでいるのです 現在の人口は 1,300万人くらいとのことですが、そのエリアに大きな病院がここを含め 2つしかなく、また中規模病院も 3つしか無いのだそうです

2005-05-18 With Dr. In-Ho Chae

上の写真は 前回訪問時 2005年 5月 18日にCTOのPCIをやっている写真です 隣におられるのは今回のTAVI術者であられた Chae In-Ho先生です

この病床数 700の大病院は 2003年に開院した病院で、ソウルのソウル国立大学分院ですが、建物はソウルの本院そっくりであり、何と手術室が 40ぐらいあります

Buntang Seoul National University Hospital
現在は新たに別の病棟も建っています Chae先生と
40ぐらいある手術室監視スクリーン

何と本日は 8:30AM頃から 4例の TAVI proctorをさせて頂きました 事前に DICOM CT dataを頂き、自分で Osirixで分析し、サイズや危険性などを判定し、僕としての方針を開示し、実際には Chae先生達が手技を行い、僕は口出し役として清潔となり後ろに立ち監視する、そんな感じで進みました

何しろ、安全にかつ有効に、ということをモットーとしてプロクターをしました ブロック状の石灰化がある症例、LVEFが 25%ぐらいしか無い症例などどれも危険性の高い症例ばかり四例でしたが、何も大きな合併症無く、しかも PVL (Paravalvular leak)もほとんど無く、圧較差も 100mmHg以上からほとんどゼロに皆さん方なりました 本当に良かったです

とは言っても、これは 8時間に 4例ということで単純計算しても一例平均 2時間での手技です 患者さん搬入し、全身麻酔かけ、それから手技、そして麻酔覚醒、患者さん搬出 そして部屋の掃除、そしてまた搬入というこれだけの手順をかけて一例あたり 2時間で行ったのです 僕の知るかぎりこれはこれまでの最速ペースですよね

TAVIの合間に

本日絶対に帰国せねばなりませんでしたが、夕方のソウル近郊は大渋滞となります 遅くとも 17:30には病院出て金甫空港に向かわねばなりません 17:29に4例目の植え込み終了し、合併症の無いこと確認してすぐに着替え走って病院を飛び出し待たせておいた自動車で金甫空港に向かいました 暫く走ると大渋滞 「これはだめかな もう一泊かな?」とも思いましたが頑張りました そして ANA 20:15発の最終羽田便に無事搭乗することができ、現在は鎌倉の自宅です 未だ日にちは変わっていません

本当に滑り込みセーフですが、頑張りました そしてとても良い気分ですし韓国の方々にもとても良かったのです? と思います

これから一泊で韓国です

今日は日曜日 実は昨日土曜日心穏やかな時間がありました

湘南モノレール大船から江ノ島駅までの中間点に「湘南深沢」という江ノ島モノレールの駅があります その駅から自宅に向かって数分の距離に「深沢」という交差点があり、その交差点周辺にはかつてダイエー系のスーパーがありましたが、既に潰れています しかし、Yamakaストアというスーパーが未だ頑張り、すごいことに湘南ボーリングというボーリング場が元気に頑張っています このYamakaストアの向かい、自宅から歩いても 10分かからない距離なのですが、そこに以前より一軒家の本屋さんがあったのです しかし本屋さんは今厳しいですよね ご多分にもれずこの本屋さんも店を閉じてしまったのです いきさつの詳細はもちろん知らないのですが、バス停でバスを待ちながらその本屋さんを見ていると、何だかいつの間にか喫茶店に変わっているのです 喫茶店といってもコンセプトが「本」と「Cafe」という感じです なかなか良い感じなのですが、中に入るのは少し気恥ずかしい感じがして、できてもう一年以上経つのにかかわらず一回も訪れて無かったのです それに何時も外から見てそんなにお客さんが入っているようには見えないのです

土曜日仕事を昼過ぎに片付け、自転車で早めに帰宅する途中 このCafeを訪れることに決めました 丁度店の前に自転車スペースがあり、そこに自転車をとめてヘルメットを持ちながら Cafeに入りました 最初何となく勇気が必要でしたが、店に入ると僕ぐらいの年齢のご主人でしょうか? が一人おられ「何になさりますか?」と聴いて来られました 見れば各テーブルには電源があり、また Free Wi-Fiも整備され、壁には色々な本が並べられ自由に閲覧可能でした そしてバックには 1980 – 90年代のジャズが軽くかかっているのです

すっかり馴染んだ空気となりました そして、壁の一角にある本が目についたのです それは「Webサービスのつくり方」という本でした そして、その本に付箋がついていて、「当店主人の兄の書いた本です」と記載があるのです この本の著者は 和田 祐介という方であり、Web programming 特に Perl programmerとして有名な方です 何とそんな方が身近な場所に住んでおられるのに驚きました

そして、よく見ると壁に並べられたたくさんの書籍はあらゆる分野のものですが、その中でも Web Programming関係の本が多くあるのです

結局一人でその Cafeで 2時間ぐらいゆったりと過ごしたのです また訪れるつもりです

そして今日は朝遅くまで寝坊しました 本日 20:00発の便でソウルに飛びます 明日は早朝から韓国のある病院でTAVIのプロクターです 明日の最終便で戻る予定です また忙しい時が始まります