やはり危険は何時も傍らに存在する

火曜日は自分自身で難しい症例のTAVI一例僕自身により実施しました これは何事も無かったようにうまく大成功に終了したのです

そしてその後 MitraClipを行いました Brockenbroughはそれなりに難しかったのですが、終了し、いよいよ Clippingになりました これがこれがものすごく大変で2個の Clipを用いたのです 当初より2個の Clipか必要と踏んでいてそれは予定通りといえば予定通りなのですが、何しろ意見が別れ、なかなか手技を前に進めないのです 結果的に終わったのが 18:30を回っていました 都合5時間の長時間手技でした しかし結果は素晴らしく本当に重症の手術不可能な僧帽弁閉鎖不全だったのですがてきめんに良くなりました

そしてその後PCI二例に移ったのです 楽勝ケースと思いきや何とステント植え込み後前後に解離が発生し、それが徐々に広がっていくのです 広がった先には対角枝の完全閉塞、そして徐々に左冠動脈主幹部そして左冠動脈回旋枝に解離が拡大していくのです こんなひどい解離の拡大は僕の人生の中で見たことありません 自分の心臓が止まりそうでしたが、強い精神力で耐え抜きました 多分自分がとった対処はベストの対処だったと思います

丸一日間はやわい症状が続きましたがその後はすっかり無くなり心筋逸脱酵素の上昇もまずまずでした どうしてこんなことが起こるのか それについて考えねばなりせん このために札幌行きもキャンセルせざるを得ませんでした 外来でお待ちの患者さんには申し訳無く思いますが そうせざるを得ない程の非常事態だったのです それでもその後はもう大丈夫です

こんな非常事態に遭遇することは予想だにしていませんでした

そして金曜日は台北で開催されている APSC (Asian Pacific Society of Cardiology)での講演に呼ばれ台北に行きました 今朝講演を無事済ませ、多くの有意義な discussionも行いました 座長は Wu先生がされました

Wu先生座長

その後、会場近くの人気店「一蘭」でラーメンを食べました 何でも24時間営業しているらしいのですが、常に人気で30分以上の行列待ちです

30分以上の一蘭の行列待ち
一蘭のラーメン

まあ正直ラーメンそのものはおいしいけれどインパクトに欠ける感じでした 日本でも食べたこと無く、ここ台北で初めて食べました 店の近くにはあの台北一番の高さを誇る高層ビルがありますし、台北市市庁もあります

高層ピル

雨があれば晴れ間もありますね

昨日夕方の便で千歳に飛びました 札幌東徳洲会病院に到着したのは 18:30ぐらいだったのですが、19:00過ぎより院内の Auditoriumにおいて僕による FFRの講演会をしました

今回の講演会はスポンサーは無く、自主的なものです 内容は 3月初めに FRIENDSという学会で行ったものをさらに updateしました その後本日のTAVI症例の検討会を行い、部屋に入ったのは22:00過ぎでした

それからプログラミングの修正を行い、そして就眠 今朝は 5:30AMに覚醒し、シャワー浴びてから 7:00AM頃には出勤しました

そして本日のTAVI三例の内、僕に最初の二例の植え込みを行わせて頂きました バッチリです 知らなかったのですが、二例目は札幌東徳洲会病院で去年の4月06日に第一例のTAVIを行ってから 150例目だったのです

札幌東徳洲会病院TAVI150例記念

150例目といっても淡々と過ぎていきました でも色々ある中で少しは心が慰められました

これから Washington DCへ

東京Valvesが終了し、そのまま Vmax 7.0m/Secという大変な大動脈弁狭窄症に対するTAVIを無事終了し、MitraClipも無事終了 そして札幌東徳洲会病院心臓センターでのTAVIそして島原でのライブ、そして昨日鎌倉自宅に戻り、今朝は今成田に向かっています

半公式の文書作成などNEXの中で行いながら Amazon-Kindleでプログラミング関係の書籍をどんどん購入

その多くが完読できぬまま終わってしまうのですが・・・ それでも僕の唯一の知識の源泉ですから仕方ありません そうしないと自分の世界がどんどん縮まっていきますよね それを何とか食い止め、あわよくば自分の世界を広げるためには新たな勉強が必要ですよね

久しぶりー

暫くブログにアクセスしていませんでしたね その間何をしていたかと言いますと、特に外国に出張に行っていた訳でもなく、何をしていたのでしょうかね

うーん TAVI、外来診療、少しのPCI そうですね、それと RAP and BEAT II臨床試験サイトの構築、これは三年前に作成し、既に二年前に登録終了し、論文にもなっている RAP and BEAT I Trialのサイトを修正しているだけですのでそんなに手間ではありません しかし、手間では無い、というのは落とし穴で、だから作業が遅々として進まないのです 要するに意欲の問題ですね

うん、一番この二ヶ月間一生懸命やっていたことは Coronay Physiologyの勉強です そうです FFR/CFRなどのことです 巷では本年4月より、明確な虚血証明を行うことが、PCI実施のために求められ、それが健康保険審査の基準となることが予告されています この予告のために慌てて勉強しているのか? って 違いますよ もともと当科はFFRをかなりの症例に対して行っていてそんな卑近な動機ではありません

今回の猛勉強は、明日 FRIENDSという学会、これは冠動脈生理学の学会だそうで、僕にとっては全く馴染みの無い世界いや学会です 何とその学会のランチョンセミナー一時間枠で、僕が講演を明日行うのです 要するに FFR/CFRのプロの前で僕がその話をするのです これって無茶苦茶でしょ?

そこに果敢にチャレンジしたのです チャレンジを決めるまでには逡巡がありました でも心に「これは自分にとっての試練だ この試練を利用して誰よりも FFR/CFRに詳しくなろう」そのように決めたのです そして本年になってから勉強を始めました 勉強といっても本を読む訳ではありません これまで FFR/CFRで publishされた論文を片っ端から読み、いや流し読みですが、知識を習得していったのです そして知識を習得していく過程の証拠として論文の中のグラフや表を切り取り Powerpointのスライドをどんどん作成したのです

昨日より今日にかけてそうやって作成した 230枚ぐらいのスライドを自分の論旨に合致するように並び替えたり、追加したり削除したりをしてきました 今朝はそんな訳で 4:00AM起床です

実は今札幌にいて、本日これから札幌東徳洲会病院でTAVIをして、夕方に羽田空港に飛ぶ予定なのですが、現在最大風速 40mのとんでもない低気圧が北海道に迫っています 部屋から見る外の景色は既に吹雪です 今日は関東に戻れるでしょうか?

もとも戻れなければ明日のランチョン講演はどうなるのでしょうか? 心配していても仕方ありません Que Será, Será なるようになる です

苦労した甲斐があります

昨日はから本日と雪のためバタバタでしたが、それでも苦労した甲斐はあったようです

本日は医学的理由から三例全例とも自己拡張型ディバイスによるTAVIでしたし、しかも二例は alternative approachによるものでした なかなか難しい症例でしたが、全例素晴らしいできで終了しました 雪の中飛行機の便変更で僕はもちろんのこと鎌倉や札幌のスタッフが振り回されましたが それでもこのような結果であり良かったと思います

今現在 ANA Chitose Loungeで 18:30発の便を待っています この便も5分遅れとの報ですが、まあ飛ぶだけマシですかね

昨日は散々な目に

12/25月曜日は午後無事飛行機が飛び、羽田に戻ることができました 12/26火曜日朝一番から非常に難しいTAVI治療をさせて頂きました ずっとずっと鎌倉の外来や入院でこれまで15年間以上に渡って診療させて頂いてきた患者さんです

色々な病気が背景にあり、ご高齢でもあり、TAVIという治療そのものが非常なリスクを伴います 医師としてTAVIを行うべきか、このまま自然経過に任せるべきか 非常に悩みどころです しかし、最終的にはTAVIにより治療を行わせて頂きました 途中色々な悪魔の洞穴とでも言うべき事態がありましたが、最終的に無事乗り切ることができました

12/27水曜日は朝からずっと外来診療 年末は皆さん方駆け込みもあり患者さんがたくさんになります そして複雑な問題をそれぞれの患者さんが抱えておられ、外来診療も簡単には済みません

そうこうしている内に、木曜日には飛行機で羽田からの便が一杯であるとの情報があり、急遽水曜日夜の便で札幌に入ることにしました 実はこの日は鎌倉で循環器内科関連の忘年会でしたが、それへの出席はキャンセルしました ようやく 20:55羽田発の便をとることができ、羽田空港には 20:00には到着したのですが、何と飛行機出発が 21:40に遅れる、との連絡あり、結局さらに飛行機は遅れ、千歳空港に着陸したのが 23:30でした

結果的に 12/28木曜日 0:30AMに宿にたどり着いたのです そして本日は朝から札幌東徳洲会病院でTAVI三例です これまで色々な思いをかけながらTAVIを推進してきました 今年は本当に大変で色々と考えさせられる年でしたねえ

そうそう一つ忘れない内に、bootstrap4をインストールする方法の中で今一番簡単だと思っている方法

まずインストールする folderに移動する
そこでコマンドラインから

$npm install bootstrap@v4.0.0-beta.2

これを行うだけです もちろん前提としては node.jsがインストールされ、node package manager (npm)が作動することです

本日は

本日月曜日 昨日クリスマス・イブというのに一人で夜札幌に入りました 道は雨のために雪が溶け、はなはだ危ない

夜遅くにこの滑りそうな道を歩けば危険と考え、歩いて一分のラーメン屋さんに入り 魚介系スープ味噌ラーメンというのを食べました その後道路を渡って MaxValueで買い物しようかとも思ったのですが、道をクロスすることが危険と考えそれもやめ、そのまま部屋に入りました

部屋に入ればやることもなく、

$code ~/.bash_profile

として、VisualStudio Codeという Microsoftが OpenSourceで出している近頃僕のお気に入りの 高機能text editorを立ち上げ、.bash_profileを少し整理しました

そして、その後 眠りに落ちました

本日は 7:00AMに札幌東徳洲会病院心臓センターに出勤し、TAVI患者さんのCT dataの解読を行い、そして本日は一人超重症の患者さんのTAVIが臨時であります そのために雪のリスクを賭けて札幌に入りました

ところで、本日午後の便で戻る予定なのですが、天気予報によれば午後から大荒れとなりそうです 間に合うでしょうか?

わーぁいっ TAVI 100例達成

2017年04月06日木曜日に僕の Proctor下で 3例のTAVI (S3)によりスタートした札幌東徳洲会病院が、日本国内最速のスピードで本日 100例目を達成しました 結果的に、丸8ヶ月で 100例のTAVIを行ったことになります しかも素晴らしい治療成績で成し遂げられました

これには、札幌東徳洲会病院の Heart Team、山崎 誠治 部長、山崎 和正 先生という植え込み implanterのみならず、麻酔科の 三澤 部長、経食道心エコー法を行って下さる谷 先生、そして竹之内 先生、そして循環器内科の皆、また頼りになるバックアップをして下さる、心臓血管外科 上田 部長はじめ心臓血管外科の面々、解析に携わるだけでなく現場で補助して下さる放射線科技師さんたち、そしてバルブの作成も手早くやって下さる臨床工学技士の面々、エコーを奇麗にとって下さる臨床検査技師の方々、また現場で準備やアシストをして下さる看護師の方々、Heart Teamでは直接的にはありませんが、カテ室看護師や職員、あるいは病棟看護師や職員の方々、ICU看護師や職員の方々、そして僕がしばしば羽田発朝一番の飛行機で千歳空港に移動し、札幌東徳洲会病院での 9:00AMからのTAVIカンファランスに間に合うように、そして同じ日TAVI 3例終了後、すぐに千歳空港に移動し、羽田に飛び、鎌倉に同じ日の夜に戻る、そのような強行スケジュールを可能として下さる医局秘書や、事務職の方々 いやいやまだまだたくさんの方々の素晴らしい連携と、一つの目標 TAVIによりこれまで治療困難であった患者さんを治療していく、という大きな目標、それに向かっての全員の強い意志、これらによって初めて可能だったと思います

また、もちろん僕自身による SAPEIN3および EvolutRに対する Proctoringそして EvolutRによる Subclavian approach, Direct Aortic approachの Proctoringの力は大きいと思いますし、またしばしば麻酔の指導と援助にいらして来て下さった 湘南鎌倉総合病院麻酔科の 太田 先生の力も大きいと思いますよっ、

何れにしても本日余裕で下の写真を撮ることができました 本日は 9:30AM開始し、三例のTAVIを終えて ICUに全員収容したのは 14:30でした 素晴らしい速さですね

TAVI 100例記念

こんなにも働いていいものだろうか?

今朝は 6:25AMの羽田発千歳行きの ANA便で飛び、8:45AMに札幌東徳洲会病院に到着しました 何も食べていないので、すぐにおにぎりとサンドイッチを食べ、9:00AMよりTAVIカンファランス

そして、9:30AMより問題の多い症例三例のTAVIに入りました S3一例とEvolutR Subclavian Approach 2例というタフな組み合わせでした Subclavian Approachということからも想像できるように、アクセス困難でアーチから先に問題大ありの患者さん二名でした

しかも一例目もS3もえーっ、というような症例報告すべき症例でしたが、何れも無事故で切り抜け、今は 18:30千歳発の羽田行きに搭乗すべく道央自動車を急いでいます

本当にタフな症例でしたが、色々な工夫と考察により切り抜けたのです 嬉しいな

さらに、この二例目には札幌東徳洲会病院 80例目のTAVIだったのです 皆で撮った記念写真がこれです

札幌東徳洲会病院 TAVI 80例記念写真

今年の 4月6日に第一例目を開始し、本日で 80例を超えたのですからものすごいスピードですよね 嬉しいですよっ

しかし、今朝 4:10AMに起床し、札幌日帰りし、また羽田に着いてから用件を片付けねばならず、就寝は多分 0:00AMかな、そして明日は朝からまた外来診療、そして午後は仙台に移動です

この歳でこんなに働いていいものでしょうか? 自分でも大丈夫かな? と思います

東廻り世界一周

今回は東廻りで世界一周することになりました まずは、9月20日(水)の昼前の成田発ダレス空港行きの JAL便で出発です 実はこの飛行機、Boeing 777-300であり、新しい機体でしたが、今から出発という時になって故障箇所が発見され、そのため離陸が 45分ぐらい遅れました テキサス州ダレス空港に到着したのは、その結果予定より 30分以上遅れ、結果的に American Airlineの North Carolina Durham空港行きの予定していた便には搭乗できませんでした

仕方なく、ダレス空港で2時間以上時間を潰し、次の American便に乗り、ようやく Durhamに到着できたのは、17:30ぐらいになっていました 今回は、そのDurhamで重要な会議があり、それに参加するために訪れたのです

Durhamは落ち着いた東海岸南部の街です Duke大学があることで有名ですね この街にも何軒かラーメンを出す店ができています 大概はかなり怪しげなものです ラーメン専門店と言えるのはこの DASHIのみだと思います ここはかなり本格的な豚骨スープを用いたラーメンを出します 僕は豚骨スープは苦手なのですが、それでも本格的なんだろうなと分かりました

豚骨ラーメン専門店「DATHI」
二階は居酒屋です
自慢の豚骨味噌ラーメン

さて Durhamでの仕事を終え、Durhamも空港から American Airlineの London Heathlaw空港直行便に搭乗したのは、9月22日(金)の 18:00過ぎでした 南から北に大西洋を飛び越えていくので、相当に時間かかるだろうと思っていたのですが、何と 7時間もかからずに翌23日(土)の 7:00AM前に空港に到着しました

そして、いよいよ PCR LondonValves 2017に参加なのです と言っても、その日土曜日の 9:00AMより TokyoValves 2018の Coures Directors’ meetingが開催されましたが、結局皆それには間に合うことができず、10:00AMからの TokyoValves 2018 preparatory meetingに参加したのです 今若手でTAVIを日本で推進されている先生方が集まって下さり、来年の会の企画を練ったのです 基本的には英語での会議であり、鍛えられます

結局この会は 17:00まで熱気を持って続けられたのです 時差ボケも飛んでしまうのですよ