ようやく帰国の途に

先週月曜日(11/23)夕刻に成田を出発し、New York経由で Sao Pauloに入り、それからBuenos Airesに飛び、そして最後は Cartagenaにてお仕事して、再び New York経由で帰国の途につきました

そして現在は New York JFKのラウンジで帰国便を待っているところです

今回の主な仕事は JICAとのジョイント・プロジェクトの成果確認作業でした そのため、かつて鎌倉と札幌を訪れた言うなれば僕の生徒さん達と会い、その成果発表を聞き、そして実際の手技の腕前を評価したのです もちろん、在ブラジルそして在アルゼンチンの日本国大使や JICA事務所長もご一緒されたのです

最後のコロンビア・カルタヘナではコロンビアのIntervention学会があり、そこで講演をさせて頂きました

日本を出発するまでは長い旅程と思っていたのですが、終わりに近づくと「もう終わりなのか」という感じです バタバタして、写真の整理もできず、やろうと思っていた仕事も半分しか済んでいません まあぼちぼち頑張ります

「まだ若いぞ」と言うものの

この歳になり流石に長旅は疲れますね

11/23(月)の夜成田発New York行きのJAL便に乗り、New Yorkに入りました そこで約4時間のtransitの後、American AirlineのSao Paulo行きの便に乗り換え、そのままサンパウロに入りました サンパウロ到着は 11/24(火) 11:00AM頃で そのままホテルに入り、そしてラーメンを食べたのです

そして翌日は Dante Pazzanese Institute of Cardiologyともう一つの病院を訪問、その翌日木曜日は3つの病院訪問しました これらは全てこれまでブラジルでは二年間に渡り行ってきた Brazilの若手医師トレーニングのJICA programの一環であり、彼らが学んだことの再確認をしに行ったのです

そして昨日11/27(金)は午前中 JICA programの成果発表が彼ら、そして僕によりなされました

午後には 日本-ブラジル外交関係樹立120周年記念行事が開催され、400名の方々が集まられ、日本国大使、厚生労働省、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構そしてブラジルの関係機関の方々および僕を始めとした医師、そして日本経済新聞社の方々などが集まり、講演会が開催され、僕も15分間の講演を行いました

この講演会についてはね11/28日付けの日経新聞夕刊にも日本でも掲載されています

そんなこんなで時差ボケです そして本日土曜日は Buenos Airesに飛ぶため、空港ラウンジにいます

一大事!!!

一大事一大事

ブエノスアイレスでの興奮の日々、そして「母をたずねて三千里」を巡る色々な思い 実はこの名作アニメは現在チリで放映され、誰でも知っている物語となっているそうです

ただ、残念ながらアルゼンチンの方々は知りません

ブエノスアイレスでの慌ただしい日々を経て、水曜日深夜の便でサンパウロ経由、ドーハ、そしてドーハから成田に到着し、今成田から北京に向かう飛行機を待ちラウンジにいます

それより何よりプログのuploadもままなりません なぜかと言えば、僕の MacBook Proが死にかかっているからです 早急に最新の backupをとり、何時駄目になっても良いようにせねばなりません 日曜日羽田に帰国してから Apple Storeに直行し、新しい MacBook Proを購入し、日曜日の夜にリカバーするつもりです

Bahia Blanca到着

前回9月の JICA programでアルゼンチンから研修に来られた中の一人、Alejandro(アレハンドロ)先生の住んでおられる Bahia Blanca (バイアブランカ)に夕方の便で飛んできました

この街は、天然の良港 港町として栄え、現在ではアルゼンチンの最大の輸出港の一つです ブエノスアイレスから南極に向かって 620Kmぐらいの海岸線に位置し、現在の人口は 40万人で急速に人口増加しています この40万人に対して、アレハンドロ先生を含め、Interventional Cardiologistsは全部で5名しかおらず、その5名でカバーしているのだそうです

バイアブランカは、僕が大阪大学医学部を卒業し、医師として働き始めて間がない 1976年一年間に放映された名作アニメ「母をたずねて三千里」の主要な舞台の一つです このアニメは確か日曜日の午前中に放映され、僕も随分と見て涙しました

その舞台の一つ(ブエノスアイレスも舞台の一つです)を訪問できたのはそれだけでも夢のようです

さてBahia = 海岸、Blanca = 白ですので、白い海岸という言葉の通り、ここから100Kmぐらいのところには美しいビーチが広がっているそうです

あっ、これからアレハンドロ先生のご自宅にディナーに呼びれていますので、行きます

札幌東徳洲会病院心臓センターでのJICA program

昨日は札幌市付近は歴史的大雨となり、朝から交通の便は混乱し、 8:00AM羽田発の ANA便も1時間送れてようやく飛び立ちました

幸い千歳に到着した頃には雨は上がり、道央自動車道の閉鎖も解除され、病院には 11:00AM過ぎに到着、僕の到着を待たれていた 20名ぐらいの外来患者さんの診察をさせて頂き、14:00から JICAで訪れられたアルゼンチン、ブラジルのお医者さんたちもカテ室に到着され、早速PCIを開始しました

本来はホテルにチェック・インの後、病院に彼らは来られる筈でしたが、飛行機が遅れたために、直接病院に来られました そして、皆による講義の後、カテ室に来られたのです

昨日もなかなかの症例がアレンジされており、皆様方とても楽しまれたと思いますし、勉強になったことと思います 症例をアレンジして下った僕の部下達に感謝です

結局18:00頃までかかりました そりゃあ慢性完全閉塞 2例あったのですから、仕方ありませんよね しかもその中の1例は本当に無難しかったのですよ

夜はサッポロ・ビール園で楽しく過ごしました

本日はこれから JICA東京本部に直行し、修了式を行います そして、鎌倉にすぐに戻り、午後の外来とPCIなのです 時間がどんどん僕を追い越そうとするのです 大変です

そう、そんなバタバタした中で昨日面白い事を発見しました これまでは、アルゼンチン組5名と、ブラジル組5名は食事の時に、それぞれまとまって座っておられることが多かったのですが、昨夜は混在しました そんな中で、彼らは何語でお互いに会話をするでしょうか? スペイン語とポルトガル語は兄弟言葉らしいのですが、なかなか違うらしいのです

実は彼らは英語でお互いに会話をしていました!!!

新鮮な驚きでした

Argentine and Brazil

ArgentineとBrazilと言えば何を思い浮かべるでしょうか もちろんほとんどの場合最近あった World Cup でしょうね

実は、僕は1999年より中南米との医療・PCIを通じた結びつき活動をしてきました それがようやく花開きつつあります ここ数年は、JICA (国際協力事業団)と Jointして活動をしております このため、日本国大使館なんかも動いてくれますし、現地政府関係者とお会いする機会も出来てきました

さて、今週はそのようなprojectの一つとして、ArgentineとBrazilの若手 Interventional Cardiologistsを招いて、講習会・交流会を開催しています

院内で行うのは、僕の部下達による座学、そして、僕の圧倒的なスピードでテクニックをふんだんに披露したPCI特に慢性完全閉塞に対するPCIおよび、TRIの手技カテ室内見学と、討議です

昨日も 7:30AMより10名の若手医師を招いて開始しました そうそうその前日夜は毎度の如く「新羅亭」で、焼き肉パーティーでしたが、流石にラテンのノリで、すごいものになりました

昨日は、9:00AMから僕の慢性完全閉塞5例、その他 complex PCI数例、通常のPCIなど合計 15例ぐらいのPCIをふんだんに楽しまれました 数多くの質問、議論、とても有意義なものだったと思います

そして夜はこれも毎度の如く「毘沙門」で遅くまでワイワイ楽しみました

今朝はこれから一緒に札幌に移動し、札幌東徳洲会病院で午前中は部下達による座学、そして午後は僕の手技見学ということになります

しかし、本日札幌は大雨の模様ですのでどうなるやら それにしてもこのような草の根民間国際交流は強いですよ

羽田空港ラウンジ

今朝も早くから羽田空港ラウンジです これから札幌に行き、昼過ぎには 丘珠空港から函館に飛びます 今夕は函館で講演会などがあります

さて、アルゼンチンですが、30時間以上かけて到着したのが、火曜日の昼前、夕食はホテル近くの Cabana Las Lilaというアルゼンチン牛肉ステーキの有名な店に行きました 4年前と同じく Ribeyeを頼みましたが、単位が何と 380gなのですからとても食べきれません せいぜい 1/4がいいとこですが、四年前よりは美味しく感じました

01 02
さて翌日は 午前中に二人の重要な先生と色々なことを話し合い、そしてそれから昼ごはんを兼ねて 在アルゼンチン日本国大使館の方々と打ち合わせをしました そして、それから SOLACI Live Sessionに対してライブデモンストレーションを飛ばすために、あの有名な Fundancio Favaloro (ファバロロ財団)病院に出かけました 何故ここが有名か?と言えば、言わずと知れた冠動脈バイパス手術を世界で初めて開始し、その治療法を確立した Favaloro先生の病院だからです そのような病院でPCIをライブデモンストレーションで日本人としてできることにはそれはそれは感激でした
03

04

05
ライブデモンストレーションの症例は 左冠動脈前下行枝の慢性完全閉塞があり、右冠動脈にとてもきつい狭窄がある症例でした 両側経橈骨動脈的冠動脈インターベンションで入り、右冠動脈から治療し、左冠動脈前下行枝はとてもこの時間内には無理でしたので、慢性完全閉塞手前のきつい病変と対角枝のみ治療し、終了しました 皆とても教育的と喜んでおられました

そして、その夜は開放されて、四年前と同じ BAR SURというアルゼンチン・タンゴ・バーとして有名な店に行きました 四年前との違いは、経済はさらに悪くなり、ブエノス・アイレスの街が以前と比較すれば格段に危険になっていることです このため、BAR SURの辺りも非常に危険と言われました 嫌なことになってきましたね しかし、タンゴは流石で感激でした

06 07

今度何時アルゼンチンに行くか分かりませんが、そんなに遠い未来では無い筈です、その時にはもっと自由にタンゴ街を歩けるようになっていれば そのように強く思います

再び JFK

アルゼンチン ブエノスアイレスから10時間以上かけて New Yorkに戻ってきました とは言っても成田行きの便を待ち JFKのラウンジです

アルゼンチンでは濃密に時間が過ぎて行き、ブログにupする間もありませんでした 帰国してからゆっくりと upするつもりです

本日よりアルゼンチン

例年この時期は、ソウルの Asan Medical Centerにおいて SJ Park先生主催の Angioplasty Summit – Asia TCTというのが開催され、日本からも多数の先生方が参加されます 僕も当然のことながら例年参加し、何処かの韓国内の病院よりライブデモンストレーションを飛ばしてきました

しかし、今年は南米最大のインターベンション学会である SOLACIが丁度同じ時期に Bueno Airesで開催されるため、僕はそちらに参加することにしました この決断に関しては何ら政治的な判断はありませんが、それでも結構波紋を呼んだようです

そもそも SOLACIは例年 8月はじめに開催されているのですが、今年はその時期 Rioで World Cupが開催され、ホテルも何も皆高騰するという配慮から、この時期に開催されることになったようであり、これも政治的な時期移動ではありません

まあそんなことで本日は40時間ぐらいかけて彼の地に移動します 何だか自分の手の中で処理できる範囲を越えて嫌なことが次々と発生し、それは所詮自分の手の外なので、何もできないけど、しかしながらその影響から嫌な事態になる、そんなことがどんどん起こります 本当に嫌になってきます