やはり危険は何時も傍らに存在する

火曜日は自分自身で難しい症例のTAVI一例僕自身により実施しました これは何事も無かったようにうまく大成功に終了したのです

そしてその後 MitraClipを行いました Brockenbroughはそれなりに難しかったのですが、終了し、いよいよ Clippingになりました これがこれがものすごく大変で2個の Clipを用いたのです 当初より2個の Clipか必要と踏んでいてそれは予定通りといえば予定通りなのですが、何しろ意見が別れ、なかなか手技を前に進めないのです 結果的に終わったのが 18:30を回っていました 都合5時間の長時間手技でした しかし結果は素晴らしく本当に重症の手術不可能な僧帽弁閉鎖不全だったのですがてきめんに良くなりました

そしてその後PCI二例に移ったのです 楽勝ケースと思いきや何とステント植え込み後前後に解離が発生し、それが徐々に広がっていくのです 広がった先には対角枝の完全閉塞、そして徐々に左冠動脈主幹部そして左冠動脈回旋枝に解離が拡大していくのです こんなひどい解離の拡大は僕の人生の中で見たことありません 自分の心臓が止まりそうでしたが、強い精神力で耐え抜きました 多分自分がとった対処はベストの対処だったと思います

丸一日間はやわい症状が続きましたがその後はすっかり無くなり心筋逸脱酵素の上昇もまずまずでした どうしてこんなことが起こるのか それについて考えねばなりせん このために札幌行きもキャンセルせざるを得ませんでした 外来でお待ちの患者さんには申し訳無く思いますが そうせざるを得ない程の非常事態だったのです それでもその後はもう大丈夫です

こんな非常事態に遭遇することは予想だにしていませんでした

そして金曜日は台北で開催されている APSC (Asian Pacific Society of Cardiology)での講演に呼ばれ台北に行きました 今朝講演を無事済ませ、多くの有意義な discussionも行いました 座長は Wu先生がされました

Wu先生座長

その後、会場近くの人気店「一蘭」でラーメンを食べました 何でも24時間営業しているらしいのですが、常に人気で30分以上の行列待ちです

30分以上の一蘭の行列待ち
一蘭のラーメン

まあ正直ラーメンそのものはおいしいけれどインパクトに欠ける感じでした 日本でも食べたこと無く、ここ台北で初めて食べました 店の近くにはあの台北一番の高さを誇る高層ビルがありますし、台北市市庁もあります

高層ピル

IMSS in CDMXでのデモ

今回は INCではなく、IMSSに来ています この病院は民間健康保険公社の運営する病院であり、メキシコ国内でも最大規模の病院です 実は 1985年9月に起こったメキシコシティーを中心とした大震災において建物が壊滅的損壊を起こしたにもかかわらず数多くの負傷者の救助、治療にあたりメキシコ国内から尊敬の眼差しで見られている病院です そのエンブレムはかっこいいですね

IMSSのエンブレム – これは Auditoriumの正面です
21世紀病院と書いてあるのが分かります

地震で崩壊した後、新たな作られた病院なので 21世紀病院との別名もあるのです

大地震追悼の壁画

今回はここを舞台にTRIのライブデモをしてきました 本日月曜日は朝から INCと回線を継げてライブ中継もしたのです

INCの先生方と

本日は三例しましたが、一例目と二例目はとても相似している症例であり、ターゲットは回旋枝と左冠動脈主幹部分岐部でした そして三例目は興味深い症例でした

IMSSカテ室で

この 54歳の男性は多分二尖弁によると思われる高度石灰化を伴う重症大動脈弁狭窄症に対して、外科的大動脈弁置換術(CarboMedics機械弁)を受け、術後5日目に自宅退院したのです しかし、この手術の時に、術前冠動脈造影では造影できていなかった異常走行右冠動脈を上行大動脈全面で切断してしまったのです

外科医は冷静にその右冠動脈を NCC/RCCのあたりに端側吻合し、右冠動脈領域は心筋梗塞に陥らず手術が終了したのです

しかし、今朝方つまり術後6日目に強い胸痛と共に、急性下壁心筋梗塞となり、搬送されてきました 当初状況を飲み込めなかったのですが、次第に状況を理解しました 要するに切断した右冠動脈を大動脈に吻合したが、そのバイパスというか異所性から正常部位につけかえた本来の右冠動脈が閉塞したのが原因です

これに対して右TRIで入りました 6Fr診断カテーテルでは造影できず、ようやく6Fr ガイディング・カテーテルによりそれらしき部井にカテーテル先端を導きました もちろん機械弁にカテーテルが落ち込まないように細心の注意が必要でした そして造影すると作られた右冠動脈吻合部が 99% delayとなっていたので、すぐらワイヤーを通過させると TIMI 3 flowとなったのです そのまま 3.5  x 12mm薬剤溶出性ステントを入口部に植え込みました これですっかり良くなったのです

正直最近は自らTRIを行うこともめっきり減り、若手の先生方は喜んでいると思うのですが、こうして臨機応変に対応できる自分の能力にすごいなあと思います

これから成田に戻りますが 成田到着は 6:30AMぐらい 水曜日ですね 自宅でシャワー浴びてから自転車で病院へ そして 10:00AM頃より外来診療 その後午後にはPCIです

うーん 働きすぎかな?

でも、やはりメキシコProject今後も続けていきますよ

何と

今朝は早朝より悩みました

 

<?php
ini_set(‘allow_url_fopen’, 0);

これがエラーとなるのです そのエラーは何やら constantがどうのこうのというものでした

結局 stackoverflowを検索した所、 「おまえさん、それは quotationが間違っているよ」というものでした

つまり

<?php
ini_set('allow_url_fopen', 0);

とすれば良いのでした 当たり前のことですね でもついついこの英語Keyboad上では、日本語配列では「や」にあたる’と「@」にあたる`というのは見てくれが似ているけど意味が全く異なるので間違えますね

特に SQL文を php scriptの中に埋め込む時などにとてもややこしいです 今回もそのような一例でした

着実に前に進んでいますね

MitraClipを行う、というのは僕のアメリカ人の中でもとても古い友人の一人であるの Ted Feldman先生とのつながりが大きいのです

かれこれ 30年ぐらい前にあの PTMC Ioue Balloonがアメリカで認可された時に、その PIをされていた彼が当時の在籍場所 Chicago Universityで PTMCの全米Workshopを開催されたのです この時には Chicago Universityからライブも飛ばされました そして、その時には日本から井上 寛治 先生と僕が Facultyとして呼ばれ僕は How to perform Brockenbrough Technique. などというものを講演したのです そして、その時にあの Tejas Patel先生とも初めてお会いし、その後の長いつきあいが始まったのですよ

そもそも Tedと知り合うきっかけとなったのはもう今ではどちらが先か分からないのですが、Tedの Chicagoの自宅にもお邪魔し、奥様や子供さんともお会いしたこともあるのです 今からやはり 30年近く前に初めての外国人Facultyとして鎌倉ライブにもお呼びしたのです その時には多分第一回の鎌倉ライブであり、横浜市教育会館に 2時間の衛星中継ライブを飛ばしたような

時期は暮でしたので忘年会シーズン そこにもTedを連れていき日本の忘年会はこんなだということを彼にも体験してもらいました 彼はとてもびっくりし早速奥様にその時の楽しいことをたくさんたくさん話されたそうです

そして Tedがその後 MitraClipの全米PIをされたのです 彼はMitraClipの発展と共に大きくなりました 今でもとても親しい友人です そんなことがあるので僕と MitraClipとの付き合いは実は 10年間以上になるのです

この間 ずっとずっと影に潜んでいました そして今ようやく Operatorの一人として浮き上がらんといているのです でもねえ 体力的にまた知力的にも辛いなあ まあ気張らずに出来る範囲でできるだけ頑張ります

それにしても患者さんは劇的に改善します ある意味TAVIが労作性狭心症に対するPCIだとすれば、MitaClipは急性心筋梗塞に対するPCIのようなものです ふふふ楽しい世界が広がりつつあります

まだまだとても疲れる手技です

MitraClipが保険償還下で限定施設でこの 4月から開始され、本日までに 4例の MitraClip治療を当院では行ってきました

その内の、3例で Main Operatorとしてこの新しい手技に挑んできました 幸い僕が行ってきた患者さん達は、とても順調に回復され、しかも回復というよりも、何というか、「えーっ、こんなにもお元気になるのだ」と驚きの結果になっています

もっとも Main Operatorというのは MitraClipではあまり意味がありません、全ての手技は Sonographerの指示に従って行われますので自分自身の判断でどうこう、ということは無いのです ここはTAVIやPCIとは全く異なります

それでも Main Operatorとして Brockenbrough法による心房中隔穿刺、そしてその後のクリップ挿入などの手技には直接関わる訳です 結果的に手技の最初から最後まで立ち尽くしで緊張を強いられます

未だまだ慣れない手技ということもあり、また重症困難例が蓄積されていた、ということもあり手技には一例あたり 5時間ぐらいかかるのです その間、術者としてずっと立ちっぱなしで、しかもクリップ操作のために無理な態勢でしかも、動けない、というのはとても肉体にも精神にも負荷となります 正直、一例終わった時には、もう体中ぐったりです 本当に疲れ切ってしまい exhausted という表現がピッタリなのです

でも、このような最新医療に自ら携わることができる、そのような環境にこの生まれて 30年、ゼロから僕が最初の職員として作ってきたこの病院、そのような環境にいることに誇りを持ちましょう とても大変ですし、未だまだ不完全です でも僕は出来る限り前に進んで行きます

何だか MitraClipという単なる心臓の最先端医療ではありますが、それは単なる医療にとどまらず、僕の人生観にも大きな影響を及ぼしつつあります 未だまだ自分には成長の余地がありますね

行きつけのカフェで

本日は土曜日 午前中にカテ二件に参加し、12:30自転車で病院の裏側に向かいました ここは「藤沢市村岡」という地名ですが、とにかく長い上り坂が続きます

頑張って登りきり、いつも遠くから見ていた小高い林の場所まで登りました そこた誰も居ない場所ですが、なかなか良い見晴らしでした

しばし休んでから今度は下り坂を自転車飛ばしました そして 13:00に行きつけの「深沢」にある「栄和堂」というブック・カフェに入りました 頼んだのはコーヒー一杯のみ

そして、MacBook Proを開いて JTVT2019のプログラムに取り掛かりました 色々なことがありなかなか取り組めないでここまで時間が過ぎてしまいました もう本気にならないとやばいのです

しかし、またまた訳の分からないエラーに1.5時間悩まされました それは画面の切り替えにおいて、セッション変数が保持されない、というエラーです 原因は2つ以上ありそうなのですが、やっと一つを潰し、変則手で一つ何とかしました 最初の 1.5時間悩んだエラーの原因は、session_start()を最初に書かなかったからであり、これは僕のミスです

しかし、変則手の方は未だに良く分かりません $_SESSION変数に書き込んこだものの一部しか次のページに引き継がれないのです 今までこんなこと見たことありません ブラウザの問題かと色々なブラウザ試みたのですがどうもそうではありません $_SESSION変数の容量の問題でしょうか? でもそんなに大きなデータをセッションに溜め込んではいません 未だに分かりません原因が

変則手で解決したのは仕方なく $_POSTで渡し、渡されたページでは再度 MySQLを起動してデータをデータベースから読み込むというものです まあこれで動作するので良いと言えば良いのですが・・・

何だかすっきりしませんねえ

雨があれば晴れ間もありますね

昨日夕方の便で千歳に飛びました 札幌東徳洲会病院に到着したのは 18:30ぐらいだったのですが、19:00過ぎより院内の Auditoriumにおいて僕による FFRの講演会をしました

今回の講演会はスポンサーは無く、自主的なものです 内容は 3月初めに FRIENDSという学会で行ったものをさらに updateしました その後本日のTAVI症例の検討会を行い、部屋に入ったのは22:00過ぎでした

それからプログラミングの修正を行い、そして就眠 今朝は 5:30AMに覚醒し、シャワー浴びてから 7:00AM頃には出勤しました

そして本日のTAVI三例の内、僕に最初の二例の植え込みを行わせて頂きました バッチリです 知らなかったのですが、二例目は札幌東徳洲会病院で去年の4月06日に第一例のTAVIを行ってから 150例目だったのです

札幌東徳洲会病院TAVI150例記念

150例目といっても淡々と過ぎていきました でも色々ある中で少しは心が慰められました

どうして自分の人生は順調でないのか?

つくづく嫌になります

どうして自分の人生は順調に進んで行かないのか? 世の中の何が悪くてつまづきばかりなのか?

— そんなこと決まっているだろ おまえが悪いからうまくいかないんだよ

何をどうして行けばいいのだろうか?

— 決まってるだろ 自分の生き方を変えるんだよ

でも今更自分を変えることなんてできない

— じゃあ 今の自分を受け入れて自分の人生も受け入れなさい

 

ばっかみたい やってらんないよ あーあ こうしてずるずると時間が過ぎて何事もそのまま進んでいくんだなあ そうしてまた一つ歳とっていくんだ

JTVT2019現在のデータベース構造

まだまだ refineせねばならないと思いますが、現段階での Database DDLを記録しておきます

 ###############################################################################################
 ### SQL for JTVT2019 
 ### Based on this DDL, the program is constructed.
 ### Programmed by Shigeru SAITO, MD, FACC, FSCAI, FJCC
 ### on March 4th, 2018.
 ### revised on April 12th, 2018
 ###
 ### DB Name : jtvt2019
 ###############################################################################################

CREATE TABLE IF NOT EXISTS `hp_tbls` (
  `id` INT( 11 ) NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `hp_code` VARCHAR( 11 ) CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci NOT NULL DEFAULT '',
  `hp_name` VARCHAR( 128 ) CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci NOT NULL DEFAULT '',
  `zip_code` VARCHAR( 7 ) CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci NOT NULL DEFAULT '',
  `ken_name` VARCHAR( 10 ) CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci NOT NULL DEFAULT '',
  `hp_address` VARCHAR( 256 )CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci NOT NULL DEFAULT '',
  `country_code` TINYINT( 2 ) NOT NULL DEFAULT '1',			/* Country Code; By using this code , 1: JAPAN*/
                              /* interface such as feet or lb can be aplied. >10: feet/lb */
  PRIMARY KEY (`id`),
  UNIQUE(`hp_code`)
) ENGINE = InnoDB CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci AUTO_INCREMENT=0;

CREATE TABLE IF NOT EXISTS `dr_tbls` (
  `id` INT( 11 ) NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `kanji_sirname` VARCHAR( 64 ) CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci NOT NULL DEFAULT '',
  `kanji_firstname` VARCHAR( 64 ) CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci NOT NULL DEFAULT '',	
  `english_sirname` VARCHAR( 64 ) CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci NOT NULL DEFAULT '',
  `english_firstname` VARCHAR( 64 ) CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci NOT NULL DEFAULT '',	
  `hp_tbl_id` INT( 11 ) NOT NULL DEFAULT '0',
  `hp_name`  VARCHAR( 128 ) CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci NOT NULL DEFAULT '',
  `job_kind` TINYINT( 2 ) NOT NULL DEFAULT '1',
  `email` VARCHAR( 128 ) NOT NULL DEFAULT '',
  `dr_pwd` VARCHAR( 512 ) NOT NULL DEFAULT '',
  `clue` TINYINT( 1 ) NOT NULL DEFAULT '1',
  `hint` VARCHAR( 512 )NOT NULL DEFAULT '',
  `login_date` DATE NOT NULL DEFAULT '0000-00-00 00:00:00',
  `ip` VARCHAR( 15 ) NOT NULL DEFAULT '000.000.000.000',
  `dr_url` VARCHAR( 60 ) NOT NULL DEFAULT '',
  `is_active` BOOLEAN NOT NULL DEFAULT '0',
  `is_usable` BOOLEAN NOT NULL DEFAULT '1',
  `is_deleted` BOOLEAN NOT NULL DEFAULT '0',
  `created` DATETIME NOT NULL DEFAULT '0000-00-00 00:00:00',
  `modified` DATETIME NOT NULL DEFAULT '0000-00-00 00:00:00',
  PRIMARY KEY (`id`),
  UNIQUE(`email`),
  INDEX(`email`)
) ENGINE = InnoDB CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci AUTO_INCREMENT=0;

CREATE TABLE IF NOT EXISTS `login_logs` (
  `id` INT( 11 ) NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `dr_tbl_id` INT( 11 ) NOT NULL DEFAULT '0',
  `login_date` DATETIME NOT NULL DEFAULT '0000-00-00 00:00:00',
  `login_ip` VARCHAR( 15 ) NOT NULL DEFAULT '000.000.000.000',
  PRIMARY KEY(`id`),
  INDEX(`dr_tbl_id`)
) ENGINE = InnoDB CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci AUTO_INCREMENT=0;

CREATE TABLE IF NOT EXISTS `abstract_tbls` (
  `id` INT( 11 ) NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `hp_tbl_id` INT( 11 ) NOT NULL DEFAULT '0',
  `dr_tbl_id` INT( 11 ) NOT NULL DEFAULT '0',
  `submission_date` DATETIME NOT NULL DEFAULT '0000-00-00 00:00:00',
  `abstract_topic1` tinyint( 2 ) NOT NULL default '0', /* TAVI, MitraClip, etc  */
  `abstract_topic2` tinyint( 2 ) NOT NULL default '0', /* Complications, etc  */
  `abstract_title` VARCHAR( 200 ) NOT NULL DEFAULT '',
  `abstract_content` VARCHAR( 2000 ) NOT NULL DEFAULT '',
  `is_selected` BOOLEAN NOT NULL DEFAULT '1',
  `is_deleted` BOOLEAN NOT NULL DEFAULT '0',
  `created` DATETIME NOT NULL DEFAULT '0000-00-00 00:00:00',
  `modified` DATETIME NOT NULL DEFAULT '0000-00-00 00:00:00',
  `last_access_date` DATETIME NOT NULL DEFAULT '0000-00-00 00:00:00',
  PRIMARY KEY  (`id`)
) ENGINE=InnoDB  DEFAULT CHARSET=utf8 AUTO_INCREMENT=0;

CREATE TABLE IF NOT EXISTS `time_slot_tbls` (
  `id` INT( 11 ) NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `begin_time` DATETIME NOT NULL DEFAULT '0000-00-00 00:00:00',
    `end_time` DATETIME NOT NULL DEFAULT '0000-00-00 00:00:00',	
  PRIMARY KEY (`id`)
) ENGINE = InnoDB CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci AUTO_INCREMENT=0;

CREATE TABLE IF NOT EXISTS `dr_role_tbls` (
  `id` INT( 11 ) NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `dr_tbl_id` INT( 11 ) NOT NULL DEFAULT '0',
  `time_slot_tbl_id` INT( 11 ) NOT NULL DEFAULT '0',
  `session_tbl_id` INT( 11 ) NOT NULL DEFAULT '0',
  `role_kind` tinyint( 2 ) NOT NULL default '0',
  `is_active` BOOLEAN NOT NULL DEFAULT '0',
  `is_usable` BOOLEAN NOT NULL DEFAULT '1',
  `is_deleted` BOOLEAN NOT NULL DEFAULT '0',
  `created` DATETIME NOT NULL DEFAULT '0000-00-00 00:00:00',
  `modified` DATETIME NOT NULL DEFAULT '0000-00-00 00:00:00',
  PRIMARY KEY (`id`)
) ENGINE = InnoDB CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci AUTO_INCREMENT=0;

CREATE TABLE IF NOT EXISTS `session_tbls` (
    `id` INT( 11 ) NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `session_typing_japanese` VARCHAR( 100 ) NOT NULL DEFAULT '',
  `session_typing_english` VARCHAR( 100 ) NOT NULL DEFAULT '',
    `session_sub_title_japanese` VARCHAR( 100 ) NOT NULL DEFAULT '',
  `session_sub_title_english` VARCHAR( 100 ) NOT NULL DEFAULT '',
  `session_begin_time` DATETIME NOT NULL DEFAULT '0000-00-00 00:00:00',
    `session_end_time` DATETIME NOT NULL DEFAULT '0000-00-00 00:00:00',	
  `session_objective_japanese` VARCHAR( 300 ) NOT NULL DEFAULT '',
  `session_objective_english` VARCHAR( 300 ) NOT NULL DEFAULT '',
  `is_deleted` BOOLEAN NOT NULL DEFAULT '0',
  `created` DATETIME NOT NULL DEFAULT '0000-00-00 00:00:00',
  `modified` DATETIME NOT NULL DEFAULT '0000-00-00 00:00:00',
  PRIMARY KEY (`id`)
) ENGINE = InnoDB CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci AUTO_INCREMENT=0;

 

DCより帰国して

さて水曜日夕方には鎌倉まで戻ってきました ということは、二泊四日のアメリカ行きということになります 今回もインタペ界の世界の錚々たるメンバーと同席し、辛い英語の洪水の中で有意義な討議をしました もちろん僕もそれなりに発言しましたよ

さて、この間色々と演題登録システム構築する中で、不思議な事に気づきました

以前は入力フォームの内容正当性チェックするためには、いちいち JavascritpないしjQueryを用いてプログラムを書かねばなりませんでした

たとえば、email入力に対して、emailとしては明らかにおかしもの 例として saito*shigeru.com などですが、これはサーバーに飛ばす前に frontendて弾いて欲しいですよね

またカラの値が入ってはいけない入力ボックスもありますね そんなのは当然カラで入力されれば弾く必要があります

実際このようなプログラムの塊、それを人は Libraryとか Pluginとか呼ぶのですが、そのようなものは今でもインターネット探すとたくさん無償で公開されています

しかし、時代は急速に変化しつつあるのです、htmlの現在の規格 html5となり、フーォームでの入力に対して required という属性をつけることができるようになったのです 簡単ですね

ところがこれが動作しないことがあることに気づきました それは formの入力ボタンに

<input class=”btn btn-primary” type=”button” value=”Submit” onClick=”submit();”/><などとするとダメなのです

これを

これだとうまく行きます
<input type=”submit” value=”SUBMIT” />

面白いというか気をつけねばなりませんね ちなみに

<button type=”submit”>Submit</button> でも良い気がするのですが、これだと入力ボックスの中で改行できなくなりこれもダメなのですよ ややこしいったらありゃしない