可児ライブ

6/23午前中は半年ぶりに札幌東徳洲会病院で循環器内科外来診療を行いました そして、その夕方千歳空港から羽田空港に移動し、京急羽田線に乗り換え品川駅に、そして新幹線で名古屋駅に移動しました

この日 金曜日から岐阜県可児市にある東可児病院を舞台に恒例の可児ライブが行われ、今年もまた術者として参加させて頂きました 名古屋駅からは名鉄特急に乗り換え、犬山駅に移動、犬山駅でタクシーを待ったのですが、一台もおらず、無線を呼んでもなかなか来ません 結局 15分ぐらい駅前ロータリーで待ちましたがようやく到着、犬山駅から2Km余り離れた田んぼの中にある Bistro MARUに向かいました ここは建物がロンドンバスの廃車を用い、シェフ一人が従業員という変わった店です 店の中も外も写真を撮影することは厳禁であり、緊張でも料理はとても美味しく満足しましたが、結局可児に到着したのは 23:30を過ぎていました そのままバタンと意識を無くすように寝入ってしまい 起床したのは 5:30AMそれから置きたまま早めに朝食をとり、そして 8:30AMにはホテルを出て歩いて東可児病院に向かいました

僕の割当は第一例目であり、右#4PD付け根のCTOでした 患者さんは 60歳台ですが、冠動脈病変は高度であり、「これは簡単には行かないぞ」と予想しました CT冠動脈造影もありましたが、正直あまり参考にはなりませんでした まあCTOの入り口が小さな声だ部分である、ということを確認できたぐらいです 僕の手技の助手は安城更生病院の植村 祐介 先生がして下さいました 安城更生病院は循環器分野 とくに冠動脈において以前より非常に有名な病院です 僕には思い出があります それは、昭和 51年か 52年でした つまり、1976年あるいは 1977年でした(何と 40年前です!!) 僕が未だ関西労災病院でカテーテルを自ら始めた頃です どうしても選択的冠動脈造影、しかも右肘動脈カットダウンによる Sones法をやりたくて、色々とつてを辿ったのですが全て見学を拒否され、安城更生病院の当時おられた鷹津先生のみが見学をご許可して下さったのです

確か見学前日夜に名古屋に一人で宿泊し、翌朝電車で安城市まで移動し、Sones法による選択的冠動脈造影を二例ぐらい見学させて頂いたのです あれが無ければ僕の今も無い、そんな気もします 本当に何が巡ってくるものか分かりませんね 今回は植村先生の助手でとてもやりやすく手技を行うことができました 感謝です

順行性に少しつっつきましたが、とてもうまく行くとは思えませんので、すぐに逆行性に切り替えました アプローチは両側TRIです 結局心尖部経由の epicardial routeを SUOH-03により通過し、色々やって最終的には薬剤溶出性ステントを2個植え込んで成功裏に終了しました 終了は 1045AMであり時間的にもまずまずでした

東可児病院
PCIの成功を祝って

終わってから病院向かいにあるインド料理の店、ここは 11:00AM開店で印度人の家族がやっています 開店と同時に入り、おいしいカレーとナムをつまみました そして、その後 うなぎを食べた後、再び名鉄電車、新幹線で鎌倉に戻ったのです 鎌倉自宅到着は 17:00頃でした

今年の可児ライブもとても楽しく手技をさせて頂き、また勉強にもなりました

夢の中の出来事かな?

何と鎌倉の知り合いから、その知り合いの方が虻田で前日つり上げたというヒラメが札幌まで届きました 虻田というのは地名であり、洞爺湖や羊蹄山、そして伊達と長万部(おしゃまんべ)に挟まれた噴火湾沿いを含む広大な地域なのですが、そこで釣り上げられたヒラメを何と三尾も持参して病院まで届けていらして下さったのです

しかも、その三尾というのは 1.5Kgから3Kgある大物であり一番美味しいころです きちんと血抜きしてあり、しめられており、氷も発泡スチロールの箱に魚とは直接接しないように入れられていたのです

残念ながら写真を撮るまでには頭が回りませんでした 昨日TAVIを全例終わり、順調であることを確認してから その魚をマンションに持ち込み、早速自らさばいたのです まあこれまでの訓練の成果もあり、これぐらいの大物をさばくのも 30分ぐらいで完了しました ただ全体の量がすごいのです 身をつまんで食べてみるととてもおいしく、これで材料と時間があれば昆布で〆たりもするのですが、それは無理です

そもそもマンションの台所では洗い場も狭く十分に包丁を扱えないのです それでもテクニックでカバーしてそれぞれを五枚におろし、出汁をとれば最高ですが、時間も鍋も無いので残念でしたがアラの部分は廃棄です 結果的に (5 – 1) x 3 = 12枚のさくができあがりました このうちの五枚のさくは奇麗に皮をひきました これは刺身用です そして残りの7枚のさくはそのままタッパーに入れて冷蔵庫に

それから若手に声をかけたのです 皆仕事が忙しいのですが、5名の若手が 8:00PM頃までには集まり、部屋で宴会しました 僕はといえば前夜の睡眠不足もあり途中で意識消失してしまいました とはいっても皆が去る時には起き上がり、タッパーに入れてあった7枚のさくを真空パックに分割し、皆に持ち帰ってもらいました 「これを皮ひいて刺し身でももちろん食べれるけど、それは難しいかもしれないので、フライパンで皮目から少し炒めてもおいしいから」と料理法を伝授しました

結果的に頂いたヒラメは皆でおいしく片付けさせて頂いたのです 何だか夢の中の出来事のようでした

何事もうまくいかないな

昨日はプックスペース栄和堂に行ってゆったりとした時間を過ごすつもりでした それで丁度 12:00頃 Cross Bikeで病院を出発し向かいました

そして店の前の自転車スペースで自転車に鍵をしてさあドアを開けようとすると何と Closedとなっていたのです

仕方なく諦め、自宅を通り過ぎて坂道の途中にあるのを認識していた別の Cafeに向かったのです 結構きつい坂道で、Cross Bikeのギアを思い切り lowにしたのですがその途端にチェーンが外れ、そのまま前ギアに挟み込み、いくら手で戻そうとしても戻りません 仕方なく、自転車を転がしながら自宅にトボトボと歩いて自転車を押して帰りました

そして自宅でドライバーなどを用いて何とか復旧しようとしたのですががっちりとギアにチェーンが挟まれ 何ともできず、修理に出さねばならない事態に陥りました この Cross Bikeは先日定期点検から戻ってきたばかりで、何となくギアに音がして、しかもチェーンの張りが問題ありそうでした 案の定こんなことになってしまいました

結果的に土曜日午後優雅にカフェで思索に耽る、その予定が全部駄目となりました 本当にこの世の中は思うようには行きません

それで、朝から MacBook Proで PyCharmを立ち上げ色々と設定していたのですが、内蔵する Terminal Windowを開くとどうも文字コードの関係なのでしょうか うまいこと動作しません 色々と探してみるとこのページに遭遇しました その通りに設定してみるとスイスイとターミナルが動作するようになりました ありがたい まあ思いどおりに行かないこともあれば 何とな解決することもありますね めげない めげない

本日密かに計画している秘密

本日は昼前後にブックスペース栄和堂に行き、豊かな時間を過ごす予定です ここを検索していたところ、このカフェのいきさつを記したブログにあたりました 非常に興味深い内容です

ますますコーヒーを飲みに行きたくなりました

密かな楽しみ

くくく ふふふ 明日は土曜日 久しぶりに開放された土曜日 ウフウフ ウフウフ

二回目となる「ブックスペース栄和堂」デビューをするのだ ここで 自由に使用できる電源を接続してFree accessの Wi-Fiに MacBook Proをつなげてゆっくりとコーヒーを飲むのです きっと至福の時が待っています

そして昼食はおいしいサンドイッチを食べるのです もしも何か必要なものが思いついたらば モノレール道を挟んである Yamaka Storeに行けばほとんど何でもあります

ブックスペース栄和堂では自転車を大切にしていて僕の自転車も店の前の自転車スペースに鍵をして立てかけておけば安全です

あー楽しみです きっときっと僕の傷ついた心も癒やされることでしょう うん? 何処が傷ついているのかな? まあ流れとしてそのようにしておきましょう

ばかだばかだばかだ

何だか頭が馬鹿になっていく 明らかに頭の回転が以前より遅くなっている 明らかに頭脳の占める空間が狭くなっている

患者さんからよく「最近忘れっぽくて」と相談されます その時の僕の答えは 「忘れるって良いことですよ 長生きされていれば色々と嫌なこともあるでしょう もしもそれらを何時迄も覚えていれば楽しくないですよ 自然に任せましょう」

しかし、それはそうなのですが それにしても頭脳の回転が悪くなるのは許しがたいものです 最近自分のタイピング速度が遅くなってきていることも自覚します 特にこの 2016年モデルの MacBook Proのカチャカチャいうキーボードでは余計その傾向が目立つすのです これなんかも許しがたいことです

以前自分で書いた C++による Huffman Decodingプログラムのロジックをトレースするのに自分で時間がかかっています 頭脳空間の中に自分の書いたプログラムの論理空間をマッピングしれきないのです これは訓練で改善するのか? いな そう信じて再び挑まねばならない

あー馬鹿ですねえ 何を言っているのか支離滅裂です

ヘロヘロと光明

昨日はミヤンマー そして札幌でのTAVI 3例に引き続き、早朝から W治療を 4例実施、その間に外来診療をしながらです そして懸案の重症大動脈弁狭窄症の患者さんに対してどのように対処するか 議論の後、治療に踏み切りました

とても重症で併存疾患もありかつ救急で運び込まれてきた患者さんです 心臓血管外科、循環器内科、麻酔科、血管外科、看護師さん、技師さん、コーディネーター皆総出で 19:00から 23:00まで頑張りました

それから遅くに自宅に帰宅、一人で夕食食べながら MacBook Proを立ち上げメールを見ていたところ、Ron先生からのメールを受信、懸案の DICOM moduleなどを用いて 非圧縮DICOM XAを動画展開できそう、とのプログラムでした

素晴らしいです 漠然としていたモヤの中の色々が見えてきそうです これまでの 圧縮DICOM画像の解析と併せてもっと前に進めていければ良いですね それでこそ Pythonを勉強している甲斐があります

そして今朝は辛かったけど頑張って出勤です

今朝のツーリング

Mandalay Hill Climb

今朝は 5:30AMにホテルを出発し、マンダレー城お堀沿いにマンダレー丘に向かって自動車で移動しました 頂上まで車で 15分以内でした 上り道は、歩行者も車もマウンテンバイクも同じ道を登っていきますが、道は狭く舗装もされていませんので歩行者を傷つけないかヒヤヒヤでした

マンダレー丘からの日の出

丘の上には、Sutaungpyai Pagodaというパゴダがあります

パゴダ正面

このパゴダは Yangonの金のパゴダと異なり、アラビア風のものであり、グラナダにあるアルハンブラ宮殿と雰囲気が似ています しかし、仏教寺院であることにはかわりなく正面にはお釈迦様が座っておられます

お釈迦様
アラビア風の造り

パゴダからはマンダレーの市街地が一望のもとに見渡すことができます 正面には王宮があり、広大な一角を占めていました

マンダレー市街地と王宮

当初ホテルとの往復には 1時間以上かかると言われていたのですが、早朝でしたので 40分ぐらいで往復できたため、ホテルでゆっくりパッキングしています これから病院でCTOを治療し、そのままバンコクに飛ぶ予定なのです

マンダレーでの激しいTRI

マンダレー (Mandalay)はミャンマー第二の都市で、都市圏には200万人ぐらいの人々が住んでいます 長いこと(英国が侵略するまで)王朝があり、街の中心には巨大な城(マンダレー城)があります

マンダレー国際空港は、草原の真っ只中にありバンコクとの国際線が飛んでいますが、マンダレーの町中までは高速道路が結ばれてはいるのですが、小一時間かかります

マンダレー国際空港

ヤンゴンのホテルを 6:00AMに出発し、ヤンゴン国際空港から 600Kmの距離にあるマンダレーまで飛行機で一時間かけて移動し、そのまま空港からマンダレー総合病院 (Mandalay General Hospital: MGH)まで移動しました 本日、そして明日午前中この病院内で、The 4th Myanmar Society of Interventional Cardiology Workshopが開催され、今回は特にTRIに主眼を置いて開催されたのです この病院では昨年一年間で590例ぐらいのPCIが行われ、その大多数がTRIで行われたそうです

症例数の推移

病院にカテ室が出来たのは 2002年だったそうですが、当時はPCIを行うことのできる先生がおられず、2002年に一年間 Professor Kyaw Soe Win先生がシンガポールに留学し、さらに、その半年後から3年間余りイギリスに留学され、PCIを学ばれ今に至るそうです 病院はやはりビクトリア朝風の建物でした

マンダレー総合病院玄関

最初に Welcome Ceremony/Speechから始まりました 僕もスピーチをしたのですが、この時、1994年に僕が Yangon/Myanmarの軍病院 (当時唯一Myanmarに存在したカテ室)でPCIを行った時に、僕の助手をされた Professor Aung Kyaw Zawm先生のスピーチがあり、 23年間の重みを噛みしめました

Professor Aung Kyaw Zaw

まず宍戸くんが、TRIの入門的話をし、それから僕が診断カテからPCIに至るライブを行いました そして、その後僕の講義と、PCIのライブ これがまた難しい症例でした 右鎖骨下動脈がルーブとなっていて、ガイドカテのコントロールができず、また右橈骨動脈が解離で造影剤が漏出したりとPCIに至るまでが大変でした 5Frのカテで行った診断カテの結果、右冠動脈は非常に蛇行し、その途中に 99%狭窄が三箇所ある、という難しい症例でした もちろん、左前下行枝にも左冠動脈回旋枝にも90%病変があるのです これに対して、まずは解離した橈骨動脈を修復し、新たに長いシースを入れてリカバーし、そのあと double wireで何とかガイドカテを右冠動脈入口部まで持っていき、Floating wireによりガイドカテを固定して、マイクロカテを用いて、何とか180度ターンしている蛇行した右冠動脈の三箇所の病変をクロスしました それから、前拡張し、最初から子カテを持ち込んで薬剤溶出性ステントを最終的に三本植え込んで奇麗な仕上がりとなりました 途中で高度徐脈になったりスリリングでしたが、参加者皆にはとても勉強になり迫力があったものと思われます 最後は大歓声の拍手でした

記念写真

最後には参加者の多くが集まり記念写真を撮りました この後、CTOの講義を行い、その後一旦ホテル SEDONAに入りました この高級ホテルはマンダレー城の目の前にあり、窓からは壮大な城壁と、マンダレー発祥の地であるマンダレー丘、そしてお堀が見えます

マンダレー丘、マンダレー城そしてお堀

美しい光景ですね 残念ながらこのマンダレー城宮殿は第二次大戦の時に英国軍により徹底的に爆撃され、昔の面影の大多数は失われてしまったそうです

夜は Eastern Palace Hotelの 9階屋上で Dinner Partyが開かれ、そこで 僕自身の顔のJewelry Paintingが贈呈されました 非常に貴重なもので感激です パーティーはそのままカラオケ大会に移行しましたので、僕たちは早めに退席し、マンダレー唯一の和食系統のお店である焼肉Hanaに移動しました ここには鮨や刺し身もありますし、ラーメンも蕎麦もあるのですが、メインは焼肉です ここでざるそばを食べました

焼肉Hana
Hanaのざる蕎麦

お蕎麦はなかなか良い味でしたが、残念ながら「そばつゆ」がポン酢であり、酸っぱかったのが玉に瑕でした

本日土曜日は午前中CTOの治療を行い、11:00AM過ぎには空港に向かいバンコク経由で羽田に日曜日朝到着予定です 現在 5:20AMですが、これからマンダレー丘を上ってくる予定です