ダッカ脱出 今 Singapore Airline Lounge

飛行機は定刻に Dhaka国際空港を飛び立ち、予定通り現地時刻 6:00AM頃にシンガポール空港に到着しました これから 9:30AM発の成田行き SQ便をラウンジで待っているところです

何でも Bangladeshでは毎週 金・土・日が休日であり、金曜日になると大渋滞の道も空いています しかし、Rahman先生によれば、病院は金曜日のみ休みで、土日は通常勤務とのことでした

今回の会場となり、一泊のみですが宿泊した Radisson Blu Hotelはなかなか良かったです

Radisson Blue Hotel
Radisson Blue Hotel

本日のライブ顛末

さてさて昼食を Radisson Blu Hotelの中の Cafeteriaで摂りました Buffetであり、自由に好きなものをとることができます バングラデシュはイスラム教の国なので、豚肉に関しては厳しく、まず見かけることはありませんが、牛肉、鶏肉、ラム肉、魚介類に関しては何の制約もありません またベジタリアンの方も多いようです 本日の昼に選択した Buffetはこれです イカ、エビ、野菜、Nanなどたっぷりでなかなか良い味でした

昼の Buffet

それから部屋に戻り、ダラダラと過ごし、14:30に、会長の Dr. Afzalur Rahman先生が僕を病院に連れていくために迎えに来てくれました

Afzalur Rahman先生

そして、彼の車に乗って15分ぐらいの場所にある United Hospitalに向かったのです 2年前もこの病院から Bangladesh初のライブ中継を行ったのです 前回は難しい慢性完全閉塞であり、retrograde approachにより開けました 中継時間内に見事に終えたのです

今回 CDで見せて頂いた症例は何と 39歳男性の内科医でした 三ヶ月前より狭心症状が出現し、CAGでは三枝病変であり、左前下行枝は入口部から慢性完全閉塞で、心表面ルートからの副血行で造影されました 左冠動脈回旋枝にもきつい病変があ、また右冠動脈の #4AVにも病変がありました こんな若いのに何でこんなに冠動脈が悪いのか、そんな症例でした

United Hospital
手技の最中

これに対して、bi-femoral approach 7Frで望みました 正直術前の診断造影はあまり良くなく情報不足でしたが、同時造影すると閉塞距離はせいぜい15mmで「これならば順行性だね」と思いました そして開始し、Finecross + XTAにより少しの操作で通過しました しかし、それからが結構大変だったのです 左前下行枝は瀰慢性にプラークが IVUS上存在し、対角枝分岐部、左冠動脈回旋枝分岐部も複雑な病変であり しかも、左冠動脈回旋枝の分岐は 90度以上ある、というものでした あっ、今思い出した すっかり症例の CDもらうの忘れました

まあしかし、modified jailed balloon techniqueを示したりしてDES 3個を用いて、対角枝、左冠動脈回旋枝分岐部、左前下行枝、左冠動脈主幹部を奇麗に処理しました 左冠動脈回旋枝には TAP stentingを行いました 何と Gary Mintz先生が会場でIVUSコメンテーターをして下さり、それはそれは贅沢なライブでしたね 終われば皆 happyでした

一同皆 happy

16:00 – 17:00のライブ中継ぴったりに終了し、再びホテルに戻り、今 19:00からの Welcome Ceremony開始を部屋で待っています 何か話をせねばならないらしいのです このホテルの 8階にある「地中海料理」レストランに逃げたいのですが、少なくとも最初は無理ですね

兎にも角にもこの後 23:30発のシンガポール行きの便で飛び立たねばなりません 二年ぶりの Dhaka, Bangladeshでしたが、この二年間で驚くほど街は奇麗に整備されていました

1年足らず前のあの悲劇的な事件を乗り越え国は発展しているようです この国の発展に尽くされてきた日本人の方々があの事件で何よりも大切な命を落とされた、そのことを思うと、悔しさ、残念さなどがこみ上げ 自分の無力を感じます 本当に無念だと思います 心から哀悼の意を表したいと思います

今朝はダッカです

昨日はとっても嬉しいコメント頂きました、嬉しくて嬉しくて 本当に「豚もおだてりゃ木に登る」ではありませんが、木にも登る勢いでした 少し冷静にならなければ

ところで、昨日(2/09)成田発の Singapore Airlineで Singapore経由、バングラデシュ (Bangladesh)のダッカ (Dhaka)に飛んできました 日本との時差は 3時間あるのですが、それでも今回の会場であり、宿泊ホテルである Raddison Hotel Dhakaに入ったのはかれこれ 23:00頃でした 成田を飛び立ったのが 11:30AMぐらいでしたから、結局 14.5時間ぐらいかかったことになります

僕自身 Dhakaに入ったのは、二年前に引き続きこれで二回目ですが、流石に今回は、あの悲惨な事件があって一年も経過していませんので参加するか否かを検討しました 最後に背中を押してくれたのは、鎌倉の患者さん何名かでした 僕の患者さんの中には、特に開発国で、その国のインフラ整備のために身を挺して活動されている方々がおられます その方々が、実際にバングラにあの事件の後入られて、「大丈夫です 是非ともバングラのために行って下さい」と言われたのです

二年前も、今年も Bangla Interventional Therapeuticsというインタベの学会です 二年前に参加した時のことは、ここにあります でもこの時もバングラから脱出できてホッとした感じがわかりますね この時は、United Hospital というとても奇麗な Private Rich Hospitalで慢性完全閉塞のライブをしました

去年は縮小して会が行われた、とのことですが、去年は僕は参加しませんでした

今年は、何と Marie-Claude Morice先生、Gary Mintz先生そして、僕と一緒に座長された Angela Hoye先生が参加され、シンガポールから Tan Huay Cheem先生が、また和歌山県立医科大学の Takashi AKASAKA先生も招聘main guestsとして参加されました

僕の講演

今年は、朝のセッションで座長と演者を行い、今ホテルで休んでいます 未だ夕方にどの症例を治療するのか? 何れにしても慢性完全閉塞らしいのですが何の情報もありません まあこんなものでしょう どちらにしても自分の持ってい経験と能力で全力を尽くすしかありせん 結果がどうであれそれは後からついてくるものですのであまり緊張しないように、と自分に言い聞かせています

無事 バングラデシュ脱出

渡航自粛勧告が出るほどに危ない、と言われていたバングラデシュでしたが、無事に脱出し、現在シンガポール空港ラウンジで羽田行きの便を待っています

もともとはインドから別れたバングラデシュですが、ガンジーが始めた「ハルタル」というものが根付いています これは要するに野党が政権与党に対して反旗を翻すために行うゼネストなのです 僕の世代だと子供の頃よく「国労」とか「動労」が激しいゼネストを年に一回は必ず起こし、日本の社会活動が停止することがありましたが、それと似たものらしいのです

しかし、現在では過激になり、満員寿司詰めのバスの中に火炎瓶を投げ込んだりするそれこそテロのような行為も横行し、先日も 50人ぐらいがそれで亡くなったそうです

今ではガンジーの非暴力主義とは正反対のテロ的活動となり、何日も何日も続くのだそうです ストのためのストと化していて、大多数の国民はうんざりということだそうです ハルタルは通常金曜日から日曜日は行われず、今回の BITもその間隙に開催されたのです

実際ハルタルになると、危険で表には出れず、それどころか交通も麻痺し、社会活動全体が止まってしまうのだそうです 今回の BIT期間中にはハルタルはお休みでしたので、僕としては安全に脱出することができました

ホテルを 4:45PMに出発し、まず Afzulr先生の超高級マンションに呼んで頂き、そこで奥様お手製のとてもおいしいコーヒーを頂き、それから6:30PMに日本国大使公邸に呼んで頂きました

公邸でおいしい正統派和食を頂いてから 8:00PM頃に出発し空港に向かったのでした そしてダッカから4時間足らずでシンガポールに到着し、ここで 4時間の transitの後、羽田行きに搭乗します

大使のお話によれば、バングラデシュの輸出産業のNo.1は、衣料品縫製、No.2は農業、特にエビの養殖だそうですが、ここらまではだれでも分かりますよね、しかし意外だったのが、No.3です これが何かと言えば、実にGeneric薬品製造なのだそうです もともとバングラデシュの人々は勤勉で手先が器用であり、そのため工業製品の基礎技術である溶接技術が高度で、これを利用して製薬に必要な高度な無菌機械を製造でき、この結果 Generic薬品を国内で製造しているのだそうです 今ではバングラデシュで使用される薬品の 96%が国内で生産され、WHOもこれに着目し、開発途上国にバングラデシュ製造の安い薬品を供給しているそうです 知らなかったですね

ダッカ市内はひどい渋滞ですが、走っている車の 90%以上が日本製であり、その多くがTOYOTAです 日本製品に対する信頼と愛着があり、とても親日的です

SUSHI in Dhaka

やはりですねえ 初めての国でありますし、どうしても鮨を食べる必要があり、ダッカで数少ない、いや事実上一軒しか無いという和食のレストラン IZUMIに昨夜行きました

和食 IZUMI
和食 IZUMI
鮨 in Dhaka
鮨 in Dhaka

そして鮨・刺し身の盛り合わせ、天ぷら、枝豆、サラダなど頼みました バングラデシュは基本的にイスラム教の国なので、公共施設でのアルコールは高級ホテルを除き禁止ですので、ビールすら置いていませんでした そうですねえ 鮨のレベルはインドと同じくらいでしょうか

大きな思い違い

いやー 知らなかった 大きな思い違いでした

何が思い違いか? と言えば、今回の学会 BITのことです 僕はこれを勝手に Bangladesh Interventional Therapeuticsの頭文字だと思い込んでいたのですが、学会長の Afzalur Rahman先生と話をしている中で、この学会は、バングラデシュのダッカ、インドのコルカタ、そしてネパールの三ヶ所を回り持ちで行う学会だ、との説明があったのです

Afzalur先生と
Afzalur先生と

僕の記憶が正しければ(正しいのですが)、バングラデシュは、その昔(1971年)に当時のパキスタン(その当時は東パキスタンと西パキスタンに分かれていました)から、東パキスタンが独立して樹立された国家であり、またそもそもパキスタンは、インドの一部であったのが、ヒンズー教主体のインドから、イスラム教主体のパキスタンが1947年に分離独立したものであり、このような歴史的経緯から、バングラデシュはインドとあまり仲良く無い、そのように思っていたのです それなのに、Bangladesh Interventional Therapeuticsと堂々とバングラデシュと歌う学会が、どうしてインドを含んでできるのか理解できなかったのです

ところが、よくよく見ると間違いでした 正しくは Bangla Intervetnional Therapeuticsであり、そのまま日本語に訳せば、「ベンガル語圏インターベンション治療学会」ということになるのです それで知ったのですが、インドのコルカタ( = カルカッタ)も、ネパールもベンガル語を話すベンガル人が住んでいる地域・国家であり、何の障害もなく、BITを行うことができるのだそうです ちなみに、バングラデシュの90%はイスラム教ですが、10%はヒンズー教と少数のキリスト教だそうです 日本と異なる複雑な宗教と言語、そして歴史に翻弄されている国なのですね

さて今回 Kiemeneij先生は、オランダ外務省からのバングラデシュ渡航自粛要請と、スキポール空港までの電車の事故などのため、さらに航空券がキャンセルになったりと重なり BITには出席できませんでした

Invited Foreign Faculty
Invited Foreign Faculty

しかし、Alain Cribier先生はご参加され、TAVIのこれまでの歴史、そして現在の France Rouenでの最新の治療についてご講演を頂きました 非常に勉強になり、また直接親しくお話できました 彼とは昔僕が初めて中国に経皮的冠動脈インターベンションに入った1991年頃より、度々中国やインドのライブデモンストレーションで相まみえ、その当時からお互いに知り合っていました 彼もそのことについて講演の中でお話されていました 嬉しいものですね

Cribier先生、Afzalur先生達と
Cribier先生、Afzalur先生達と

昨日は僕も講演、Cribier先生も講演と同じセッションで時間を過ごしました そして、本日は僕はライブデモンストレーションのために、United Hospitalという private hospitalに出かけました この病院は金持ちや外国人のみが訪れる高級病院であり、日本にそのまま持ってきても通用するとても奇麗な病院でした

United Hospital
United Hospital

ライブデモンストレーションは10:30 – 12:00の中継で行われました ちなみにこの中継のために、画質を重視し、衛星通信が使われたのです この衛星の費用だけで日本円にして 400万円かかり、その多くの部分に Afzalur先生は自費をつぎ込んだそうです

僕に割り当てられた症例は右冠動脈の慢性完全閉塞を有する 57歳の男性で、これまで左回旋枝にステント植え込みがされました 左冠動脈前下行枝から心尖部経由でほぼ直接右冠動脈末梢につながり、そのルートを行くのが得策と考えましたが、問題はそのルートの著明な蛇行と、左冠動脈前下行枝の病変でした これに対して、経大腿動脈的冠動脈インターベンションで入り、まず左冠動脈前下行枝を IVUSで観察したところ、有意狭窄と、石灰化を数箇所認め、結局左冠動脈前下行枝にも薬剤溶出性ステントを二本植えこみましたが、これも石灰化のためなかなか入らず double wireなどを使用しました

Live in United Hospital
Live in United Hospital

その後 beatingに同期させながらルートの蛇行を巧みにクロスし、右冠動脈末梢に入りましたが、慢性完全閉塞部分の通過に少し手間取りました 最終的には Reverse CARTOを行い externalizationに成功し、最終的には右冠動脈にも3本の薬剤溶出性ステントを植え込んで終了しました IVUSで見ると、完全にtrue lumenをワイヤーは通過したのです

Congratulation
Congratulation

会場は大興奮し、Afzalur先生も喜んであられました また、患者さんのご家族も握手を求めてきました この事実上バングラデシュ初めてのライブデモンストレーション放映が成功して僕も嬉しいものです 自分では随分と時間かかったように思いましたが、手技開始 10:10AMから終了 11:50AMときちんと放映時間内に終了したのです

斎木先生ご夫妻と
斎木先生ご夫妻と

カテ室には、在バングラデシュ日本国大使館医務官の斎木先生と奥様もいらして下さり応援して頂きました ありがたかったです

この後、会場のホテルまで戻ったのですが、戻りは渋滞にハマり、行きは30分かからなかったのですが、戻りは1時間かかりました ホテルに戻ると丁度 Cribier先生が出てこらられ、”Congratulation! Fantasic!”と握手を求めてきました これも嬉しかったですねえ

そして遅い昼ごはんを食べ、今は 16:30までホテルの部屋にいるところです 本日は夕ごはんを在バングラデシュ日本国大使とご一緒に大使公邸で戴いた後、22:30頃発のシンガポール航空でシンガポール経由羽田に帰国します 日本着は2/08 (日)の 15:30頃です

とても慌ただしく何の観光も無い初めてのバングラデシュ訪問でしたが、一言で言えばこのバングラデシュは 「20年前のインド」という感じでした その言えば僕が初めてインドで経皮的冠動脈インターベンションをしたのは丁度20年前のことでした

いやいや大切なポイントを忘れていました バングラデシュは一言で言えば、「今から 20年前のインドのよう、但し街中に牛はいない」でした

 

これから危険なバングラデシュ

現在シンガポール空港ラウンジでバングラデシュのダッカ行きの便を待っています BIT (Bangladesh Interventional Therapeutics)という学会から招聘されました

海外からの招聘者は、Alain Cribie先生、もちろん TAVIを人類の歴史上初めて実際の患者さんに対して行い、その患者さんの命を助けた伝説的な医師ですね、それと Ferdinand Kiemeneiji先生、この先生も、経橈骨動脈的冠動脈インターベンションを世界で初めて行った超有名な先生ですよね、そして小生のみです

この学会からは2年前にも招聘され、訪問直前に当日 現地情勢が危ない、ということで急遽キャンセルしました

今回も、バングラデシュ国内では政治的に不安定で、野党が大規模な暴力的ゼネストを行い、バスにも爆弾が投げ込まれるような事態となっているようです

しかし、学会主催者の万全の態勢を信じ、今回は訪問することに決めました

さてさてどうなることやら 決して「自分だけは安全さ」などとは思っていません ひたすら危険を避け、危ない橋はは渡らないようにします