ぎりぎりセーフ

昨日夜遅く そう実際にホテルに入ったのは 23:30を過ぎていました 夜遅くにソウルのホテルに入りました それから Pythonの勉強少しして寝ましたが、なかなか寝ることができず あっち向いたりこっち向いたりしている内に寝ましたが、浅い睡眠で 5:40AMには起床してしまいました

シャワーを浴びて 6:30AMよりホテルの 5階で韓国風朝食を食べたのです 昔は年に 15回くらいは韓国各地を訪れて PCI、TRI、CTOをしていましたが、ここ数年はすっかりご無沙汰でせいぜい年に一回ぐらしか訪問していなかったのです

今回は Seoul National University Bundang HospitalでのTAVIプロクターとして行きました とてもきついスケジュールです 7:30AM頃ホテルを車で出発し、ソウルの南に位置する衛星都市 Bundangに向かいました Bundang Seoul National University Hospitalには実は 2005年にも訪れています その時も丁度今頃 5月 18日でした Bundangは最近人気の場所で、ソウルから 30Kmぐらいに位置します 若い人や少しお年を召されたお金持ちの人々が、ソウルのようにガチャガチャしていないし、空気も奇麗なので移り住んでいるのです 現在の人口は 1,300万人くらいとのことですが、そのエリアに大きな病院がここを含め 2つしかなく、また中規模病院も 3つしか無いのだそうです

2005-05-18 With Dr. In-Ho Chae

上の写真は 前回訪問時 2005年 5月 18日にCTOのPCIをやっている写真です 隣におられるのは今回のTAVI術者であられた Chae In-Ho先生です

この病床数 700の大病院は 2003年に開院した病院で、ソウルのソウル国立大学分院ですが、建物はソウルの本院そっくりであり、何と手術室が 40ぐらいあります

Buntang Seoul National University Hospital
現在は新たに別の病棟も建っています Chae先生と
40ぐらいある手術室監視スクリーン

何と本日は 8:30AM頃から 4例の TAVI proctorをさせて頂きました 事前に DICOM CT dataを頂き、自分で Osirixで分析し、サイズや危険性などを判定し、僕としての方針を開示し、実際には Chae先生達が手技を行い、僕は口出し役として清潔となり後ろに立ち監視する、そんな感じで進みました

何しろ、安全にかつ有効に、ということをモットーとしてプロクターをしました ブロック状の石灰化がある症例、LVEFが 25%ぐらいしか無い症例などどれも危険性の高い症例ばかり四例でしたが、何も大きな合併症無く、しかも PVL (Paravalvular leak)もほとんど無く、圧較差も 100mmHg以上からほとんどゼロに皆さん方なりました 本当に良かったです

とは言っても、これは 8時間に 4例ということで単純計算しても一例平均 2時間での手技です 患者さん搬入し、全身麻酔かけ、それから手技、そして麻酔覚醒、患者さん搬出 そして部屋の掃除、そしてまた搬入というこれだけの手順をかけて一例あたり 2時間で行ったのです 僕の知るかぎりこれはこれまでの最速ペースですよね

TAVIの合間に

本日絶対に帰国せねばなりませんでしたが、夕方のソウル近郊は大渋滞となります 遅くとも 17:30には病院出て金甫空港に向かわねばなりません 17:29に4例目の植え込み終了し、合併症の無いこと確認してすぐに着替え走って病院を飛び出し待たせておいた自動車で金甫空港に向かいました 暫く走ると大渋滞 「これはだめかな もう一泊かな?」とも思いましたが頑張りました そして ANA 20:15発の最終羽田便に無事搭乗することができ、現在は鎌倉の自宅です 未だ日にちは変わっていません

本当に滑り込みセーフですが、頑張りました そしてとても良い気分ですし韓国の方々にもとても良かったのです? と思います

これから一泊で韓国です

今日は日曜日 実は昨日土曜日心穏やかな時間がありました

湘南モノレール大船から江ノ島駅までの中間点に「湘南深沢」という江ノ島モノレールの駅があります その駅から自宅に向かって数分の距離に「深沢」という交差点があり、その交差点周辺にはかつてダイエー系のスーパーがありましたが、既に潰れています しかし、Yamakaストアというスーパーが未だ頑張り、すごいことに湘南ボーリングというボーリング場が元気に頑張っています このYamakaストアの向かい、自宅から歩いても 10分かからない距離なのですが、そこに以前より一軒家の本屋さんがあったのです しかし本屋さんは今厳しいですよね ご多分にもれずこの本屋さんも店を閉じてしまったのです いきさつの詳細はもちろん知らないのですが、バス停でバスを待ちながらその本屋さんを見ていると、何だかいつの間にか喫茶店に変わっているのです 喫茶店といってもコンセプトが「本」と「Cafe」という感じです なかなか良い感じなのですが、中に入るのは少し気恥ずかしい感じがして、できてもう一年以上経つのにかかわらず一回も訪れて無かったのです それに何時も外から見てそんなにお客さんが入っているようには見えないのです

土曜日仕事を昼過ぎに片付け、自転車で早めに帰宅する途中 このCafeを訪れることに決めました 丁度店の前に自転車スペースがあり、そこに自転車をとめてヘルメットを持ちながら Cafeに入りました 最初何となく勇気が必要でしたが、店に入ると僕ぐらいの年齢のご主人でしょうか? が一人おられ「何になさりますか?」と聴いて来られました 見れば各テーブルには電源があり、また Free Wi-Fiも整備され、壁には色々な本が並べられ自由に閲覧可能でした そしてバックには 1980 – 90年代のジャズが軽くかかっているのです

すっかり馴染んだ空気となりました そして、壁の一角にある本が目についたのです それは「Webサービスのつくり方」という本でした そして、その本に付箋がついていて、「当店主人の兄の書いた本です」と記載があるのです この本の著者は 和田 祐介という方であり、Web programming 特に Perl programmerとして有名な方です 何とそんな方が身近な場所に住んでおられるのに驚きました

そして、よく見ると壁に並べられたたくさんの書籍はあらゆる分野のものですが、その中でも Web Programming関係の本が多くあるのです

結局一人でその Cafeで 2時間ぐらいゆったりと過ごしたのです また訪れるつもりです

そして今日は朝遅くまで寝坊しました 本日 20:00発の便でソウルに飛びます 明日は早朝から韓国のある病院でTAVIのプロクターです 明日の最終便で戻る予定です また忙しい時が始まります

さあ出発

今朝は朝からたくさんの外来患者さんを診察し、たくさんの入院オーダーも切りました お一人PCIをやることになっていましたが、今日はこれからの勉強会に出席せねばならない(正確には したい)ため、部下に任せて自転車でまず早めに自宅に戻りました

EuroPCR2017最初のライブ Main Arenaで

そして、自宅からバス停まで歩き、なかなか来ないバスをひたすら待ち、ようやく大船駅から 17:39発の東海道線に乗り、今電車で東京駅増まで向かっています これから 理研の賢い先生方による Python関連の講義を受けるため日本橋にあるという理研AIPというところに出かけるのです

楽しみだなあ

忙しい三日間

日曜日の昼前にホテル Le Meridian Etoirに到着し、13:00からは Tokyo Valves 2018のための準備会議が開催されました EuropaOrganizationからと、Marie-Claude Morice先生、林田先生、大野先生そして山中くんと僕が参加して、色々な観点から来年の会をどのようにするか皆で討議しながら決めていったのです

その作業はとても神経を使うもので大変でしたが何とかやり終わりました しかし、それに引き続き今度は London Valves 2017のための最終会議が行われ、それにも参加しました

夜は Spanish Barに行きました 時差ボケはどんどんひどくなりましたが、やはり 4:00AM頃には覚醒です

翌日月曜日 15日は特にスケジュールが無く、ホテルの部屋で過ごしました 昼はあいかわらず「来々軒」でした

来々軒の辛味噌ラーメン

翌日は 10:00AMからの Opening Ceremonyにおいて壇上に並ぶことになりました これは非常な栄誉と思いますが、僕がそんな場にいることが本当に良いのかどうか自信がありません 会場は Main Arenaであり、おそらく 2,000名以上の方々があつまりました ものすごい人数でした

これは開場15分前、この後たくさんの人が

今年は Andreas GruntzigがPCIを開始して、40年の節目です そこで、40 Years’ PCIというものが設けられ、その中ではいくつかの歴史に残すべき写真が展示されていました 僕も数回その陳列の中に並べられました

Gao先生、Fajade先生そして Kiemeneij先生と
Ethica Awardの歴史
2015年に受賞しました

 

それから色々なセッションの座長など行い 本日は既に 17日 朝 8:30AMより座長 それが終了してから 今度は EuroPCR TVの取材を受け、昼食時には色々な話し合いを行い 現在は MitraClipのセッションで勉強中です 今日の夜の便で鎌倉に戻ります

フランクフルト到着

羽田空港を 5/14 0:50AM発のフランクフルト便で出発し、11時間あまりの飛行の後、フランクフルト国際空港到着し、今はここからパリ行きの便を待っています

相変わらず寝不足で時差ボケですね どんどん外国に行くのが辛くなっていきます 今日は長い一日となります

羽田空港到着

今朝 5:10AM羽田空港国際線到着 何時もこの便は 4:30AM頃に到着するのですが、今日は遅れました 羽田空港のシャワールームでシャワーを浴びたのですが、これまで知りませんでしたが、 ANA business classとか ANAの statusがあると、1,000円のシャワー料が無料となるのでした

カラスよりも素早くシャワーを済ませ、着替えてから国内線に連絡バスで移動し、千歳行き始発 6:25AM発の ANA便のチェックインして今は機中で出発を待っています 流石に朝一番の便はガラガラです

本日は札幌でTAVIプロクターで本日中に鎌倉に戻ります

怒涛の二日間

日曜日の深夜羽田を出発し、そのまま LAに移動、そして自動車でさらに南に下り、目的地に到着したのは日曜日の 18:00頃でした

月曜日、そして火曜日の午前中は会議のために缶詰となり、英語のシャワーの下で辛い思いをしたのです

火曜日午後はそれらから開放され、 LAに向かい、 Cedars Sinai Heart Instituteの連中と飲み明かし、今ラウンジに至るのです

日本帰国は、木曜日の 4:30AMです それから国内欄千歳いきの瓶に乗り換え、 6:30AM発の千歳行き始発に乗り、札幌に移動するのです

ああ ああああ 辛くないかと言えば辛いです 楽しいかと言えば楽しいです あああああ

あああああ

何をやってるんだか

さて、浮気性の僕が今取り憑かれているのが、Pythonを用いてグラフィック系のものを作りたい、具体的には最終目標が DICOM XAの再生ですが、そのようなものです

そして、何やら自分の MacBook Proの Document Folderを見ていたところ、 Python Scriptというフォルダを見つけたのです もちろん、他ならぬ自分で作成しているフォルダなのですが、すっかりその存在を忘れていました このフォルダ実に 2015年に自ら作成しているので、履歴として、その頃も Pythonに一時期ハマっていたことになりますが、すっかり忘れていました ひどいですね これは知識のあるいは知能の退化というものでしょうか

まあ、仕方ないそんな自分を受け入れるしか道は無いのだから

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄(きはく)を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため

これは高村 光太郎の書いた詩です 自分の世代だと中学ぐらいの教科書に載っていたと思います そして、これは

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ
危ぶめば道はなし 踏み出せばその一足が道となる
迷わず行けよ 行けばわかる

というのはあのプロレスのアントニオ猪木が用いた言葉として有名ですが、もともとは 一休宗純という禅僧の言葉だと言われています しかしこれも

此の道を行けば どうなるのかと
危ぶむなかれ 危ぶめば 道はなし

ふみ出せば その一足が 道となる 
その一足が 道である
わからなくても 歩いて行け 行けば わかるよ

という 清沢 哲夫『無常断章』「道」という詩人の作である可能性もあるようです あっと Pythonの話が何でこんな話になるのでしょうかね

さて今は、アメリカ西海岸で会議に参加し、ずっと英語に浸かりっぱなしです とっても辛いですが、既に 24時間経過 相変わらずひどい時差ボケです ずっと自分に負荷がかかっていますが、この会議では世界のPCIをひっぱってこられ、現在も第一線で活躍されている先生方、超有名な先生方が一同に集まっています 僕もその中のアジアから唯一の人として参加しているのは光栄です 何とか自分の存在を出せています ということで Pythonの話は後で

北京での三泊

今回 CITに参加するため(実際には 僕は Course Co-Directorなので参加せねばならないのですが・・・)に、3/30夜に北京に入りました

確か先週ぐらい全国人民代表会議みたいなのが開催され、自動車もしばらく制限されていたからか珍しく空は奇麗でした この時期の北京は、PM2.5の問題が無ければとても過ごしやすく美しい街並みなのです

さて、昨年はライブ術者をする時間が無く、今年は二年ぶりに術者をしましたが、この間に阜外国立心臓病センターはすっかり新しい建物になり、壮大なとても奇麗な病院となりました そこでは心臓専用のカテ室が、15室並び、それ以外に脳とか、外科が使用するカテ室が5室、合計 20室のカテ室が稼働しています 昨年の経皮的冠動脈インターベンション症例数は16,000例です

この15の中に少なくとも一台 SHIMAZUのマシンがあり、僕のライブはそのマシンで行いました 他のマシンは、Philips/Siemensということでした 僕の助手をされた先生方に「どのマシンが好き?」と聞くと、SHIMAZUも悪くないけど時々画像がものすごく悪くなるのでやはり Philips/Siemensが好きだと言っていました

今回 SHIMAZUはものすごく奇麗な画像であり、それはある意味感激しました 小倉にもこのマシンが入っていたと思いますが、小倉よりも格段に奇麗でしたね この話は小倉には内緒で・・・

症例は右冠動脈の慢性完全閉塞でしたが、あっという間にワイヤーを通し、それこそ時間をどのように潰すか?に悩んだほどでした

北京の街には、若い女性がきっと資生堂の影響だと思うのですが、皆とてもお化粧が日本的に奇麗となり、美人が増えました そろそろ出発せねばなりません またこの後は日本に戻ってから

へえ~~ これもオリンピックに向けてかなあ

何だか疲れ切っていますが、元気出てくるでしょう 本日は 5:00pm過ぎの ANA便で久しぶりに北京に入ります

北京では明日より CIT (China Interventional Therapeutics)というライブ学会が開催され、そもそもこの会が出来た時より Chairmenの一人でありますが、あまり活動していない悪い役員ですね 自分の履歴に併せ最近は経皮的冠動脈インターベンションよりもTAVIの役割が増えてきています

しかし、今回は明日の午前中に阜外病院より慢性完全閉塞のライブ術者となっています 先程症例を見ましたが、59歳男性で右冠動脈のみの慢性完全閉塞でした ラッキーであれば、順行性に Tapered-tip hydrophilic wireで簡単に通過するでしょうが、そうでなければ厄介な逆行性アプローチということになります 造影では中隔枝良く分かりませんでした

まあ明日になれば明日になります 今から考えても何の得もありません

そうそう、何を言いたかったかと言えば、今日は珍しく羽田の出発口が行列になっていたのです それで僕は ANAの Statusであまり並ばない入り口から入ったのですが、驚きました 入り口のSecurity checkを通過したらばガラガラなのです 出国管理もほとんど列を作っていないのです

ではどうして出発口で詰まっていたのでしょうか? 答えは、これまでの金属探知方式のゲートでなく、その横に新たにアメリカとかでは数年前よりやっていたグルッと回る全身スキャナーが入っており、全員そちらに入らせられていたのです そのために、列が出来ていたのですよっ

これって、やはり東京オリンピックに向けての対策なのでしょうね

そうそう先日の危機を乗り越えた患者さんすっかりお元気です TAVIの威力ですねえ