泉川ライブから東海大学八王子病院へ そしてTAVI、経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)

日にちがコロコロと入れ替わり、今何をしていて今何をすべきか その境界が曖昧になっていく それでも時は流れ、いやどんどんその流れは加速していく それが人の営みなのでしょう 世界はどこに向かうのか? それを思うと不安になることもあるが、その結果を知る前に自分という存在は消えていくのでしょう

前回の日曜日には JTVTで忙しく、それが開け 7月19日金曜日には島原に移動、翌日 20日は島原ライブで怒涛のように 6症例を行いました 最後の冠動脈バイパス手術術後の患者さんに対しては本気で攻めましたが、完璧な結果は得られませんでした しかし良い治療をしたと思います あいにくと台風の接近に伴い激しい風雨でしたが、島原鉄道にこのような電車も走りました

島原鉄道
島原鉄道先頭のシンボル

翌日日曜日には鎌倉に戻ったのですが、鎌倉はすごい湿気で蒸し暑く、とても「夏」という気持ちにはなれなかったのです

22日は東海大学八王子病院で2症例の治療をさせて頂きました

東海大学八王子病院カテ室
東海大学八王子病院カテ室

そして翌日23日はTAVI 2例と経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip) 1例 そんなふうに時間の流れを振り返っている内に今朝となりました これからPCIです

ささやかな楽しみ

今朝は少し遅刻して札幌東徳洲会病院心臓センターに出勤 遅刻といっても現在 7:30AMです

新道東交差点角による TSUTAYA/Family Martで、まずは Iced Cafe Lateを購入 Suicaが使えるので便利ですねえ

流石にその場で機械がコーヒー豆を挽き、それからきちんとコーヒーを抽出し、それを氷一杯のカップに注ぐので何と素晴らしい香りでしょうか 朝のひと時のんびりと過ごし、今日一日に備えます 素晴らしい時間が過ぎて行きます

とは言え、そんなにのんびりはできません そろそろ腰を上げて現実の世界に戻りましょう

JTVT終了しました

7月14日そして15日と鎌倉プリンスホテル・バンケットホールにおいて JTVT2019を開催させていただきました 当初よりその開催には幾多の困難が伴うと思っていました

  1. 公共交通機関によるアクセスが難しい – 実質的に江ノ電でしかアクセスできません
  2. 海の日であり、しかも湘南海岸なので交通渋滞がひどいと予想される

しかし蓋を開ければ、いい具合に軽い雨となり、これにより交通渋滞は著しく緩和され、しかも恐れていた江ノ電の混雑 – 実際土日には藤沢駅や、鎌倉駅での江ノ電乗降が制限されているのです その混雑もさほどではなく、参加者の方々には湘南海岸と江ノ電を楽しんで頂けたものと思われます

参加者総数もその前年に比較して100名以上増えました 実際4つの会議場にはたくさんの人々が集まって頂きホットしました この成功には、14日の日本国内では初めてとなるTAVIライブが素晴らしいできで仙台厚生病院より行われたこと、そしてTVTとの Joint Collaborationとして JTVTとして初めて開催され、あの世界的に有名な Martin Leon先生のご参加を頂いたこと、そして何より参加者全員のご協力、そして湘南鎌倉総合病院ハートチームのご協力、これら全てがいいように回ってくれたのです それが成功要因だったと思います 本当に皆様方には感謝のみです

これから各種残務整理が必要ですが、まずは自分自身の疲れを癒やしたいと思います 本当にありがとうございました

本日よりJTVT開催です

残念ながら外は結構激しい雨です まあものは考えようですが、これであれば湘南に来られる観光客は少なく、その結果、江ノ電もそんなに混まないでしょう

というのも、本日より僕が会長をする JTVT 2019という日本国内最大の心臓弁を中心とした心疾患に対するカテーテルを用いた治療法に関する学会がこの鎌倉プリンスホテルでいよいよ午後 14:00より開催されるのです そこで1番の問題は観光客が殺到し、江ノ電による公共交通が遮断されることでした でもこの雨であれば、その心配は無用でしょう

昨夜 Martin Leon先生も羽田空港経由でホテルに到着されました 全世界の心血管インターベンション界の至宝であられるLeon先生が無事到着され、それだけでも安堵し、満足です

まあ、あとは学会が成功するか否か、それは天命のみぞ知る、そんな気分です この学会が終了すれば、すぐに次の準備に移らねばなりません

そんな中、何回目かの挫折していた Haskellに再びアタックです やはりどうしても Monadという概念を心から理解したいのです あと Haskellとは関係ありませんが、 Tensorという概念も心から理解したいですね どなたか手取り足取り教えていただければ何とかなると思うのですが、独習では困難です

今週の火曜日は久しぶりに燃えました

気がつけばいつの間にか7月です しかもあっという間に七夕も過ぎてしまいました 最近燃えない気分の中で 7/09火曜日は久しぶりに燃えました

当日経カテーテル的大動脈弁置換術4例が予定されており、最初の患者さんはアクセス困難例だったので左鎖骨下動脈アプローチが採られました この経カテーテル的大動脈弁置換術は僕自身が第一術者として行わせて頂き、残り3例は部下に主にしてもらいました

第一例目をスパッと終了し、すぐに他院よりご紹介の患者さんに対するCAG/PCIを行ったのです 遠位橈骨動脈アプローチで開始し、冠動脈造影を行うと予想よりもはるかに悪い冠動脈でした 諸事情があるためそのままPCIに以降しました 我ながら「あっこんな元気あるんだ」と驚いたのです

自分は Interventional Cardiologistとして何時までやるか? そしてPCIとSHDどちらの道を歩むのか? そんな重大な命題に対する回答を未だ出していないのです 回答を引き伸ばしつつ決断を先送りしているのかもですね

そんなこんなですね

そうそう昨日は朝アメリカからの訪問者と14,5年ぶりに再会したのです 彼とはHBD (Harmonization By Doing)立ち上げの頃より戦った同志なのです 懐かしかったですね

そしてたまたまですが、昨日は独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)に部下たちと併せて5名で訪問しました

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構のある新霞が関ビル

これは医師主導型臨床試験開始の相談で訪問したのです PMDAの方々はお忙しい中我々の訪問にお付き合い下さり、とても有意義なお話を頂きました 本当にありがたいと思いました そして、このあと羽田空港に直行し、函館に移動したのです

いよいよ今週の土曜日には Martin Leon先生に鎌倉にいらして頂きJTVTが開催されます そんな中 1997年に JSIC会長として Leon先生をお招きした時のポスターか出てきました

JSIC 1997
JSIC 1997
Martin Leon先生ご講演
Martin Leon先生ご講演

そうかこの頃は Leon先生 (僕たちの間では Marty/Shigeruと呼び合っています)は未だ Washington Hospital Centerにおられたのですね この翌年でしょうか、彼が Columbia University Presbyterian Hospitalに仲間と一緒に移動されたのは

本日は函館

昨夜久しぶりに函館に入りました そして今朝から市立函館病院で経カテーテル的大動脈弁置換術のプロクタリングを行いました

難しい症例でしたが、二症例とてもうまく治療していただくことができました そして、数カ月ぶりに蒔田先生とお会いすることができました

蒔田先生と久しぶりに
蒔田先生と久しぶりに

東可児から名古屋経由 鎌倉に

ライブ手技を終了し、皆で記念写真を撮りました 年齢が行けば行くほど、このような写真で残した記録というのが自分の中で重要に思えるようになります

「あの時 誰と一緒だったか?」

「あの時 何処に自分はいたか?」

「あの時 何を考え、何をすることができたか?」

色々なことを過去に遡り思い出そうとする時に、写真はとても貴重なきっかけとなりますね

ライブ手技を終え、皆で記念写真
ライブ手技を終え、皆で記念写真

その後は、名鉄新可児駅から名鉄で犬山駅まで20分の各駅停車、そして犬山駅から名鉄特急パノラマカーのしかも先頭車両、そして先頭座席に座り名古屋駅まで一直線 その車窓風景はとてもエキサイティングなものでした 初めて乗りましたね

パノラマカー先頭風景
パノラマカー先頭風景
パノラマカー先頭風景
パノラマカー先頭風景

いやあ楽しかったなあ

ライブの醍醐味

19日水曜日は夜神奈川SHD研究会が開催され、大和まででかけました 会場は SIRIUSという大和市の公共施設であり、とてもきれいで機能的な建物で驚くと共に、とても羨ましく思いました 翻って鎌倉の貧弱な公共設備は何なのか? と思わざるを得ませんでした

さて会は 19:30より開催され、最初挨拶をして 20:00には部下の一人て早々に消えたのです

消えた、と言ってもその後二人で藤沢駅界隈にでかけ、何と 23:30まで飲み交わしたのです 色々と大事な事を話ししました やはりアルコールの力は大きいですね

そして自宅に戻り就眠したのは 0:30AMでした

そして20日木曜日は 4:40AM出発で羽田空港に移動したのです 目覚ましを 4:20AMにセットして何とか起きました そして起きるや否やシャワーを浴び、もう出る時には 4:40AMとなっていました そのままタクシーで羽田空港に移動し、6:15AM発の始発千歳行きで千歳に移動 そしてそのまま札幌東徳洲会病院心臓センターに移動し 9:00AMからの Heart Team Conferneに参加することができました

この日はTAVIは無く、経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip) 2例が予定されていました もっとも僕に今更何の手助けできるか疑問なのですが、それでも早朝より参加しました

特に Brockenbroughについてはかなり指導しました

最初はきちんと Brockenbroughの指導していますね
最初はきちんと Brockenbroughの指導していますね

しかしよる年波と疲れには勝てません 意識消失発作となりました

意識消失発作
意識消失発作

それでも経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)は二例とも大成功であり、いよいよ僕の出る膜は無くなってきましたね

その日は、北海道の方が大ぶりのヒラメ 3枚、深海魚ソイを8本釣り上げて来られたのです 早速それらを自ら全部捌いたのです さすがに包丁さばきも進化しており、何とこれらを 1.5時間で奇麗に終えたのです ソイはその夜食べましたが、ヒラメは二枚をサクにして現在熟成中 日曜日に寿司を握るつもりです ソイは綺麗さっぽ理食べてしまいました

さてヒラメは保冷パックに冷却材と一緒に放り込み、その後千歳 – 羽田、そして羽田 – 名古屋 – 犬山 そして東可児と移動したのです 一晩東可児のルートインというホテルで休み、今朝22日は朝から東可児病院に移動し、僕の行うライブに同席したのです

そうそうライブは大変でした 都合があり、右上肢と右大腿動脈は使用できないのです それで、左大腿動脈より 7Fr sheath1tが既に挿入されていました 僕は左遠位橈骨動脈アプローチで入りました ものすごく穿刺しにくいのです だって左手首は左大腿動脈穿刺部の全面に来ており穿刺の邪魔をするのです そんな中でも穿刺に成功したのです しかし橈骨動脈は非常に蛇行し、ワイヤーが通過しません 何とか 0.014 Fielder-FCで通過したのですか、ここからワイヤーを upsizingできません 結局皆で知恵を出し合い、まずは60CMの 0.014-compatible microcatheterを先行し、その次に 0.032/0.035対応long sheathを挿入し、最終的には 4Fr sheathをその屈曲を超えて総ニュぅする そのようなはずらしいアイディアをもらいました このテクニックはとても強力です 素晴らしいです そのアイディアを僕に提供してくださったのは大和成和病院の土井尻 先生でした ありがとうございます

何れにしてもこのように多くの人の知恵と経験がcrossするような場所 それがライブなのですが、実に本日の経験はライブの醍醐味と称しておかしくないと思います。

久しぶりの安達太良ライブ

昨日は朝から安達太良ライブにおいて、新装なった「いわき市立医療センター」において右冠動脈の慢性完全閉塞治療をさせて頂きました 病院はできたてほやほやの真新しい病院でした 僕の使用したマシンは Shimazuの最新型マシンでした 画面はきれいなのですが、フットペダルの重さが軽すぎてペダルを踏みに行くと、ペダルが何処かに逃げてしまう そんな印象でした あと、U-armの操作桿の操作法がわかりにくかったです

右手背橈骨動脈より自分で穿刺し、手技を完遂しましたが、僕の助手は松陰くんが勤めて下さいました 症例治療は順調に終わりました 最後にあの Y先生が、「TRIもずいぶんと進化したのですね 以前 齋藤 滋先生がTRI側、私がTFI側でデベイトしたことを思い出しました 現在 一般社団法人 日本医療安全調査機構の顧問をしていますが、TRIで事故が起きても患者さんが死ぬことはないが、TFIで事故が起これば患者さんが死ぬことがある」と言って下さいました とても嬉しくてこれまで自分がしてきたことが役に立った思いでした

幻の「夜汽車」

昔むかし ある所に「夜汽車」という飲み屋さんがありました その場所は 懐かしの尼崎市で、阪神電鉄尼崎駅から歩いて5分、国道二号線の「近藤病院」より三和通商店街に入ったところでした

「夜汽車」はご当主が沖縄出身であり、コの字カウンターに集う人々も沖縄出身の方々が多く、その方たちは「三線」(さんしん)を弾く方々です 僕はかれこれ7-8年前にこの三和通商店街を散策していてこの店を偶然見つけ入ったのです そこのおでん 特にマダコを煮たおでんが好きで関西に行く時は必ず通っていたのです

それがある時 多分4年ぐらい前から消失してしまったのです かつての店の前に行っても似たような門構えの店はあるのですが、雰囲気が違いますし、店名も違います 必死でネット検索かけてもヒットしないのです 何か自分の一部が切り取られたような衝撃と落胆が僕の心を覆いました

それがそれが何と昨日 Slender Club 2019尼崎 その Welcome Partyにおいてその「夜汽車」のご主人とその一団が参加され、沖縄民謡のライブ演奏をされたのです

沖縄民謡ライブ
沖縄民謡ライブ

そして、伺うと何と店はそのまま同じ場所にあるものの、店名のみ変更されたということでした 現在の店名は「北酒場」でした

新しい店名「北酒場」
新しい店名「北酒場」

そのライブ演奏終了してから「北酒場」に行きました 以前のように沖縄民謡仲間が集まりとても良い雰囲気でした 人生の一部を取り戻した気分でした