わーぁいっ TAVI 100例達成

2017年04月06日木曜日に僕の Proctor下で 3例のTAVI (S3)によりスタートした札幌東徳洲会病院が、日本国内最速のスピードで本日 100例目を達成しました 結果的に、丸8ヶ月で 100例のTAVIを行ったことになります しかも素晴らしい治療成績で成し遂げられました

これには、札幌東徳洲会病院の Heart Team、山崎 誠治 部長、山崎 和正 先生という植え込み implanterのみならず、麻酔科の 三澤 部長、経食道心エコー法を行って下さる谷 先生、そして竹之内 先生、そして循環器内科の皆、また頼りになるバックアップをして下さる、心臓血管外科 上田 部長はじめ心臓血管外科の面々、解析に携わるだけでなく現場で補助して下さる放射線科技師さんたち、そしてバルブの作成も手早くやって下さる臨床工学技士の面々、エコーを奇麗にとって下さる臨床検査技師の方々、また現場で準備やアシストをして下さる看護師の方々、Heart Teamでは直接的にはありませんが、カテ室看護師や職員、あるいは病棟看護師や職員の方々、ICU看護師や職員の方々、そして僕がしばしば羽田発朝一番の飛行機で千歳空港に移動し、札幌東徳洲会病院での 9:00AMからのTAVIカンファランスに間に合うように、そして同じ日TAVI 3例終了後、すぐに千歳空港に移動し、羽田に飛び、鎌倉に同じ日の夜に戻る、そのような強行スケジュールを可能として下さる医局秘書や、事務職の方々 いやいやまだまだたくさんの方々の素晴らしい連携と、一つの目標 TAVIによりこれまで治療困難であった患者さんを治療していく、という大きな目標、それに向かっての全員の強い意志、これらによって初めて可能だったと思います

また、もちろん僕自身による SAPEIN3および EvolutRに対する Proctoringそして EvolutRによる Subclavian approach, Direct Aortic approachの Proctoringの力は大きいと思いますし、またしばしば麻酔の指導と援助にいらして来て下さった 湘南鎌倉総合病院麻酔科の 太田 先生の力も大きいと思いますよっ、

何れにしても本日余裕で下の写真を撮ることができました 本日は 9:30AM開始し、三例のTAVIを終えて ICUに全員収容したのは 14:30でした 素晴らしい速さですね

TAVI 100例記念

ライブ前というのに

昨日木曜日(12/07)は朝 7:30AMに自宅を出発歩いて10数分かけて湘南モノレール「湘南深沢駅」まで行き、そこからモノレールで大船駅へ

そして、湘南新宿ラインで新宿駅まで向かいました ここでは幸いグリーン車に座ることができたのでラッキーでした

新宿駅で長い連絡道を通り、山手線に乗り、隣の「大久保駅」下車、この時点で 9:05AMぐらいでした そこから「大久保通り」を一路歩き 20数分すると「国立国際医療研究センター病院」に到着しました

国立国際医療研究センター

入り口近くの病院内 Tullys’がありそこで温かいコーヒーを購入し、研究棟5階にある講堂まで行きましたところ、受付がありそこで Harmonization By Doing (HBD) Think Tank East 2017が開催されていました この活動の最初から関わっている関係で僕も Facultyとして呼んで頂いたのです 昨日の参会者は何と合計 164名であり、日本のみならず米国、ヨーロッパ、シンガポールなどからも参加され、職種としては企業の方々、医師、大学関係者、治験関係者、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 (PMDA)、厚生労働省、アメリカFDA (Food and Drug Administration)など多岐に渡りました

HBD EAST THINK TANK 2017

会は、9:30AMの Openingから開始され、主に4つのセッションに別れ短い講演と、皆での討議 (Round Table Discussion)が行われました 基本的に英語ですが、昨日は優秀な同時通訳も準備され日本語でも自由に話すことができました 僕は昨日は日和って基本的に日本語で話をしました

会議は白熱し、僕が closing remarkを喋って終了したのは 18:00頃となっていました そこからまた歩いて「大久保駅」へ、そして新宿駅で湘南新宿ラインのグリーン車を狙ったのですが帰宅客でいっぱい、結局ずっと立ちん坊状態で大船駅に、そしてモノレールを経由して帰宅したのは既に 20:00でした 疲れました

ところで何をそんなに討議しかたって? もちろんメイン・テーマは「早く患者さんにより良い医療機器を安全に有効に届けるために、臨床試験(治験)のやり方をもっと改善していこう」というものです これには血の出るような努力が必要なのです もう既にこの活動を 15年間してきたのです 本当に疲れますね

えーーーっ

千歳空港に 8:00AM前には着陸しました 千歳空港周辺は深い雪です そもそも千歳はそんなに雪が積もらないからここに空港や基地ができたのですが、ここ数年風野通り道が変化したのか、千歳にも深い雪が降るようになってきました

道央自動車道千歳入り口に入る前に航空自衛隊千歳基地の横を通っていくのですが、今朝信じられない光景を見ました 何と、基地の上空からハングライダーのように見える黒いパラシュートが一人降下してきたのです 目を疑いました 戦闘機の発進があった場合パラシュートをひっかけてしまいそうです きっと冬の降下訓練なのでしょうか 驚きましたね

眠いなあ

昨日は夜皆が集まり ライブの綿密な打ち合わせをしました そして今朝は 4:15AM起床し、羽田空港に出発、6:15AM始発の羽田発千歳行きの便で雪の札幌に向かっています

札幌は今日も日帰り予定ですが、戻り便がきちんと飛んでくれることを祈っています 明日は明日で朝から東京で HBD East Think Tank Meetingが開催され、一日中ずっと缶詰なのですから

疲れが溜まり、年末までに開放されてゆっくりとできれば良いのですが・・・

やばっ

これは恐ろしいことになりそうでした というかブログ書込み何時の間にか久しぶりでした この1週間あまりの間に例によって色々ありました

今朝この早朝の羽田空港全日空ラウンジで「やばい」と思ったことの筆頭は、何とこのブログにアクセスできなくなっていたのです いや正確にはアクセスできるのですが、参照できません つまり WordPressが作動していないのです

自分で何をしたかを思い出しました 実はこれから先の10年を見越して、PHPを 5.3から 7.1に upgradeしたのです それがまずかったのですねえ その結果 WordPressが作動しなくなったのです 通常 PHP 7.1は PHP5.3に対して上位互換性がかなりの部分保たれていると思うのですが、何れにしても作動しなくなったので慌てて今戻しました これにより再びブログにアクセス可能となりましたねっ

さて、何で 7.1にしたかというと、今ここ数日ですが、のめり込みつつあるのが、以前も挑戦した Laravelなのです この最新 Long-Term Support (LTS) versionが Laravel 5.5なのですが、それに挑戦始めたのです 問題は Laravel 5.5は絶対的に PHP > 7.0が必要なのです それで深く考えずに kamakuraheart.orgの PHPを 7.1にしたのです それが今朝の顛末でした

これから 6:15AM発の千歳便で札幌東徳洲会病院に日帰りで入ります きっと寒いだろうなあ きっと雪に覆われているのだろうなあ

いよいよ秘境へ と言っても挫折

さて、飯福田寺からは、伊勢山への登り口が続きます この伊勢山は聖なる山であり、太古の昔から修験者、行者の修行の場として歴史を続けてきました

最近でも、この山に一人で挑戦し、日が暮れても戻って来なかったので捜索に入ったところ、転落滑落死亡していた そんなことがあったようです

ここには、この掲示板のような「地獄」があるのだそうです

心して登られよ
地獄絵図

もっとも危険な山なので、入山する前には必ず 飯福田寺社務所に名前を届け出る必要がありますし、入山料 500円を寄進する必要があります 実際の登り口には鳥居があります

伊勢山修験の場登り口

今回は革靴にスーツとしてとても山登りはできない服装でしたので、それ以上先には進みませんでした 下からは地獄の一部が見えました すごいですね

地獄の一つ「岩屋本堂」

来年こそは準備をして登ってみたいものです

伊勢志摩ライブ

あっという間に時間が過ぎていくので何時が何時 何処が何処 分からなくなります

先週は、11月07日火曜日に札幌東徳洲会病院に夜入りました そして、軽く打ち合わせの翌日、水曜日午前中は外来診療を行い、木水曜日08日午後は、院内PCI Workshopを行い、その中で8例の治療を行いました とても重症の方もおられました

翌日木曜日 09日は、朝からTAVI院内 Worshopを行い、他のご施設からも見学に来られました ここでは三例の治療を行い、その脚で千歳空港に移動し、羽田空港脇の、エクセル東急ホテルで 18:45より国際テレカンを行い、それから鎌倉の自宅に戻りました

そして、10日金曜日には午前中外来診療行い、そのまま三重県松阪に移動し、三重ハートセンター内で開催されている伊勢志摩ライブにおいて、まずは 18:30より講演を行いました

翌日土曜日11日は 8:15AMに松坂駅前のホテルを出発し、そのままま病院に移動し、8:40AM頃より一例ライブで左前下行枝のCTOを治療させて頂きました

そして、11:00AMにならない早くから、すぐに病院を発ち、そのまま三重県松阪の秘境、「伊勢山」「飯福田寺」「蕎麦処 悠庵」に向かったのです 道は峠を越えていく山道で、舗装はされているのですが、とても細く対向車が来ればバックせねばなりません しかも路肩は苔むしていてスリップ転落の危険があります

そんな道を 30分以上登っていくと出てきました まずは「飯福田寺山門」です

福田寺山門
飯福田寺
飯福田寺といわれ

この寺のほとり ほとんど並んで 隠れた蕎麦の名店「悠庵」があります もっとも土日しか営業しておらず、大将一人で全てをこなし、さらに今年年末には店を閉じ、移転されるとのことです

店はとても古く、ムカデがたくさん住んでいるような雰囲気で今にも崩れそうでした

秘境の蕎麦店「悠庵」
秘境の蕎麦店「悠庵」
秘境の蕎麦店「悠庵」のあ品書き

別棟は今にも崩れ落ちそうでした

悠庵 別棟

肝腎の味ですが、秘境という感激を差し引いてもおいしいと思いましたよ

悠庵の蕎麦

さてこの蕎麦を食べ終わってからが本当の秘境になるのです

本日はCCT最終日

水曜日夕方神戸に入り、その日の夜 さくら会高橋病院会議室を開いて頂き、その場で 鎌倉ライブデモンストレーションの臨時実行委員会を開催しました

この会は、ライブデモンストレーションでの人員配置を決定する非常に重要なものであり、その人員配置を容易に行えるように SQL databaseに各種データを蓄積し、インターネット上で配置を決定し、リアルタイムに更新される仕組みを作りました

ゼロから作り上げてきたもので、今後の学会運営などにも使用できるノウハウを蓄積してきました

木曜日午前中には J-WINCのセッションで話をさせて頂き、そのまま鎌倉に戻りました

金曜日は本来ライブデモンストレーションで放映される予定でありましたが、残念ながら今年はできませんでしたTAVIライブデモンストレーション その実際のTAVIをライブではなく治療を行いました そして TCTに向けて 5題の presentationを uploadしてクタクタとなりましたよ

本日土曜日は朝から再び神戸に そして Luncheon Seminarでの座長を執り行い、そのまま羽田空港に向けて出発し、引き続いて San Francisco -> Denverに移動するのです 何だか忙しくて頭が馬鹿になりそう そこで新幹線の中で programmingの勉強と実践をしています

本日のライブ

本日は朝から 東北医科薬科大学附属病院 (以前の東北厚生年金病院)で、CTOのライブ術者をしました この病院を訪問するのは 3年ぶりぐらいのことでした

症例は右冠動脈のCTOでしたが、事前の評価では micro channelがつながっていて、すぐにPCIが終了するだろう、というものでしたが、実際にやるとそんな訳は無く、結局左冠動脈回旋枝ルート二箇所の逆行性アプローチを試みた後、中隔枝経由のルートで逆行性アプローチに成功し、合計で 2.5時間も費やして右冠動脈のCTO再開通に成功しました 事前評価が甘かったことは反省点ですが、次々と色々な手を繰り出す意欲をまだ持っている自分を評価したいと思います

その後、カテ室から Luncheon Seminarの講演を 30分させて頂き、それから仙台駅に直行し、東口に新たに出現したビルの中でスペイン料理(実態はパエリア)を食べ、今 14:30発の東北新幹線に乗り、鎌倉に戻るところです

最近はめっきりCTO治療をする場面も減りましたが、まだまだ自分では手技を楽しめることを発見しました