可児ライブ

6/23午前中は半年ぶりに札幌東徳洲会病院で循環器内科外来診療を行いました そして、その夕方千歳空港から羽田空港に移動し、京急羽田線に乗り換え品川駅に、そして新幹線で名古屋駅に移動しました

この日 金曜日から岐阜県可児市にある東可児病院を舞台に恒例の可児ライブが行われ、今年もまた術者として参加させて頂きました 名古屋駅からは名鉄特急に乗り換え、犬山駅に移動、犬山駅でタクシーを待ったのですが、一台もおらず、無線を呼んでもなかなか来ません 結局 15分ぐらい駅前ロータリーで待ちましたがようやく到着、犬山駅から2Km余り離れた田んぼの中にある Bistro MARUに向かいました ここは建物がロンドンバスの廃車を用い、シェフ一人が従業員という変わった店です 店の中も外も写真を撮影することは厳禁であり、緊張でも料理はとても美味しく満足しましたが、結局可児に到着したのは 23:30を過ぎていました そのままバタンと意識を無くすように寝入ってしまい 起床したのは 5:30AMそれから置きたまま早めに朝食をとり、そして 8:30AMにはホテルを出て歩いて東可児病院に向かいました

僕の割当は第一例目であり、右#4PD付け根のCTOでした 患者さんは 60歳台ですが、冠動脈病変は高度であり、「これは簡単には行かないぞ」と予想しました CT冠動脈造影もありましたが、正直あまり参考にはなりませんでした まあCTOの入り口が小さな声だ部分である、ということを確認できたぐらいです 僕の手技の助手は安城更生病院の植村 祐介 先生がして下さいました 安城更生病院は循環器分野 とくに冠動脈において以前より非常に有名な病院です 僕には思い出があります それは、昭和 51年か 52年でした つまり、1976年あるいは 1977年でした(何と 40年前です!!) 僕が未だ関西労災病院でカテーテルを自ら始めた頃です どうしても選択的冠動脈造影、しかも右肘動脈カットダウンによる Sones法をやりたくて、色々とつてを辿ったのですが全て見学を拒否され、安城更生病院の当時おられた鷹津先生のみが見学をご許可して下さったのです

確か見学前日夜に名古屋に一人で宿泊し、翌朝電車で安城市まで移動し、Sones法による選択的冠動脈造影を二例ぐらい見学させて頂いたのです あれが無ければ僕の今も無い、そんな気もします 本当に何が巡ってくるものか分かりませんね 今回は植村先生の助手でとてもやりやすく手技を行うことができました 感謝です

順行性に少しつっつきましたが、とてもうまく行くとは思えませんので、すぐに逆行性に切り替えました アプローチは両側TRIです 結局心尖部経由の epicardial routeを SUOH-03により通過し、色々やって最終的には薬剤溶出性ステントを2個植え込んで成功裏に終了しました 終了は 1045AMであり時間的にもまずまずでした

東可児病院
PCIの成功を祝って

終わってから病院向かいにあるインド料理の店、ここは 11:00AM開店で印度人の家族がやっています 開店と同時に入り、おいしいカレーとナムをつまみました そして、その後 うなぎを食べた後、再び名鉄電車、新幹線で鎌倉に戻ったのです 鎌倉自宅到着は 17:00頃でした

今年の可児ライブもとても楽しく手技をさせて頂き、また勉強にもなりました

夢の中の出来事かな?

何と鎌倉の知り合いから、その知り合いの方が虻田で前日つり上げたというヒラメが札幌まで届きました 虻田というのは地名であり、洞爺湖や羊蹄山、そして伊達と長万部(おしゃまんべ)に挟まれた噴火湾沿いを含む広大な地域なのですが、そこで釣り上げられたヒラメを何と三尾も持参して病院まで届けていらして下さったのです

しかも、その三尾というのは 1.5Kgから3Kgある大物であり一番美味しいころです きちんと血抜きしてあり、しめられており、氷も発泡スチロールの箱に魚とは直接接しないように入れられていたのです

残念ながら写真を撮るまでには頭が回りませんでした 昨日TAVIを全例終わり、順調であることを確認してから その魚をマンションに持ち込み、早速自らさばいたのです まあこれまでの訓練の成果もあり、これぐらいの大物をさばくのも 30分ぐらいで完了しました ただ全体の量がすごいのです 身をつまんで食べてみるととてもおいしく、これで材料と時間があれば昆布で〆たりもするのですが、それは無理です

そもそもマンションの台所では洗い場も狭く十分に包丁を扱えないのです それでもテクニックでカバーしてそれぞれを五枚におろし、出汁をとれば最高ですが、時間も鍋も無いので残念でしたがアラの部分は廃棄です 結果的に (5 – 1) x 3 = 12枚のさくができあがりました このうちの五枚のさくは奇麗に皮をひきました これは刺身用です そして残りの7枚のさくはそのままタッパーに入れて冷蔵庫に

それから若手に声をかけたのです 皆仕事が忙しいのですが、5名の若手が 8:00PM頃までには集まり、部屋で宴会しました 僕はといえば前夜の睡眠不足もあり途中で意識消失してしまいました とはいっても皆が去る時には起き上がり、タッパーに入れてあった7枚のさくを真空パックに分割し、皆に持ち帰ってもらいました 「これを皮ひいて刺し身でももちろん食べれるけど、それは難しいかもしれないので、フライパンで皮目から少し炒めてもおいしいから」と料理法を伝授しました

結果的に頂いたヒラメは皆でおいしく片付けさせて頂いたのです 何だか夢の中の出来事のようでした

今日もTAVIに浸かりきり

昨夜、神奈川SHD研究会で勉強してから帰宅したのですが、会が終了したのは 9:40PM頃でしたので、結局自宅に着いたのは 11:00PM頃となっていました

何故か寝付けず、また最近の暑さのためでしょう 部屋に蚊がいて、足を刺され痒くて眠れず、結局寝入ったのは 2:00AM頃でした そして目覚まし時計で 4:05AMに起床し、シャワーを浴びたりしてから羽田空港に向かったのです

羽田空港到着は 5:30AM頃、そして6:25AM羽田発千歳行きの ANAで千歳、そして札幌東徳洲会病院に移動しました 9:00AMからのTAVIカンファランスに続いて 第一例目のS3 TAVI 順調に終了 続いて ERの Proctoring TAVIを 二例しました Proctoringは自分自身にとってもとても勉強になります 自分が何気なく体で行っている手技を自分自身で客観的に解析し、理論付け、さらにはそれを伝授する方法なりを考え、そんな色々が新しい世界なのです

二例抜群にうまく行き、これは Proctoringの勲章です

初めて乗った北海道新幹線

金曜日 16時過ぎの新函館駅始発の北海道新幹線に乗りました 新青森駅までは青函トンネルをくぐるため新幹線のスピードではなく在来線のスピードとなるため意外と時間がかかりました それでも高速区間で全く振動しないことに驚きました 乗り心地は各地を走っている新幹線の中で最高だと思います

JAL City AomoriにおいてTAVI関連の講演会が開催され、そこで講演させて頂きました 宿泊はそのホテルだったのです そして、今朝の便で青森空港を飛び立ち羽田そして鎌倉に戻ってきました

日曜日夕方からTAVI尽くしで終わった一週間、各地を飛び歩いた旅でした 流石に疲れましたね

札幌から函館 そして青森に移動

函館の僕の定宿は札幌東徳洲会病院心臓センターに歩いて 5分、地下鉄東豊線新道東駅には歩いて1分、そして丘珠空港にはタクシーで10分以内の便利な場所にあります

今朝は、丘珠空港にタクシーで移動し、小さなターミナルビルの中にある「丘珠キッチン」でまず「丘珠カレー」を食べました

丘珠キッチンの丘珠カレー

それから丘珠-函館のHAL-JAL便に搭乗し、函館に移動しました まだお腹は空いていないのですが、やはりここは抑えておかねば、という「大三坂」にある蕎麦「久留葉」で蕎麦を食べました おいしい蕎麦です

芝海老かき揚げ蕎麦
大三坂蕎麦「久留葉」

ふーっ

何だか目まぐるしく日にちが過ぎていきます まるて日めくりカレンダーのようにパラパラパラパ日にちが変わっていくのです

そして日にちと日にちの間にあるのは3時間程度しか眠れない不眠状態です 何でねれないのかなあ つらいなあ

水曜日は札幌東徳洲会病院で午前中難しめのTAVI 2例 実施しました 90歳超の方が翌日にはお元気になられ ICUで車椅子に座っておられる時に 「ずっと旭川に住んでおられるのですか?」「うーん生まれもそうなんだよ ずっとだね」「今どこか苦しくないですか?」「すごく楽ですよ」などという会話を取り交わし 自分の心の中はほっとしました

それから短い昼食をとり、そして院内ライブをしました これは主目的がIVUSだったのですが、結局 15:00過ぎから 17:00前までに三例のPCIをしたのです やっぱり僕の実力が出ましたね やる前は「えーっ、今からPCI? もういやだなあ」という感じだったのですが、やっぱり体にPCIが染み付いているのですね やり始めると勝手に体が動きます そりゃあそうですよね 僕が初めてPCIを行ったのは 1981年ですから既に36年間もやっているのです

先日開催された EuroPCR2017では Andreas GruentzigがPTCAを開始してから 40年目の節目ということでセレモニーが行われましたが まさしくその中の 36年間も僕の体にPCIが染み付いているのですよね

そして昨日は午前中に二例のTAVIをしました 特に二例目は 90歳超の方で心機能も悪く非常に危険な状態でした PCPSも必要かも と考えられていた患者さんであり、しかも左冠動脈が低く弁尖の石灰化のために左冠動脈主幹部閉塞の危険も考えられていた症例です しかも大動脈がものすごく蛇行し、S3も途中から上げられなくなりました これら全ての障害を最終的に乗り切り成功しました 結局 1.5時間で終了です この患者さんも現在はお元気です

そして今朝は流石に疲れ果て札幌の自分の部屋で 6:30AMまで体を休めました そしてもう暫くしたらば函館に飛びます 今日は函館経由青森です

TAVIに染まって

月曜日深夜にソウルから自宅に戻りましたが、なかなか寝付けず睡眠不足のままに、火曜日の朝となりました 何時ものように 7:00AM前には病院に出勤、「あーー 朝から辛いなあ 眠いなあ」

そして、7:30AMよりの抄読会および循環器内科カンファランス 引き続いて 8:30AMよりのTAVIカンファランスと時間が過ぎていきました そして午前中には二例のTAVIそして、経皮経静脈的僧房弁交連裂開術 (PTMC) 1例あり、15:00からは外来診療に入り、16:10には病院を出て自宅に戻りそのまま自宅から羽田空港に出発、19:00発の千歳行に搭乗し、21:30札幌の宿舎に到着、食事後 本日 1:00AM就眠

今朝は 5:45AMに起床し、今日の講演の準備をしていて時間が過ぎ、7:15AMには病院に出勤 そして 7:30AMより札幌東徳洲会病院でTAVIカンファランス

その後、症例の打ち合わせを行い 9:30AM本日のTAVI患者さん出棟、入れ替え時間含め、1:00AMには二例完璧にTAVI終了しました 二例目は特に早く、40分ぐらいで終了です これって最速TAVIかも知れませんね

患者さんもお元気で、そして今さっきアメリカとテレカン終了、これから午後のPCIの時間帯に入ります ここまでで僕が直接関与したTAVIは今週で 4 + 2 + 2 = 8例です 明日また二例あり、今週は合計 10例ということでしょうか これってPCIへの関与よりも多いかも いいなあ 新しいってことは 前に進むめば進むほどに新しい世界に足を踏み入れるのですから

Dive in Python

ついに思い切って参加しました しかも今回は会場が東京駅前の理研です 理研の AIPセンターです ちなみに AIPは何か?と言えば、「革新知能統合研究センター」のことで、AIP = Advanced Intelligence Projectのことだそうです

Stapy x 理研AIP

今回の研究会の中心は OSS (Open Source Software) = 基本的にソースコードを GitHubなどでインターネット上に公開しながら有志がインターネットで参加してし協同で優れたソフトを早く開発していくというもの このOSSの代表作が Linuxであり、また それこそ 統計ソフトRもそうですし、多数存在します

今日の開催場所理研 AIPというのは、東京駅八重洲口歩いて数分の場所に存在する巨大な奇麗で新しいビルの15階にあります 流石東京だと思わせるビルです

Coredo日本橋ビル

内容は OSSとして開発されているPandasという Pythonの数値計算の有名なライブラリに日本人として唯一開発に参加されている方の講演とか、日本で開発され、全世界に広がっている深層学習のためのPython Frameworkである CHAINERの開発に参画されている方の講演、そして Scikit-Learnによる Pythonでの機械学習のお話、そして理研の教授であられる先生による講演などとても難しいお話が並びました

本日のスタッフ

結局全てが終了したのは 9:15pm頃であり、全く休憩無しでした 終了し、すぐに消え去ろうとしたところ、懇親会(ビアバッシュ)入り口で「齋藤先生」と突然声をかけられました えっ えっ 何とこの StaPyの毎回の研究会運営の中心であられる岸さまでした

そして驚くことに、何と岸さんは EP班の村上部長の義理のお兄さんだったのです いやあ驚きました 世の中広いようで狭いのですねえ

もうすぐ開始です

東京駅より日本橋に向けて歩いて 10分 Credoと大きくビルに書かれた 19階建ての新しい大きなビル 上の方には Bank of Americaとか Merill-Lynchとか大きな文字がかかれていて「何だこれはアメリカの銀行集団ビルか?」と思える様相です

何れにしてもそこの 15階、これが一般の人々は 5階までしか上がれない構造なのですが、その入口を探すのも一苦労でした その 15階に理研の「革新知能統合研究センター」というのがあり、そこに天才たちがどうやら集まっており、集会室らしき壁の黒板には多分議論した跡なのでしょうか 理解不可能な複雑な数式が並んでいました

理研での Python勉強会

その中の広い会議室 これがスクール形式で僕は楽ちんな机がある席の前から二列目に座席を確保したのです もうすぐはじまるでしょう 参加者の会話を聴いていると「京都から新幹線で今ついた」とか言っておられる方もいらっしゃります 身なりは登山する人みたいです まあ僕ひどく汚い身なりですから人のことは言えません 楽しみです

本日は小倉ライブでCTOオペレーター

昨日 5/12金曜日は朝から外来診療 そして、14:00に病院から自転車で帰宅し、少し準備したりしてから、14:30にタクシーで羽田空港に向かいました

16:20発の羽田空港発福岡空港行き JAL便に搭乗し、福岡空港到着、タクシーで博多駅まで移動し、新幹線で小倉駅に到着したのが 19:20頃でした そのまま小倉駅近くのわりと最近評価を上げている寿司屋さんに行ったのですが、不覚にも名前も覚えていないし、写真も撮りませんでした まあ、一回最初で相手の術中にハマるのも何ですからそれで良いのです

そして、24:00に小倉のリーガロイヤルホテルにチェックイン 暫く部屋でパソコンいじってからそのまま意識消失 6:40AM頃起床し、朝ごはん少し食べてから 8:20AMに小倉記念病院に向かいました

本日は小倉記念病院主催の小倉ライブ、その午前中にライブ術者を仰せつかりました まあなんのかんのいっても僕が術者最長老であることは間違いがありません しかもダントツに年上でしょう でもねえ本当はTAVIの術者希望!! です

症例は 78歳の男性 少し前に不安定狭心症で入院され、左冠動脈回旋枝と右冠動脈の閉塞認められ、今回の不安定狭心症原因は左冠動脈回旋枝の新鮮閉塞と考えられ、緊急PCIが行われ解決しました しかし、その後の心筋シンチでも広範な下壁後壁の虚血が証明され、右冠動脈 #2のCTOが問題となり僕に operatorが回ってきました

冷静ですねえ 客観的に状況を捉えながらCTOに入りました bi-radial 7Frで入ったのですが、今朝の術直前造影の結果、ほぼ70%ぐらいの確率で順行性でOKと判断しました そして 30%は backupのため逆行性アプローチと思いましたが、そうなると左冠動脈の diffuse narrowingのために厄介になると思いました

XTA -> Gaia-Thirdにより通過し、何とか色々 OCT/IVUSなど行いながら時間を潰し、最終的には薬剤溶出性ステント 3.5 x 32mmによりとても素晴らしい出来となりました 良かった良かった

Cafe Fadie
天下の小倉記念病院

問題は、この手技を放映時間帯はるかに早く終了し、僕はそのまま近くの Cafe Fadiesに行き、コーヒーをすすり時間潰し、それから新幹線で福岡駅に移動、そしてそこで鯖を食べ、今ラウンジです この鯖萬は福岡駅の AMU 10階にあります 是非一度訪れて下さい

鯖萬
長崎鯖の刺し身としめ鯖