昨日も素晴らしいTAVI そして僧帽弁治療

あっという間に時間が流れて行きます 子供の頃は一日の中でも45分授業でも長く感じ、なかなか日が暮れなかったのですが それが今はあっという間に一日が流れすぎて行きます

先週は12日金曜日外来終了後名古屋に出かけ講演でした その日は名古屋に宿泊し、13日土曜日は高山に呼んで頂き、講演会がありました 去年も高山に呼んで頂いたのですが、恥ずかしながらその頃は高山がどのような場所であるのか全く知らずに出かけました 今は高山が歴史に彩られた古く素晴らしい場所であることを知っています 何と高山市は、面積が東京23区以上もある広大な市なのだそうです そしてその面積の大部分は山深い飛騨の山々なのですね

高山中心を流れる宮川
高山中心を流れる宮川
現存する江戸時代の代官屋敷「陣屋」
現存する江戸時代の代官屋敷「陣屋」

高山には江戸時代からの街並が良く残り、その頃から続く造り酒屋も5軒 今も製造を続けているのです 現在は日本人には有名なばかりでなく多くの外国人で町は溢れています 本当に奇麗な心やすまる土地でした

高山名物 中華そば
高山名物 中華そば

また近年は高山ラーメン、いや地元の方々は決してラーメンとは呼ばず「中華そば」と呼んでおられ、実際ラーメンとは異なり子供の頃を懐かしく思い出すことができる昔風中華そばなのです 出汁はたっぷり煮干しが使われています その高山中華そばの店は街中に数十軒あり、それぞれの店が行列です

また、「飛騨牛」も有名ですね 飛騨牛握り寿司2貫で 600円の店が有名だそうですが、何と二重の行列でした

飛騨の里
飛騨の里

また少し登った場所に昔からの飛騨の民家を移設して高山市が保存している地域 「飛騨の里」という場所があり、この時期 17:30より美しくライトアップされ、それはそれは綺麗でした

こうして元気を取り戻し、昨日は朝からTAVI 本当に重症な方であり、何時突然死されないかとこちらがヒヤヒヤしていた方です 先天性二尖弁であり SAPIEN-XTは適用できない解剖でした これに対して CoreValveを用いてこれ以上の素晴らしい植え込みはできない、という程の素晴らしい植え込みを行いました しかも、早かったのです 何とそれに続いて縦で行った重症僧帽弁閉鎖不全に対するカテーテル治療の手術場出しを 11:15AMに予定した程だったのです

自分自身相当に CoreValve植え込みの自信が持てました

12/29でありながら

昨日は循環器内科忘年会があり、コメディカルも含め総勢80名ぐらいが大船の居酒屋に集まり宴会をしました 予定開始時刻は 7:00PMでしたが、とてもとてもカテが終わりません

結局開始となったのは 8:00PMでした その後また二次会に繰り出したので、帰宅したのは 1:00AMを回っていました

そして本日は 29日というのに朝から僧帽弁の最新治療を行いました 二回目であり、手技時間も随分と短くなり、またその効果は絶大でした

そして、それから午後の外来診療を行い、その後難しい経皮的冠動脈インターベンションを1例したのです 右冠動脈のCTOと、左冠動脈前下行枝の狭窄でした

両側経橈骨動脈的冠動脈インターベンションによりまず右冠動脈CTOを治療し、それから左冠動脈前下行枝にかかったのですが、これが予想よりも困難であり、ロータブレーターを持ち出すはめになりました 結局、合計6つのDESを用いて病変を全て治療し、思い残すこと無くお正月を迎えて頂ける状態になって頂きました

それにしても、この師走になっても予定的治療をするのですから、何時までこのような生活は続くのでしょうかね

流石にこの症例終了した時にはグタっと疲れが出て暫く椅子から起き上がれませんでした

明日は 12/30ですが午前外来がたくさん入っています まだまだ大晦日を迎えることができません

はじめて自分自身で経験する手技

今日はかねてより懸案であった手技を人生で初めて実際に行いました 僧帽弁閉鎖不全に対する治療です 実際に行うまでは半信半疑の治療でしたが、手技をうまく行った直後に肺動脈圧が低下するのを目の当たりにして これはやはり素晴らしい治療法だと認識しました

これまでもロスの病院での見学で同様なことを経験してきたのですが、何しろ自分たちで行ったのは初めてですので、やはりとても嬉しいのです 一つの枠を越えた、次のステージに移った、そんな実感があり、感激があるのです

これは治験で行われている手技なのであまり詳しくここで記述する訳にはいかないので申し訳無いのです しかし、この治療法は有効な治療法であることは多分間違い無いことです 私達もどんどんこの治療法を僧帽弁閉鎖不全で苦しんでいて、適応のある患者さんに対して行い何とかしてあげたいと思います