物事はそう簡単には行かない

半分 Programming modeに移行しています

今日日曜日は、23:00頃羽田発の ANA LosAngels便でアメリカに飛びます アメリカには日曜日の夕方到着し、そこから自動車で数時間移動し、月曜日、火曜日と缶詰で会議に参加です もちろん英語ばかりの会議でありとても辛い、つらい つらい 辛い

そして、火曜日の昼からは開放され、そのまま車でLAに移動するのですが、到着は 18:00頃となるでしょう LAで Cedas Sinai Hospitalの皆と会食し、今度は LA発 0:00AM頃の便で羽田に戻ります 羽田に到着すれば、既に木曜日 4:30AM頃でしょう この便は良く使うのですが、羽田に到着しても公共交通機関も動いていないし、お店はやっていないし、本当に始末に悪いのです そして、この木曜日は僕はそのまま国内線に移動して、千歳行きの始発便で札幌に移動なのです

札幌で夕方までお仕事して、できればその木曜日の便で鎌倉に戻りたいなあ そうでないと、金曜日朝からたくさん入っている外来患者さんに迷惑かけるし、その後のPCIにも影響してしまいます

いやいやこんな話をするためにブログを今立ち上げた訳ではないのです

Pythonに再び、いや三度、いや、よたび、ごたび、・・・・、うんじゅったび 立ち向かっているのですが、Bash on Ubuntu on Windows10で走らせたりして喜んでいます

それは良いのですが、そもそも Pythonでやろうとしていることは、DICOM Viewerを作ることなのです かつてこれに挑んだ時の壮絶な戦いを ここに記載しております 最後に動画で DICOM-XAを再生出来た時にはそれまでの僕の人生の 10年間が報われました

しかし、今再び壁に立ち向かっているのです これについては、アメリカに着いてから記しましょう

決意

さて、今朝は頑張って 20Km近くを自転車で走ってから病院には 7:05AM頃に出勤しました 頑張ったのですし、この実行には決意が必要でした

この重大な決意の伏線がありました それは昨日のことなのです これまで僕の MacBook Proには 1Tの SSDが搭載されていましたが、その中の300GB程度は、Parallels Desktopという仮想PCソフトを介して、Windows10が走っていました

Macに移る前は全面的に Windowsだったのです もっともその前は Macだったのですよ そしてその前は MS-DOSだったのですし、さらにその前は・・

ただ、最近は Windowsをほとんど使用しなくなっていました そもそも Windowsを残していた一番の理由は、VisualStudioを用いて C++を走らせ、 DICOM-XAを動画として見れるプログラムを自ら作成するためだったのです それを実現した今、あまりC++に拘る必要は無く、むしろ Web系のプログラム開発には、Javascriptや PHPの世界ですから、Macの方が馴染みやすいのです

それで思い切って昨日 Parallels Desktopを削除しました これによって、仮想Windows領域ごと 280GBぐらいがフリーとなり、最近 10%しか残存していなかった SSD free spaceが一挙に 40%以上解放されたのです

流石にこの無謀な行いをするためには準備と決意が必要だったのです そして Windowsはどうしたかと言えば、全く別のマシン SurfacePro4に移行したのです 軽くてとても良いです