幻の「夜汽車」

昔むかし ある所に「夜汽車」という飲み屋さんがありました その場所は 懐かしの尼崎市で、阪神電鉄尼崎駅から歩いて5分、国道二号線の「近藤病院」より三和通商店街に入ったところでした

「夜汽車」はご当主が沖縄出身であり、コの字カウンターに集う人々も沖縄出身の方々が多く、その方たちは「三線」(さんしん)を弾く方々です 僕はかれこれ7-8年前にこの三和通商店街を散策していてこの店を偶然見つけ入ったのです そこのおでん 特にマダコを煮たおでんが好きで関西に行く時は必ず通っていたのです

それがある時 多分4年ぐらい前から消失してしまったのです かつての店の前に行っても似たような門構えの店はあるのですが、雰囲気が違いますし、店名も違います 必死でネット検索かけてもヒットしないのです 何か自分の一部が切り取られたような衝撃と落胆が僕の心を覆いました

それがそれが何と昨日 Slender Club 2019尼崎 その Welcome Partyにおいてその「夜汽車」のご主人とその一団が参加され、沖縄民謡のライブ演奏をされたのです

沖縄民謡ライブ
沖縄民謡ライブ

そして、伺うと何と店はそのまま同じ場所にあるものの、店名のみ変更されたということでした 現在の店名は「北酒場」でした

新しい店名「北酒場」
新しい店名「北酒場」

そのライブ演奏終了してから「北酒場」に行きました 以前のように沖縄民謡仲間が集まりとても良い雰囲気でした 人生の一部を取り戻した気分でした

あっという間に時間が過ぎていく

やっぱりなあ 歳なのですよねえ 自分の歳を一番身近に感じる時、それは ふと何でこんなに毎日が早く過ぎていくのだろうか? と思う時です

たとえば今週は何をやっていたのか? 思い出しましょう 火曜日28日は経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)のビデオ撮りを二症例分撮りました 翌日は? うーん外来診療に明け暮れたのかな 木曜日は? 比較的時間が取れたので、PPM (Prosthesis Patient Mismatch)について調べました 二週間後に迫った TVT (Chicago)で発表せねばならないからです うーんなかなかまとまらない

そして昨日金曜日です 午後の羽田-伊丹便で久しぶりに関西に入りました そして夜は神戸の Steak Houseで早めの夕食、それから明石焼きの名店「司」で明石焼きを食べ、その後喫茶店に行きました 尼崎のホテルに入ったのは22:00頃ですかね しばらくしてバタンキュー

本日はなんと6月01日です 6:00AMには覚醒し、朝食はスキップして8:00AMに尼崎市園田にある 「はくほう会セントラル病院」に行きました 朝一番に Slender Club JAPAN 2019においてライブ手技を割り当てられていたからです 到着してから電子カルテで症例の造影を見たのですが、何と3ショットしか無いのです 何でも腎機能が少し低下しているので造影剤使用を抑えるためこの三ショットのみだったのです 右冠動脈がmid portionより慢性完全閉塞であり、副血行も十分ではありません 正直 I do not have enough information regarding anatomy to do PCI for this patient. と叫びたくなりました 絶望的な状況です

それでも気を取り直し、またごねたとしても状況が改善する訳でもなく、まずは 8:50AMに右遠位橈骨動脈穿刺から自ら行いました すごいですねえ 穿刺一発で成功です「どうして自分はこんなにも本番に強いのだろう」と何時もの如く思いました

対側左からはものすごく体の大きい方で retrograde approachを行った場合、device lengthが足りなくなる危険性があり、敢えて左近位橈骨動脈よりアプローとしました 結局左橈骨動脈より7Fr EBU3.75を左冠動脈に、右遠位橈骨動脈より7Fr JR3.5を右冠動脈に挿入し、ようやく造影を行い戦略を立てることができました

そして、左冠動脈前下行枝よりかすかな中隔枝を一義的に狙い中隔枝経由の逆行性(両側性)アプローチを戦略としました こんな時は我ながらすごいですねえ Sion wireは一発で目指した中隔枝をクロスし、右冠動脈近位にいったのです それからmicro catheterを進め、造影すると慢性完全閉塞部分はものすごく汚く造影され、たくさんの決戦や necrotic tissueが存在し、この先 distal embolizationのリスクがあるだろうな そのように予想したのです でも何はともあれどんどん手技を進め、最終的に externalizationに成功し、バルーンステントと行い一応成功しました 「一応」というのはやはり distal embolizationのため TIMI 2程度の flowにとどまったからです でも IVUSでも確認しましたが、きちんと真腔のど真ん中を通過して再開通させたのです 我ながらあんな困難な状況でこの症例治療をやり遂げるのはすごい きっと世界で僕だけしかできない そのように自画自賛したのです

時刻は11:00AMになっていました まずは行きつけ と行っても実は前回訪れたのば 2016年4月09日だったのですが 尼崎三和本通り商店街最大の秘境レストランである「寿々屋」に行きました いやあ懐かしいなあ ママさんとも再開できて嬉しいな 寿々屋は三和本通り商店街脇にある「ナイス市場」にあるのです

ナイス市場
ナイス市場の看板が見えますね
ナイス市場の中
ナイス市場の中 ほとんどの店のシャッターが閉まっています

この「寿々屋」さんは、顔なじみの女将さんがやっておられるお好み焼きの店です お好み焼きと言ってももちろんそれだけではありません 特筆すべきは「スープたこ焼き」なのです 店はこじんまりとしていて鉄板付き机が五席のみです

寿々屋の店の中
寿々屋の店の中

僕がこの店に通うようになってもうかれこれ10年以上なると思います 三和通商店街を歩いていて偶然運命の出会いのように見つけたのです それ以来定期的に通っているのですが、前回が2016年だったのは自分なりにショックでした

名物スープたこ焼き
名物スープたこ焼き
とん平焼き と、イカゲソ塩
とん平焼き と、イカゲソ塩
モダン焼き
モダン焼き

何はともあれ女将さんと再会を祝いました

寿々屋 女将さんと
寿々屋 女将さんと

僕自身があと何年通えるか分かりませんが、僕が通える間は続いて欲しい店の一つです 是非皆さん方も、尼崎を訪れた時は、なかなかたどり着くのが難しい場所ですが、是非ともこの「寿々屋」さんを訪ねて下さい ただし、営業時間が 11:30AM – 18:00ですので気をつけて下さいね 本日は昼は満員でした