ふーっ

何だか目まぐるしく日にちが過ぎていきます まるて日めくりカレンダーのようにパラパラパラパ日にちが変わっていくのです

そして日にちと日にちの間にあるのは3時間程度しか眠れない不眠状態です 何でねれないのかなあ つらいなあ

水曜日は札幌東徳洲会病院で午前中難しめのTAVI 2例 実施しました 90歳超の方が翌日にはお元気になられ ICUで車椅子に座っておられる時に 「ずっと旭川に住んでおられるのですか?」「うーん生まれもそうなんだよ ずっとだね」「今どこか苦しくないですか?」「すごく楽ですよ」などという会話を取り交わし 自分の心の中はほっとしました

それから短い昼食をとり、そして院内ライブをしました これは主目的がIVUSだったのですが、結局 15:00過ぎから 17:00前までに三例のPCIをしたのです やっぱり僕の実力が出ましたね やる前は「えーっ、今からPCI? もういやだなあ」という感じだったのですが、やっぱり体にPCIが染み付いているのですね やり始めると勝手に体が動きます そりゃあそうですよね 僕が初めてPCIを行ったのは 1981年ですから既に36年間もやっているのです

先日開催された EuroPCR2017では Andreas GruentzigがPTCAを開始してから 40年目の節目ということでセレモニーが行われましたが まさしくその中の 36年間も僕の体にPCIが染み付いているのですよね

そして昨日は午前中に二例のTAVIをしました 特に二例目は 90歳超の方で心機能も悪く非常に危険な状態でした PCPSも必要かも と考えられていた患者さんであり、しかも左冠動脈が低く弁尖の石灰化のために左冠動脈主幹部閉塞の危険も考えられていた症例です しかも大動脈がものすごく蛇行し、S3も途中から上げられなくなりました これら全ての障害を最終的に乗り切り成功しました 結局 1.5時間で終了です この患者さんも現在はお元気です

そして今朝は流石に疲れ果て札幌の自分の部屋で 6:30AMまで体を休めました そしてもう暫くしたらば函館に飛びます 今日は函館経由青森です

本日は小倉ライブでCTOオペレーター

昨日 5/12金曜日は朝から外来診療 そして、14:00に病院から自転車で帰宅し、少し準備したりしてから、14:30にタクシーで羽田空港に向かいました

16:20発の羽田空港発福岡空港行き JAL便に搭乗し、福岡空港到着、タクシーで博多駅まで移動し、新幹線で小倉駅に到着したのが 19:20頃でした そのまま小倉駅近くのわりと最近評価を上げている寿司屋さんに行ったのですが、不覚にも名前も覚えていないし、写真も撮りませんでした まあ、一回最初で相手の術中にハマるのも何ですからそれで良いのです

そして、24:00に小倉のリーガロイヤルホテルにチェックイン 暫く部屋でパソコンいじってからそのまま意識消失 6:40AM頃起床し、朝ごはん少し食べてから 8:20AMに小倉記念病院に向かいました

本日は小倉記念病院主催の小倉ライブ、その午前中にライブ術者を仰せつかりました まあなんのかんのいっても僕が術者最長老であることは間違いがありません しかもダントツに年上でしょう でもねえ本当はTAVIの術者希望!! です

症例は 78歳の男性 少し前に不安定狭心症で入院され、左冠動脈回旋枝と右冠動脈の閉塞認められ、今回の不安定狭心症原因は左冠動脈回旋枝の新鮮閉塞と考えられ、緊急PCIが行われ解決しました しかし、その後の心筋シンチでも広範な下壁後壁の虚血が証明され、右冠動脈 #2のCTOが問題となり僕に operatorが回ってきました

冷静ですねえ 客観的に状況を捉えながらCTOに入りました bi-radial 7Frで入ったのですが、今朝の術直前造影の結果、ほぼ70%ぐらいの確率で順行性でOKと判断しました そして 30%は backupのため逆行性アプローチと思いましたが、そうなると左冠動脈の diffuse narrowingのために厄介になると思いました

XTA -> Gaia-Thirdにより通過し、何とか色々 OCT/IVUSなど行いながら時間を潰し、最終的には薬剤溶出性ステント 3.5 x 32mmによりとても素晴らしい出来となりました 良かった良かった

Cafe Fadie
天下の小倉記念病院

問題は、この手技を放映時間帯はるかに早く終了し、僕はそのまま近くの Cafe Fadiesに行き、コーヒーをすすり時間潰し、それから新幹線で福岡駅に移動、そしてそこで鯖を食べ、今ラウンジです この鯖萬は福岡駅の AMU 10階にあります 是非一度訪れて下さい

鯖萬
長崎鯖の刺し身としめ鯖

あいかわらず格闘中

bitstream classの理解のために格闘中です ようやく指定のアドレスの内容を表す方法が分かりました

それはそうと、Ronさんから教えて頂いた Jupyter Notebook上で IDLEの代わりをさせています これまでも使ったことは何回もあったのですが、IDLEの代わりをさせることには頭が行きませんでした 感謝感謝です

xa.find('0xFFC4', bytealigned=True)
Out[19]:
(10352,)
In [20]:
xa.pos
Out[20]:
10352
In [21]:
xa.read('hex:8')
Out[21]:
'ff'

こんな具合に 指定のアドレスで 0xFFを読み出しました もちろんこれは DHTのトップですね

本日は CVIT関東甲信越地方会が東京で開催されています 僕なんかはもうロートルなので、参加する必要も認められていないのです 若い先生方が発表とか、役員会とかやらで皆いなくなりました その分僕は本日お留守番をして、久しぶりに冠動脈造影をしました また、ご紹介頂いた右冠動脈入口部の高度石灰化99%病変に対してのロータブレーターも自ら行いました 冠動脈造影は、両側橈骨動脈が゜度重なるカテのために pulselessとなっているため、右の尺骨動脈から行いました 指尖容積脈波により、血流が保持されていることを確認しながら止血しました それにしても理解が遅々として進まない

本日ライブ治療の顛末

さて、今朝はライブ前に偉そうなことをこのブログで表明しましたが、その結果はどうだったのでしょうか? 皆様方 興味津津でしょうね

今朝は 4:30AMに覚醒 ダラダラと時間を過ごし、 7:00AMにホテル食堂に朝食食べに行きました 食堂には顔見知りの皆が数名揃っており一緒に朝食を食べました

実は この日 7:30AMに待ち合わせ、とか言っていたのに、自分が勝手に間違えて 「7:00AMなのに誰も来ていない、一体どうなってるんだ」とか思っていましたが、途中で 「ああそうだ 7:30AMに待ち合わせしたんだ」とかまっとうな頭に戻りました

そして、 8:10AMにはホテルを出発し、佐賀県医療センター好生館 という佐賀県随一の大病院に向かったのです

病院到着は 8:30AM頃 カテ室には部長の吉田先生はじめ皆様方が迎えて下さいました 僕は症例情報も十分には把握していませんでしたので (これは好生館病院のfaultではありません、僕は以前から表明しているように事前に不要な情報を得ることを潔しとはしてしていなのです)、まずはシネを見ることにしました 予め得ていた情報では「まず不可能な左前下行枝近位部慢性完全閉塞」でした そして実際にシネを見ると全く同じ評価でした

それでもその困難な慢性完全閉塞をやらざるを得ない状況にだんだんと追い詰められて行ったのです 結局やりました 順行性にはもちろん解離腔に進んだため、逆行性のほうとんど不可能と思われるルートを進み、最終的には素晴らしい仕上がりで成功裏に終了しました

ああああああーーーーーー 今週何とものすごく難しい慢性完全閉塞を4例立て続けに成功させたぞーーーーっ

まあ今回も学ぶところ多く、自分のPCI手技の向上には随分と役立ちました その意味で良かったですね

本日は佐賀市において「九州トランスラディアル研究会」

昨夜 福岡空港経由で佐賀市に入りました 佐賀市は鍋島藩のあった都市で、とても美しい街です

市の中心には佐賀城跡があり、そのほぼ全周が奇麗に整備されたお堀で囲まれており、その一周は 2Km x 4ぐらでしょうか 以前一人でその周りを歩いて回ったことがありますが、とても奇麗でした

佐賀城址とホテル ニューオオタニ
佐賀城址

本日は「佐賀県医療センター好生館」でお一人患者さんを治療させて頂きます 事前にチラリと見させて頂いた情報ではとても困難な慢性完全閉塞でした 正直 PCIそれもTRIの適応なのか? と思いました しかし、患者さんが強く望まれている、とのことですので、結果のいかんにかかわらず当たり前ですか全力で臨ませて頂きます しかし、現実は厳しいかも

僕の望みは、僕の限界がPCIという技術の限界に達する、そこまで自分を追い込んで頑張る、ということです それが患者さんに対する誠意と思います でも、肝心なことは今より状況を悪くしないこと、つまり合併症を起こさないことです

本日のライブ

昨夜遅くに小樽に入り、そこで一泊

8:30AMにホテルを出発し小樽市立病院に向かいました 本日はSlender Club 小樽ライブであり、その最初の症例を治療させて頂きました

右冠動脈近位部慢性完全閉塞、そしてはっきり見えませんでしたが、左前下行枝近位部にも高度病変が存在する可能性がありました 今回も済生会西条病院 金子 先生が助手をして下さり、もう息があっているのでとてもスムーズに手技を行うことができました

両側経橈骨動脈的冠動脈インターベンションにより、6Fr guiding cathetersを用いて行いました 右冠動脈は幸い順行性に通過し、DESを三個植え込んで終了 続いて左前下行枝にワイヤーを通し、IVUSで確認するとやはり左前下行枝は入口部から mid portionまで石灰化した高度狭窄を認めましたので、そちらの治療に移行しましたが、ステントがなかなか通過できず、結局 4Frの子カテを用いてDES2個を植え込みました 手技は成功裏に終了でき、ほっとしました

今は千歳空港ラウンジで飛行機を待っています

今日は小樽

昨日金曜日は遅くまで外来診療 疲れましたが、患者さんとの新たな出会い、そこでの会話などなど 楽しくもあり、新たな知識の源でした もちろん、「この患者さんは重症だっ」と直感し、緊張する場面も多々ありました

そして、羽田空港へ向かい、19:00の便で千歳に、夕食を食べてから小樽に入り、本日はライブですね 結果についてはどうなるか分かりませんが全力を尽くせれば本望です

数年ぶりのシンガポール

今回、実はDockerの勉強しながら、シンガポールで開催された(いや されているかな?) Asia PCR Singapore Liveに久しぶりに参加しました 以前より毎回招聘されているのですが、色々な思いがありここ数年は参加を断ってきました しかし、次第に EuroPCR Organizationが深く入ってきたため、僕の現在の立場からは参加を断れなくなってきたのです

そうですね実に 4年ぶりの SinLive参加だと思います これまでも毎回 Live Transmissionの Operatorを勤めてきましたが、今年もその役割を与えらたのです 実際問題この SinLiveで Live Operatorを行う色々な先生の中で何時の間にか僕が最高齢となっているように思います それでも歴史ある Singapore Liveにおいて、main Arenaで一人術者をする、というのは Interventional Cardiologistしてはやはり栄誉あることだと思いますし、自分が未だまだできる、ということを示すもので嬉しいですね

久しぶりに訪れた Singapore Heart Centerは建物が新築となっており、9階建てぐらいの奇麗な建物になっていました 以前は、Singapore General Hospitalの Block Cとかいう建物の中に存在していたのですが、2014年に完全に独立したとのことでした ですから、僕も2014年以前には訪問してこなかったことになりますね

Singapore General Hospital

 

新しい建物

なお、Singapore Heart Centerはシンガポール厚生省の直轄病院です この日(1/20 金)の 12:00 – 12:45まで僕のライブに割り当てられていました 他のカテ室からはライブ中継無く、僕の一人ライブでした テーマは、「複雑多枝病変に対するPCI」というものでしたが、当然僕に期待されているのは、経橈骨動脈的冠動脈インターベンションで治療することでした

病院カテ室に到着したのは 11:10AMぐらいでした KK Yeo先生がカテ室で迎えてくれましたが、彼は SGHで MitraClipを多数症例行っておられる先生で、4月初めに開催する PCR TokyoValves 2017では、Singaporeより MitraClipのライブ中継をお願いしている先生です

カテ室で症例シネを見ましたが、「これは非常に危険な症例だ」と思いました 実際 Syntax Scoreは何と 48であり、PCIは普通はあり得ない治療とされるものでした 年齢は 75歳ぐらいで、患者さんは冠動脈バイパス手術を絶対拒否され、PCIになりました 今回の責任病変は石灰化を有する左冠動脈主幹部分岐部病変で、左冠動脈前下行枝の mid portionまで長く狭窄があり、左冠動脈回旋枝入口部は 99%狭窄であり、発達した鈍角枝にまで強い狭窄がありました ちなみに右冠動脈も末梢で慢性完全閉塞であり、本当に重症の患者さんでしたし、危険を伴う症例でした

これに対して、僕は右経橈骨動脈的冠動脈インターベンション7Frで入り、12:00過ぎの放映開始までには、あらかた治療を進めてしまいました やはり、チンタラした手技をすれば、患者さんに危険が及ぶ、と考えたからです カテ室の外では皆が、「うわー 中継開始前に手技が終了してしまったらば、どうしよう」と皆が騒いでいたそうです

この症例では絶対に Modified Jailed Balloon Techniqueを披露するつもりでした EuroInterventionで論文蹴られ、今は他の英文誌に投稿中なのですが、ヨーロッパの医師が見ている前でその手技を披露することは、自分の意地でもあったのです EuroInterventionの大物であられる Williams Wijns先生が座長でありましたので、もう絶対という強い意志で望みました

ゆっくりと皆に Modified Jailed Balloon Techniqueについて説明しながら手技を進めました

ライブ
僕のライブ放映中の会場の様子
ライブ

非常危険な症例でしたが、左冠動脈主幹部、左前下行枝、左冠動脈回旋枝に対して薬剤溶出性ステントを植え込み、安全に手技を完璧に終了しました これで患者さんは長生きされるでしょう

手技の最中の自分といのはなかなか見れないのですが、幸いにも参加された先生が写真を撮っておられ、それを送って下さりました それが上の写真です KK Yeo先生の的確な説明も助かりました 終わればもちろん成功を喜んで握手でした

握手
KK Yeo先生

13:00前にはカテ室を出て、その後はラーメンを食べに行ったのです そしてその日の 22:30発の SQ羽田便で土曜日 6:30AMに羽田到着しました とてもやり甲斐のあるライブでした

今年もライブ初日の朝に

第23回目の鎌倉ライブ初日の朝となりました

皆で本日の症例検討会を行い、あと1時間余りで開始となります 自分自身の冠動脈インターベンション歴 2016-1980 = 36年間の知識と経験、この間に蓄えた技術の全てを患者さんの治療に向けて自分の能力の全てを発揮できれば本望ですね

市販後初の BVS植え込み実施

本日認可後、そして PMS (市販後調査)開始後初めての BVS (薬剤溶出性生体吸収性スキャフォルド)の植え込みを行いました

BVSに関しては、未来に向けた夢のあるディバイスではありますが、まだまだ未解決の問題が残されていて、そのためにその植え込みに関しては、施設の要件、あるいは術者の経験に関して非常に厳しい制約が設けられています そして、植え込んだ患者さんのデータは匿名化された状態で全例 NCD (National Clinical Database)に登録されることが必須条件なのです しかも、その植え込みに際しては、可能な限り OCT (光干渉断層検査)による精密な病変計測が必要であり、また植え込みに際しては除外基準が非常に多い、というものなのです

本日植え込みを施工した患者さんは未だお若い患者さんで、限局性の単純病変を有する方でした しかも、金属アレルギーを有することが事前にわかっている方であります 金属の中の特にニッケルに対してアレルギーがあると推察されますが、幸いなことにプラチナに対しては大丈夫です

BVSの両端には非常に小さなプラチナ・マーカーが四個ついていますが、そのプラチナは大丈夫なので、この患者さんは BVS植え込みの良い適応、と言っても良いでしょう 最初に OCTにより病変の計測を行い、BVS植え込み適応あり、除外基準に抵触しないことを確認しました そして、前拡張の後、再度OCTにより計測し、やはり除外基準に抵触しないことを再確認し、いよいよ BVSを一個植え込み、後拡張の後で再度 OCTによる観察を行い、BVSがきちんと冠動脈内膜に接していることを確認し、手技を終了しました

実際に僕自身は5年以前よりこれまでに 40症例ぐらいの患者さんに対して臨床試験の中で植え込みを実施してきましたが、日本国内市販後は初めてでしたので、少し緊張しました 結果はとても良く患者さんに対して良いことをしたと思います