Distal Radial Approach (DRA) vs Conventional Radial Approach (CRA)

さて、そろそろこの秘密のテクニックについて公表する時が来ました 何れにしてもライブでは皆の眼に触れることになるのでこれ以上秘密にしていても仕方ありません

DRAに関しては最近僕が推進している三文字略語ですが、未だ主流とはなっていません しかし、臨床試験を企画していますのでそれで主流となるでしょう dTRAとかも使われていますし、PPA (Princeps Pollicis Artery) Approachとか、も使われています これに対して通常の橈骨動脈アプローチについては、区別するために、僕は三文字略語として Conventionalを用いたいと思っています

さて、何故今 DRAが注目されるのでしょうか? 未だに経大腿動脈的冠動脈インターベンション (TFI: Trans Femoral Intervention)にこだわっている頭の固い先生方はここでは相手にはしませんが、経橈骨動脈的冠動脈インターベンション (TRI: Trans Radial Intervention)の優れた点は世界中で明らかになっています しかし、その最大の欠点は術後の橈骨動脈閉塞 (RAO: Radial Artery Occlusion)です これはTRIが生まれた時から悩ましき問題として注目されていました 既に論文にもなっている僕が仕掛けた大規模医師主導型臨床試験である RAP and BEAT trialでもこの点が Primary Endpointとされました

さて、DRAにおいては穿刺部位が何しろ CRAよりも末梢であるため、原理的にRAOが起こる可能性は低いと考えられます しかし、問題は何しろ新しい方法なのでデータがありません 想像のみで医療はできません そこで、僕はこの問題を解決するために無作為臨床試験を規格しているのです これに参加して頂ける施設と医師を求めています もちろん医師主導型臨床試験ですので、基本的にはボランティアとしての参加です 真実を知りたい、という知的意欲の下で参加して頂きたいのです

徐々にその全貌を明らかにしていきたいと思います 例によって、症例登録は Webで行います お金が無いとか色々ありますので、例によって僕が自分の知識を駆使して、html5 + css3 + Javascript + jQuery + Ajax + SQL + PHPでその全てのプログラムを書きます というよりも、既に成功裏に終了した RAP and BEAT試験のプログラムを改変するのです これが、僕が次に考えている大きな仕事です

勇気を持って

あーー いや うーん でも いや 勇気をもって

ということで、逡巡した挙句にこれに参加申し込みしました 茅ヶ崎ですので近い、ということもあります でも勇気がいるのです (1) 例によって参加者の中では一番の高齢、皆がきっと「何だこのジジイは? そもそもキー打てるのかよ? Bashのコマンド知ってるのかよ?」なんて言葉が廻りから聞こえそうです (2) そもそも皆参加者はプロか、あるいはその方面を勉強している学生さんに決まってる 対して僕はインタベの医者ですよっ (3) そもそも身なりだって恥ずかしいし・・・

しかもですよ、この日は AsiaPCR Singapore Liveでライブの Operatorやってから、夜行便での帰国です 帰国した後、多分それは 6:00AM頃に羽田だから 13:00までまったりと時間を過ごさねばならないし・・・

でもこれが人生最後のチャンスかもしれないし、今後の僕の生き方を決める大きなことかも知れないし、勇気を振り絞り参加することにしました

1月27日

Python Boot Camp in 神奈川

主催 : 一般社団法人 PyCon JP

ハッシュタグ :#pycamp
募集内容

参加者2000円(前払い) 先着順  9/10

前払いについて

前払いについての連絡先:

(参加者にのみ公開されます)

キャンセル・参加費用の払い戻しについて主催者からの説明:

* キャンセルされた場合、参加費用の払い戻しは出来ません。
* キャンセル操作をせずに、ご自身で他の参加者に権利を譲る等の対処をお願いいたします。
(受付番号とconnpassのIDが記載された参加票を譲渡先にお渡しください)
* もしイベントが中止となった場合は、全額返金いたします。

PHP 7.1への更新成功

Zenlogicにサーバーを移行しましたが、その結果、PHPも5.3から7.1に upgradeすることが可能となりました

しかし、これをしたところ、先日記載したように画面が真っ白となる不具合が発生し、慌てて 5.3に戻したのです

そして行ったことは WordPressのデータを全て backupしました そして、それをhttps://の領域に移し、そこで再度 WordPressをインストールしたのですが、残念ながら管理者ID/PWがうまく移行できず、管理者権限で入れなくなってしまったのです

これには困りました

そこで、以前の PHP5.3での WordPressに戻し、今度 Pluginを停止し、そして再び PHP7.1にしましたところ、Wordpressが正常に作動していることを確認しました

ということで、現在は www.kamakuraheart.orgでWordpress/PHP7.1が作動しています 何故PHP7.1に拘ったかと言うと (1)速度が PHP5.3より五倍程度早くなることが確認されている (2)何しろ Laravel 5.5では PHP >= 7.0が必須なので

ということでした 目出度しです

やばっ

これは恐ろしいことになりそうでした というかブログ書込み何時の間にか久しぶりでした この1週間あまりの間に例によって色々ありました

今朝この早朝の羽田空港全日空ラウンジで「やばい」と思ったことの筆頭は、何とこのブログにアクセスできなくなっていたのです いや正確にはアクセスできるのですが、参照できません つまり WordPressが作動していないのです

自分で何をしたかを思い出しました 実はこれから先の10年を見越して、PHPを 5.3から 7.1に upgradeしたのです それがまずかったのですねえ その結果 WordPressが作動しなくなったのです 通常 PHP 7.1は PHP5.3に対して上位互換性がかなりの部分保たれていると思うのですが、何れにしても作動しなくなったので慌てて今戻しました これにより再びブログにアクセス可能となりましたねっ

さて、何で 7.1にしたかというと、今ここ数日ですが、のめり込みつつあるのが、以前も挑戦した Laravelなのです この最新 Long-Term Support (LTS) versionが Laravel 5.5なのですが、それに挑戦始めたのです 問題は Laravel 5.5は絶対的に PHP > 7.0が必要なのです それで深く考えずに kamakuraheart.orgの PHPを 7.1にしたのです それが今朝の顛末でした

これから 6:15AM発の千歳便で札幌東徳洲会病院に日帰りで入ります きっと寒いだろうなあ きっと雪に覆われているのだろうなあ

本日はCCT最終日

水曜日夕方神戸に入り、その日の夜 さくら会高橋病院会議室を開いて頂き、その場で 鎌倉ライブデモンストレーションの臨時実行委員会を開催しました

この会は、ライブデモンストレーションでの人員配置を決定する非常に重要なものであり、その人員配置を容易に行えるように SQL databaseに各種データを蓄積し、インターネット上で配置を決定し、リアルタイムに更新される仕組みを作りました

ゼロから作り上げてきたもので、今後の学会運営などにも使用できるノウハウを蓄積してきました

木曜日午前中には J-WINCのセッションで話をさせて頂き、そのまま鎌倉に戻りました

金曜日は本来ライブデモンストレーションで放映される予定でありましたが、残念ながら今年はできませんでしたTAVIライブデモンストレーション その実際のTAVIをライブではなく治療を行いました そして TCTに向けて 5題の presentationを uploadしてクタクタとなりましたよ

本日土曜日は朝から再び神戸に そして Luncheon Seminarでの座長を執り行い、そのまま羽田空港に向けて出発し、引き続いて San Francisco -> Denverに移動するのです 何だか忙しくて頭が馬鹿になりそう そこで新幹線の中で programmingの勉強と実践をしています

失望の土曜日

先週の土曜日 午前中の外来診療を終え、午後にいそいそと自転車で「栄和堂」に向かいました ところが、その日は午後店じまいだったのです どうやらその夜に「栄和堂」の中で小規模な演奏会が開催されるための準備でお店を閉じていたのです がっかり とぼとぼと帰宅しました

ところで、何時も忘れてしますますので記録しておきます

$### pipそのものを upgradeする

$pip install --upgrade pip


$### pipでインストールした package全てを upgradeする

$pip-review --auto

何時も忘れてしまうので記録しておきます

 

今日は楽しい土曜日

今朝は朝から小雨です しかし歩いて病院に来るのも時間かかる(45分ぐらい)のて、雨の中傘もささずに自転車で来ました きっと午後は雨が上がっていることを期待したのです

今日は土曜日ですが朝から外来診療です でも雨だから患者さん来られるかなあ?

そして、その後は僕の解放される一時 「栄和堂書店・カフェ」での一人で開放された時間を過ごすのです 本に囲まれた中、少し濃い目のコーヒーを飲み、その日によってお腹が空いたと思えば、トーストサンドを食べ、そして何より重要なのは MacBook Proを立ち上げてインターネットにつなぎ kamakuralive.netの home page programの改良を行うのです

そのためにも自転車で通勤が必要なのです だって自転車の方が歩いて栄和堂に行くよりも何となくかっこいいでしょ?

そんなこと言ったって

そうさそうさ もちろん 分かっていますよー

今時 XAMPPや MAMPなんて古い! 時代は Vagrantあるいは Dockerだっ そんなこと分かっているけど、MacOSあるいは Windows10で動作する Dreamweaverで Web Program書いているので、それらの OSの中で Serverが動かないと駄目なのです

だから未だに MAMPなんですよ これって言い訳です

みんな XAMPPをやめて MAMPにしよう

ここ数日すったもんだしてようやく解決したのが、MacBook Proおよび、SurfacePro 4の上での local web serverの設置でした もちろん、各OSに備わっている Apacheなどを立ち上げて、正しく設定すれば Web Serverは立ち上がりますが、その後、MySQLに設定、PHP/Python/Rubyなどの設定 さらには phpmyadminの設定など、とてもややこしく複雑な操作が必要なのです

これらのややこしいことを一気に解決してしまうものとして、これまでは XAMPPの天下だったのです これで簡単に Apache/PHP/MySQL/phpMyAdminなど全て設定し立ち上げることが可能だったのです

しかし、状況は Windows10のある versionから変わりました 全体的に OSの securityがとても厳しくなったのです もちろん、これは MacOSにも当てはまる状況です その結果、僕の SurfacePro4-Windows10では今までの XAMPPが作動しなくなり、困惑したのです ここらへんの状況については ここに記載しました

そして、MacOS High Sierraになって、ついにこれまで MacOS Sierraで作動していた XAMPPが作動しなくなったのです それをここ数日の努力の結果克服したのです

結論は、現在自分のパソコンで Web開発するのであれば、XAMPPでなく、MAMPを導入して立ち上げること、XAMPPは uninstallした方が賢明、ということです

ついに解決

色々とありました それはそれは長い旅路でした でもついに解決しました MAMPを立ち上げ、新たにDocumentRootも設定し、phpmyadminとの接続、PHPからの MySQLへの接続 その全てに成功しました

途中どんな作業をしてどのように考え、どのように解決してきたか 本当はその記録が大切なことは分かっていますが、とてもとても途中経過を記録していく余裕が無く、全て忘れてしまいました

まあ仕方ありません それでもようやく復旧です 素晴らしい