ヘルシンキから神戸 そして WSL

WSLという言葉をご存知でしょうか Windows Subsystem for Linuxのことです

Microsoftは数年前より急速に Open Softwareに舵を切り替え、その代表として WSLという仕組みを開始したのです これは Windows10というこれまで Microsoftを支えてきた OSの中に Linuxという Open Softwareの OSをシームレスに走らせる仕組みです

もちろんこれまでに Windows10の上では、VirtualBoxや、VMWareといった有名な仮想マシン、あるいは Dockerなどのコンテナと呼ばれる仮想マシンの小型版がフリーで走っていました しかし、VirtualBoxや VMWareは Windows10の中に新たにコンピューターシステムを立ち上げるもので、マシンに対する負荷が大きいものでした

これに対して WSLというのは Windows10 OSの上に Linuxの APIを emurateする型で Linux OSを立ち上げるものです ここいら辺に関しては僕も知識がいい加減であり間違ったことも言っていると思いますので、それぞれが調べて下さい 何れにしても WSLを立ち上げたのです

その方法はネットで検索すると色々出てきますが、僕の場合、このサイトに従いました 少なくとも 2018/SEP/13の最新 Windows10 version 1803においてはこれで正しくインストールできます

とは言うもののこのサイトの後ろ半分に書かれている内容はかなり高度なものであり難解です とりあえず僕はここまで つまり、<Hyper の設定 for WSL>という部分まで行い結果的にこのような画面となりました

Linux (Ubuntu) on Windows10
Linux (Ubuntu) on Windows10 on MacOS

さて昨日は成田空港から羽田空港に移動し、伊丹空港に飛び、それから神戸の高橋病院に入りました そこで三例のPCIを行わせて頂きました

楽しく過ごしました

全く馬鹿なことをしてきた

この暑さに参っているのか頭脳の回転が遅くなっている 自分でもなんて馬鹿なんだと思うほど頭脳の回転が遅くなっている 知らない内に脳梗塞でも起こしているのだろうか?

自分の年齢から考えれば、さらには CHADS-VASCなども考慮すればその可能性は妥当である でも「自分だけはそんなことないよね」などとのほほんと構えている 自分がそんな人間だから患者さんの気持ちは痛いほど分かる そしてその気持が分かれば分かる程に患者さんのことを思う気持ちが高まっていく

とは言っても自分の頭の回転が悪いのは自分で許せない、何とか回転を早くせねばならない そんな時に立ち向かうのはやはりプログラミング でも自分はプロのプログラマではないので、アマチュアのプログラマなので、自称「アマグラマ」と呼んでいる

さてそのアマグラマが何とか少し頭の回転を取り戻したのが次の Web上での MySQLデータ修正の php program このデータというのは 実は 鎌倉ライブのweb公開用予定表 でも現在公開しているものとは不完全に修正書き換えしてあり、昨年の予定表も混在しているので混乱の的かも? まあしかし鎌倉ライブなんてそんなに世間の注目集めないのでこのまま混在していても開催までに修正すれば実害は無いのだろうと思って勝手に割り切っている

そもそも今年は鎌倉ライブ予定表のデータ構造を徐々に変更しようとしているのだ 何故ならばもっと論理的な整合性のあるデータ構造にすれば、その先修正はいらなくなるだろう と期待しているから

とりあえず、テーブルのカラムを一つ増やし、そのカラムに別のカラム上のデータを変換しながらコピーするプログラムを phpで書いたのである ばっかみたいなプログラムだけと暫くプログラム書くことから遠ざかっていたので書いている内にプログラミングの感覚が戻ってきてなんとなく自分が賢くなってきたように思うのだ

ということでそのプログラムの一部

$stmt = $pdo->prepare( "SELECT * FROM `session_tbls2018` WHERE '1' = '1';" );

try {
  $pdo->beginTransaction();
  $flag = $stmt->execute();
  if ( !$flag ) {
    $infor = $stmt->errorInfo();
    exit( $infor[ 2 ] );
  }

  $pdo->commit();
} catch ( Exception $e ) {
  $pdo->rollBack();
  echo "Failed to update Database" . $e->getMessage();
}
$rows = $stmt->fetchAll( PDO::FETCH_ASSOC );
$stmt1 = $pdo->prepare("UPDATE `session_tbls2018` SET `beginDate` = :beginDate WHERE `id` = :id;");

foreach ( $rows as $row ) { // 全てのデータ
  if ( ( $row[ 'id' ] > '171' )AND( $row[ 'id' ] < '186' ) ) {	//2017年 座学修正用
    $begintime = date( 'Y/m/d H:i:s', strtotime( '2017/12/09' . $row[ 'begin' ] ) );
    $stmt1->bindValue( ":beginDate", $begintime, PDO::PARAM_STR );
    $stmt1->bindValue( ":id", $row[ 'id' ], PDO::PARAM_INT );
    $stmt1->execute();
    try {
      $pdo->beginTransaction();
      $flag = $stmt1->execute();
      if ( !$flag ) {
        $infor = $stmt1->errorInfo();
        exit( $infor[ 2 ] );
      }

      $pdo->commit();
    } catch ( Exception $e ) {
      $pdo->rollBack();
      echo "Failed to update Database" . $e->getMessage();
    }
    echo $begintime . "<br>";
  }
  if ($row['id'] == 185) echo "座学が修正されました<br><br>";

 

 

久しぶりの PHPネタ

今開発中の Web Applicationではデータ構造が複雑なため、SQLで読み込んだり書き込んだりする時にたくさんのバグが混入しています

特に画面遷移においてデータをどのように受け渡しするか? それが自分の中でも混乱してしまうのです どうすれば良いか? それで考えたのが 以下のような utilityを作ることでした

<?php


function DEBUG_CONT() {
  echo "-----------------------------------------------------------------------<br>";
  if ( !isset( $_POST ) ||empty( $_POST ) ) {
    echo "<strong>POSTは空っぽです</strong><br>";
  } else {
    foreach ( $_POST as $key => $value ) {
      echo '&nbsp;&nbsp;&nbsp;$_POST[' . $key . '] = ';
      if (mb_strlen($value) > 50) {
        echo mb_substr($value, 0, 50).'・・<br>';
      } else {
        echo $value.'<br>';
      }
    }
  }
  echo "-----------------------------------------------------------------------<br>";
  if ( !isset( $_SESSION ) ||empty( $_SESSION ) ) {
    echo "<strong>SESSIONは空っぽです</strong><br>";
  } else {
    foreach ( $_SESSION as $key => $value ) {
      echo '&nbsp;&nbsp;&nbsp;$_SESSION[' . $key . '] = ';
      if (mb_strlen($value) > 50) {
        echo mb_substr($value, 0, 50).'・・<br>';
      } else {
        echo $value.'<br>';
      }
    }
  }
  echo "-----------------------------------------------------------------------<br>";
  return;
}

function DEBUG_STOP() {
  echo "-----------------------------------------------------------------------<br>";
  if ( !isset( $_POST ) ||empty( $_POST ) ) {
    echo "<strong>POSTは空っぽです</strong><br>";
  } else {
    foreach ( $_POST as $key => $value ) {
      echo '&nbsp;&nbsp;&nbsp;$_POST[' . $key . '] = ';
      if (mb_strlen($value) > 50) {
        echo mb_substr($value, 0, 50).'・・<br>';
      } else {
        echo $value.'<br>';
      }
    }
  }
  echo "-----------------------------------------------------------------------<br>";
  if ( !isset( $_SESSION ) ||empty( $_SESSION ) ) {
    echo "<strong>SESSIONは空っぽです</strong><br>";
  } else {
    foreach ( $_SESSION as $key => $value ) {
      echo '&nbsp;&nbsp;&nbsp;$_SESSION[' . $key . '] = ';
      if (mb_strlen($value) > 50) {
        echo mb_substr($value, 0, 50).'・・<br>';
      } else {
        echo $value.'<br>';
      }
    }
  }
  echo "-----------------------------------------------------------------------<br>";
  exit();
}

?>

これで該当するベージに DEBUG_CONT();などとすれば、何の$_SESSIONあるいは $_POSTを保持しているかが分かり データの流れが把握しやすくなりました

何と

今朝は早朝より悩みました

 

<?php
ini_set(‘allow_url_fopen’, 0);

これがエラーとなるのです そのエラーは何やら constantがどうのこうのというものでした

結局 stackoverflowを検索した所、 「おまえさん、それは quotationが間違っているよ」というものでした

つまり

<?php
ini_set('allow_url_fopen', 0);

とすれば良いのでした 当たり前のことですね でもついついこの英語Keyboad上では、日本語配列では「や」にあたる’と「@」にあたる`というのは見てくれが似ているけど意味が全く異なるので間違えますね

特に SQL文を php scriptの中に埋め込む時などにとてもややこしいです 今回もそのような一例でした

行きつけのカフェで

本日は土曜日 午前中にカテ二件に参加し、12:30自転車で病院の裏側に向かいました ここは「藤沢市村岡」という地名ですが、とにかく長い上り坂が続きます

頑張って登りきり、いつも遠くから見ていた小高い林の場所まで登りました そこた誰も居ない場所ですが、なかなか良い見晴らしでした

しばし休んでから今度は下り坂を自転車飛ばしました そして 13:00に行きつけの「深沢」にある「栄和堂」というブック・カフェに入りました 頼んだのはコーヒー一杯のみ

そして、MacBook Proを開いて JTVT2019のプログラムに取り掛かりました 色々なことがありなかなか取り組めないでここまで時間が過ぎてしまいました もう本気にならないとやばいのです

しかし、またまた訳の分からないエラーに1.5時間悩まされました それは画面の切り替えにおいて、セッション変数が保持されない、というエラーです 原因は2つ以上ありそうなのですが、やっと一つを潰し、変則手で一つ何とかしました 最初の 1.5時間悩んだエラーの原因は、session_start()を最初に書かなかったからであり、これは僕のミスです

しかし、変則手の方は未だに良く分かりません $_SESSION変数に書き込んこだものの一部しか次のページに引き継がれないのです 今までこんなこと見たことありません ブラウザの問題かと色々なブラウザ試みたのですがどうもそうではありません $_SESSION変数の容量の問題でしょうか? でもそんなに大きなデータをセッションに溜め込んではいません 未だに分かりません原因が

変則手で解決したのは仕方なく $_POSTで渡し、渡されたページでは再度 MySQLを起動してデータをデータベースから読み込むというものです まあこれで動作するので良いと言えば良いのですが・・・

何だかすっきりしませんねえ

SELECTで選択した列数を PDOで PHPに渡すには

これはしばしば行う間違いなのですが、気が付かないと結構しつこいバグの原因となりますね

$sql = "SELECT COUNT(*) FROM `dr_tbl` WHERE `email` = :email AND `conf_id` = :conf_id;";
$stmt = $pdo->prepare($sql);
$stmt->bindValue(":email", $_SESSION['email'], PDO::PARAM_STR);
$stmt->bindValue(":conf_id", $_SESSION['conf_id'], PDO::PARAM_INT);
$stmt->execute();
    //$rowCount = $stmt->rowCount();
    //echo 'Executed!'.$rowCount.'<br>';
if ($stmt->fetchColumn() > 0) {	// 既に登録されているので弾く
        // この時 fetchColumn()が戻す値は SQL文で得られた count(*)ということになります
        // この結果 SELECT文から正しい件数を知ることができます

 

二日間バグで苦しみ

どうにも納得行かなかったのです それは、http://www.tri-international.orgのサイトをサーバー移行した時に始まったのです

そもそもこちらの都合でサーバー移行したのではありません サーバー運営会社の意向に沿って移行したのです これまでずっと使用してきた Rental Serverは FirstServerだったのですが、それが時代の移り変わりと共に、Zenlogicという次世代のサーバー環境になったのです 正直僕はここら Cloudとか詳しくないので何が違うのか良く分かりません

この移行の時に、これまでの全データも移行したのですが、問題は MySQL Database Server Dataだったのです これも移行したのですが、それと共に phpMyadminという MySQLサーバーデータ管理の秀逸のソフトがそのままでは作動しなくなり、改めてインストール必要でした そしてこの時に、port 3307にインストールされたのです これが問題だったのです

そもそも現在はMySQL5.1が port 3307で作動し、MySQL5.0が port 3306で作動している、という変な状況が続いているのです だいたい port番号なんて普段意識せずに使っているのですよっ

そしてサーバー移行前のデータは MySQL5.0から MySQL5.1に自動的にコピーされ、一見すると同じデータが2つの DB serverにあるのです

さて、PHPプログラムでは Internetアクセスした時には、

$db_host = '127.0.0.1';
//$db_port = '3307';//コメントアウトしているので port3306のまま
$db_user = '**A';
$db_password = '**B';

という風に 普段は port 3306の MySQL databaseに接続しているのです しかし管理ソフトの phpMyadminは port 3307で接続していたのです 当初は同じDBがコピーされていたので、phpMyadminでいくらデータをいらっても これは 3307接続ですから、PHP programからはその変更は見えません

結果的にわけのわからないことになってしまったのです この portの問題に気づくまでには丸一日かかりました そして現在は $db_port = ‘3307’; この一文を活かしているので、全てが port 3307で作動している MySQLでプログラム全体が動いているのです

いやあこのバグは判明にずいぶんかかりました しかし、僕の頭脳が未だ明晰であることが証明されてある意味嬉しいですね

PHP scriptでのエラー表示

これまでずっと XAMPPを使用して Web開発してきたのですすが、XAMPPを使っている限り、PHP scriptのエラーは画面にその内容が表示され debugに重宝してきたのです

しかし、MAMPに変更してから、全くエラー表示せず、これはひょっとして設定の問題? と調べると案の定そうでした

現在MAMPでなく MAMP Proを使用しているのですが php.iniは PHPの versionsと同じ数あり、それをいちいち display_erros = Onに設定するのは大変ですし、そのように設定しても必ずしもエラー表示されないのです

これはエラーが本番環境で表示されることは危険なので MAMPの場合 defaultでエラー表示しないようになっているらしいのです

MAMPのPHP設定画面で Log errors: to screenというのをチェックすると PHP versionによってはエラー表示されるようになりました 当面はこれで行きますかね

それでもエラー表示されなければ各PHP fileの先頭で

ini_set('display_errors', 1);

を書き込むことにしましょう 但しこのまま本番環境に uploadすれば本番環境でエラーが表示されるようになり危険です 注意せねばなりませんね

ついに RAP and BEATのトップページに実装

これまでの積み重ねを経て、各種テストを行いました そして ついに RAP and BEATのトップページに登録症例数のグラフ表示を実装できました

動画で表示するようにし、自施設に関しては、赤グラフで表示するようにしました もちろん、ログインが誰により行われ、その人が所属する施設が自施設となります ここで問題だったのは、$_SESSION変数を如何にして Javascriptライブラリである D3.jsに変数として渡すか? でしたが これに関しては少し調べて簡単にできることが分かりました

ここに記載されていたように json_encodeを用いて jsonオブジェクトとして渡すのだそうです これは securityが深く関係しているようです 実際の javascript codeはかくも簡単です

// json_encodeを使用して$_SESSION変数を安全に javascript変数に変換する
    var hp_tbl_id = <?php echo json_encode($_SESSION['hp_tbl_id'], JSON_HEX_TAG | JSON_HEX_AMP | JSON_HEX_APOS | JSON_HEX_QUOT); ?>;

この関数の第二引数はオプションであり、security上非常に重要だそうです

こんな馬鹿なことで1週間潰した

さて、今から本格的にプログラム書こうと思っているのが、2019年に学会長を行うように指示されといるとある学会があるのですが、そのいわゆる学会プログラムやその他諸々を handlingするソフトの開発なのです 当然のことながら Smart Phone/Tablet/PCの全てに対応するように “Responsive Web Design”で開発するのです DBは慣れている MySQLを使用し、言語もこれも慣れている PHPを使用します

こんものいちなり書けないのでテスト・プログラムを作成し、local web serverでテスト繰り返すのですが全く作動しないのです

「えーーっ、なんでぇーーー こんな筈は無いはずだあ」と一週間悩んだのです 少しずつ修正しながらテストするのですが全く僕の意図を無視して動作しないのです

まあこんな感じです

// ここれはフロントエンドで SQLに探索語を渡す Ajax通信のルーチン
    $( document ).ready( function () {
      $( "#search_results" ).slideUp();
      $( "#search_term" ).keyup( function ( e ) {
        e.preventDefault();
        ajax_search();
      } );

      function ajax_search() {
        $( "#search_results" ).show();
        var search_val = $( "#search_term" ).val();
        $.post( "dr_role_find_backend.php", {
          search_term: search_val
        }, function ( data ) {
          if ( data.length > 0 ) {
            $( "#search_results" ).html( data );
          }
        } );
      }
    } );

 

そして受け取る方は、PHPとMySQLです

 session_start();
 session_regenerate_id(true);
 require_once('../utilities/config.php');
 require_once('../utilities/lib.php');	
 charSetUTF8();
 //接続
	try {
   // MySQLサーバへ接続
  	$pdo = new PDO("mysql:host=$db_host;dbname=$db_name_sessions;charset=utf8", $db_user, $db_password);
 // 注意: 不要なspaceを挿入すると' $db_host'のようにみなされ、エラーとなる
 } catch(PDOException $e){
   		die($e-&gt;getMessage());
 }

 $hp_name = strip_tags(trimBothEndSpace(mb_substr($_POST['search_term'], 0, 100)));	// 前後のspaceなど削除し、文字数を100文字に制限する
 $hp_name = strtoupper(mb_convert_kana($hp_name, 'ashK'));		// 半角英字大文字に変換する

 $stmt = $pdo-&gt;prepare("SELECT * FROM `hp_tbls` WHERE `hp_name` LIKE :hp_name ORDER BY `hp_name` ASC;");
 $stmt-&gt;bindValue(":hp_name", '%'.$hp_name.'%', PDO::PARAM_STR);
 $flag = $stmt-&gt;execute();
 $rows = $stmt-&gt;fetchAll(PDO::FETCH_ASSOC);
 
 if (!$flag) {
   		$infor = $stmt-&gt;errorInfo();
     exit($infor[2]);
 }

 

これで、検索語として病院名の一部を入力すれば、DBより検索してくれる筈なのです

しかし、しかし動作しない 本当にこの解決に一週間かかり、先程やっと解決しました

色々な問題があったのです まずは

trimBothEndSpace(mb_substr($_POST['search_term'], 0, 100))

という関数ですが、(1) mb_substrの引数を何時の間にか消去してました つぎに(2) trimBothEndSpaceという関数ですが、これは自作関数なのですが、それをlib.phpに作成してあり(ある筈)、それを読み込んで使用するのですが、何と lib.phpの中にこの関数を書いていなかったのです

この2つのバグのために、phpそのものが走らず結果的に echoで途中経過を出そうと思っても出せない そんな事態に陥っていたのです 本当に大変なバグ退治でした これも Ajax通信によるプログラムだからのことです 本当に非同期通信というのは難しいです これが解決してうまく動作しているデモ画面です

うまく Ajax通信が動作しているところ