カテゴリー
ただの現状記述 (Daily Activities) 日本国内 (Japan Domestic) 札幌 (SAPPORO)

ささやかな楽しみ

今朝は少し遅刻して札幌東徳洲会病院心臓センターに出勤 遅刻といっても現在 7:30AMです

新道東交差点角による TSUTAYA/Family Martで、まずは Iced Cafe Lateを購入 Suicaが使えるので便利ですねえ

流石にその場で機械がコーヒー豆を挽き、それからきちんとコーヒーを抽出し、それを氷一杯のカップに注ぐので何と素晴らしい香りでしょうか 朝のひと時のんびりと過ごし、今日一日に備えます 素晴らしい時間が過ぎて行きます

とは言え、そんなにのんびりはできません そろそろ腰を上げて現実の世界に戻りましょう

カテゴリー
MitraClip ただの現状記述 (Daily Activities) 日本国内 (Japan Domestic) 札幌 (SAPPORO)

本日は札幌東徳洲会病院で最初の経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)

昨日は鎌倉でとても忙しく、昨夜遅くに札幌に入りました すっかり疲れ切り、そして昨夜はよく眠れなかったため、今朝は札幌東徳洲会病院らに 8:30AMに入りました

本日は第一例目の経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)の日だったのです 鎌倉から水野くんにも参加してもらい、9:30AM頃から開始となりました 僕は手技の監督というか指導というかそんな立場で手洗いして入りました 重度の開心術不可能な心房性機能性僧帽弁閉鎖不全の患者さんでしたが、2個のMitraClip植え込みにより僧帽弁閉鎖不全はほとんど消失しました

手技終了は 13:30くらいであり第一例目としては驚異的なスピードでした 鎌倉でも第一例目は5時間ぐらいかかっていました

これから経カテーテル大動脈弁植え込み術がありますが、それまでの間に皆で記念の写真を撮影しました

札幌東徳洲会病院経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)一例目記念
札幌東徳洲会病院経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)一例目記念
カテゴリー
MitraClip TAVI (経大動脈的大動脈弁植え込み術) 千歳 (CHITOSE) 日本国内 (Japan Domestic) 札幌 (SAPPORO)

昨日もなかなかのSHD Interventions

このところ順調に経カテーテル的大動脈弁植え込み術、経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)の症例数が伸びています これまで鎌倉のハートチームが真摯に行ってきた結果でしょうか 特に奇抜なことを行っている訳ではありません その一方で近隣の病院でもTAVIを開始される準備されている施設もいくつかあり、今後もっと競争は厳しくなるでしょう

競争が厳しくなるのは一般的にどんな場面でも望ましい結果を生み出すと思いますが、副作用としては、もちろん施設あたりの症例数が希釈され、結果的に技術の維持・発展に障害となり、その結果患者さんに不利益をもたらす可能性があることです

今年に入って3例+のTAVI、そして1例の経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)をほとんど毎週のごとく行っています それでも 9:30AM入室から開始し、14:00過ぎには経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)への移行がされています 経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)に関しても昨日のブロッケンブローは心臓の位置異常のためにとても難しかったのですが何ら合併症おこさずに予定通り二個の Clipを置き成功しました しかも早かったですねえ

今朝は 8:00AMの便で千歳に飛びます 何だか疲れが溜まっています でもここに留まっている訳には行きません 苦しんでおられる患者さんがいる限りもっともっと前に飛び込まねばならないのです

カテゴリー
TAVI (経大動脈的大動脈弁植え込み術) 日本国内 (Japan Domestic) 札幌 (SAPPORO)

札幌東徳洲会病院心臓センターTAVI300例達成記念

さて 3月28日には札幌東徳洲会病院心臓センターでTAVI 300例達成記念写真を撮影しました 最初に開始してから 2年余りでしょうか 素晴らしいスピードで症例を積み重ねてきました

非常にご高齢で、またすっかり体が弱っておられる患者さんも多かったのですが、その多くの患者さんに対して適切な治療選択が行われ、スタッフ一同の力で良いことをしてきたと思います その中で、僕も自分の力を尽くし、サポートできてきました すっかり自分自身はこの数年間で弱ってきましたが・・・

弱る者がいれば、どんどん力をつけていく若者も多く頼もしいものです これが昔から続く歴史であり、人類がここまで発展してきた理由でしょう という訳で記念写真を掲載します

札幌東徳洲会病院心臓センターTAVI300例
カテゴリー
ただの現状記述 (Daily Activities) ライブデモンストレーション 冠動脈インターベンション (PCI) 日本国内 (Japan Domestic) 札幌 (SAPPORO) 経橈骨動脈的冠動脈インターベンション (TRI)

鎌倉ライブも無事済んで・・・・

先週の土曜日、日曜日と第25回鎌倉ライブが無事開催されました 比較的順調に運んだ最大の要因は、特定非営利活動法人ティー・アール・アイ国際ネットワークの皆の非常にアクティブな参加だと思っています それぞれの忙しいスケジュールの中、色々なアイディアを出され、それを実現されていったのです 素晴らしい行動力だと思います

そしてもちろん協力して頂いた企業の方々、さらには、忙しい中参加して下さった Faculty membersの方々、そして参加者の方々 皆さん方のお蔭と考えています 本当にありがとうございました

本日は早朝の便で札幌です 心配していた雪も大したことありません 千歳は快晴です また次のステップに向けて進みたいと思います

カテゴリー
MitraClip TAVI (経大動脈的大動脈弁植え込み術) ただの現状記述 (Daily Activities) 日本国内 (Japan Domestic) 札幌 (SAPPORO)

本日はこれからTAVI

さてあっという間に日巡りカレンダーのように日にちがめくられていきます その間、外来診療に明け暮れ、カテーテルを握ることもありません 外来診療はその出会いの瞬間、そこに全てを凝集しての時間ですからとても好きです

そうして月曜日が過ぎ、火曜後はカテを握る日 朝からTAVI3例、一例目はとても心機能が悪く、万全の態勢で望みましたが、あっけなく終わりました でも終了後患者さんを一般病棟(鎌倉ではTAVIの後、ICUに入ることはしません)に戻ったところ、「とっても楽になりました」との患者さんからの一言、これはとっても嬉しかったです

そして三例のTAVIを終え、14:30より経皮的僧帽弁接合不全修復システム一例、術前の評価では技術的にとても難しそうでしたが、これも 17:00前には終了でした 術後僧帽弁閉鎖不全全く消失しました すごいですねえ

水曜日はまたまた外来診療 たくさんの新患が受診して下さるのは嬉しいです 病歴聴取が大変ですが、その方の人生とのクロスロードなので好きです

そして本日はTAVI 札幌は未だ本格的な雪ではありません

カテゴリー
TAVI (経大動脈的大動脈弁植え込み術) 冠動脈インターベンション (PCI) 日本国内 (Japan Domestic) 札幌 (SAPPORO)

本日は

本日は例によって 8:00AMより外来患者さんの診療を開始し、10:00AM終了 急いで通勤用自転車で自宅に戻り、10:205AMには羽田空港に向けてタクシーで移動、11:35AM羽田空港到着し、ANA便に check inして 12:00発の千歳行きにセーフでした

そして、そのまま札幌東徳洲会病院に移動し、15:00過ぎより、3例のPCIに入りました 中にはDiamondBackによる治療もありました なかなか困難な症例もありスリリングでもあり、また神経を使うものでした

札幌東徳洲会病院でも山崎 誠治 部長の指導の下、若い先生方が育っており頼れる組織になっています 実際経カテーテル大動脈弁植え込み術に関しては、北海道随一の経験数と、症例治療スピードの速さが際立っています PCIに関しても、虚血適応を厳格に守りながら症例数を積み上げております

実は数年前何名かの僕の配下となった若い先生方が辞めていき、山崎部長一人残られたのです 僕はその間、単なる支えのように札幌東徳洲会病院を定期的に訪れ続けました 既に最初から 10年間が経過してしまいました 早いですねえ 10年間なんてとても長い期間のように思えるのですが、あっという間でした

色々なことを考えますね 札幌の寒さのせいでしょうか

カテゴリー
MitraClip TAVI (経大動脈的大動脈弁植え込み術) ただの現状記述 (Daily Activities) 日本国内 (Japan Domestic) 札幌 (SAPPORO)

疲れていますね

外来患者さんがたくさん来られとても嬉しいのですが、やはりとても疲れます おまけに火曜日はやはり縦に 3例のTAVI、そして 1例の経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)です

TAVIにより治療した中のお一人の方は正直、「良くぞここまで生き延びられて、TAVIにより治療できたものだ」とも思う方でした これまで僕自身経験した中で最高値の なんとPeak Aortic Pressure Difference > 180 mmHgだったのです 本当に危ないところだったと思います この方もTAVIにより一瞬にして圧較差 0mmHgとなり、安静時にも感じておられた呼吸苦も全く無くなり、合併症無しでもうすぐ退院です TAVIの威力と、その治療に携わり治療できたことにやり甲斐を感じます そしてここ数年のTAVIの進歩、知識の集約、医学という科学の発展、ディバイスの進化、医術の進化、Heart Teamとしての成熟 それら全てが相まって良い結果が出ているのでしょう

それにしても神経を集中するこれらの治療に僕自身の精神が病んでいかないか心配です でも自分としてはとことんやり切るしか仕方ないと思いますね

本日も外来患者さんの診療に一生懸命でした 何年かぶりに僕を目指していらして下さった患者さんも数名おられました 結局本日の千歳行きの便を 16:00羽田発から 18:00羽田発に遅らせ先程泊まり先に到着しました

そして何時ものように 眼の前の MaxValueで夕食を買い込みました 毎度のことですがメニューは一緒ですね カップ麺、カレーパン、そしてウィンナパン これで〆て 202円でした 安いですねえ

夕食
カテゴリー
TAVI (経大動脈的大動脈弁植え込み術) ただの現状記述 (Daily Activities) 冠動脈インターベンション (PCI) 慢性完全閉塞 (CTO) 日本国内 (Japan Domestic) 札幌 (SAPPORO) 経大腿動脈的冠動脈インターベンション (TFI)

久方ぶりのPCI

昨日は午前中鎌倉で外来診療 結構色々な問題を抱えた患者さんが新患として多く受診されましたので、時間がかかりました 急いで自宅まで自転車で一旦戻り、そこから羽田空港に

そして 16:00羽田発の千歳行きに搭乗し、札幌東徳洲会病院に到着したのは 18:30 そこから打ち合わせし、それから予定的なPCIを一例行いました うーんひょっとして 9/12にヘルシンキ大学附属病院で慢性完全閉塞二例を治療して以来ではないでしょうか

患者さんは重症大動脈弁狭窄症の患者さんで実は来週TAVIを予定していますが、その術前検査で何と左冠動脈前下行枝近位部、左冠動脈回旋枝中程でどん詰まりの慢性完全閉塞だったのです 奇跡的にも右冠動脈から微かな蛇行の激しい心外膜経由の副血行があり、そこから左冠動脈前下行枝や左冠動脈回旋枝が血液供給されているのです これってすごい重症ですよね

昨日は 18:45頃いや 19:00でしょうか その頃より開始しました 流石に両側経大腿動脈的インターベンション 7Frで入りましたよ 最初狙った右冠動脈から左冠動脈回旋枝の逆行性アプローチは途中でコイル状に蛇行した部分で不通過、次にもう一本の副血行路を狙い、ここから逆行性アプローチに成功し、左冠動脈回旋枝に一個 2.75mm薬剤溶出性ステント植え込みました そしてそのまま右冠動脈からのかすかな中隔枝経由の左冠動脈前下行枝への逆行性を狙ったのですが、蛇行が強く全く不可能でしたため最後に順行性をトライしました UB3 -> Gaia Next 3とパッパッとワイヤーを切り替え、何と順行性に長い慢性完全閉塞を通過したのです そしてこちらには 38mm 薬剤溶出性ステントを植え込んで結局冠動脈は悪い部分が無くなってしまいました

しかも 20:30よりも前に終了し、造影剤も 150mlぐらいしか使用しませんでした いやあ 久しぶりに慢性完全閉塞の治療すると少し high tensionになりますねえ やっぱり僕はインタベ医者ですね

カテゴリー
Javascript TAVI (経大動脈的大動脈弁植え込み術) ただの現状記述 (Daily Activities) プログラミング (Programming) 日本国内 (Japan Domestic) 札幌 (SAPPORO)

久しぶりにTAVIを行いました

本日は朝から札幌東徳洲会病院心臓センターで三件のTAVIがあり、その中の一例を治療させて頂きました

北海道地震の被害からも立ち直りTAVIが本格的に再開されたのです 僕が治療させて頂いたのは、ご高齢の方でしたが、かなり高度な大動脈弁狭窄症であり、治療してよかったと思います 9:30AMよりTAVIのセッションが開始となり、合計で三例の治療を終わったのは 14:00でした 縦に三例を4.5時間半で入れ替えなども含んでする、というのは相当に早いですよね 入れ替え時間を含め、麻酔も含めて一例 1.5時間ということになります 素晴らしいですね

長期間の海外出張で、しかも西に東にですので、相当に体のリズムが狂ってしまいましたが、徐々に回復です とは言っても色々なメールには応答できていません 頭が回りません

頭のリハビリには Javascriptの勉強をしています Javascriptと言っても、正確には ECMAScript20151 というもので、別名 ES6と呼ばれている言語仕様のものです 現在ではほとんどのブラウザ上にこの ES6は実装されていますし、node.jsにも実装されています

言語仕様は非常に先進的なものであり、これまでのプログラミングの大きな考え方 (= パラダイム)を変更するほどのインパクトがあります 際立って紹介されているのが、アロー演算子とか Promiseとかいうものです Promiseに関しては未だ勉強を開始していません 現在はアロー演算子の習得にかかっています

/*jslint node: true */
/*jshint esversion: 6 */
"use strict";

const ary = [1, 4, 7, 9, 32, 43];
let reducer = (accumulator, initialValue) => accumulator + initialValue;
let result = ary.reduce(reducer);
console.log(result);

ここで、最初の2つのコメント欄が無いと、jslintという文法チェッカーでエラーを吐かれます

このプログラムは、配列の合計を求めるという他愛もないものですが、重大なパラダイムシフトがあるのです とっても難しいのですよ