最後の日韓友好TRIセミナー

昨日土曜日6/02は第12回日韓友好TRIセミナーを札幌東徳洲会病院心臓センターを舞台に開催させて頂きました 今年も14名の Interventional Cardiologistsが韓国より参加し、日本からは5名の先生方にご参加を賜りました

この会は日韓友好を促進すると共に、TRIを広く普及する目的で特定非営利活動法人ティー・アール・アイ国際ネットワーク主催で開催してきました 既に12回を迎え、この会の役割は十分に果たし、そろそろ幕を引く時と判断しました そして今回の Opening Ceremonyにおいて “This will be the last meeting for this seminar”と宣言しました

実際の会は、札幌東徳洲会病院に新しく据え付けられた Siemens ARTIS-Zを用いて病院会議室を会場に行われました 第一症例は 9:00AM start、もともと二例の慢性完全閉塞症例、一例の左冠動脈主幹部病変、一例の冠動脈重度石灰化病変の患者さんが用意され、9:00AMより開始してぶっつづけてで縦に行えば、15:00までに終われるか否か? と思える感じでした

でもこの日は僕すごく乗っていました あっという間にこの4症例を成功裏に終了して、12:00過ぎには終わってしまいました もう一例臨時で僧帽弁狭窄症に対する経皮的経僧帽弁的交連裂開術 (PTMC)が準備されていて、この治療は 15:30頃からできればいいな と予定されていたのですが、その症例を繰り上げることにしました しかし、問題はPTMCのための井上バルーンが札幌に届くのが 13:00ということだったので、結局その到着を待って行い、これも巨大左房であり、しかも過去にステロイド予防投与にもかかわらず造影剤ショックで心停止になった既往があるため、ゼロ・コントラストで経食道心エコー法無しで中隔穿刺を行い、僧帽弁拡張をしました そして非常に辺在性石灰化僧帽弁であったため、そして体も小さな方であったため、23mm程度でPTMCをして良好な結果となりました

結局会は大成功に終わり、特に韓国の先生方は非常に満足され、この会が最後となることをとても残念に思われていました

それはそうと今回の札幌で変わった店を見つけました

蕎麦 さとやま

それはれっきとした蕎麦屋さんの「さとやま」という店です 全て蕎麦は店主が石臼で精錬し、それを店の中で手打ちで打つ、というとても本格的な蕎麦屋さんです しかし、変わっているのはそのメニュー内容です もちろん通常の蕎麦メニューもあるのですが・・・・

激辛カレー蕎麦

雰囲気的には札幌発祥のスープカレーを蕎麦にかけたものですが、色でわかるように激辛であり、しかも山椒もたっぷりはいっています 値段も結構しますが、一度は味わって下さい えっと場所は札幌市の苗穂です

雨があれば晴れ間もありますね

昨日夕方の便で千歳に飛びました 札幌東徳洲会病院に到着したのは 18:30ぐらいだったのですが、19:00過ぎより院内の Auditoriumにおいて僕による FFRの講演会をしました

今回の講演会はスポンサーは無く、自主的なものです 内容は 3月初めに FRIENDSという学会で行ったものをさらに updateしました その後本日のTAVI症例の検討会を行い、部屋に入ったのは22:00過ぎでした

それからプログラミングの修正を行い、そして就眠 今朝は 5:30AMに覚醒し、シャワー浴びてから 7:00AM頃には出勤しました

そして本日のTAVI三例の内、僕に最初の二例の植え込みを行わせて頂きました バッチリです 知らなかったのですが、二例目は札幌東徳洲会病院で去年の4月06日に第一例のTAVIを行ってから 150例目だったのです

札幌東徳洲会病院TAVI150例記念

150例目といっても淡々と過ぎていきました でも色々ある中で少しは心が慰められました

久しぶりー

暫くブログにアクセスしていませんでしたね その間何をしていたかと言いますと、特に外国に出張に行っていた訳でもなく、何をしていたのでしょうかね

うーん TAVI、外来診療、少しのPCI そうですね、それと RAP and BEAT II臨床試験サイトの構築、これは三年前に作成し、既に二年前に登録終了し、論文にもなっている RAP and BEAT I Trialのサイトを修正しているだけですのでそんなに手間ではありません しかし、手間では無い、というのは落とし穴で、だから作業が遅々として進まないのです 要するに意欲の問題ですね

うん、一番この二ヶ月間一生懸命やっていたことは Coronay Physiologyの勉強です そうです FFR/CFRなどのことです 巷では本年4月より、明確な虚血証明を行うことが、PCI実施のために求められ、それが健康保険審査の基準となることが予告されています この予告のために慌てて勉強しているのか? って 違いますよ もともと当科はFFRをかなりの症例に対して行っていてそんな卑近な動機ではありません

今回の猛勉強は、明日 FRIENDSという学会、これは冠動脈生理学の学会だそうで、僕にとっては全く馴染みの無い世界いや学会です 何とその学会のランチョンセミナー一時間枠で、僕が講演を明日行うのです 要するに FFR/CFRのプロの前で僕がその話をするのです これって無茶苦茶でしょ?

そこに果敢にチャレンジしたのです チャレンジを決めるまでには逡巡がありました でも心に「これは自分にとっての試練だ この試練を利用して誰よりも FFR/CFRに詳しくなろう」そのように決めたのです そして本年になってから勉強を始めました 勉強といっても本を読む訳ではありません これまで FFR/CFRで publishされた論文を片っ端から読み、いや流し読みですが、知識を習得していったのです そして知識を習得していく過程の証拠として論文の中のグラフや表を切り取り Powerpointのスライドをどんどん作成したのです

昨日より今日にかけてそうやって作成した 230枚ぐらいのスライドを自分の論旨に合致するように並び替えたり、追加したり削除したりをしてきました 今朝はそんな訳で 4:00AM起床です

実は今札幌にいて、本日これから札幌東徳洲会病院でTAVIをして、夕方に羽田空港に飛ぶ予定なのですが、現在最大風速 40mのとんでもない低気圧が北海道に迫っています 部屋から見る外の景色は既に吹雪です 今日は関東に戻れるでしょうか?

もとも戻れなければ明日のランチョン講演はどうなるのでしょうか? 心配していても仕方ありません Que Será, Será なるようになる です

あーーーっ 追われている

ものすごく追われています 幾つかの講演会が重なり、その準備に追われているのです 好きなプログラミングも少しお休みです

ただ、こちらもタダで転ぶつもりはありません この機会に、自分の不得手な分野について急速に知識を高めるために勉強しながら講演会の準備をしています 論文を読み、忘れない内にすぐにそれからPowerpointの発表を作成し、そしてまた次の論文に移る、その中で現在進んでいるおおまかな流れが理解できるようになり、一つの壮大なストーリーが出来上がる筈なのです まあうまく行けばなのですが・・・

ところで、昨日札幌の夜は冷え込みましたが、空は晴れ、星も見えていました そしてそしてついに生涯で初めて「皆既月食 – Blue and Pink Moon」を見ました iPhoneで写真も撮りましたが、あまりにも小さく写り駄目です

そして昨夜も 3:00AM頃まで一人勉強と、Powerpointの作成です 今朝は8:30AMに札幌東徳洲会病院心臓センターに登場し、それからカンファランスそしてTAVIを行いました そのまま羽田に飛び立ち、現在は羽田 Excel Tokyu Hotelの喫茶で時間調整中なのですよっ

うーん 追われっ放しで辛いなあ

苦労した甲斐があります

昨日はから本日と雪のためバタバタでしたが、それでも苦労した甲斐はあったようです

本日は医学的理由から三例全例とも自己拡張型ディバイスによるTAVIでしたし、しかも二例は alternative approachによるものでした なかなか難しい症例でしたが、全例素晴らしいできで終了しました 雪の中飛行機の便変更で僕はもちろんのこと鎌倉や札幌のスタッフが振り回されましたが それでもこのような結果であり良かったと思います

今現在 ANA Chitose Loungeで 18:30発の便を待っています この便も5分遅れとの報ですが、まあ飛ぶだけマシですかね

昨日は散々な目に

12/25月曜日は午後無事飛行機が飛び、羽田に戻ることができました 12/26火曜日朝一番から非常に難しいTAVI治療をさせて頂きました ずっとずっと鎌倉の外来や入院でこれまで15年間以上に渡って診療させて頂いてきた患者さんです

色々な病気が背景にあり、ご高齢でもあり、TAVIという治療そのものが非常なリスクを伴います 医師としてTAVIを行うべきか、このまま自然経過に任せるべきか 非常に悩みどころです しかし、最終的にはTAVIにより治療を行わせて頂きました 途中色々な悪魔の洞穴とでも言うべき事態がありましたが、最終的に無事乗り切ることができました

12/27水曜日は朝からずっと外来診療 年末は皆さん方駆け込みもあり患者さんがたくさんになります そして複雑な問題をそれぞれの患者さんが抱えておられ、外来診療も簡単には済みません

そうこうしている内に、木曜日には飛行機で羽田からの便が一杯であるとの情報があり、急遽水曜日夜の便で札幌に入ることにしました 実はこの日は鎌倉で循環器内科関連の忘年会でしたが、それへの出席はキャンセルしました ようやく 20:55羽田発の便をとることができ、羽田空港には 20:00には到着したのですが、何と飛行機出発が 21:40に遅れる、との連絡あり、結局さらに飛行機は遅れ、千歳空港に着陸したのが 23:30でした

結果的に 12/28木曜日 0:30AMに宿にたどり着いたのです そして本日は朝から札幌東徳洲会病院でTAVI三例です これまで色々な思いをかけながらTAVIを推進してきました 今年は本当に大変で色々と考えさせられる年でしたねえ

そうそう一つ忘れない内に、bootstrap4をインストールする方法の中で今一番簡単だと思っている方法

まずインストールする folderに移動する
そこでコマンドラインから

$npm install bootstrap@v4.0.0-beta.2

これを行うだけです もちろん前提としては node.jsがインストールされ、node package manager (npm)が作動することです

本日は

本日月曜日 昨日クリスマス・イブというのに一人で夜札幌に入りました 道は雨のために雪が溶け、はなはだ危ない

夜遅くにこの滑りそうな道を歩けば危険と考え、歩いて一分のラーメン屋さんに入り 魚介系スープ味噌ラーメンというのを食べました その後道路を渡って MaxValueで買い物しようかとも思ったのですが、道をクロスすることが危険と考えそれもやめ、そのまま部屋に入りました

部屋に入ればやることもなく、

$code ~/.bash_profile

として、VisualStudio Codeという Microsoftが OpenSourceで出している近頃僕のお気に入りの 高機能text editorを立ち上げ、.bash_profileを少し整理しました

そして、その後 眠りに落ちました

本日は 7:00AMに札幌東徳洲会病院心臓センターに出勤し、TAVI患者さんのCT dataの解読を行い、そして本日は一人超重症の患者さんのTAVIが臨時であります そのために雪のリスクを賭けて札幌に入りました

ところで、本日午後の便で戻る予定なのですが、天気予報によれば午後から大荒れとなりそうです 間に合うでしょうか?

実はこんなことも知らなかった

金曜日にはこれから始まる globalの薬剤溶出性ステント臨床試験および日本国内治験の Kick Off Meetingが品川で開催されました この師走の忙しい中、日本国内15施設よりお集まり頂き、無事会が終了しました 僕は例によってこの治験の日本国内PIでしたので、色々と準備が必要でした

そして、昨日土曜日は久しぶりに丸一日ゆっくりと過ごし、例によって「ブックスペース栄和堂」で一人コーヒーを飲みながらプログラミングの構想を練っていたのです いや実は node.jsと npmのインストールをしていたのです

そしてその続きを今日も行い、無事 node.jsと npmの最新版がインストールされたことを確認しました

しかし、その過程で いちいち $source ~/.bashrc をしなければ最新版がインストールされないことに気づきました

それで、.bashrc と、.bash_profileについて調べたところ、どうやらログインの時に、.bash_profileが読み込まれ、その上でターミナルを開いた時に、それぞれ .bashrcが読み込まれることが分かりました そこで、.bash_profileで source ~/.bashrcを行えば、目的が達せられることも知りました

何だかここいらへん常識なのでしょうが知りませんでした

ところで、今現在は既に 千歳から札幌東徳洲会病院心臓センターに移動中です 驚くべきことに千歳は雨であり、雪が溶けています 明日の朝はガチガチに凍りつき危ないですね

本日再び札幌へ

今朝も羽田空港ラウンジです 今日は少しゆっくり と言っても 8:00AM発の便で千歳に飛びます そして 10:30am頃から札幌東徳洲会病院で外来診療をするのです

最近は忙しくてなかなか外来診療もできません 本当に患者さんには申し訳なく思っています

明日は名古屋国際空港に飛んで夜 講演会講師をしてから新幹線で深夜に鎌倉に戻ります こうしてあっという間に年末に差し掛かるわけですね

わーぁいっ TAVI 100例達成

2017年04月06日木曜日に僕の Proctor下で 3例のTAVI (S3)によりスタートした札幌東徳洲会病院が、日本国内最速のスピードで本日 100例目を達成しました 結果的に、丸8ヶ月で 100例のTAVIを行ったことになります しかも素晴らしい治療成績で成し遂げられました

これには、札幌東徳洲会病院の Heart Team、山崎 誠治 部長、山崎 和正 先生という植え込み implanterのみならず、麻酔科の 三澤 部長、経食道心エコー法を行って下さる谷 先生、そして竹之内 先生、そして循環器内科の皆、また頼りになるバックアップをして下さる、心臓血管外科 上田 部長はじめ心臓血管外科の面々、解析に携わるだけでなく現場で補助して下さる放射線科技師さんたち、そしてバルブの作成も手早くやって下さる臨床工学技士の面々、エコーを奇麗にとって下さる臨床検査技師の方々、また現場で準備やアシストをして下さる看護師の方々、Heart Teamでは直接的にはありませんが、カテ室看護師や職員、あるいは病棟看護師や職員の方々、ICU看護師や職員の方々、そして僕がしばしば羽田発朝一番の飛行機で千歳空港に移動し、札幌東徳洲会病院での 9:00AMからのTAVIカンファランスに間に合うように、そして同じ日TAVI 3例終了後、すぐに千歳空港に移動し、羽田に飛び、鎌倉に同じ日の夜に戻る、そのような強行スケジュールを可能として下さる医局秘書や、事務職の方々 いやいやまだまだたくさんの方々の素晴らしい連携と、一つの目標 TAVIによりこれまで治療困難であった患者さんを治療していく、という大きな目標、それに向かっての全員の強い意志、これらによって初めて可能だったと思います

また、もちろん僕自身による SAPEIN3および EvolutRに対する Proctoringそして EvolutRによる Subclavian approach, Direct Aortic approachの Proctoringの力は大きいと思いますし、またしばしば麻酔の指導と援助にいらして来て下さった 湘南鎌倉総合病院麻酔科の 太田 先生の力も大きいと思いますよっ、

何れにしても本日余裕で下の写真を撮ることができました 本日は 9:30AM開始し、三例のTAVIを終えて ICUに全員収容したのは 14:30でした 素晴らしい速さですね

TAVI 100例記念