あっという間に4月です

今朝は朝より雨 折角の桜満開も雨で今ひとつですね そんなことを思っている間にもう四月に突入しました

少しブログ更新休んでいる間に色々なことがありました 大きなものを振り返って見ましょう もちろんカレンダーを見ながらですね

日本循環器学会よりかえってきてから、函館に行きました 長年懸案のことの解決に少し役立てました そして、金曜日つまり3月25日は PCR Tokyo Valvesのいよいよ前日となり、最後の準備 Preparatory Meetingが開催され、僕も外来終了後、東京まででかけました そして、二晩泊まり込みで、Tokyo ValvesにCourese Directorsの一人として参加というか、主催してきました 嬉しいことに、350名ぐらいの active participantsが集まられ、全編英語で会議が開催されたのです

最後には皆感激の集合写真です

Course Directors
Course Directors
集合写真
集合写真

集合写真
集合写真

翌日の月曜日3月28日の 8:00AMには ヨーロッパ・インターベンションの重鎮であられる Marie-Claude Morrice先生が朝のカンファランスにご参加賜りました
Marie-Claude Morrice先生
Marie-Claude Morrice先生

そして、先週木曜日3月31日は、久しぶりに札幌東病院で外来を行い、金曜日には同院で TWinsの岩崎教授をお呼びして講演会と、あっという間に日々が過ぎて行きました
自分の能力が処理すべきことがらに追いついていないのを実感します 摂生が必要です

忙しくも楽しく有意義な一日

ここ一週間俄然忙しくなってきました 本当に行き着く間も無く、動き続けで一日が終わっていきます

でもそんな中でも嬉しいことがいくつかありました 最初は、本当に全く予想だにしていませんでしたが、僕の出張などで遅れ、2月18日になりましたが、本当に思いがけず突然部下や職員の皆さん方に大きなケーキと共に、僕の誕生日を祝って頂きました 自分の人生を振り返って、あまり誕生日を大きく祝ってもらった記憶が無く、また自分でも 「誕生日なんてただ歳を重ねていくだけさ」などと思う気持ちもあり、何となく過ぎてきましたが、自分でも驚くべきことに嬉しかったです

そして昨日 19日は 7:15AMより2例のPCIを行い、それから慌ただしく一旦自宅に戻り着替えてから、慶応大学病院を訪問させて頂きました

Paris郊外の Massyにあるパリ南心臓病センターに留学されていた林田先生と、その地で初めてお会いして以来、親しくお付き合いさせて頂いています 彼が去年の晩秋に留学から帰国され、母校慶應大学での TAVI立ち上げをメイン・テーマとしてご活躍を始められました 今回は、TRIとかCTOとかの治療の様子を若い先生方にも知って頂こう、という目的で訪問させていただくことになりました

3例の難度の高いPCI症例を用意して頂きました、2例目は残念ながら不成功に終わりましたが、仕方ありません それが、現在の僕のあるいは、PCIそのものの実力です

他の 2 例は順調に終了しました 何はともあれ、全敗に終わらなかったことに感謝です

院内ライブデモンストレーション終了後は、皆でお茶を飲みながらいろいろと語らい、それから 19:00よりキャンパス内の、 Research Centerという綺麗な建物一階で講演をさせて頂きました そして、講演後は千駄ヶ谷の居酒屋で皆で楽しく語り合いました

またこの席でも思いがけず誕生日を祝って頂きました

こうして、やる気のある優秀な若い先生方とお話する機会があると、「日本の将来は大丈夫、彼らがいるから」、と思えます そして、自分にも新たな力強いエネルギーが充填された気持ちになります

慶應大学病院カテ室の皆と