可児ライブ

6/23午前中は半年ぶりに札幌東徳洲会病院で循環器内科外来診療を行いました そして、その夕方千歳空港から羽田空港に移動し、京急羽田線に乗り換え品川駅に、そして新幹線で名古屋駅に移動しました

この日 金曜日から岐阜県可児市にある東可児病院を舞台に恒例の可児ライブが行われ、今年もまた術者として参加させて頂きました 名古屋駅からは名鉄特急に乗り換え、犬山駅に移動、犬山駅でタクシーを待ったのですが、一台もおらず、無線を呼んでもなかなか来ません 結局 15分ぐらい駅前ロータリーで待ちましたがようやく到着、犬山駅から2Km余り離れた田んぼの中にある Bistro MARUに向かいました ここは建物がロンドンバスの廃車を用い、シェフ一人が従業員という変わった店です 店の中も外も写真を撮影することは厳禁であり、緊張でも料理はとても美味しく満足しましたが、結局可児に到着したのは 23:30を過ぎていました そのままバタンと意識を無くすように寝入ってしまい 起床したのは 5:30AMそれから置きたまま早めに朝食をとり、そして 8:30AMにはホテルを出て歩いて東可児病院に向かいました

僕の割当は第一例目であり、右#4PD付け根のCTOでした 患者さんは 60歳台ですが、冠動脈病変は高度であり、「これは簡単には行かないぞ」と予想しました CT冠動脈造影もありましたが、正直あまり参考にはなりませんでした まあCTOの入り口が小さな声だ部分である、ということを確認できたぐらいです 僕の手技の助手は安城更生病院の植村 祐介 先生がして下さいました 安城更生病院は循環器分野 とくに冠動脈において以前より非常に有名な病院です 僕には思い出があります それは、昭和 51年か 52年でした つまり、1976年あるいは 1977年でした(何と 40年前です!!) 僕が未だ関西労災病院でカテーテルを自ら始めた頃です どうしても選択的冠動脈造影、しかも右肘動脈カットダウンによる Sones法をやりたくて、色々とつてを辿ったのですが全て見学を拒否され、安城更生病院の当時おられた鷹津先生のみが見学をご許可して下さったのです

確か見学前日夜に名古屋に一人で宿泊し、翌朝電車で安城市まで移動し、Sones法による選択的冠動脈造影を二例ぐらい見学させて頂いたのです あれが無ければ僕の今も無い、そんな気もします 本当に何が巡ってくるものか分かりませんね 今回は植村先生の助手でとてもやりやすく手技を行うことができました 感謝です

順行性に少しつっつきましたが、とてもうまく行くとは思えませんので、すぐに逆行性に切り替えました アプローチは両側TRIです 結局心尖部経由の epicardial routeを SUOH-03により通過し、色々やって最終的には薬剤溶出性ステントを2個植え込んで成功裏に終了しました 終了は 1045AMであり時間的にもまずまずでした

東可児病院
PCIの成功を祝って

終わってから病院向かいにあるインド料理の店、ここは 11:00AM開店で印度人の家族がやっています 開店と同時に入り、おいしいカレーとナムをつまみました そして、その後 うなぎを食べた後、再び名鉄電車、新幹線で鎌倉に戻ったのです 鎌倉自宅到着は 17:00頃でした

今年の可児ライブもとても楽しく手技をさせて頂き、また勉強にもなりました

何時もありがとう

本日は第10回日中友好TRIセミナー + Slender Club Japan Live in 東可児病院というのが開催され、中国から 20名ぐらいの先生、そして Slender Clubの面々と一緒に東可児病院の講堂にいます

朝一番目の症例として右冠動脈の慢性完全閉塞の患者さんを治療させて頂きました 何時ものように金子くんが助手をして下さいました 金子くんとのペアはこれまでライブデモンストレーションにおいて多分これが4回目ぐらいではないでしょうか 何時も助けられています ありがとうです

さてそれを終了し、少し進歩しました 次のコードがエラー無く動いたのです 大分進歩です

class Complication():
 def __init__(self, severity=0):
 self.__severity = severity
 print("The severity of this complication is {}.".format(severity))
 def getSeverity(self):
 return self.__severity
 severity = property(getSeverity)

if __name__ == "__main__":
 comp1 = Complication()
 comp2 = Complication(1)
 x = [comp1, comp2]
 [print(xx.severity) for xx in x]

結構素晴らしいことです いつくもの段階を登った感じを自覚します

可児でのライブ

さて、本日は新横浜より名古屋駅に移動し、そこから名鉄特急で犬山まで移動 これは 30分足らずです そこからタクシー 30分あるいは名鉄各駅停車乗り換えして 20分の岐阜県可児市に移動し、東可児病院で開催された 第三回Slender Club Japan東可児ワークショップに参加しました

13:00からのライブ症例を割り当てられていましたが、16:00から待ちに待たれた新薬の講演演者もあり、その準備をするため、犬山駅界隈で、コーヒーでも飲みながらパソコンを使える、要するに電源がとれるお店を探したのですが、駅前の二件のカフェは、コンセント入り口を塞いだり、「これから忙しくなるから、すぐに出て行って」という具合で、それならばと、少し離れた場所にあった「マンガ喫茶」に入りました ここでは堂々と電源を使ってパソコンを操作できました

そして、12:00になり、タクシーで東可児病院に移動、症例のシネなどを見せて頂き、そのまま症例治療に入りました 助手は、先日 金沢循環器病院でのライブの時に僕の助手をして助けて頂いた済生会西条病院の金子 伸吾先生にして頂きました 症例は、若い男性で右冠動脈の慢性完全閉塞でした CTで柔らかそうに見える、ということで両側橈骨動脈アプローチから順行性を選択し、時間内に終了しました

そして今は再び講演の準備をしています 今日は残念ですがその後すぐに鎌倉に戻らねばなりません また来年訪れることを楽しみにしています

はまったあー

今 もう勉強中 それは、PHPの中でも非常に奥深い関数である、file_get_contents()についてなのです 正直この関数は security領域の境界をさまよう関数であるからでしょうか、インターネットの世界にも情報が非常に少ないのです

これまで Ajaxを用いて画面の書き換えを画面遷移せずに行う方法は存在しない、そのように誤解していましたが、この関数を用いればそんな魔法のようなことが可能となるのです

通常ブラウザでインターネットのあるページを見ている時、我々はリンクとか、ボタンとか押して次の画面に移ります ところが、この次の画面に移る = 画面遷移 する時には、ほとんどの場合 当然のことながら画面全体が書き換わります これは慣れれば当然のこととやり過ごしますし、まあ本のページをめくる、と思えば至極当然のことでしょう

しかし、そのことに満足しなのであれば、「何でいちいち画面全体書き換えるんだよ? 必要部分のみ書き換えればよいだろう?」という疑問に目覚めます

疑問、というのは人間が進歩する重大な動機の一つです これにより人間は次のステップに進むことができるのです

例えば想像して下さい、Ajaxの存在を広く世に知らしめた Google Map これは皆とても日頃お世話になっていますよね、このサービースが公開されるまで、インターネット上の地図ソフトでは、画面から外れたすぐ隣りの場所に移動するためにも、画面全体を書き換えていました ところが、Google Mapではスムーズに地図が移動していくのです 不思議と思いませんか?

この技術は Ajax (Asynchronous Javascript And Xml)という深い技術を用いて成し遂げれているのです ちなみに、Ajaxを使いやすくするために これまた広く普及したのが、jQueryというメタ言語です 実は僕もこの Ajax/jQueryを用いて色々なプログラムを書いていますので、理解はしています しかし、正直プログラムのデバグが非常に困難なのです これはやったことが無い人には分からないと思います 何しろ異次元を行ったり来たりするような感覚なのです

前置きはさておき、この Ajaxを用いねばならない、と誤解していたことが、何と file_get_contents()という関数を用いて行うことができるのです そして、そのテスト・プログラムを書いていてはまったのです それは 以下の2つの文の違いになかなか気づかなかった、ということです 皆様方も挑戦して下さい

 

プログラム A

	$context = stream_context_create(
		array(
			'http' => array(
				'method' => 'POST',
				'header' => implode(
					'\r\n',
					array(
						'Content-Type: application/x-www-form-urlencoded'
					)
				),
				'content' => http_build_query(
					array(
						'name' => $name,
						'msg' => $msg,
					)
				)
			)
		)
	); 

 

プログラム B

	$context = stream_context_create(
		array(
			'http' => array(
				'method' => 'POST',
				'header' => implode(
					'\r\n',
					array(
						'Content-Type: application/x-www-f0rm-urlencoded'
					)
				),
				'content' => http_build_query(
					array(
						'name' => $name,
						'msg' => $msg,
					)
				)
			)
		)
	); 

Aでは動作するのに、Bでは動作しないのです 「え、一体何が違うの?」 新幹線新横浜駅まで移動中のタクシーの中、ずっと悩みました そして、あと1分で新横浜駅到着、パソコン閉じねば、という時点で 「それはね oと0が間違っている」というご指摘を頂きました そうなのです o (=小文字のアルファベット オー)と 0 (=数字のゼロ)を間違って typingしていたのです

これで解決しました 実際の本体テスト・プログラムの掲載は帰りの新幹線の中でも行います とても良く file_get_contents()関数を理解できるものを掲載しますよ 乞うご期待

ということで、今朝は直接自宅から新横浜経由 – 名古屋駅 そして、名鉄特急に乗り換えて 岐阜県の可児市に出かけ、可児スレンダー・ライブデモンストレーションに参加します ライブ治療の後、お薬の講演があり、その後そのまま鎌倉に戻ります というのも、明日はまたまた朝から久しぶりのモスクワ入りだからです それにしても、file_get_contents()関数を少し理解したのがとても嬉しいですね 新しいステージに登った気分なのです

強い心と弱い心

先週金曜日はとても強い心でTAVIを乗り切りました 非常に難しい治療でしたが、強い心で乗り切り、素晴らしい結果で終わりました

その後、可児を初めて訪問させて頂きました 名古屋駅まで新幹線、それから名鉄で移動です 可児は隣の犬山市の隣の市ですが、実は犬山市は愛知県、可児市は岐阜県なのです 可児市そして犬山市には木曽川が流れ戦国時代のさまざまな歴史に刻まれた土地ですし、とても風光明媚な場所でした

土曜日にここで東可児スレンダーライブが開催され、私はその最初の術者として治療にあたらせて頂きました 残念ながら不成功に終わったのです だんだんと不成功の原因が自分の中ではっきりしてきました それは「弱い心」のためだったのです 初めての土地で、いつもはそんなことにはならないのですが、何故だか「よそ行き」となり、弱い心となっていたのです

強い心の大切さ、それを身に染みて感じます