gitの upgrade

特に Web開発では compilerでなく script言語を使用することが多いので、プログラムの更新にあたっては更新ログを記録し、いざとなれば元にもどせるようにするために gitを用いることが一般的ですね

gitはもう何年間も使用しているのですが、未だに使いこなしているとは言い難いものがあります そもそも gitはコマンドラインでのコマンドの一つですが、web serviceと連携してそのデータベースが無料の Web databaseにも記録されます そのようなサービスを提供している有名なものとして githubそして sourcetreeがありますね

前者は自分のソースコードを公開するならば無償で uploadできますが、後者はソースコードを公開しなくても無償で uploadできます

何れにしても使いこなしてなんぼ の世界ですが・・・・

さて、最近その git commandに非常に危険な脆弱性が発見されたらしいのです それで git commandの upgradeを試みました 自分の MacBook Pro OSX High Sierraに入っているgitは Apple gitでありシステムに最初から入っているものでした

$git –version

とすると git version 2.7.1と大分古いバージョン番号が戻ってきました

それを upgradeするためには、git commandをreplaceせねばなりません それで調べました もちろん homebrewを用いるのです ありましたね ここです

いやあ助かりました これで僕の gitは version 2.17.1とずいぶんと上がりました

Gitそして Sierraにした後の shutdown

久しぶりに Gitを用いています といってももう歳なので Gitのこともすっかり忘れていました
それでも 鎌倉ライブのサイト (http://www.kamakuralive.net/)でのバグをいくつか見つけ それを修正する段階で 再び Gitを用いるようになりました

Remoteは Bitbucketに置いています ここに pushしておけば変更履歴を含め最新のファイルが残っていますので安心です

実は現在 MacBook Proが不安定なのです 突然 shut downしてしまうのです そして勝手に再起動します 思い出せば Sierraに OSを Upgradeしてからのような気がします でも Googleで調べてもきっちりヒットするのが見つかりません 他の方で同様の現象経験されている方はおられないのでしょうか?

すっかり忘れて

まったくすっかり忘れてしまいました 何を? それは これまで作成・運用している Web Siteのことです

この背後では大掛かりなプログラムが走っています その多くは PHPと JavaScript/jQueryで書かれたものなのです そのプログラムのバグを潰そうとようやくとりかかったのですが、この間実に2ヶ月間が空いていたのです

その結果、プログラムのロジック把握ができにくくなっているのです これまでの変更履歴は Gitでトレースしているので何処をどう変更したか明らかであり、また何時でも戻すことができます しかし、肝腎の頭の中をついていかすには少し時間がかかりそうです あああ

Visual Studio 2010で Gitを使う

さてさて再び DICOM-XAに挑戦するため、何と一年ぶりに VisualStudio2010を引っ張り出しました すっかり以前のソースコードがどれだかわからなくなっていました これはやはり Gitを使う必要がある、と自覚し、早速 Git Source Code Providerをインストールしました インストールしたものの、コンテキスト・メニューに Gitが出てきません

そこで Google検索すると、やりましたねヒットしました ここです。親切に記述して下さっています。これでできるようになりました。

ついにやったのだーーー

PCIの合間に、頭を明晰にするため、またまたプログラミングと Maniac Conferenceのデータ保守を行いました

そしてそしてついについに、 Windows7上でmsysgitを用いて Gitを走らせ、

$git add -A

$git commit -m “First Git”

などと Gitを用いてファイルを保守しながら Webにuploadしたのです。何だか自分が数段偉くなったように感じました。素晴らしい

Gitにはまりつつ

皆様方は Gitという言葉をご存じでしょうか? プログラムを自分で書く人にとってはもっともホットな言葉の一つであることは間違いないでしょう

何の頭文字か知りませんが、いかにも Unix/Linux言葉という感じです これは今一番人気があり、実際に用いられているバージョン管理ツールなのです 今これにはまりつつあります だって、昨日動いていたプログラムが改良(したつもり)で動かなくなったりして、もとに戻そうとして全て消えているので、思い出しながら一日がかりでプログラムを打ちなおす、そんなこと何回も経験しているのです、 そんな時に、Gitがあれば、タイムマシンのように元に戻れるのです

これって、人生Gitなんてツールがあれば、すごいですよね