仕方ない

今 金沢スレンダーに向かうため、羽田空港ラウンジです
さて、本日はいよいよ決心し、Javaを真面目に勉強することに決めました Javaというのは、言わずと知れた現在色々な場面で使用されている computer programming languageの一つです この言語はもともと、現在は買収され、その存在が無くなった会社、Sunが どのOSでも同じように走る言語を作る、という遠大なる目標に開発し、しかも、それをフリーで提供したのです。
基本的な仕組みは、中間言語にコンパイルし、各OSに対して提供される中間言語インタープリーターが実際に走らせる、という仕組みです。従って、native compilerである C/C++と比較するとそのスピードは多少遅いのですが、完全なる Interpreterである Javascript/BASICなどと比べると早いのです。もっとも、最近の Microsoft BASICはやはり中間言語に compileされますので、遜色無いのかも知れません。
何故 Javaに手を出さなかったか? それは僕の屈折した心が原因です。さらに言わせて頂けば、C++や PHPの勉強でそれどころでは無かったのです。では、何故今になって Javaをやる気になったのでしょうか? それは単純な原因です。Java開発環境では、従来フリーの IDE (Integrated Development Environment: 統合開発環境)として、Eclipseと、NetBeansが有名でした。世間一般では Eclipseに分があったのです。僕も何回も Eclipseをインストールして、C++などを走らせてきました。どうも NetBeansは速度的に難があるな、というのが僕の印象だったのです。しかし、NetBeansというのは、Javaの開発元の、Sunが Java開発のために作り公開した IDEなのです。そうそう今は、Sunを買収した Oracleがここら全てを行っています。
ですから、本来であれば、Javaでプログラムを書くのであれば、NetBeansを使うのが妥当なのです。
今日、Javaやろう、と決めて、NetBeans 7.4を OSXにダウンロードしてインストールしました。そして、C++を走らせると、快適にコンパイルされ、実行されたのです。そして、Javaの Hello Worldを書いて走らせると、これもあっという間にコンパイルされ、走ったのです。
すっすっすっばらしい!

これは NetBeansで Javaを勉強するのが吉と出ました 頑張ります