キャラバン終了

昨日は新幹線で品川まで移動し、15:00より品川で伊苅先生に座長をお願いして講演会を開催しました。演者は一色先生と、松陰先生、それに〆に Ferdinandにお願いしました。
講演会終了後、最後の食事として僕が選択したのは、浅草の「どぜう」屋さんでした。ここは純和風の建物であり、いつもたくさんのお客さんでごった返しています。しかし、流石にこの店には外国人の方は見かけません。ドジョウ鍋はとてもおいしく、彼もいたくお気に入りになられました。その後は、すぐ近くの「薮蕎麦」に行ったのですが、こちらは何だかきれいに改装されていて、少しがっかりしましたね。
この一週間彼とずっと一緒に過ごしましたが、異文化を素直に受け入れる柔軟性を感じました。この柔軟性がTRIという新たな手技を編み出したのだろう、そのように理解しました。柳のように柔軟で、しかも強くいることが人生の中で重要なのですね。