ついについに近づいた

ここ数年がかりの自分のプロジェクト 言わずと知れた DICOM XA Viewerの作成です。その前提として、XA fileの中のDHT (Define Huffman Table)の解析が必要です。それに悩み、この難解なテーブルにどれだけの時間を注いできたことでしょう?

もちろん分からないのは僕が馬鹿だからなのです。でも、馬鹿といっても、そんなにひどい馬鹿ではないのです。この問題に悩んでいる人は世の中たくさんいる筈なのです。そして、ついに同じ悩みで苦しみ、そして万民のためにその秘密を解き明かしているページにヒットしたのです。これまで発見できなかった筈です、何故ならば比較的新しいページだからです。しかも、日本語でなく英語のページです。いやいやここで糠喜びは禁物です。もっと読み解き、理解する必要があります。しかし、ついについに近づいてきた、そんな予感がします。