韓国心臓病学会講演終了

今金浦空港ラウンジで、帰国便を待っています 韓国心臓病学会最終日の講演は無事終了しました 自分でも満足の内容でした

正直最近の日韓関係の冷え込み、これは行きかえりの飛行機の空席でも分かります これまでは常に満席状態だったのですが、少なくとも行きの便は30%ぐらいしか席がうまっていませんでしたした、このラウンジの状態では戻りの便も空席率は50%以上でしょう それ程にも日韓の関係は冷え込んでいるのです そのような状況の中で僕の講演もどんなことになるやら・・・と危惧していたのですが、韓国の先生方は優しく迎えて下さいました ありがとうございます

今、この病院母体を巡る事件の影響でとても辛いのです これまで25年間に渡り数多くの方々のご協力、ご支援の中でここまで頑張って、それなりに少なくとも一流半、あるいは一流の病院に、この鎌倉病院をゼロから持ってきました それがこの一連の事件で瓦解しようとしているのです 自分の人生をかけた25年間、そして色々な人々と歩んだ25年間、それが全て流れ去ろうとしているのです

自分でこの大きな流れに逆らうことはできません ひたすら 奔流の中でしなやかに根を張り続ける水草の如くに生き延びなければなりません

これまで鎌倉病院を開いてから、30,000人ぐらいの患者さんを治療してきました そのことはその方々のためにも否定して欲しくはありません 否定されてはいけないのです そして、今 新たな治療TAVI、これに関しては今現在でも日本国内で8つの大病院でしか治療ができない高度先進医療なのです その実績を否定させてはなりません

自分ではこの状況に対してとても腹が立ちます そのような状況に陥らせた人々に対して怒りを覚えます 許しがたい思いです でも、そんなバカ達とは一線を画し、先に進んでいきたいと思います

本日日帰り韓国出張

本日はソウル近郊都市 一山 (Ilsan)において、第47回韓国心臓学会が開催され、僕はその中で Pathology of Chronic Total Occlusion – Its therapeutic application とかいう講演を依頼されました

最近は韓国もすっかり足が遠退き、以前は年に15回くらい訪れていたのが、年1回か2回という状態になっています まあそれでも今年はこれで三回目でしょうか

イルサンは金浦のすぐ近くですから、そうそれこそ漢江(ハンガン)を渡ればもうイルサンですので、11:00AM過ぎの羽田-金浦便に乗り、日帰りです

それにしても病理学とはなかなか難しく、これを機会に今回勉強して、それなりのプレゼンテーションを作成しました 作った量が多すぎるので、これから機内で選別するつもりです 何れにしても準備万端です

昨夜は、湘南鎌倉総合病院職員互助会による、横浜港の屋形船食事会がありました 僕も初めて参加しました というか、参加するつもりは無かったのですが、今こういう状態で、皆とても辛い思いしていますので、やはりこの病院を立ち上げてきた者として、参加する義務があるかな? と感じたからです 早く時間が経たないかな

真っ白と思いきや

今朝札幌に入りました 当然のことながら真っ白と思っていたのですが・・・

何と青函海峡を越えて苫小牧上空にさしかかっても、白はまったく無し! 遠くに見える恵庭山も、地肌が見えるのみ、かろうじて樽前山の上の方が白くなっているだけでした

札幌市内も雪は無く、あれあれ? という感じで驚きました

昨日の経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI/TAVR) およびはまった話

昨日も経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI/TAVR)をお二人の患者さんに対して行いました。非常に順調に、これ以上は無いでしょう、という風に治療が成功裏に終了しました チーム全体が経カテーテル大動脈弁植え込み術に習熟し、その各段階の手技に熟達してきました

プロクターの先生も、非常に褒めておられます

とは言っても、経カテーテル大動脈弁植え込み術はその手技そのものが未だに完成しているとは言い難いものであり、まだまだ各段階に tricky な部分があり、術者としては、そのようなでこぼこ道を如何に平坦な道の如く進むか? そこに越えねばならない高い峠があります

それでも何より、そのような困難な道を進んで、結果的に患者さんがお元気になられる、これが医師としての、そして経カテーテル大動脈弁植え込み術を行う術者としての醍醐味であり、当院のハートチームを誇りに思います

そして、昨日から今日にかけてはまった話です 相変わらずプログラミングです

ますば SQL

INSERT INTO `hp_tbls` (`hp_name`, `hp_pwd`) VALUES ('湘南鎌倉総合病院', '1234');

こんなのが動かなかったのです!!

何回やっても動かないのです 環境としては、OS-X10.9 SafariでphpMyAdminからのコマンド操作です 何回行っても

Insufficient Parameter: PHP

などというエラーが phpMyAdminの画面に出るのです。ネットで調べても良く分かりません。思いあまって、OS-X10.9 Chromeでやってみると問題ありません。Firefoxでも然りですし、Windows7上では問題全くありません。

これってどういうこと?? こんなことありですか?? 信じられません。要するに Safariでやるとダメなのです。

次にはまった話は、SQL + PHP + PDOですがこれはエラー・メッセージを以下のように出力できることを知り解決

<?php
  $stmt = $pdo->prepare("INSERT INTO `hp_tbls`".
    "(`hp_name`, `hp_pwd`) VALUES ('湘南鎌倉総合病院');";
  $flag = $stmt->execute();
  if (!$flag) {
    $infor = $stmt->errorInfo();
    exit($infor[2]);
  }
?>

要するに、以前もこれ書いた気がするのですが、errorInfo()というPDOメンバー関数でエラーの内容を取得せねばならないのです。ユーザーからすると、errorInfo()が戻す要素3つの配列の中で使えるものは、三番目の配列 すなわち$info[2]であり、それをエラーが起こった時に表示して停止するのです。

そんなこんなで、ぼちぼち歩んでいます 世の中嫌なことたくさんありますね 本当に本当にチャブダイひっくり返したい

SCJ沖縄ライブデモンストレーション

先週土曜日11/22には沖縄南部徳洲会病院を舞台に Slender Club Japan in OKINAWAと銘打ち、院内ライブデモンストレーションおよび研究会が開催されました 沖縄での久しぶりのライブデモンストレーションということもあり、多くの先生方が集まられました

僕はライブデモンストレーション第二例目の右冠動脈慢性完全閉塞を担当しました 両側橈骨動脈より同時造影うると、ほとんどCTO部分は繋がっているように見え、簡単かな? と誰しも思ったのですが、そこはCTOです 気が抜けません

何よりとうも体の小さなお年寄りの女性であり、まずガイディング・カテーテルと、診断カテーテル4Frを左右橈骨動脈より冠動脈に挿入することから困難でした

6Frガイディング・カテーテルにより順行性に行ったところ、XTRで簡単に偽腔に入ってしまいました double wireにしても偽腔に入るばかりなので、4Fr診断カテーテルを6Frガイディング・カテーテルにupgradeして逆行性に移行しようとしたのですが、6Frが橈骨動脈より入りません

そこで、やむなく右大腿動脈を穿刺して、6Frに移行し、逆行性に移行し、これですんなり再開通することができました やはりCTO気が抜けませんでしたね

訳が分からん

jQuery programmingではまっています

cssで以下に定義

.this_screen {
  background-color: red;
}

そして htmlで以下の記述

<html>
<head>
<title>***</title>
<body>
<p id="p1">This is P1</p>
</body>
</html>

さらにjQueryで以下のように記述

<script type="text/javascript"> 
 $("#p1").addClass("this_screen"); 
</script>

ところがこれが作動しないことがある何故だかさっぱり不明です 仕方なく以下のようにしたところ作動したのです

<script type="text/javascript">
  $("#p1").css("background-color", "red");
</script>

まったく訳が分からない・・・・

公け ということ

公け(おおやけ)ということはどんなことか考えています

公け、ということはきっと社会の一部に完全に組み込まれている、そのような意味でしょうか 抽象的に考えていも哲学者ではないので難しい、あっ、そう言えば日経新聞の確か日曜日ですが、連載されているコラム 「哲と学」というのは哲学の世界に素人が入っていくには良いかも知れませんね、もとい話を戻します 具体的に考えましょう

「公」という文字が頭に着く組織は世の中にたくさんありますね、例えば公立病院、公立学校、公共交通機関、公会堂、公立図書館、公立公園、 うん こうして列挙すれば、世の中の誰しもが利用できる組織ないし機関ということになりますね

かな漢字変換しても良く分かるのですが・・、公立といのは得てして「効率悪い」と同義だったりすることもありますね へへへ

「公」が頭についても、「公立」と「公共」とは意味が少し違います 前者は女将でなくお上が「公」のために設立したものであり、後者は女将であっても良く、誰がつくったかは関係無く、「公」のために設立されたものです

さて、「病院」というのはどうなんでしょうか? 日本においては、医療サーピスは国民皆保険制度の下で提供されます この国民皆保険制度というのは、一種の税のようなものです 税を国民に広く必要に応じて分配するようなものです ということは、日本においては 医療機関というのは程度の差こそあれ、公共のものです

最近ニュースを騒がせている事件の一つに私が人生の中の25年間を捧げてきた組織の法律違反事件があります この組織は、一人の偉大な人物によって設立され、日本最大の組織となりました その間には数々の障害、しかもその多くはいわれの無いものであったのですが、障害があったのですが、強烈なリーダーシップの下で、「命だけは平等だ」という強力な理念のもとに職員一丸として乗り越えてきたのです しかしながら間違いがおこりました その設立の歴史の中で、組織が一人の偉大な人物のもの、その人物の商店のようなものと職員もみなすようになっていたのです

医療機関、特にその組織のように巨大化した組織は日本という国家の中で、実は完全に公共のものであり、今や設立者と言えど、その個人のものでは一切ないのです この重大な真実に皆気づかなかったのです 僕は今それを強く認識しています

ああ こんなこと「公け」にしてしまえば、どんな罰を受けるでしょうかね? まあどうなるかそれに身を任せるのも良いでしょう

いざとなれば純粋仮想世界のプログラミングの世界に埋没してそこで生きていきますから ああ でもそうなるとTAVIができなくなって特に日本人の患者さんがたくさん困りますね

全面的改修作業

RAP and BEAT Clinical Trialのサイトを構築中です 現在走っている NAUSICA AMI Clinical Trialサイトよりも、もっと強固なものを作成しているのです。色々調べながら最新技術を取り入れてプログラムを組んでいます。

あらかた出来上がっていたのですが、例の Twitter Bootstrapを組み込んで、responsive Web designに変更をかけているのです それと共に、これまでHTML 4.01で骨格を書いていたのですが、HTML 5/CSS 3に全面的に切り替え、最新のものにしています

responsive Web designにするのは、もちろん端末がパソコンとは限らないからです PADもあれば、携帯電話もあるからです この全てに対応するのは、個々に対応していてはバグが混入しますので、やはり Twitter Bootstrapを使った方が無難でしょう

しかしながら、これまで HTML4.01で書いてきたものを responsive Web design化しようと思うとなかなか大変な作業となります まあボチボチしていきましょうかね

それにしても世の中嫌なことばかり うまく行かないなあ何事も

悩み

どうもうまくいかない 考えだすと夜も眠れない

皆それぞれの人生 その考えがある 皆の考えがうまく収束しない 結局 人は一人では何もできないけど、それを普段は分からない

ようやくTAVIに関しては、技術的なことが色々と分かってきました CoreValveに関してはかなりの経験を積んでいたのでそのような意識はあったのですが、SAPIENに関しては日々発見です この経験をどんどん積み上げてたくさんの患者さんにお元気になって欲しい それが僕の人生です

とにかく疲れきっています 心が病んでいます

日中間の問題

先週土曜日には日中友好TRIセミナーを市立函館病院を舞台に行わせて頂きました。このセミナーは第七回目に達するもので、私の主催する特定非営利活動法人ティー・アール・アイ国際ネットワークが主体として行っているものです。

1991年に初めて北京を訪れ、北京市国家心臓病センター阜外病院、北京医科大学(現在の北京大学医学部)そして北京市心臓病センター安貞病院の三病院を訪れ初めてPCI指導を行ってから既に22年間です そして、1997年に中国に初めて経橈骨動脈冠動脈インターベンション(TRI)を導入してからも既に16年が経過しました 現在、阜外病院、安貞病院では年間PCI症例数がそれぞれ、20,000例、15,000例を超えた数が行われ、経橈骨動脈冠動脈インターベンションの普及度も85%以上に達しています

そんな既に日本のレベルをはるかに超えた中国の先生方をお招きしてこのような会をやる意義、それが何処にあるのか? という批判もあるかも知れません

正直今回いらした先生方の中には、僕がこれまで中国PCIの世界ではたしてきた役割をご存じ無い方もおられたようです しかし、やはりそんな現状でも今回のセミナー開催の意義は、とりわけ険悪化している日中関係の下では意義がより深い、そのように感じました

お互いに意見をもちろん、政治的なことではなく、医学の面において、真摯にぶつけ合うこと、それが大切だと改めて認識しました 本当に良かったです そして、改めて中国の若い世代の中にはとても優秀な人々がおられる、それを再認識しました