コスタリカ二日目 – 中南米3つの嘘

コスタリカは Costa Rica と書きますが、スペイン語では英語化すれば Rich Coast つまり豊かな海岸ということだそうです この国は、大分以前に軍隊を放棄し、その文の国費を教育に使い国力を増強してきました 豊かな自然と、太平洋と大西洋に挟まれ、発展してきました 国内はとても平和で安全です
今回は最初の訪問に引き続き二回目でしたが、午後からHospital Calderon Guardiaに行きました ここではDr. Saenzが歓迎してくれました 一例目は右冠動脈近位部すぐからの年季物の慢性完全閉塞で、豊富な bridge collateralが発達していましたので、左冠動脈からの副血行はありませんでした 順行性でしましたが、慢性完全閉塞に至る前の複雑に蛇行した解剖でうまくいきませんでした

二例目は左冠動脈前下行枝の慢性完全閉塞でしたが、順行性にあっという間に終了しました

その後は、昨年に引き続き「富士」に行き、和食を食べ早々に就寝しましたが、やはり二日目夜は最悪です 3.5時間で覚醒し、その後はどう努力しても眠れず今に至っています

友人に I先生というとても良い先生がおられます 現在アメリカ西海岸で研究・教職に携わっておられるのですが、南米大好きです

その先生から盛んに聞いていた中南米の真実とは

  • アルゼンチンのステーキは、柔らかくてナイフでなくスプーンで切って食べることができる
  • サンパウロにある「喜◯◯楽」という日本居酒屋・食堂の若女将はとても綺麗な方である
  • 3C (Colombia, Chille, Costa Rica)では街を歩いている女性がとても綺麗で男ならば何時も立ち止まってしまい、街なかをまともに歩けない

というものでした この3つ全て検証しましたが、真実からは程遠いのでした

Rで起動時にスクリプトを自動実行するには

久しぶりに最強の無料統計処理ソフトである「R」についての話題です
Rは最近進化速度が激しく、最新バージョンでは Windows版では
R version 3.0.2 (2013-09-25) — “Frisbee Sailing”
Copyright (C) 2013 The R Foundation for Statistical Computing
Platform: x86_64-w64-mingw32/x64 (64-bit)

となっています Mac版でも同じバージョンであり、64-bitで走ります さらにそのGUI interfaceである R commanderについても Rcmdrのバージョン 2.0-2
ということになり、少し触っていないとどんどん進化していってしまい、取り残されてしまいます

さて、自分の環境は、Mac OSX10.9.1に Parallelsを走らせ、その上で Windows 7 Professionalを走らせています Rは Windows/OSX/Linusと どの環境でも走るのですが、Windowsでは文字コードが依然として Shift-JISであり、他の2つのOSでは UTF-8となっています
このように書くと、Windowsでは文字化けなどの問題が発生するのでは? と危惧されますが、実態は逆なのです OSX版だと日本語の扱いに今だ問題が発生します
そればかりか驚くべきことに、Graphic Demoを走らせると、仮想マシン上で走っているWindows 7の上で走るRの方が native OSである Mac OSX上で走っている Rよりも圧倒的に描画が早いのです これは信じられない驚きでした
となると、僕の環境下では OSX版でなく、Windows版で走らせるのがいい、ということになります そこで使っていて問題発生しました
Windows版Rのヘルプを行うと、何と OSX上のBrowserを開きに行くのです これは IP address 127.0.0.1:****ポートに参照に行くのでそのようになるのです 当然のことながら、これに対する Browserの返答は、「参照できません」ということになります
となると、解決策は、実際の統計処理は Windows版で行い、ヘルプの時には、OSX版で行う、あるいは速度や、文字化けの問題に目をつむりながら OSX版を用いる、ということになります
うーん、ださい ださい ださい 解決法 許しがたい
ということで、色々と調べました そして、R Consoleにおいて
>options(“browser”)
とすることにより、ヘルプで用いるブラウザが表示されます
そして
>options(browser=”C:/Program Files (x86)/Google/Chrome/Application/chrome”)
とすることにより、ヘルプで用いるブラウザを強制的に変更できることが分かりました
もちろん、ここでのパスは皆さん方の環境により若干の変化がありますよね 僕の場合には、Chrome実行ファイル(.exe)がこのパスにあるのでそのように指定しているのです
このように R Consoleで打ち込めば、その後からは、ヘルプを通常どおり参照できて便利です
しかし、いちいち打ち込むのは面倒臭いし、ださい ださい
ということで必要は発明・発見の母 ですよね さらに調べると .RProfile というファイルに書き込めば良い、ということが分かりました しかも、これを作業フォルダの中に設置すれば、何かと全体的影響が無くて良い、ということが分かりました
R作業フォルダをC:/MyDocuments/R_dataだとすれば、.RProfileの中にさっきのおまじないコマンド・スクリプトを一行のみ書いて、これを C:/MyDocuments/R_data フォルダの中に置けばこれで良いのです
これ以降は、Rを立ち上げると自動的にヘルプ参照は、うまいこといきます
.RProfileなんて変な名前のファイルどうやって作成するのか? それぐらいはご自分で調べて下さいね どうしても分からないようであれば、メール下さい