羽田空港ラウンジ

今朝も早くから羽田空港ラウンジです これから札幌に行き、昼過ぎには 丘珠空港から函館に飛びます 今夕は函館で講演会などがあります

さて、アルゼンチンですが、30時間以上かけて到着したのが、火曜日の昼前、夕食はホテル近くの Cabana Las Lilaというアルゼンチン牛肉ステーキの有名な店に行きました 4年前と同じく Ribeyeを頼みましたが、単位が何と 380gなのですからとても食べきれません せいぜい 1/4がいいとこですが、四年前よりは美味しく感じました

01 02
さて翌日は 午前中に二人の重要な先生と色々なことを話し合い、そしてそれから昼ごはんを兼ねて 在アルゼンチン日本国大使館の方々と打ち合わせをしました そして、それから SOLACI Live Sessionに対してライブデモンストレーションを飛ばすために、あの有名な Fundancio Favaloro (ファバロロ財団)病院に出かけました 何故ここが有名か?と言えば、言わずと知れた冠動脈バイパス手術を世界で初めて開始し、その治療法を確立した Favaloro先生の病院だからです そのような病院でPCIをライブデモンストレーションで日本人としてできることにはそれはそれは感激でした
03

04

05
ライブデモンストレーションの症例は 左冠動脈前下行枝の慢性完全閉塞があり、右冠動脈にとてもきつい狭窄がある症例でした 両側経橈骨動脈的冠動脈インターベンションで入り、右冠動脈から治療し、左冠動脈前下行枝はとてもこの時間内には無理でしたので、慢性完全閉塞手前のきつい病変と対角枝のみ治療し、終了しました 皆とても教育的と喜んでおられました

そして、その夜は開放されて、四年前と同じ BAR SURというアルゼンチン・タンゴ・バーとして有名な店に行きました 四年前との違いは、経済はさらに悪くなり、ブエノス・アイレスの街が以前と比較すれば格段に危険になっていることです このため、BAR SURの辺りも非常に危険と言われました 嫌なことになってきましたね しかし、タンゴは流石で感激でした

06 07

今度何時アルゼンチンに行くか分かりませんが、そんなに遠い未来では無い筈です、その時にはもっと自由にタンゴ街を歩けるようになっていれば そのように強く思います

再び JFK

アルゼンチン ブエノスアイレスから10時間以上かけて New Yorkに戻ってきました とは言っても成田行きの便を待ち JFKのラウンジです

アルゼンチンでは濃密に時間が過ぎて行き、ブログにupする間もありませんでした 帰国してからゆっくりと upするつもりです

New York JFK到着

長い飛行時間の後、JFKに到着しました 到着は terminal 1ですが、その後 Buenos Airesへ乗り継ぐ American Airlineの案内は何処にもありません ウロウロしていて、適当な出発カウンターで聞くと、どうやら Trainに乗らねばならないようです そこで Trainに向かっていると親切そうな大柄なスーツを着た黒人の人が来て、「何処に行くの?」と聞いてくるので、Americanだと答えると、チケットを僕からとり、それを持ちながら「ように俺がカウンターまで案内する、だからチップよこしな」と言うのです

当然のことながら、チケットを取り戻し、「分かっているから案内いらない」と断りました

そして、Terminal 8にある Americanのラウンジにいるのです これからあと3時間のトランジットで、その後 12時間以上の飛行です

そうそう今回初めて国際線で 787に乗ったのですが、あんまり感激はありませんでしたね それにしても満席でした これでは JALさん大きな黒字でしょう

知らなかったーー

さて iPhoneでテザリングしながら、MacBook Proを成田エクスプレスの中でインターネットに接続して、色々調べている中で、PHPでのメールアドレス・チェックの関数の存在を知りました

今までは良くある手で、以下のようにしていました

if (strlen($_POST['email'])>64) $error.='Your Email is too long!<br />';
if (!mb_check_encoding($_POST['email'], 'UTF-8')) $error.='Your Email contains illegal characters!<br />';
$return = preg_match('/^([a-zA-Z0-9])+([a-zA-Z0-9\._-])*@([a-zA-Z0-9_-])+([a-zA-Z0-9\._-]+)+$/', $_POST['email']);
if ($return == 0) $error .= "Your email is incorrect!<br>";

要するに 正規表現関数 preg_match()を用いて電子メールの文字列パターンをチェックしているのです

しかし、これを一発で行う関数が存在していたのです、それが

$email = filter_var($email, FILTER_VALIDATE_EMAIL);
if (!$email) $error .= "Your email is not correct!<br>";

ということで簡単にできてしまいます。まあ内部的には preg_match()を使っているのでしょうが・・・

知りませんでした

本日よりアルゼンチン

例年この時期は、ソウルの Asan Medical Centerにおいて SJ Park先生主催の Angioplasty Summit – Asia TCTというのが開催され、日本からも多数の先生方が参加されます 僕も当然のことながら例年参加し、何処かの韓国内の病院よりライブデモンストレーションを飛ばしてきました

しかし、今年は南米最大のインターベンション学会である SOLACIが丁度同じ時期に Bueno Airesで開催されるため、僕はそちらに参加することにしました この決断に関しては何ら政治的な判断はありませんが、それでも結構波紋を呼んだようです

そもそも SOLACIは例年 8月はじめに開催されているのですが、今年はその時期 Rioで World Cupが開催され、ホテルも何も皆高騰するという配慮から、この時期に開催されることになったようであり、これも政治的な時期移動ではありません

まあそんなことで本日は40時間ぐらいかけて彼の地に移動します 何だか自分の手の中で処理できる範囲を越えて嫌なことが次々と発生し、それは所詮自分の手の外なので、何もできないけど、しかしながらその影響から嫌な事態になる、そんなことがどんどん起こります 本当に嫌になってきます

圧倒的なTAVI

昨日は経大腿動脈的 SAPIEN-XT TAVIを二例行いました それなりに難しい症例でしたが、鎌倉ハートチームの圧倒的なチームワークと高い技術により、すんなりと終了しました 麻酔覚醒も早く、患者さんには本当に楽な手技だったと思います

9:30AM開始し、縦に二例行ったのですが、全ての手技終了が13:00にはなっていないのですから、患者さんの入れ替えや手術室の清掃などを考慮すれば、そして、麻酔の前後なども考慮すれば、TAVIの手技が如何に早いか皆様方にもお分かり頂けるものと思います

実際昨日も見学者が複数あられ、その方々の目の前で手技が行われていますので、隠すものは何もありません

ただ、最近ボク自身が疲れていますね

だって昨日だって TAVI二例行い、その後 右冠動脈の慢性完全閉塞に対するPCI、これがまた難しかったのですよ、精神的にも大変に消耗し疲れましたが、奇麗な仕上がりでした 両側経橈骨動脈的冠動脈インターベンションで行いました そして、その後 行き着く暇も無く、外来診療し、その後、複数の面会・各種事務的処理と立て続け、休む間も無いのです

疲れましたよ

day or date

さてさて 英語で分からないことがありました それは dayと dateの違いです

Javascriptでプログラムを書いている時に、訳の分からないバグに悩まされました それは現在の日付を求める、という良くあるプログラムなのです もちろんそんなのは調べればいくらでもすぐに出てきます 典型的には

var TODAY = new Date();
var YEAR = TODAY.getYear();
var MONTH = TODAY.getMonth();
var DAY = TODAY.getDate();

alert(YEAR+'/'+MONTH+'/'+DAY);

問題はこの四行目なのでした ここではきちんと getDate( )という関数を用いていますが、似たものとして getDay( )という関数も存在します これは「曜日」を戻す関数なのです まあ「曜日」と言っても、曜日配列のゼロから始まるインデックスなのですが・・・

ちなみに、英語では

「今日は何日?」というのは

“What the date (is today)?”

「今日は何曜日?」というのは

“What  day (is today)?”

なのでした

幻のような熊野神社

昨日は 7:00AM起床 7合のコメを炊き上げ、前日夜 24時間スーバーで購入した タラコ、塩鮭などを用いて ひたすらオニギリを握りました 全部で30個ぐらいでしょうか 一つ一つラップで包んで万全の態勢です 左手の平は炊きあがったコメの熱さで真っ赤っ赤になりました

そして、8:45AM自宅を出発し、途中相鉄ローゼンで買い物してから、待ち合わせの 9:30AM大船駅改札口に行きました 「一体何人参加するかな?」と危惧していましたが、結局総勢 14名で出発しました まずは横須賀線で逗子駅まで行き、そこで京急東逗子駅まで歩き、といっても数分ですが・・・ そこで京急電車に乗り込み、3つ目の六浦で下車、そこからは iPad GPSを頼りにひたすら住宅街坂道を昇り降りすること 2Km そしていよいよ念願の朝比奈切通入り口に到達しました

そこから念願の朝比奈切通に向かったのです まるで別世界のようです 朝比奈峠に至る手前で分かれ道があり、熊野神社を目指しました 道はところどころぬかるんでいたのですが、それには負けずに皆で行きました 「何でこんなところに 立派な神社があるの?」と疑問のみ膨らみます 参道は人一人通れる山道のみです 周囲は木々で囲まれ何処にも抜け道はありません 人も一人もいません

熊野神社から再び分かれ道に戻り、朝比奈峠を越えて、一気に 三郎滝までおりました かなりの下り坂です それから大刀洗 きっとここで古(いにしえ)の昔、多くの武士が血塗られた太刀を洗ったのでしょう そこを過ぎ、ようやく 十二所(Ju-Ni-So)に出て、美しい明王院の桜を見てからようやく皆でお昼を食べました もちろん朝作ったオニギリも皆に振る舞って食べました

そこから、今度は浄妙寺住宅街を抜けて、「護良親王墓」に出たのです 目の前にたちはだかるのは 200段におよぶ長い階段 その頂上に宮内庁管理のお墓があるのです 頑張って皆で登りました 足がガクガクとなりましたよ

それから、今度は鎌倉宮を経由して、鶴ヶ岡八幡宮へ、その頃にはパラパラであった雨が結構な激しさで降り始め、ようやく小町通の居酒屋に逃げ込みました

ふーっ 予想よりも疲れましたが、それでも鎌倉の中の別世界に触れ、とても良いハイキングでした

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Climb Route

勉強会とお花見

さて、今は束の間のアメリカ西海岸です、これから夜行便で羽田に飛び、それから Slender Club Japan東京に参加します 一泊3日というか一泊 2.5日の日程でとてもハードでしたが、自分自身 20年間以上に渡ってこの世界(PCIの世界)でそれなりに頑張ってきた結果がこの日に結びついたことを実感し、少し感激しました

当時からいわゆるPCI第一世代の先生方は、共に戦ってきた戦友のようなもので それぞれ所属する国籍、言語、宗教も異なりますが、同じ目標 それは PCIによって多くの患者さんを助けよう、そのような目標に向かって戦ってきた戦友です

20年いや 25年経過し、皆歳とりました それでも皆この戦線の第一線で戦っています 以前はPCIしか考えませんでしたが、現在ではTAVIを初め最先端の治療に皆向かっています

僕もそのような戦友と共にこの一日を共に過ごせたことは幸せでした

それにしても、日本の第一世代の人々は 結局皆慢性完全閉塞で最終目標で終了です この不甲斐なさは何なのでしょうか?