助かったあー

実は Bogota最終日の朝、時差ボケから 4:00AMの覚醒し、MacBook Proをいぢっていたのですが、その時に、 750GBの SSDに対して、Terminalで

$df -k

として、disk free spaceを出力させたところ、free領域が 20%程度しか残っていないことを見出したのです

仮想マシン Parallels Desktop 10.0を走らせ、その上で Windows 7 Professionalを走らせているのですが、その仮想マシンに対して 350GBの SSDを割り当ててあったのです

もちろん、以前は Windows7側に主要ファイルを保持、つまり今までの MyDocumentsをそのまま保持していて、プレゼンなんかも Windows7側で行っていたのです

しかし、1年前から徐々に OSX側に移動させて、一時期はWindows7側と、OSX側の両方で保持する、という無駄なことをしていたのですが、試用期間を過ぎ、半年ぐらい前から、OSX側に完全移動をしてきて、それと共に、Windows側のファイルを削除していたのです

その結果、Windows側では何とフリーな SSD領域が 200GBもある、そのような状態になっていました

Windows7を完全に停止する訳には行かないのです そこには主に3つの理由があります

  1. VisualStudio2012を使用して DICOM XA Viewerを開発しているこれはWindowsでしか走らない
  2. 昔作成したパワーポイントファイルで、拡張子 .pptのものは、Mac側の PowerPoint 2011では開くことができず、一旦 Windows側の PowerPoint 2010で開いて、.pptx形式で saveしないと OSX側で使えない この変換を必要に応じて行うためには、Windows7が走らねばならない
  3. OSXでは現代の OSでは当たり前の文字コード UTF-8があらゆるところで使用されているが、世の中には未だに Shift-JISが存在し、これに対応するには、Windows環境が望ましい

このような理由からどうしても Parallels Desktop + Windows7の組み合わせが必要なのです

さて、それにしても 200GBものフリー領域は必要ありません そう思い立ち、病院に行き、あの難しい右冠動脈の慢性完全閉塞を行う前に、無謀にも Parallelsの仮想マシン SSD領域を total 256GBに縮小したのです この時に、「必ず Backupをとるように」という警告が出ましたが、そのまま強行しました

そして、縮小した後、再度 Windows7を立ち上げたのですが、無事スタートしました、しかし、起動の最後のころに、.iniファイルが無い、とかエラーをいくつか吐き出しました それでも見かけは正常そうでしたが、何と Chromeが立ち上がりません

それで、Windows7の再起動をかけたところ、今度は Windows7が立ち上がりません これは困りました もっとも OSX側は何事も無かったかのように動作を続けるのです

OSX側でググったりして調べると、どうやら 移行ツールを立ち上げ、backup diskから読みこめばよさそうでしたが、既に Colombiaでこれを行う時間は残されていませんでした

そこで、本日日曜日挑戦したのですが、結論を言えば移行ツールを立ち上げる方法ではダメでした

もちろん、新たに Windows7を clean installして、アプリを入れていけば良いのですが、これは相当面倒ですし、何より今まで作成してきた Windows側のソフト資産が無くなってしまいます

色々考えたのですが、難しく考えないことにしました それは、Parallels Desktopは幸いにして、OSXの一つのアプリケーションであり、Parallelsが保有している Windows7のイメージそのものも、OSXの単なるファイルである、それであれば、そのイメージを TimeMachineを用いて復活すれば良い、そのように思いました

僕の Parallels Desktopの Windows7イメージは、「書類」の中に、Windows7.pvm というファイルで存在しています ちなみにこの .pvmという拡張子はきっと、”Parallels Virtual Machine”の頭文字だと思います

それで、Windows7を破壊する前まで TimeMachineで戻り、そのファイル (Windows7.pvm) を復活したところ、見事にWindows7も今まで何事も無かったかのように立ち上がりました

これで調子に乗り、再度 Windows7管理の SSDを再び 256GBに縮小したところ、また立ち上がらなくなり、同じ方法で復活して現在に至ります

それにしても、Apple OSX標準のこの TimeMachineというバックアップ・ソフトは本当に素晴らしいと思います 単なるuser filesのみならず、アプリや OSそのものもバックアップしているのです

まあ、とは言っても 仮想マシンの SSDを安全に縮小することは難しそうですね 何かいい手をおもいつかないと・・・・

 

ついにボゴタを離れるのか

FCIでのタフな症例をこなし、その後 皆で discussionしたり、終業証にサインして手渡したりして、結局ホテルに戻ったのは 16:00となっていました

このところの激しい時差ボケと、極端な睡眠不足のため、意識消失発作がたびたびおこりました 部屋に戻り、PodCastを聞きながら 1時間ぐらいうたた寝をしたのです

そして、18:15になり、木金土のみ18:30から夜の部を開けている、現地で唯一の日本ラーメン専門店である、「渡海 (とかい)」に行きました ここは、エメラルドの輸入販売を長年手がけ、バブル崩壊と共にエメラルド扱いを止め、その後色々あり、最終的にラーメン屋さんを志した日本人の男性が行っております 年齢は多分僕と同じ歳ぐらいでしょうか もうコロンビアに住んで 30年間になるとおっしゃっていました

ラーメンは日本から製麺機を個人輸入し、税関を苦労散々の後通し、自己製麺されているのです 当然のことながら、2,600mの高地ですので、圧力鍋など色々な工夫が必要なのです

店構えはとても小さく、正直店の体をなしていません 要するに、昼時のサラリーマン街の Food Courtにあるのです ですから、平日は昼時しか営業をしていません

Food Court入り口にさりけなく立っている看板 これでは分かりませんよね
Food Court入り口にさりけなく立っている看板 これでは分かりませんよね
店の入口にかかる「暖簾」 しかし、あくまでもお客さんはこの店の外の Food Courtで食べるしかありません
店の入口にかかる「暖簾」 しかし、あくまでもお客さんはこの店の外の Food Courtで食べるしかありません

 

それで味はどうでしたか? それを知りたいですよね では贔屓目無しに言います 味噌ラーメンの麺および、味は、これまで中南米諸国のいかなる国、つまり 僕がこれまでに訪れた国々 メキシコ、コスタリカ、キューバ、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ベルーなどと比べてどの国のものよりおいしく、麺も素晴らしいできでした 見てください この味噌ラーメンを

見るよりもむ味わった方が良いですよ 味噌ラーメン
見るよりもむ味わった方が良いですよ 「渡海」の味噌ラーメン

 

さて、流石にラーメンと餃子のみでは時間を潰せませんので、ボゴタ最高の和食の店と自他ともに称している「わびさび」に行きました

ボゴタ最高峰の和食の店「わさび」
ボゴタ最高峰の和食の店「わびさび」

ボゴタには、時々 (月に二回程度) スペインから生の本マグロが空輸されてきます 生の本マグロは、築地市場でも一日せいぜい一本か二本しか上がらないものですので、貴重です

スペインから飛行機でひとっ飛びですのでとても良く、その味はこれまた素晴らしいものです 築地でもなかなかここまで良い本マグロは手に入りません

生の本マグロをふんだんに使用した握り
生の本マグロをふんだんに使用した握り

 

そんなこんなで今は ボゴタ国際空港ラウンジで 22:30発の Avianca便 New York行きを待っています

今回のコロンビア訪問を総括し、やはり

  • コロンビアでは人々の心が良い
  • コロンビアの人々はとても優秀で真面目である
  • コロンビアの女性はやはり綺麗である
  • コロンビアで食べる本マグロは素晴らしい
  • コロンビアの牛肉も中南米どの国よりもおいしい
  • コロンビアは自然も豊であり、都市も発展し住む人に優しい

といった理由で、コロンビアは素晴らしい と思います 現在日本企業は 20社ぐらいが進出しているらしいのですが、今回の安倍首相の訪問を機に、これからどんどんコロンビアと日本の関係は緊密になっていくことでしょう

その時に、既に高いレベルにあるコロンビアの循環器病学の現状の中で、我々日本人が如何にプレゼンスを示し続けていけるか? それは我々自身の努力にかかっていると思います

Bogota, Colombia 二日目

今朝も 8:00AMホテルを出発し、FCI (Fundacio CardioInfantil)に出かけました 9:00AMより昨日に引き続き院内ライブが開催されたのです

最初に講演の後、今日の症例が供覧されました 一例目は、右冠動脈の年期物の慢性完全閉塞でした 閉塞距離非常に長く石灰化もありました

二例目は冠動脈バイパス手術後の左主幹部、左回旋枝、左冠動脈前下行枝病変の84歳の方でした

今回はやはりTRIが中心なので、TRIに拘り、両側橈骨動脈で入りましたが、前回のカテで、左橈骨動脈拍動弱く、仕方なくTFIも併用となりました

順行性には丁度大きめのRV branch分岐する部分に固い石灰化したプラークが本幹に構え、そのため、その部位で急峻に内側に屈曲し、慢性完全閉塞が始まっていたのです 当然のことながら逆行性に入りました 最初に狙っていた中隔枝を早く捉え、Corsairを持ち込んだのですが、何とこの枝が右冠動脈本幹合流する部位で鋭角に合流するため、どうしても Ultimateを近位にもちこめませんでした このため、次の中隔枝を狙ったのですが、これは接続が悪く通過できませんでした 次いで最初の中隔枝のまた分岐の別の枝、これは非常に細いのですが、それをいったところ、うまい具合に抜けましたが、例によって Corsairは通過できず、Finecrossにより通過しました その後 Ultimateでかなり近位部に行き、何とか RV branchに逆行性に通過したので、順行性にRV branchにバルーンを持ち込んでアンカーして、Finecrossをきなりの近位部まで持ち込みましたが、当然のことながら順行性も逆行性もワイヤーがRV branchに行くのみでうまいこと行きません そこで、Conquest-Proを逆行性に持ち込み、何とか穿通させることにより、右冠動脈入口部から大動脈に抜かすことに成功し、順行性に右冠動脈近位部でバルーンによりアンカーをかけ、Finecrossを右冠動脈近位部に持ち込みました そこで、Fielder-FCにより順行性ガイディング・カテーテル内に持ち込み、あとはRG-3により Externalizationに成功し、最終的に4つの薬剤溶出性ステントを植え込み、見違えるように奇麗な仕上がりとなりました 患者さん、娘さん、看護師さんたちも喜び祝って下さいました

患者さんと娘さんと一緒に
患者さんと娘さんと一緒に
看護師さんも祝って下さいました
看護師さんも祝って下さいました

 

こうして今年もFCIでの院内ライブは無事有意義に終了しました 本日はこれから New York経由で長い帰国の途につきます また 10月には JICAのお仕事で Bogotaに戻ってきます

それにしてもやはりコロンビアはいいなあ

Bogota, Colombia

8/26 20:00頃ようやくBogota国際空港に到着しました そのまま当地の日本国大使館の方と、JICAの方との会食を兼ねた会合に直行しました

ボゴタはコロンビアの首都であり、とても奇麗な都市です 標高は 2,600mあるので気をつけないと高山病となります 街角にはM-16自動小銃で完全武装した軍警察の兵士が立っており、その意味で安全です またホテルなど人が集まる場所の駐車場を中心に毎朝 爆弾探知犬により爆弾が仕掛けられていないかがチェックされます

今回宿泊したホテルにも、入り口に兵士が立っていました

M16自動小銃により完全武装した軍警察兵士によるホテルの警備
M16自動小銃により完全武装した軍警察兵士によるホテルの警備

8/27は朝から Cardio Infantile Foundationに出かけました ここではこれで三回目となる PCI院内ライブが行われ、初回から operatorとして参加しているのです Echeveri先生とはもうこれで3年間に渡りお付き合いをさせて頂いています

Foundatio Cardio Infantilの入り口
Foundatio Cardio Infantilの入り口

この病院もとても奇麗な病院であり、設備や医療レベルも最高級のものです 今回もコロンビア各地より先生方をお招きして、講義や discussionを行いつつ 僕の手技を画面で見る、そのような構成で行われました

僕の顔がデザイン化されたケーキもあり、温かい雰囲気を感じました

齋藤 滋の顔があるケーキ
齋藤 滋の顔があるケーキ

第一例目は左回旋枝の慢性完全閉塞であり、ワイヤーを変えながら順行性に通過し、綺麗に仕上げました 若い患者さんだったので、影響は大きいと思います

第二例目は82歳の左主幹部症例であり、これもTRIで治療しました

第三例目は異所性右冠動脈の慢性完全閉塞であり、逆行性は三本の septal branchを試みましたが何れも不可、順行性は backupがとれず不成功で終了しました

皆様方 とても満足されました

参加者全員で写真
参加者全員で写真

地球の裏側に来てこれで三泊目でしたので、とても眠くなり、16:00にはホテルに戻ったのです

 

Bucaramanga, Colombia

つい数ヶ月前まで、外務省渡航自粛地域に指定されていたコロンビア第五の都市、Bucaramangaの心臓病センターに昨日は朝から行きました Brcaramangaは標高 1,000mに位置する高原都市ですが、周りを2,000m級の山々に囲まれています 人口は 50万人ぐらいであり、国境から遠くないのです、かつては激しい戦闘地域であったのでしょうが、現在はその面影無く、美しく静かな活気ある街でした

流石にこの地まで来る日本人はあまりいないようですが、それではも Fujiyamaという和食ではなく、中華料理の店がありました 何でもご主人は日本人ですが、現在病気でHoustonにおられ、奥様は台湾の方で、日本語を話される方で、その方とその方のご姉妹の方、そして、コロンビア人のchefでやっておられました なかなかおいしい料理でしたが やはり中華料理でした

心臓病センターは財団が運営していて、ブカラマンガ自治大学医学部付属病院でもあり、建て替え中のとても奇麗な建物でした カテ室は僕がお披露目したことになります この日初めて PCIが行われたカテ室ということになります それまでは、他の病院建物で行われていたということでした マシンは東芝でしたがなかなか良いマシンでした

症例は慢性完全閉塞ばかり3例でした 全て順行性アプローチで成功裏に終了しました

Hp

Entry of the Hospital
Entry of the Hospital
Finishing 3 CTO cases
Finishing 3 CTO cases

 

終了後、遅い昼食を会議室で皆でとりましたが、そこには Bucaramangaの市長代理および、保健局代表の方が来られ、栄誉にも Bucaramanga市の名誉市民となりました

Authorized Citizen
Authorized Citizen

予定よりも早く終了し、 18:30発の Bogota行き Avianca便まで時間があったので、Bucaramanga近郊にある国立公園となっている渓谷まで車を飛ばして頂きました 残念ながら16:00過ぎて到着したため、施設はしまっていましたが、そこからの絶景はものすごいものがありました 是非今度は時間をとって訪れたいものです

Cable Car to Canal
Cable Car to Canal

Cablecar

本日はこれから Foundation of Infantile Cardiologyで The 3rd Coloumbia Complex PCI Summit 2014を行い、本日・明日と慢性完全閉塞のライブを5例にわたって行います 時差ボケに負けないように頑張ります

やっとホテルに到着

Bogotaより、Avianca Airline国内線に乗り換え、コロンビア第五の都市 Bucaramangaに飛びました 空港は山の上にあり、そこから急な坂道を下って30分以上走り、この素晴らしいホテル Reglamento Hotel, Bucaramangaに到着しました

既に日本時間では 8/26 2:00AMですので、鎌倉の自宅を出発し、かれこれ 36時間 つまり一日半かかってたどり着きました

シャワーを浴び 暫くしたらば、こちらの病院の先生方と昼食をとります それにしても眠い

ボゴタからこのブカラマンガの間は飛行機で 40分ぐらいなのですが、機上から見る景色は、山林に覆われた山と谷ばかりであり、少し前までこの地域を舞台に戦争が行われていたのですね

30時間の旅の後ようやく到着

現在日本時間で、8/25(Mon)の 20:15です 今ようやくBogota, Colombiaの空港ラウンジに入りました ここで、更に国内線の飛行機乗り継ぎを待っています

日曜日 8/24 (SUN)に自宅を出たのが、12:40でしたので、31時間以上かかって到着したことになります 今回は、New York JFK空港経由だったのですが、NYで何と7時間の乗り継ぎがあり、結局、Manhattanにまで出かけ、蕎麦こう (Saba Koh)に 17:30から入り、そこで2時間過ごした後、一風堂に行ったのです

一風堂は長い行列が出来ており、1.5時間待ってようやく中に入ることができました 開店から5年にして、従業員はほとんど非日本人となり、またお客さんも多国籍であり日本人はほとんど見かけなくなっていました それでも味はそのままであり、またサービスの質もそのままでした これは素晴らしいことですね

ボゴタは曇り空で小雨が降っています

週の後半からあっという間に週末、そして日曜日

木曜日には神戸に移動し、講演をさせて頂きました

そして、金曜日には福岡で講演させて頂きました

そして土曜日には鎌倉でインドの患者さんを複数診察し、段取りし、それと平行してカード決済プログラム詳細を詰めました

そして日曜日 今日は成田に向かっています あっという間に人生の残り日が少くなっていきます

何がオリンピックだ

まったく信じられない 本日鎌倉より神戸まで新幹線で移動 講演なので グリーン車でした その中で MacBook Proをがんがんに使用しようとしたのですが、あろうことか座席にもどこにも電源が無い!!

乗員に抗議するも無いものは無いので仕方有りません こんなこと今どき許されませんよね そもそも電源が無いなら無いで、チケット購入時に宣言すべきです そして、その分サービスが十分でないので、グリーン料金を割引すべきです

どう思われますか皆様

何だかがっかり

夜寝る前に聞きながら寝込んでしまうPodCast番組がいくつかあります お気に入りは、ニッポン放送がやっている「ザ・ボイス そこまで言うか」、「WoodStreamのデジタル生活」、「Space News Digest」、「宇宙と素粒子の夜」そして、「Rebuild」です

もちろん、Lanceや、New England Journal of Medicine、JAMAなども聞くのですが・・・

ザ・ボイスは聞く人によれば内容が右翼的ですが、僕にとっては心地よく響きます 今はあまり使用していない Windowsの情報をいち早く仕入れるには WoodStreamが良いのです そして、宇宙関係や理論物理学のことを知りたければ Spance Newsや素粒子の夜なのですが、残念ながらここ半年間素粒子の夜は新たに配信が停止されていますが じっと待っています

さて、Rebuildなのですが、これは世界的に有名な料理レシピサイトを作成している CookPadに彼が転職した途端に CookPadの株価が上昇した、ということで有名な未だ若き日本が誇る Perl使いであり、いわゆる腕利きハッカーである宮川 達彦さんが行っているものです だいたい週一回ぐらい配信されるのですが、ソフトウェア開発の第一線で活躍している名前の知れたハッカー達が、現在のソフトウェアの話題について一時間ぐらい話をして下さる番組です 僕はこれを聞きながら現在ソフトウェア開発がどのように動いているのか その一端を知るようにしているのです 何しろ自分の周りにはソフトウェアの話をできる人間が一人もいないから 皆には聞きながら入ってくる情報も入ってこないので そのようにせねばなりません

さて、先週やその前には あの Rubyのオリジナル開発者である、これも世界的に有名な Matzこと まつも ゆきひろ さんが一緒に出演しており、Rubyの現状を話されました そして、二週目には何と全編英語で これまたアメリカの有名な開発者と三人でソフトウェアの話をされたのです

そもそも宮川さんは、現在サンフランシスコに在住で世界中を飛び回っているようです そして、何とサンフランシスコには日本人のその道の有名な開発者がたくさん住んで仕事しているらしいのです

さて、がっかりですが、最新の配信の中での話題ですが、何とALS (筋萎縮性側索硬化症}の話題が出たのです 今アメリカでは話題になっているのですが、有名人が氷水をバケツで浴びせられ、その人はまた次の人にそれをできる しかも、それを FaceBookとかで配信す、そのようなものが流行っているのです そして、浴びせられた人は ALS研究振興のために 200ドルの寄付をするのです これが、何と善意の行為として流行っており、それを行うのがナウいという風潮になっています

その話題から ALSの話になりました 何と宮川さん含め、その日本語名を知らず、また、 Wikipediaで調べてもひらがなのカナ振りを見つけるまで、「萎縮」という漢字を読めなかったのです これには唖然としてショックを受けました さらには、番組の中で、「だから漢字はダメなんだ 全部ひらがなにすべきだ」などという浅薄な議論を展開したのです 本当に馬鹿だと思いましたよ

漢字という文字がどれだけの情報量を瞬時に伝えるのか理解していません 所詮ビットの世界でしか生きていないのでしょうかね

ある重度障害者がひらがなからは意味を読み取れなかったにもかかわらず漢字を見て一瞬で意味を読み取りました この時に「漢字はすごい」と思いました

さらに、ひどかったのは ALSは日本ではあまり無いので一般の日本人は知らないから、バケツかけなんかは流行らないのでは? などという偏見的な発言が繰り返されたのです これには流石に僕は番組聞くの止めました 胸糞悪く 気分が悪くなりました

これまで Rebuildを聞きながら最先端の分野でトップで活躍している日本人がいて、しかも英語も流暢で、そのような人たちが集まる Rebuildに対してすごく好きで評価してきたのですが、難だか がっかり 宮川さんにもがっかりでした

結局、宮川さんのように素晴らしい才能がある方も、小さな自分を取り巻く世界にのみ囚われるしまうのでしょうか 多分僕自身もそうなのでしょう そしてその結果他人を傷つけることがあるかも知れない そのように意識せねばならないのですね