流石に疲れました

毎週火曜日は我々鎌倉TAVI班にとってはStructure Heart Disease (SHD) Interventionの日なのです 循環器内科のみでは可能でなく、手術場スタッフ、麻酔科医師、臨床工学士、臨床放射線技師、臨床検査技師の参加が必要ですし、もちろん心臓血管外科医、血管外科医、そしてコーディネーター、あるいはその時々で必要な時に補助して下さる関連業界の会社の方々、これら全員の力で成り立つのが SHD Interventionなのです

これらの人々が一同に介して、特定の患者さんの治療に当たるためにはやはり曜日を決める必要があります その曜日が鎌倉の場合には火曜日なのですね

今週火曜日は、何時になく皆緊張していました それは、非常に重症な患者さんばかり三例をTAVIでその日に治療する予定が立てられていたからです この果敢な挑戦に皆応えて下さりました 皆協力して下さったのです これまでも縦三例のTAVIというのは鎌倉では何回も普通に行ってきました しかし、今週は違ったのです、その理由というのは

  1. 三例ともとりわけ重症な大動脈弁狭窄症であった
  2. 三例ともTF (Transfemoral approach: 大腿動脈経由)でなく、一例が鎖骨下動脈経由、二例が上行大動脈経由

だったからです これらのアプローチには当然のことながら外科的介入が必要なのですが、どうしても大腿動脈より出来ない解剖学的理由が存在するのです 冷静に考えれば三例の extra-femoral approachでのTAVIを縦に三例行える施設というのは、世界中でも鎌倉だけではないでしょうか? きっとそのように思います

さて、一例目、事前の綿密なカンファランスのため開始も遅れました 無事終了し、30分の interceptを挟んで二例目の開始は 13:00からでした これも問題なく終了 しかし この頃より、現場は何となく殺気立ち、お互いの言葉にも棘が出るようになってきたのです 自分では気がつかないけれども、僕自身がその棘の最先端を走っていたのかも知れません

ここで、麻酔の先生が冷静に状況を判断され、二例目から三例目にかけて cool downの時間を設けて下さったのです これにより三例目の開始は 16:30過ぎになったのですが、その間に cool downされました

そして三例目に突入 もう僕は立っているのも辛いぐらいヘトヘトでした しかも、二例目にはアメリカ人のproctorが来られたのですが、この人が最悪の人でもう「アメリカ人ってなんでこんなに自分勝手なのか」と皆が感じると思いますが、その典型だったのです、僕は手技の最中にわざわざ日本語で「うるさい黙れ」と言いました そんなぐらいに僕は棘が立っていたのです この二例目も素晴らしい出来でTAVI終了したのです

三例目にはその Proctoreには退場してもらい、自分たちで行いました 僕自身はと言えばこの悪人アメリカ人がいなくなり大分冷静になりました そしてハートチーム皆の協力にお蔭で三例目も大成功に終了したのです この三例目を抜管して ICUに移送完了したのは 18:00頃でした

流石に疲れきったのですが、とってもやり甲斐がありましたし、またとても緊張し、追い詰められた場面でチームとしてどのようにその状況を乗り越えていくべきか? 色々なことを学ぶ機会でもありました

決意

さて、今朝は頑張って 20Km近くを自転車で走ってから病院には 7:05AM頃に出勤しました 頑張ったのですし、この実行には決意が必要でした

この重大な決意の伏線がありました それは昨日のことなのです これまで僕の MacBook Proには 1Tの SSDが搭載されていましたが、その中の300GB程度は、Parallels Desktopという仮想PCソフトを介して、Windows10が走っていました

Macに移る前は全面的に Windowsだったのです もっともその前は Macだったのですよ そしてその前は MS-DOSだったのですし、さらにその前は・・

ただ、最近は Windowsをほとんど使用しなくなっていました そもそも Windowsを残していた一番の理由は、VisualStudioを用いて C++を走らせ、 DICOM-XAを動画として見れるプログラムを自ら作成するためだったのです それを実現した今、あまりC++に拘る必要は無く、むしろ Web系のプログラム開発には、Javascriptや PHPの世界ですから、Macの方が馴染みやすいのです

それで思い切って昨日 Parallels Desktopを削除しました これによって、仮想Windows領域ごと 280GBぐらいがフリーとなり、最近 10%しか残存していなかった SSD free spaceが一挙に 40%以上解放されたのです

流石にこの無謀な行いをするためには準備と決意が必要だったのです そして Windowsはどうしたかと言えば、全く別のマシン SurfacePro4に移行したのです 軽くてとても良いです

思えば3年半ぶりに

昔は元気でした そのように思っていました ひところは毎朝 海岸通りを自転車で走り病院まで出かけていました それが何時の間にか停止していました 最後に走った時をブログから検索すると この日ですから何と3年半ぶり、ということになりますね

思い立って、6:00AM前に起床し、6:05AMに自宅を出発し、TREKのマウンテンバイクで海岸通りから、北鎌倉経由で、大船駅前を通過し、合計約20Kmを走破しました 北鎌倉のきつい坂道を登る自信は無かったのですが、できました それが嬉しいですね

本日のルート
本日のルート

平均心拍数105/min1、最大心拍数 131/minですからなかなか良いですね 最大の登りは約40mです これが八幡宮から円覚寺への登り道になります

問題は明日もできるかどうかですね

熊本大震災とTAVI

誰しも思いもしていなかった、というのがほとんどの人々の感覚でしょうが、その予想だにしなかった土地、熊本から阿蘇にかけて大きな地震に見舞われました しかも、大きな地震が立て続けておこり、被害を大きくしています
僕の知人も、緊急援助隊として現地にかけつけ、出来る範囲の援助・救援活動を行っております 素晴らしく、頭の下がる活動です
翻って僕は、と言えば、今回未だ直接的な被災地支援活動を行ってはいません 5年前の東北大震災の時には、鎌倉も直接的・間接的に大きな被害を受けましたので、暫くは茫然自失としていましたが、その後は自らも被災地気仙沼に暫く入ったりしました
今回は被害地域が東北大震災と比較すれば限定され、また現地での迅速な救援活動の実施、さらに関東からの交通を考え、不用意に救援活動に行くことは、余計なことと思われました もちろん被災地の方々から見れば、救援活動が現在でも十分な訳はありません しかし、組織化されていない不用意な救援活動は、救援活動そのものに対して余計な負荷をかけるものです
そんな中で鎌倉では本日も日常的活動をしています 本日もTAVIを2例素早く、非常に効率的に、素晴らしい手技で遂行しました その手技の傍ら、「熊本の人々の困難な状況を見ながら、このようなTAVIという一般循環器内科医から見れば、非日常的とも言える高度医療診療行為を行っても良いものだろうか?」という思いがよぎるのです
TAVIという治療を行う、ということは日常的診療なのであろうか??
医療というものは、社会によって制約された中での患者さんのために行われる、科学的医学の遂行です 従って、医療の実際は、その国家、その時代、その土地、その他の因子により制約されます つまり、社会により制約されます 熊本大震災、という社会にとって重大な出来事が起これば、当然我々の医療もそのことにより制約されるのではないでしょうか? この考えに立てば、目の前の患者さんを置いてでも、今すぐにでも救援活動に駆けつけるべきでしょう
しかしながら、その一方で TAVIにより、これまで治療が著しく困難であった患者さんが効率的にあっという間に治癒に近いほどに直されるのであれば、その事実は、どんな社会的制約をも打ち勝つだけの重みがあるのではないでしょうか?
自ら術者としてTAVIを行いながら、こんな自分の二面性(どちらの考え方も自分にとっては正しいように思うのです)に未だ惑わさせれるのです、とうに、そう既に四半世紀以上も前に「不惑の年」40歳を過ぎているのに、未だに惑わされるのです

あっという間に4月です

今朝は朝より雨 折角の桜満開も雨で今ひとつですね そんなことを思っている間にもう四月に突入しました

少しブログ更新休んでいる間に色々なことがありました 大きなものを振り返って見ましょう もちろんカレンダーを見ながらですね

日本循環器学会よりかえってきてから、函館に行きました 長年懸案のことの解決に少し役立てました そして、金曜日つまり3月25日は PCR Tokyo Valvesのいよいよ前日となり、最後の準備 Preparatory Meetingが開催され、僕も外来終了後、東京まででかけました そして、二晩泊まり込みで、Tokyo ValvesにCourese Directorsの一人として参加というか、主催してきました 嬉しいことに、350名ぐらいの active participantsが集まられ、全編英語で会議が開催されたのです

最後には皆感激の集合写真です

Course Directors
Course Directors
集合写真
集合写真

集合写真
集合写真

翌日の月曜日3月28日の 8:00AMには ヨーロッパ・インターベンションの重鎮であられる Marie-Claude Morrice先生が朝のカンファランスにご参加賜りました
Marie-Claude Morrice先生
Marie-Claude Morrice先生

そして、先週木曜日3月31日は、久しぶりに札幌東病院で外来を行い、金曜日には同院で TWinsの岩崎教授をお呼びして講演会と、あっという間に日々が過ぎて行きました
自分の能力が処理すべきことがらに追いついていないのを実感します 摂生が必要です