メキシコからアメリカへ

10月25日に成田よりSan Franciscoに飛び立ち、そこで4時間ぐらいの transitの後、MexicoCity (CDMX)の空港に到着したのは、同じ25日の夜 9:00PM頃でした

相変わらず飛行機の中でもあまり寝れず また時差ボケもひどかったのですが、和食に行きました

その翌日からは JICAのお仕事で TRI training center関連で色々な打ち合わせなどをしたのです これには JICA、日本国外務省、日本国大使館のみならず、メキシコ側からは、メキシコ保健省、メキシコ外務省そして、国立循環器センターなどが絡んでいてメキシコで非常に多い急性心筋梗塞を駆逐するために、多くの医師を育てるというものです 僕は最初からこの設立に関わり責任者ともないっています

時差ボケに苦しみながらもあっという間に日にちは過ぎていき、29日土曜日には TCT 2016 in Washington DCに参加するために、アメリカに飛び立ちました

DCに到着したのは同日の 15:30ぐらい そこから Marriott Marquis Hotelに直行し、そこでは 16:30からの予定で Evolute-R Proctoringが開催されたのです 参加者は SJ Park先生に加え韓国の先生合計 3名、インドからは Ashok Seth先生そして日本から私でした 結構遅くまで開催され、終わったのは 19:30でした

もう時差ボケでフラフラでしたが、頑張って 大鍋屋 (DAIKAYA)という DCでは一番美味しいと誰しも思っているラーメン屋さんに行ったのです 相変わらずここのラーメンは美味しいものです

そして、今日こそはたくさん寝れるかと思っていたのですが、やはり 30日 日曜日も 2:00AMに覚醒し、その日の講演スライドの最終チェックを行いました 日曜日には朝から夜まで 自分の発表、座長、そして治験の打ち合わせなどで時間が過ぎていき 本日 31日月曜日発の ANA便で帰国します

この一週間 ずっと時差ボケで毎日 2時間ぐらいしか眠れていません 年々歳をとるに従い時差ボケがひどくなっていきます

またメキシコへ

今回も JICAのお仕事で Mexico Cityに出張です 丁度この時に、「医療の質向上シンポジウム」というのが開催され、そこでもパネリストを行うことになっています その心は、メキシコで急速に増加している急性心筋梗塞が社会医療コストの大きな部分を占めるようになっており、その予防と治療法の効率化、汎用化が急務であるが、そのためには治療できる医師を育てねばならず、また治療法そのものの効率化のためにも経橈骨動脈的冠動脈インターベンション(TRI)のさらなる普及が急務である ということなのです

この面では僕は PASTA Trialや、TEMPURA Trial そして SUSHI Registryと経験は豊富なので適任なのです

という訳で 10月25日火曜日 17:00頃発の ANAサンフランシスコ便で成田空港を飛び立ちました このサンフランシスコで 2時間の transitの後、UA便で Mexico City 19:30到着予定だったのですが、既に UA便が 2.5時間の出発遅れということがアナウンスされています

本当にアメリカの航空会社の時刻というのは信用できません 以前もシカゴ空港から Sao Paulo行きの UAで移動するのが、何と Chicago発が 6時間遅れ、結局学会の講演に短パンのままかけつける、という事態になったことがあります 本日はいったい何時に Mexico City に到着できることやら

ついに解決 それは iCloud Driveのなせる技でした

このところ悩んでいた 勝手に MacBookProのディスク領域が減っていく原因がついに分かりました

これは落とし穴ですので、皆様方も気をつけましょう 書類などをcloudに温存しておくために、iCloud Driveを使用されている方も Mac usersには多いと思います ここに落とし穴があったのです

iCloud Driveに書類 (Documents/)などを自動的に保存している人も多いと思います 僕もそのようにしていました

ところが、現在の Appleの仕様では、Cloud上の iCloud Driveに保存する時に、同時に localのディスク上に iCloud Driveというフォルダが作成され、そこにも保存していくことになっているのです

これが何を意味するか?と言えば ファイルが二重に local diskに書き込まれていくということなのです

この結果、Wi-Fiにつなげていると自動的に localのディスク領域を消費していきます そしてその挙句が HDD (SSD)の空き領域がなくなってしまうのです 恐ろしいですねえ

でも原因がわかりましたので解決しました その結果現在の 1Tb SSDの空き容量は 23%まで改善しました

訳が分からない

その後もSierraと格闘しています 日曜日も朝からずーっと格闘です 不思議な現象が見つかったのです

それは、 TimeMachineでシステム全体を BackUpしていて BackUpに失敗した後気づきました いつの間にか、MacBook Proの 1 TB SSDが 98%消費しているのです

ちなみにこれを調べるにはターミナルで

$df -k

と打って下さい それで分かります

確か BackUp開始した直後には 70%ぐらいしか消費していまかった筈なのです 実際に Documents/ folder、Sites/ folder、あるいは Picturesや Musicの容量を調べて加算したとしても、500GB程度にしかならず、システムファイルが500GBぐらいを使っているとしか思えないのです でもそんなことありえませんよね OSXが仮想記憶領域にディスクを消費しているのでしょうか?

その可能性もあると考え rebootを何回かしましたがせいぜい2%程度減少するだけです

次に行ったのは、僕にとって重要な各ファイルを個々にフォルダ毎BackUpすることでしたこれはターミナルで

$rsync -av [source directory]/ [destination drectory]/

とするのです

そして、ついに禁断の OSX-Sierraを再インストールしました 割と早く(1時間ぐらい)でこれは終了しました クリーンインストールではなく、OS上書きインストールなので古いファイルは残っていました 再度調べてみましたが、1%程度しか減っていません

これは機会を見つけて Clean Installし直さねばならない そう思いました それは良いのですが、問題は OsirixMDなのです このMac標準の DICOM Viewerは再インストールするとこれまでのアカウントが失効し、再度10万円ぐらいを払わねばならないのです

そこでそのような事態は10月末に新しい MacBook Proが発表となりそうな噂があるのでそれを待つことにします

ここで Osirix Dataフォルダを外付けHDDにbackup copyすることが大切ですね これには

$mkdir /Volume/TOSHIBA/Osirix\ Data/  -- (1)
$rsync -av /OsiriX\ Data/ /Volume/TOSHIBA/Osirix\ Data/  -- (2)

このようにすれば良いのですよね ちなみに(1)では TOSHIBAという外付けHDDのトップレベルに Osirix Dataというフォルダを作成しました

そして、(2)ではこれを本体内の ~/OsiriX\ Data/という Osirixのデータベースフォルダから backup copyをしたのです

さあ、これでOsirixを立ち上げれば TOSHIBA HDDからOsirix Dataを読み込んで見事復旧する筈でした ところが何回やっても駄目です どうしてか? 考えました

そしてふと気がついたのです 僕が mkdirで作成したフォルダ名が Osirix Dataであり、 OsiriX Dataでなかったのです これが原因でした

名前をx –> Xにしたところ見事OKでした さあこれで Osirix用のDICOM Data (300GB程度)をこれで安全に移動および BackUpできるようになりました

それにしても OSX Sierraの異常なdisk領域消費については原因と解決法が不明なままです

Gitそして Sierraにした後の shutdown

久しぶりに Gitを用いています といってももう歳なので Gitのこともすっかり忘れていました
それでも 鎌倉ライブのサイト (http://www.kamakuralive.net/)でのバグをいくつか見つけ それを修正する段階で 再び Gitを用いるようになりました

Remoteは Bitbucketに置いています ここに pushしておけば変更履歴を含め最新のファイルが残っていますので安心です

実は現在 MacBook Proが不安定なのです 突然 shut downしてしまうのです そして勝手に再起動します 思い出せば Sierraに OSを Upgradeしてからのような気がします でも Googleで調べてもきっちりヒットするのが見つかりません 他の方で同様の現象経験されている方はおられないのでしょうか?

5年ぶりくらいの CCT

現在 CCT (Complex Cardiovascular Therapeutics)というライブ学会が神戸で開催されています

CCTは少なくともアジア地域では最大の心血管インターベンションのライブです 僕自身とCCTの関わりは古く またCTO(慢性完全閉塞)に対するPCI(経皮的冠動脈インターベンション)や、TRI(経橈骨動脈的冠動脈インターベンション)あるいは Slender System PCIにおいて特に深く関わってきました

そのため、ライブで治療の実際を飛ばしてきたのです しかし、よく覚えていないのですが多分5年ぐらい前に思う所あり、CCTと離別したのです

この状況を変えたのは自分自身の SHD (Structured Heart Disease)との関わりです 2012年から実際にTAVI(経カテーテル的大動脈弁植え込み術)を術者として行うようになり、その延長として 2015年10月に開催された CCTでは Paris近郊の Massyより日本人として初めて実際のTAVI治療をライブで神戸の会場に飛ばしたのです

そして今年は SHD部門を統括する(実際には飾りです)一人として名前を連ねたのです

そんなこんなで思い出せば 5年ぶりぐらいにこの CCTの会場で実際に参加したのです あっという間に時は流れますねえ

昨日も鳥取地震が14:00頃にあり、この神戸でもかなり揺れました しかし多数の参加者がいた会場では皆多数の外国人も含めて冷静でパニックになる人はいませんでした

あの阪神淡路大震災から既に20年以上が経過し、外目にはその傷跡は神戸の街に残っていません それからすぐに思い出すだけでも新潟、東北、熊本と大きな地震が数年ごとに起こっていますね 何時も予期せざることに備える心がけが必要ですね 実際には難しいですが

なんともねえー

以前書いたこのブログに突然数ヶ月して思い切り批判の というか 非難のご意見表明がありました その内容は

 	baka
baka@baka.jp
126.150.80.120

> 「だから漢字はダメなんだ 全部ひらがなにすべきだ」などという浅薄な議論を展開したのです 本当に馬鹿だと思いましたよ

馬鹿はお前だろ、Nさんとnaanさんが「ひらがな教」だというネタを理解できていないだけ。
特にNさんに関して言うとずっと長い間ネット上での自身の投稿は「わかち書き」のひらがな表記をしていて、過去のRebuildのエピソードや自身のブログでもその立場をとる理由を明らかにしている。ハイコンテクストな内輪ネタであるのは確かだが、少し聞いていればRebuild内ではそのプロトコルで会話がされていることが分かる。
過去に「漢字のメリット」に関してもNさんは触れながらも、あえて極端な「ひらがな推し」の立場を取っている。というネタを理解出来ない程度の人間が他人を馬鹿にしてあなたに何のメリットがあるの?

というものでした

ここでの発言者は自分を baka (baka@baka.jp)と名乗って僕を口撃してきました もちろんこんなメルアド存在しないと思います 要するに単なる口撃(攻撃)なのです

正直ここで書いてあることに僕は今でも承服できません ALSの日本語表記 筋萎縮性側索硬化症という有名な病気の「萎縮」という言葉を読めない日本人はどんなにプログラミング能力が優れていたとしても僕から見ればがっかりです 今までひらがな表記を意図的にしてきたとしても、「萎縮」という漢字すら読めない人が ひらがな について発言できるとは思えません

多分大多数の日本人もそのように思うでしょう 東大を卒業し、日本を飛び出てアメリカでソフトの世界で世界を引っ張っている日本人に本当に憧れ羨ましく思ってきましたがこの点だけばがっかりです それは今でも同じ気持ちです

ただ、僕の不用意な発言でどなたかを傷つけたのであればそれは僕の不徳のいたすところです申し訳なく思います 済みませんでした

 

TRICO2016

昨夜遅くに Courtyard Marriott Hotel in Ahmedabad に入ることができました 軽い食事の後、ベッドに入ったのですが、日本時刻では既に 4:00AMであり、通常であれば2時間で起床です

この体内時計が入ったままなので、結局 2時間ぐらい後には覚醒 その後は寝付けずに過ぎました

今朝 8:00AMにホテルのレストランで朝食とりましたが、そこにはアメリカから顔見知りの医師がたくさん来ていました 少々疲れてもいましたしあまり顔を合わせたく無かったのですが、なかなかめぐり合わせとはそんなものですね

そして、 9:00AMに Apex Heart Instituteに到着して、これから比較的難しい症例二例をライブで行ったのです もちろんTRI縛りです

二例ともCTOでした 一例目は右冠動脈のCTO 何とかワイヤーを通したのですがバルーンも何も行きません 結局 Rotawire Extrasupportに置換し、 Rotablator 1.25mmをかけ、最終的には 2.5 x 38mm + 3.0 x 48mm DESを植え込み終了しました

会場は大変盛り上がり、またカテ室内でもバングラデシュの先生や、アメリカの先生が解説されており盛り上がりました

30分ぐらいの休憩の後、今度はLADのCTOでした これは antegradeに絶妙のワイヤリングを行い、やはり薬剤溶出性ステントを植え込み終了しました 実はこの患者さんは右冠動脈もCTOであり、駆出率が 20%という重症患者さんでしたが、Patel先生からは、LADのみの治療ときつく指示されていました

まあ両方共難度の非常に高い症例でしたが、うまくできて良かったです それぞれ手技時間 50分未満と speedyであり、我ながらスマートなPCIと思います こんな手技のできる人 そうそう他にはいないもんね と思います

After Successful TRI
After Successful TRI
Patel先生と Sanjay先生と
Patel先生と Sanjay先生と

それにしても Ahmedabadは年々発展を遂げています すごいですねえ

今現在は 15:30です 早めの夕食をホテルでとり、それから 19:00過ぎには空港に向かい、22:50頃の Singapore行き SQ便でインドを旅立ち、月曜日の日本時刻 19:30頃に羽田に到着です 結局、Ahmedabad滞在は 20時間を切っています そんな中で困難な症例二例を成功裏にライブで披露できて満足です

Ahmedabadは遠いなあ

成田発 11:30AM頃の ANA Mumbai直行便で Mumbaiに入りました 以前はこの便は Business Jetと銘打って小さな Jet機が週数回飛んでいましたが、何しろ小さなジェットでしたので、全席 Business Class それは良いとして、燃料が持たず、結果行きは長崎空港に1.5時間 Transit Loungeに缶詰となり給油する、そんな便だったのです

しかし、何時の頃からかこの便は 787が飛ぶようになり、結果的に成田から直接 Mumbaiまで飛ぶことができるようになったのですが、それでも遠い 10時間近くかかる飛行なのです

Mumbai空港は数年前まで最悪の汚く、混乱した空港でしたが、多分2年ぐらい前に新しいターミナルができ、今ではとても奇麗な空港です しかし、インドの国内線というのは時に訳が分からないのです Air India国内線は 何と国際線から出発するのです また入国管理もどこどどう分けられるのか良く分からないのですが、国内線到着も入国の部分に来たりするのです

テロも何回も起こっていますので、荷物のチェックは厳しく、また何段階にも行われます そんな訳で今は Loungeで Ahmedabad行きの Jet Air便を待っています 3.5時間の時差が日本との間にはあるのですが、ホテルに到着すれば土曜日の 23:00を回るでしょう

今から一泊3日のインド

今成田空港ラウンジで ANA Mumbai行きの便を待っています これから Mumbai経由で Ahmedabadなのです

Ahmedabadは毎年恒例の TRICOというライブが開催され、その主催者の一人として参加します ただ、スケジュールがタイトであり、これから出発して、そして 3.5時間の時差を経て、 17:30頃 Mumbai到着 そして、 Ahmedabad行きの便に乗り換え、現地ホテル到着は 22:00を回るでしょう

明日、10月16日日曜日は朝からライブ術者 そして、その夜 Singaporeまで飛び Overnightで羽田に戻り、鎌倉到着は 17日月曜日の 19:00過ぎでしょう

流石に最近はこんなスケジュール辛くなってきました もう来年はこんなペースでは出来ないでしょうね 南に北に そして 西に東に とにかく移動だけで人生が食いつぶされていきます