火曜日、水曜日とTAVIにつかり

日本循環器学会開け、というか連休明けの火曜日(3/21)には二例TAVI施行 もう大分前から大腿動脈は穿刺そして止血は Proglideとなり、ものすごく早くなり、また麻酔は麻酔科の先生が非常に先進的で大分前より Conscious Sedation without Tracheal Intubationとなっていて麻酔前後がものすごく短くなり、さらにはこの状況で必要に応じて自由に経食道心エコー法を行うという秘策を麻酔科の先生が編み出され、これによってTAVI手技時間がとても短くなって、しばしばベッドが埋まっていて Hybrid Roomより患者さんをすぐには動かせずカテ室内で待たねばならない、という状況も発生しているのです

そんな訳で一日二例なんて物足りない物足りない 軽く一日縦に四例が可能な状況となっています まあ、それを実際に行うか否かは患者さん次第であり やはり競争の厳しい神奈川県下の民間病院としてはなかなか厳しいものがあります

そして火曜日は夕方移動し、本日水曜日は朝から他院でTAVIの Proctorをしてきました なかなか素晴らしいTAVIであり、Proctorをしていた僕もとても嬉しく思いました

明日は神奈川保険医協会での講演がありますが、以前の講演スライド調べていたらば、何と 1998年11月22日にも同じ神奈川保険医協会で講演をしていたことが分かりました その時のファイルを見ていたのですが、既に約20年前のこの時期に同じような内容の経皮的冠動脈インターベンションを行っていたことを実感しました 良く言えば「当時から先進的であった」のですが、悪く考えれば「相変わらず進歩がない」ということになります そのどちらであるかは今後の自分自身の生き方が決めるのでしょう

ついでに自分の .pptファイルを調べてみたところ、1998年7月6日の発表分がファイルとして残存する最古のものでした これ以前は Film Printerを用いて 35mm Slideとして作成していたのですねえ あの当時を思い出しました そんなふうに苦労して作ったスライドは全部無くなりました しかし、パソコン上にファイルとして残してある .pptはそのまま残っていて自分がどのように行きてきたかの証の一つです

日本循環器学会総会終了

16:40 – 18:10までの meet the expertのセッション座長を行いようやく日本循環器学会総会 in 金沢から帰途につきます

この最後の座長のセッションでは自分の知らない世界を色々と勉強させて頂きました

この3日館金沢市内の移動は基本的に自分の足で歩くばかりにしました 運動と、折角の金沢をもっと良く味わおう、という気持ちからでした 毎日 10Km以上は歩き、今日はもっと歩いたと思います

金沢の料亭街

金沢はいいなあ

僕は実は大阪大学医学部を受験する前、本気で金沢大学医学部を目指しました 実際、受験のための宿もとりました しかし、最終的には大阪大学を受験したのです

その理由は、当時国立大学一期校の入学試験に引き続いて、横浜市立大学医学部入試があったのです 要するに、国立大学一期校の入学試験を終えてすぐにその翌日に横浜市立大学医学部の入試を受験することができたのです

しかし、良く考え下さい 未だ北陸新幹線など無い時代です それを実現しようと思えば確実に受験終了後その日に東京まで戻らねばならないのです

これは当時の交通状況では50%ぐらいのリスクを有していました そしてその考察から、僕は泣く泣く金沢大学受験を諦め、大阪大学を受験したのです

そんなことをこの日本循環器学会金沢大会に来て思い出しました それはもう 45年以上昔のことです しかし、金沢はその間 何も変わっていませんでした あるがまま 僕の記憶にあるがまま そんな金沢でした

昨日深夜より金沢に入り、日曜日夜遅くまでここにとどまらねばなりません どうやって時間潰すか 最初は逡巡しましたが、大丈夫です 数々の心地良い喫茶店を既に見つけました 喫茶店でゆったりと時間を過ごし、自分の過去の圧縮された時間スケールを戻し、自分寺院をリフレッシュするつもりです

それが金沢の魅力です

それにしても これが医学の進歩か?

本日も朝からTAVI 今日は、二例分 穿刺と止血のビデオ撮影もしました これは TokyoValves2017に使うためのものです TokyoValvesとしても、EuroPCRや LondonValvesのように、模範となる(すっ、すみません 自分の手技が模範である、とは決して言っていませんので・・・)手技のビデオを Video-in-Boxという型で集約しているのです

これらのビデオがあれば、これから手技を学ぼうとする若い人達が、それを参照することによりより効率的により安全に手技を学べるであろうからです

穿刺と止血の部分をビデオに収め、本番手技は部下に変わりました 助手として本番手技を見ながら、あるいは介助しながら見ていました

僕が初めて TAVIの世界に術者として入ったのは2012年1月です 治験で初めて植え込みをしたのです もちろん、その前に外国で実際の植え込み手技の見学や、各種のトレーニングを受けたのですが、実際に自分の手で植え込みを行うことは、全く異なる世界でした

当時は、TAVIに関する学問的知識も未成熟であり、世界中の術者は何が正しいのか分からない状況の中で技術と医学を磨いてきたのです 辛い日々もありました 自分の無力を痛感する日々もありました

未だまだ改良の余地のあるディバイスを用いねばならない時代でしたので昔、そうそれは 1981年だったのですが、その頃 バルーンのみ、しかも Gruntzig Old Balloonを用いての危険な手技、そのような時代をTAVIも過ごしてきました

しかし、その間にディバイスも進化しましたし、術者の技術も進化しましたし、何より学問としての経験も進化しました これによりほんの数年前に比べてもTAVIはより安全に、より有効にそしてより負担が少ない型で行えるようになりました 今日、助手として手技を見ていて今更ながらそれを痛感しました これがこれが医学の進歩なのか そんな風に思いました

そして、思うことは、「自分は何時まで この急速な医学の進歩の最前線に立ち、そしてついていくことができるのだろうか?」

うーん 何だか難しいなあ

Dynamic DNSというものの存在を教えて頂きました しかし、何だか難しいなあ 実際にいじくって自分でやらないと理解できないような気がします

それよりも今直面しているのは これが理解できないのです うーん何と説明すれば

まず、Laravelを /Sites/myapp/にインストールしました

そして、/myapp/に移動し、$php artisan serve でサーバーを立ち上げました

そして、/Sites/myapp/routes/web.php の中に /helo でroutingを行う命令を書きました

そうすると アドレスバーで localhost:8000/helo とすれば、そのページが出力されます

ところが、ここで artisanを停止し、XAMPPで apacheを立ち上げます 僕のapacheの document rootは /Sites/にしてありますので アドレスバーで localhost:8000/myapp/helo とすれば同じ出力されると思ったのですが サーバーが反応しません

うーん 分からない apacheのポートは何番なのでしょうか?

分からない分からない分からない

Laravel 5.3の download

さて、昨日 Laravel5.3を downloadしようしたらば最新版の5.4が downloadできてしまい、5.3をdownloadできなかった話をしました

しかし、これは当たり前でしたね だって、

$ composer create-project laravel/laravel=dev-develop laravel53

などと打ち込み、5.3をdownloadした気分になっていたからです composerのコマンド体系を見れば、これでは laravel最新版を downloadすることになりますよね いやきっと そのように予想できます

従って、Laravelの開発ページを見に行く必要があります そこで、githubを探すと ここにありましたね

さて、このページの左上の方を見ればこのようになっています

Github

ここでこのselect buttonをいじくると 出てきました 5.3が

Laravel5.3の選択

これで5.3を選択し、downloadなりすれば良さそうです とは言うものの、もうすぐ朝カンファランス そして 怒涛の外来診療ですのでとりあえずここまでにしておきましょう

 

どうもおかしい

OSX-Sierraになってからか、あるいは MacBook Pro Late 2016になってからか、どうも Macの挙動が時々おかしいのです 昨日も、Mailが hung upしてしまい、強制終了もできず、仕方なく Terminalで

$sudo shutdown -r now

をしてマシンを再起動しました 再起動されるまでにも一分間以上かかり、何時もは電源ボタン押してしまうのですが、昨日はどうなるのかじっと待っていたところ、やがて電源が切れ、再起動しました

そして Mailを立ち上げると、何と 受信トレイの中身がごっそり消失しているのです!!! どこにも痕跡すらありません まあ何時までも受信したメールをとっておくのも何ですから それはそれで諦めもつくのですが、それにしてもこのような基幹的ソフトで消失するようなことがおこる、というのは Macさん 大丈夫?

Laravel 何だかややこしいな

Laravelの最新version = 5.4です しかし、Web上の情報はほとんどが良くて 5.3 大多数の日本語サイトは 4.3です 要するにものすごいスピードで version upされているようなのです

それはそれで嬉しいことですが、問題は言語仕様がどんどん変化しており、英語の on-line manualを読まねば最新の仕様がわからないという点です これは辛いです 仮に日本語だとしても理解は困難な上に、それが英語であればどんな事態になるか想像できますよね

という訳で Kindleで書籍を探しました 日本語書籍は最新のものでも Version 5.1です 英語のものでようやく 5.3です そして、5.1から 5.3に version upした時点で Laravelの dirctory構造が大きく変更されたようなのです 具体的に僕が気づいたのは Routingの directoryが大きく変更になり、この時点で日本語サイトや日本語書籍はあまり参考にならなくなってしまいました

それでは、敢えて down gradeして、Version5.3をインストールすれば良いとも思いますよね それでサイトを探し、このサイトに巡り会いました そして、ここに書いてあるように

$ composer create-project laravel/laravel=dev-develop laravel53 --prefer-dist

と打ち込みましたところ、見事にエラーで撃沈 そこで今度は最後の –prefer-distをとって打ち込みました

$ composer create-project laravel/laravel=dev-develop laravel53

そうするとLaravelのインストールが始まりました しかし、ここで

$ php artisan -V

と打ち込むと、そんなコマンド無い、とエラーが出たので、

$cd laravel53

としてから、

$ php artisan -V

と打ったところ、今度は反応しました しかし、しかし、しかし、その答えは

$ php artisan -V
Laravel Framework 5.4.15

という悲劇的なものでした これを受けて laravel53/ directoryを完全に削除するしかありませんでした 要するに、指定の laravel versionをうまいこと導入する手段は無いのでしょうか

Laravel すぐに躓き

さて、このページにあるように routingを試してみました ところが、ここに書いてあるファイルがそもそも存在しないのです このページではどうやら Laravel 4.xでの説明のようですが、僕がインストールしたものはどうやら Laravel 5.4という最新 versionなのです

結局、Laravel 5.4に web manualを参照すると、どうやら routes/ folderの中の  web.phpに書くことで routingがされそうです このファイルは最初はこのようになっています

/*
|--------------------------------------------------------------------------
| Web Routes
|--------------------------------------------------------------------------
|
| Here is where you can register web routes for your application. These
| routes are loaded by the RouteServiceProvider within a group which
| contains the "web" middleware group. Now create something great!
|
*/

Route::get('/', function () {
    return view('welcome');
});

この最後に以下をつけたしてみました

Route::get('/helo', function () {
    return '<h1>Hello Worl</h1>
this is sample page.'; });

そうして、 localhost:8000/heloにアクセスしたところ、やったね、

やったね

出ました

おおおおお

指示にある通り 開発用 local serverを立ち上げました 実は、何時も XAMPPで立ち上げているので最初うまくいかず、XAMPPの Apacheを停止してからやったところうまく行きました Browserの address barに下記を打ち込みました

http://127.0.0.1:8000

これは要するに local server IP address = 127.0.0.1の port=8000にアクセスしろ、という命令ですね そうすると下記の画面が表示されましたよっ

Laravel開発画面

うわあ なんかかっこいい 僕みたいなミーハーはこれだけでもう心キュンです