昨日は充実した一日ではありましたが、とても疲れました

昨日(3/02)には以前より予定していた「湘南鎌倉総合病院循環器内科謝恩会」を開催しました

これは日頃お世話になっており、また我々を育てて下さった多くの先生方(ご開業の先生方および他の病院の先生方)にお忙しい中、お集まり頂き、私共が、過去一年間に行ってきた診療内容と実績、臨床研究の成果そして今後の抱負について、部下の何人かの演者に皆様方の前で披露してもらい、皆様方よりのご批判を仰ぐ、というものです もちろん司会進行を私自身が勤めさせて頂きました

初めて使用したのですが、このような目的にはピッタリの会場が鎌倉駅にはあります 鎌倉駅というのは、JR横須賀線の駅ではありますが、江ノ電の駅も併設しています その江ノ電鎌倉駅の上に、ビルがあり、その中に「銀座アスター鎌倉賓館」という宴会場があるのです その規模はだいたい 80名ぐらいまでのもので、私達が開催するにはうってつけの規模なのです 銀座アスターというのは中華料理の名店であり、実際昨日のお料理もなかなかのお味でしたよっ

先生方のご都合を勘案し、19:00開宴で始めさせて頂きました 合計7名の演者により、1時間ぐらいの報告をしてもらいました もちろん、乾杯の後であり、各自お料理をとって頂き、食べ、あるいはお話しながら報告を聞いて頂きました さらに併せて最近1, 2年に私共が publishした論文をコピーし配布させて頂きました 結構皆頑張って多くの論文(英文)を publishしてくれていることはありがたく思います

たくさんの先生方とお話させて頂き、またご批判、励ましを頂き感謝感謝でありました

銀座アスターの唯一の欠点は、21:00に閉店となることです まあ昨今の労働環境改善という観点からはそれも望ましいものではありますね、 そこで20:55に「〆」とさせて頂きましたが、本当にたくさんの先生方がお集まりになって下さり、感謝です

さて、この謝恩会の前ではありましたが、午前中朝から外来診療を行い、一段落済んでから、一例とても困難な右冠動脈の慢性完全閉塞を治療させて頂きました

患者さんはまだ60歳半ばの方であり運動負荷心電図で強陽性となった方です 右冠動脈はごくごく近位部より完全閉塞であり、CT冠動脈造影はほとんど役に立ちませんでした 両側アプローチ 6Frで入りました(右冠動脈は入口部より細くとても7Frは入りませんでしたし、左冠動脈は異所性に分岐し、6Fr GCでなければ engageできませんでした) 右冠動脈にアンカーをかけガイドカテを固定し、順行性に入りましたが、とてもではありませんが全く歯が立ちません それに閉塞部走行が全く分からないのです どこでどう屈曲しているのか? イメージすら掴めないのです

すぐに逆行性を開始し、SUOH03と SION-Blackを用いて通過させました それからがまた大変 順行性にも逆行性にも 右冠動脈走行のイメージがつかないのです そのような時に僕はワイヤーに聞きます ワイヤーが何処に行きたいか、それを尊重します 昨日用いたワイヤーは Gaia3でした 両側からこのワイヤー組を慎重にかつ大胆に操作し、驚くべきことに、120度、145度、120度と三段階に屈曲して右冠動脈閉塞部前後が繋がったのです

こんなにもすごい屈曲の慢性完全閉塞は初めて見ました いやそんなことは無いかな? 以前にも経験しているでしょう ともかくにもすごい屈曲部の慢性完全閉塞 全長 50mmぐらいでした 手技は頭脳と技術そして経験を全て使い果たし、とても疲れました 「ああこれから謝恩会があるんだ」と疲れ切って思いました

それでも、これは明らかに僕の経験と知識、そして技術の進化です まだまだこの歳でも進化できるんだ 嬉しいな