本日の勉強会

本日は勉強会「みんなのPython勉強会 #24」に参加してきました 最終的には参加者の総数は優に 100名を超えたと思います 三人のその道のプロが講演をされました もちろん講演は MacBook Proを駆使したもので、Powerpointはほんの一部でしか使用していませんでした

内容は#1 Geopython, #2 Web API, #3 Git/GitHubでした まあ Geopythonというのは様々な地理的データを色々なデータベースと組み合わせて可視化するものであり、その動作エンジンに Python特に Pandasを用いるものです 確か、以前に Rを用いた同様のシステムの本を読み勉強した記憶がありますが、すっかり内容は忘れました まあ、一般の方々からすれば Google Earthを思い浮かべれば大きな間違いは無いと思います

演者は東大理学部博士課程を終了したまあ頭の良い方で、今は起業され二名の会社のCEOとしてGeographical Programを開発されている方です

二番目は驚いたのですが、昨日 59歳となられた方であり、この方も社員8名の会社を起こしております そして SNSと Webを結びつけさらに電話で自動音声化するプログラムのための APIを開発されているのです 社員は、日本に彼含めて三名、一人は東京(彼)ですが、もう一人は京都の山奥、もう一人は何処か忘れましたが少なくとも数時間では到達できない場所、一名は韓国、一名はロシア、二名がマレーシアのジャングルの中、一名がインドネシア これで会社を日本でつくり、ビジネスをしているのです 何しろ officeが存在せず、いわゆる remote officeというもので自宅なんでしょうか どこでもよくインターネットで繋がってビジネス開発、プログラム作成をしているのです

59歳ですよ しかも、彼はまあ以前から Pythonをいじっていたらしいですが、Python Web Frameworkである Djangoは未だ一年しか経験が無い、とそのように言っておられました そして皆に「59歳の僕でもプログラム書けるのだから皆是非ともプログラム書いて下さい」です かっこいいよね

3題目は、Git/GitHubの話であり、正直僕は知っていることなのであまり聞かずに話題として出てきた slackにかまけていました

結局、19:00から終わったのは 21:20くらい、それから地下鉄麹町駅まで歩き、有楽町線で有楽町に出ました 有楽町は未だたくさんのサラリーマンがおられ、自然と足は駅ガード下の飲み屋さんに サラリーマンばかりの飲んだくればかりの集団 皆タバコ吸っています そこに一人で入りました そして食べたというか飲んだというか それがこれです

有楽町駅

何しろ有楽町駅ですよ あの「有楽町で逢いましょう」の有楽町駅ですよっ 歳が分かってしまいますね

酒や「はないち」

いやあ風情ありますね 昭和の風情です 有楽町駅ガード下です 値段はとても安い ここで摂った本日の夕食がこれです

本日の夕食
やはり日本酒に限ります

それはそうと今回たくさん新幹線に乗ったのですが、重大な事実が判明しました やはり、列車の旅と言えばその間に飲むお酒です ところが、JR東海管轄の駅、新幹線の中から日本酒などが無くなり、あるのはビール、酎ハイそしてワインだけなのです どういうことでしょうか? 日本酒やウィスキーを排除するというのは これは誰か調べて欲しいものです 山陽新幹線これは JR西日本管轄ですが、そちらには今でも置いているのです JR東海は何かあったのでしょうか?

まあこの有楽町で呑んだのは一人で40分間ぐらい そのまま山手線経由で東京モノレールに乗り、今は羽田空港第2ターミナルのエクセル東急ホテルに入っています 明朝は 6:25AM発の ANA便で千歳に移動せねばなりません そして、明日夜に鎌倉に戻り、金曜日は鎌倉で外来診療の後、小倉ライブに

土曜日小倉ライブで術者した後、鎌倉に戻り、その数時間後にフランクフルト経由でパリ そして EuroPCRで様々な役割です

全く休みがありません 流石にきついですねえ それでもプログラムの勉強は続けたいし、TAVIももっともっと深く知りたいし 所詮人間は頭脳で生きている動物なのです

やったあ

やったあ 新幹線フォームへの階段を10Kg以上のバッグを担いで駆け上りようやく新幹線に間に合った甲斐がありました 現在 18:45

ついに本日の main eventである 「みんなのPython勉強会 #24」に入り込むことができました 参加人数は多分 50名以上

驚いたのは僕ぐらいの年齢の方もチラホラおられるのです 僕は参加者皆 20歳前後のオタクっぽい人ばかりだと思っていたのですがこれは意外ですねえ 今まで参加したプログラマの集会とは大分趣が異なります

これから 19:00 – 21:00ここで勉強です

みんなのPython勉強会 #24

さっきは新幹線に飛び乗るために名古屋近郊の新幹線駅ホームを駆け上りました

いやあ苦しかった そのままだと新幹線に乗り遅れるため、駅ホームまでの階段を思いリュック背負いながら駆け上りました この努力のお陰でセーフ 無事その近隣駅から名古屋に移動できたのです

そして、現在は名古屋駅から「のぞみ」で東京駅に移動中 これからきっと楽しくもありまた辛くもある会が開催され、それに間に合うように必死で移動しているのです でもだからと言って患者さんの命に関わるような手抜きはしていません 結局しわ寄せは合間の時間をいかに短縮するかにかかってくるのです

本日はその近郊の病院で素晴らしいTAVI二例に間接的に参加させて頂きました いやあ素晴らしい手技でした このような経験に僕も参画できて本当に幸せです 階段駆け上るぐらいなんてことありませんね

そして今はこれから開催される会に思いをはせてワクワク気分です

Osirix MDその後の顛末

さて、Osirix MDですが、何故か日本語フォントがアプリの中で消えてしまい、全て英語表記となっています そして、色々な設定が全部リセットされてしまい、横に CTAの画像を 三列直行projectionを並べる 3D MPRでは 左側縦に二列、右側一列という配列となってしまい、これをどうやって治すのかが未だ発見できません

確か数ヶ月前にその項目を見つけ自分で直した記憶あるのですが、今は忘れてしまいました

さて backupなのですが、自宅では何時も WiFi経由で毎日のように MacBook Pro全体をbackupしていて (TimeMachine)、さらに、定期的に 2TB SSD, 2TB HD x 2にも backupしています そして、TimeMachineではなく rsyncコマンドによりファイル単位でも 1TB HD/1TB SSDにも backupしているのです

ですから backupは完璧なのですが、昨日朝の出来事は慌てて運用を誤るというところだった、ということなのです 何事も慌てては駄目ですね

昨日は、その事件から冷静にTAVIを一例こなし、間の 30分入れ替え時間に真相を確認し、安心してそれから二例TAVIを行いました 全員素晴らしいできでした 本当に良かったです

そして、その後新幹線で名古屋に移動 今朝は名古屋の Marriott Hotelにいてもう少しで移動です それにしても Osirix MDは多機能すぎて僕程度の人間がTAVIの判定したり、シネ画像や心エコー画像を閲覧するには too muchですね