忙しい三日間

日曜日の昼前にホテル Le Meridian Etoirに到着し、13:00からは Tokyo Valves 2018のための準備会議が開催されました EuropaOrganizationからと、Marie-Claude Morice先生、林田先生、大野先生そして山中くんと僕が参加して、色々な観点から来年の会をどのようにするか皆で討議しながら決めていったのです

その作業はとても神経を使うもので大変でしたが何とかやり終わりました しかし、それに引き続き今度は London Valves 2017のための最終会議が行われ、それにも参加しました

夜は Spanish Barに行きました 時差ボケはどんどんひどくなりましたが、やはり 4:00AM頃には覚醒です

翌日月曜日 15日は特にスケジュールが無く、ホテルの部屋で過ごしました 昼はあいかわらず「来々軒」でした

来々軒の辛味噌ラーメン

翌日は 10:00AMからの Opening Ceremonyにおいて壇上に並ぶことになりました これは非常な栄誉と思いますが、僕がそんな場にいることが本当に良いのかどうか自信がありません 会場は Main Arenaであり、おそらく 2,000名以上の方々があつまりました ものすごい人数でした

これは開場15分前、この後たくさんの人が

今年は Andreas GruntzigがPCIを開始して、40年の節目です そこで、40 Years’ PCIというものが設けられ、その中ではいくつかの歴史に残すべき写真が展示されていました 僕も数回その陳列の中に並べられました

Gao先生、Fajade先生そして Kiemeneij先生と
Ethica Awardの歴史
2015年に受賞しました

 

それから色々なセッションの座長など行い 本日は既に 17日 朝 8:30AMより座長 それが終了してから 今度は EuroPCR TVの取材を受け、昼食時には色々な話し合いを行い 現在は MitraClipのセッションで勉強中です 今日の夜の便で鎌倉に戻ります