Dive in Python

ついに思い切って参加しました しかも今回は会場が東京駅前の理研です 理研の AIPセンターです ちなみに AIPは何か?と言えば、「革新知能統合研究センター」のことで、AIP = Advanced Intelligence Projectのことだそうです

Stapy x 理研AIP

今回の研究会の中心は OSS (Open Source Software) = 基本的にソースコードを GitHubなどでインターネット上に公開しながら有志がインターネットで参加してし協同で優れたソフトを早く開発していくというもの このOSSの代表作が Linuxであり、また それこそ 統計ソフトRもそうですし、多数存在します

今日の開催場所理研 AIPというのは、東京駅八重洲口歩いて数分の場所に存在する巨大な奇麗で新しいビルの15階にあります 流石東京だと思わせるビルです

Coredo日本橋ビル

内容は OSSとして開発されているPandasという Pythonの数値計算の有名なライブラリに日本人として唯一開発に参加されている方の講演とか、日本で開発され、全世界に広がっている深層学習のためのPython Frameworkである CHAINERの開発に参画されている方の講演、そして Scikit-Learnによる Pythonでの機械学習のお話、そして理研の教授であられる先生による講演などとても難しいお話が並びました

本日のスタッフ

結局全てが終了したのは 9:15pm頃であり、全く休憩無しでした 終了し、すぐに消え去ろうとしたところ、懇親会(ビアバッシュ)入り口で「齋藤先生」と突然声をかけられました えっ えっ 何とこの StaPyの毎回の研究会運営の中心であられる岸さまでした

そして驚くことに、何と岸さんは EP班の村上部長の義理のお兄さんだったのです いやあ驚きました 世の中広いようで狭いのですねえ

もうすぐ開始です

東京駅より日本橋に向けて歩いて 10分 Credoと大きくビルに書かれた 19階建ての新しい大きなビル 上の方には Bank of Americaとか Merill-Lynchとか大きな文字がかかれていて「何だこれはアメリカの銀行集団ビルか?」と思える様相です

何れにしてもそこの 15階、これが一般の人々は 5階までしか上がれない構造なのですが、その入口を探すのも一苦労でした その 15階に理研の「革新知能統合研究センター」というのがあり、そこに天才たちがどうやら集まっており、集会室らしき壁の黒板には多分議論した跡なのでしょうか 理解不可能な複雑な数式が並んでいました

理研での Python勉強会

その中の広い会議室 これがスクール形式で僕は楽ちんな机がある席の前から二列目に座席を確保したのです もうすぐはじまるでしょう 参加者の会話を聴いていると「京都から新幹線で今ついた」とか言っておられる方もいらっしゃります 身なりは登山する人みたいです まあ僕ひどく汚い身なりですから人のことは言えません 楽しみです

さあ出発

今朝は朝からたくさんの外来患者さんを診察し、たくさんの入院オーダーも切りました お一人PCIをやることになっていましたが、今日はこれからの勉強会に出席せねばならない(正確には したい)ため、部下に任せて自転車でまず早めに自宅に戻りました

EuroPCR2017最初のライブ Main Arenaで

そして、自宅からバス停まで歩き、なかなか来ないバスをひたすら待ち、ようやく大船駅から 17:39発の東海道線に乗り、今電車で東京駅増まで向かっています これから 理研の賢い先生方による Python関連の講義を受けるため日本橋にあるという理研AIPというところに出かけるのです

楽しみだなあ