久々の Pythonネタ

Bokehという Pythonのライブラリの勉強を少しだけしました APIとかの変更が行われており、解説Blogでも 2016年のものではもう動作しません

最新のマニュアルを参照せねばなりません その結果こんなのできました

from bokeh.plotting import figure, output_file, show
x = []
import numpy as np
x = np.arange(0.1, 3.0, 0.1)

y0 = [i**2 for i in x]
y1 = [10**i for i in x]
y2 = [10**(i**2) for i in x]

# output to static HTML file
output_file("log_lines.html")

# create a new plot
p = figure(
   tools="pan,box_zoom,reset,save",
   y_axis_type="log", y_range=[0.001, 10**11], title="log axis example",
   x_axis_label='sections', y_axis_label='particles'
)

# add some renderers
p.line(x, x, legend="y=x")
p.circle(x, x, legend="y=x", fill_color="white", size=8)
p.line(x, y0, legend="y=x^2", line_width=3)
p.line(x, y1, legend="y=10^x", line_color="red")
p.circle(x, y1, legend="y=10^x", fill_color="red", line_color="red", size=6)
p.line(x, y2, legend="y=10^x^2", line_color="orange", line_dash="4 4")

# show the results
show(p)

これでできるグラフは下記のようになります

グラフ

しかもこのグラフ動くのです すごいですねえ

異常な社会 – 日本

全くどうなっているのでしょうか? なまじ日本が発展し、豊かになり日本という国が先人達の努力によりようやく今の位置に立っている、そんなことも忘れているのでしょうか?

バカみたいな規制 その規制にあぐらをかいて仕事をしているかの如き人々 やってられません

まあいいさ僕はそんな事態と不毛に戦い続けるつもりはありません 僕の興味はどんどん新しく湧いてくるのだかから 新しい興味に向かえば自分の心は平成でいることができるでしょう

でもこれから日本はこんなだからどんどん堕ちていくのでしょう

さて続き

そうそう 2月02日には治験薬剤溶出性ステントのために、Ferdinandが鎌倉に来られました 植え込み終了後、鎌倉でお食事、そして土曜日、日曜日と過ぎ、再び2/05には Ferdinandを鎌倉にお迎えし、外来終了後に治験DES植え込み、そして火曜日はTAVI、水曜日 つまり2/07にはメールでT-Siteから修理が上がってきた、との連絡があり、その日夕方の便で札幌東徳洲会病院に入り、治験DES植え込み予定でありましたので、急いで T-Siteに行き、修理終了した MacBook Proを受け取りました もちろん3年間の Apple Careに加入してあるので、修理代金は無償でした

結局、本社工場でも修理できず、Logic Boardが交換されたのでした つまり中身が真っさらとなった、ということです 結局SSDのデータ全てが消失したのです この日札幌には古い Macと新しいのと二台を持ち込みました 重い重い

そして札幌で治験DES植え込みしてから、部屋で TimeMachineでrecoveryしたのです これには10時間かかりましたよ その後、さらに新しいファイルをHDよりリカバーし、結局マシンは修理以前の状態に戻りました

本日は緊急症例に対してPCIを自らしたのですが、以前苦労して治験を行いつい最近承認されたDESの市販後初めての本邦植え込みをしました 全く世の中には治験を軽んじる人や会社が多くて困ったものです ばっかみたい

最近は Pythonもどんどん Version Upしていて現在の最新版は 3.6.4です すごいですねえ

すごく大変な一週間

とてもとても忙しくその忙しさは我を忘れるほどのものでした

先週の土曜日2月3日にそれは始まります どうもMacBook Pro2016年版の調子が悪いとここ数ヶ月間思っていました その症状というのは(1)明らかに速度低下している (2)4つあるUSB Type C portsの内の少なくとも2つでは充電できない (3)それと一つは重なるもののその他の一つの portではそもそも USB Type Cを接続しても認識できない といったものでした

これがソフトのトラブルなのかハードのトラブルなのかそれは分かりませんが、何れにして「故障」であると考えていました 問題は何時修理に出すか? なのでした だってその間この Mac使用できなくなり、それは業務に大きな支障を来すことが予想されるからです

もちろん複数の Backupをとっています 一つは重要ファイル 僕の場合 ~/Documents/, ~/Sites, ~/Osirix Data/, ~/Pictures/, ~/Music/, ~/各種講演/ なのですが、それをファイル単位というかフォルダー単位での backup、そして次ぎに CCC (Carbon Copy Cloner)での起動可能な backup、そして TimeMachineでの backupなのですが、それを行っています

そういう訳で思い切って 2/03に藤沢にある湘南T-Siteのに中の「カメラのキタムラ」そこが、Appleの authorized 修理センターにもなっているのでそこに提出しました

かっこいいお兄さんが相手をして下さったのですが、一時間ぐらいかけてようやく「故障」と認定してくれ、結局そこでは修理できないとのことで、Appleの正規工場に配送となりました

 

ということでこの続きはまたね

いやはや大変です

さて購入後1年2ヶ月ぐらいしている MacBook Proですが、全て Type C connectorになっていて何ともやりにくく、またKeyboardもペチャペチャとキーを打つ度に気に入らない音がするし、何しろキーを打ちにくい

おまけに何時の頃からか 4つある Type Cが一つ、二つと反応しなくなってきたのです 最初は電源供給できなくなり、その内 USBを認識しなくなりなのです

土曜日に思いあまり湘南T SiteにあるApple正規修理代理店カメラのキタムラに持ち込みました お兄さんは小一時間調べ僕が指摘した症状を確認、当然のことながら原因特定できませんでした

それで結局 Apple修理工場に運ばれることになりました こんなだったらば、Appleと直接やり取りした方が早かった

それで本日は backup filesを以前使用していたMacBook Proにコピーして、さらにアプリもupgradeしてもう夜遅くなりました うーん大変です

ああ辛かったけど何とかやり遂げました

昨日金曜日には外来終了後、珍しく自分でPCIをしました というのも理由があり、新しい薬剤溶出性ステントの日本導入にあたり、僕が operatorとして治験症例の治療をさせて頂いたからです

全く新しい概念の薬剤溶出性ステントです 薬剤溶出性ステントそのものはこれまでのものと同様なのですが、delivery systemが異なるのです Kiemeneij先生もわざわざオランダから飛んで来られました そして今朝も一例治療したのですがそこにもKiemeneij先生が来られました

昨夜は実は 19:00より横浜で開催された比較的大きな研究会があり、そこの出だしての Opening Remarkを述べる予定だったので、18:00に湘南鎌倉総合病院を出発し、タクシーで横浜駅前のホテルに移動 結構ぎりぎりで到着し、19:10頃より10分程度の挨拶をしたのです そしてそれからすぐに再びタクシーで鎌倉のお寿司屋さんに移動し、20:00から Kiemeneij先生を囲んで楽しい食事会でした

今朝は一例治療させて頂き、そのあとまたすぐに多数の論文を読み、そしてそれを消化してプレゼンにして、それらの蓄積物を大船駅から東京駅の移動の電車の車内で分類、修正してさっき 13:00 – 14:00に無事大作の講演をしたのです

現在は再びタクシーを飛ばし、辻堂の湘南T-Siteにいます 実はこの MacBook Proは4つの Type C portがあるのですが、一つずつ順に異常を呈し、現在は2つしかまともに作動しなくなっているのです なんてことでしょうね ひどい話です

何しろ電源もこの Type C portを使用しているのでこのまま病勢が進行すれば何れ充電もできなくなりそうです こんなこと以前の Macでは考えられないことです どうしたのでしょうか Appleは

あーーーっ 追われている

ものすごく追われています 幾つかの講演会が重なり、その準備に追われているのです 好きなプログラミングも少しお休みです

ただ、こちらもタダで転ぶつもりはありません この機会に、自分の不得手な分野について急速に知識を高めるために勉強しながら講演会の準備をしています 論文を読み、忘れない内にすぐにそれからPowerpointの発表を作成し、そしてまた次の論文に移る、その中で現在進んでいるおおまかな流れが理解できるようになり、一つの壮大なストーリーが出来上がる筈なのです まあうまく行けばなのですが・・・

ところで、昨日札幌の夜は冷え込みましたが、空は晴れ、星も見えていました そしてそしてついに生涯で初めて「皆既月食 – Blue and Pink Moon」を見ました iPhoneで写真も撮りましたが、あまりにも小さく写り駄目です

そして昨夜も 3:00AM頃まで一人勉強と、Powerpointの作成です 今朝は8:30AMに札幌東徳洲会病院心臓センターに登場し、それからカンファランスそしてTAVIを行いました そのまま羽田に飛び立ち、現在は羽田 Excel Tokyu Hotelの喫茶で時間調整中なのですよっ

うーん 追われっ放しで辛いなあ