ああ辛かったけど何とかやり遂げました

昨日金曜日には外来終了後、珍しく自分でPCIをしました というのも理由があり、新しい薬剤溶出性ステントの日本導入にあたり、僕が operatorとして治験症例の治療をさせて頂いたからです

全く新しい概念の薬剤溶出性ステントです 薬剤溶出性ステントそのものはこれまでのものと同様なのですが、delivery systemが異なるのです Kiemeneij先生もわざわざオランダから飛んで来られました そして今朝も一例治療したのですがそこにもKiemeneij先生が来られました

昨夜は実は 19:00より横浜で開催された比較的大きな研究会があり、そこの出だしての Opening Remarkを述べる予定だったので、18:00に湘南鎌倉総合病院を出発し、タクシーで横浜駅前のホテルに移動 結構ぎりぎりで到着し、19:10頃より10分程度の挨拶をしたのです そしてそれからすぐに再びタクシーで鎌倉のお寿司屋さんに移動し、20:00から Kiemeneij先生を囲んで楽しい食事会でした

今朝は一例治療させて頂き、そのあとまたすぐに多数の論文を読み、そしてそれを消化してプレゼンにして、それらの蓄積物を大船駅から東京駅の移動の電車の車内で分類、修正してさっき 13:00 – 14:00に無事大作の講演をしたのです

現在は再びタクシーを飛ばし、辻堂の湘南T-Siteにいます 実はこの MacBook Proは4つの Type C portがあるのですが、一つずつ順に異常を呈し、現在は2つしかまともに作動しなくなっているのです なんてことでしょうね ひどい話です

何しろ電源もこの Type C portを使用しているのでこのまま病勢が進行すれば何れ充電もできなくなりそうです こんなこと以前の Macでは考えられないことです どうしたのでしょうか Appleは