DCより帰国して

さて水曜日夕方には鎌倉まで戻ってきました ということは、二泊四日のアメリカ行きということになります 今回もインタペ界の世界の錚々たるメンバーと同席し、辛い英語の洪水の中で有意義な討議をしました もちろん僕もそれなりに発言しましたよ

さて、この間色々と演題登録システム構築する中で、不思議な事に気づきました

以前は入力フォームの内容正当性チェックするためには、いちいち JavascritpないしjQueryを用いてプログラムを書かねばなりませんでした

たとえば、email入力に対して、emailとしては明らかにおかしもの 例として saito*shigeru.com などですが、これはサーバーに飛ばす前に frontendて弾いて欲しいですよね

またカラの値が入ってはいけない入力ボックスもありますね そんなのは当然カラで入力されれば弾く必要があります

実際このようなプログラムの塊、それを人は Libraryとか Pluginとか呼ぶのですが、そのようなものは今でもインターネット探すとたくさん無償で公開されています

しかし、時代は急速に変化しつつあるのです、htmlの現在の規格 html5となり、フーォームでの入力に対して required という属性をつけることができるようになったのです 簡単ですね

ところがこれが動作しないことがあることに気づきました それは formの入力ボタンに

<input class=”btn btn-primary” type=”button” value=”Submit” onClick=”submit();”/><などとするとダメなのです

これを

これだとうまく行きます
<input type=”submit” value=”SUBMIT” />

面白いというか気をつけねばなりませんね ちなみに

<button type=”submit”>Submit</button> でも良い気がするのですが、これだと入力ボックスの中で改行できなくなりこれもダメなのですよ ややこしいったらありゃしない