TCT2018 – (2)

さて夜の睡眠はやはり 22:00頃就眠したものの、 14:30には覚醒してしまい、その後 眠れませんでした そして土曜日 9/22は 7:30AMに別のホテルにでかけました これはある薬剤溶出性ステント これに関しては日米欧州共同で治験および大規模臨床試験進行中なのですが、そのトライアルの Steering Committee memberとして会議に出席しました

そして 11:00AM – 12:30PMは HBDのセッションで座長をしましたが、とても良い議論ができました これはとても良かったです

このセッションが終了してから、会場より離れ、また別のホテルである会社の国際共同治験・臨床試験の打ち合わせをしたのです ここいら辺街一体は Gaslampという名前がついているのですが、多分昔はガス灯がたくまさんあったのでしょう 古いアメリカの面影が残るとても良い町並みです

さて、その街の中を見慣れない乗り物に乗り、高速で行き来する人々がいます 何と電動スクーターです

電動スクーターで走る人たち

かなりのスピードが出るのです とても危険な香りがします パトカーがあっても警官は特に咎めることもありません 違法ではないのですね このスクーターは何と IT化されていて、各車両には GPSが搭載され、現在何処に置かれているか、残存バッテリーはどれぐらいあるか 現在誰かが搭乗しているか などの情報がセンターに送られ、そこで適切に管理され、登録してあると最低料金一ドルで乗れて、そらにあるスクーターで空いていれば、何時でも搭乗することが出来、また何処に乗り捨てても良いということです どうやら何社かが既に参入しているようです

電動スクーターは歩道に置いてあります

いやあこれには驚きました そしてアメリカの規制緩和と、それにあいのりした型で新しいテクノロジーがどんどん開発されていることにアメリカという国の強さを感じたのです それに対して我が国は大丈夫でしょうか

さて、この日の夜は ホテルの中にあるSeafood Restaurantで食事しました

そして、その後 ラーメンを食べに行ったのです この San Diegoでもラーメンは流行っていて何軒かあるらしいのですが、この日行った店は、とてもモダンなガラス張りの店であり、とてもラーメン屋さんには見えません

モダンなラーメン屋さん

基本的に豚骨ラーメンですが、この日僕が食べたのは Veggie用のラーメンです つまり、スープも野菜出汁のもので、肉や魚を使用していないものです

Veggieラーメン

正直あまりおすすめできるものではありませんでした 何しろ味が無いのです

TCT2018 – (1)

金曜日9/21の昼過ぎに羽田空港に行き、羽田空港より Delta Airline LA行きに乗りました 9時間++でロサンゼルス到着しましたが、日本から出発すれば昼の便ということになりますので、やはり機内では 1.5時間ぐらいしか睡眠できませんでした そして、2時間の transitで LA -> San Diegoに同じく Delta Airlineで移動し、San Diego空港に到着したのは13:30頃 ホテル到着は 14:00頃でした この巨大な Hilton Hotel Bay Sideは学会場である San Diego Convention Centerに隣接してあります

San Diego Convention Center

もちろん San Diegoはアメリカ太平洋艦隊の最大の基地ですので、たくさんの軍艦が停泊しています この日も、巨大な航空母艦が二隻 対岸に停泊していました

二隻の航空母艦

少しホテルで休み、この日は 15:40 – 17:10まで Sessionの座長 (Moderator)および discussantをしたのです ぶっ続けです

そして、17:10 – 18:30は ある新規ディバイス これに関しては、日米共同で治験をする予定なのですが、そのディバイスの評価と今後の治験スケジュールの打ち合わせをしました このディバイスは一週間前にカナダ Vancouverで初めて患者さんに植え込まれたそうです

そして夜になってからは、あるアメリカの会社の方々、そして昔から馴染みの米国のインターベンションの先生であり、現在はその会社の CMO (Chief Medical Officer)の先生達と会食しながら色々なことを話し合いました 

今年の TCTは昨年 Denverで開催された時には史上最低参加者数だったらしいのですが、それとは打って変わり史上最大参加者数となりました またプログラム内容もより実臨床的なものとなり、ライブも盛りだくさんでした

今年のTCT