それぞれにとっての年月

自分も歳をとってきました 思えば、小学生の頃は一日がとても長く「早く明日になあれ」と毎日思っていました 明日になればまた皆の楽しく遊べるし、ご馳走も食べることができるかも知れない そんな期待で時間の流れが何時も遅く感じていました

しかし、この歳になり今はどうでしょうか? 今は、あっと今に一日が過ぎて行きます 結局自分の頭の中で「これぐらいはできる」とか思っていても、実は体力とか智力とかあるいは運気でしょうか 何しろ色々なことが自分のイメージと乖離して、その結果思っていたようにはできていない だから同じことをしながらすぐに明日になってしまう イメージの中では時間は同一に流れていても行った実績としては時間はあって言う間に過ぎていくのです

うーんバリバリで強気に満ちいた 30歳から 40歳ではどうでしょうか? あの頃は「これからの10年間 とっても長い時間が自分にはある どんなにか自分が色々なことを楽しみ、また進化していくのか」そんな期待に満ち溢れていましたよね

でも今となっては、「あと10年? そんな時間自分に残されているのかな?」そんなことを考えてしまいます

実際ある年齢の人の平均余命はプログラマの視点から言えば、これまでの生命予後の積み重ねと理論的考察から年齢を変数とした関数として定義可能な筈です 実際に同様の視点は確率されていて厚生労働省の Home Pageにも見ることができます

これによれば以下のような簡単な式で表されるようですね

平均余命計算式

ところが、この式、ぱっと見れば「おっ 自然対数の底が出てきている なんか科学という匂いがするなあ」と思いませんか?

違うのです 単に eというのは記号に過ぎず、自然対数の底 いわゆるネイピア数とは全く関係ありません 何か当たり前のことしか行っていません 要するに 「ある年齢 x歳の人々の平均余命」 = 「その集団の中で x歳以上の人々の人口 = 定常人口」を「その集団の x歳に達している人口」で割ったものに等しい と述べているのです 何だかこれってあまりおもしろくないですね そりゃあそれにより x歳の人が平均的に何年間生きることができるのか? という問いに答えることはできるでしょうか・・・ うーん 面白くない それにどうも本当にこれであっているのでしょうか? だって「人数」を「人数」で割れば、単位は消失してしまい、どうしたって「年」は出てきません ちなみにこのページでは実際に平均余命を計算しています ここの「平均余命の定義」は解りやすく 以下のようになっています

平均余命の定義を最初に説明します。まず、平均余命は年齢ごとに定まります。x歳の平均余命とは、現在x歳の人が平均してあと何年生きるかを表す数値です。平均と言いましたが、数学的に言うと期待値というものです。

このページで解説されている平均余命の計算は結構ややこしいですね 時間のある方はやって下さい

ところで何でこんなこと考えているか? と言えば 例えば、自分は経皮的冠動脈インターベンションの術者であり、冠動脈領域で治療をすることを天職の一つとしているのですが、こんなことを悩みました 「40歳の患者さんが左冠動脈主幹部を含む重症三枝病変であり、諸事情により冠動脈バイパス手術が困難で危険である時」このような時にも、もちろん患者さんのリスクは賭けるのですが、それだけか自分の医者としての自分の人生全体を賭けたリスクも取ることになるのですが、その時に「この治療で後何年間をその患者さんの人生にもたらすことができるだろうか?」 そんなことも考えます そして、「まだまだこの患者さんは少なくとも平均余命までの時間を得る権利がある」 そんなことも考えます 考えるだけでなく自分の心にとって大きな圧力となります

これが ご高齢の患者さんであれば、どうでしょうか? きっと自分は「今ここで亡くなられるようなリスクは犯したくない、そのかわりあと数年でも長く楽に人生を送って欲しい」と考えます

そして考えました、経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)の場合にはどうだろうか? TAVIにおいてはこの数年間いや1 – 2年間でけでもディバイスの改良、医学としての知識の蓄積の増大、それぞれの経験の増大に伴い、著しく手技に伴うリスクが減ってきました そして、今や全世界的にも外科的大動脈弁置換術のりクスが低い患者さんに対してもTAVIを行う方向に向かっています その結果TAVIの世界で起きていることは、明らかに適応拡大なのです 適応拡大の中にはこれまでは 80歳以上の方々を対象としてきたTAVIですが、次第により年齢の低い方々も対象とするようになってきました この流れの中でこれまでの議論に立ち戻れば、少なくとも術者としての自分から見れば、TAVIという治療の後に与えられる時間が長くなってきているので、結果的に よりゆっくりとした時の流れが残される、そのようにも解釈できます

何れにしても時間に対する感覚は絶対的なものと信じがちですが、実は相対的なものなのです 大切なことは、そのような自分の見方により変化する時の重みに対して常に時間の流れを大切に考えることかも知れません

睡眠不足

最近極度の睡眠障害に陥っています 意識が興奮状態にある、というかそんなことはなく常に眠たい ひょっとした時にコトっと眠りに陥ることも可能です そんなこと言えばまるで睡眠時無呼吸症候群(SAS)ですね

いや実はそうではなく、色々なことに常に頭をとられ、あれをせねば これをせねば、とか 色々な「あの時ああすれば良かったのでは?」とか。過去に対する後悔と反省 「自分は何をやっているのだろうか」「このまま自分はどうなるのだろうか」とかいう不安

これらの心の暗闇が睡眠を押しつぶし、その圧力の中で覚醒してしまうのです 決まってその直前には夢、決して悪夢ではないのですが、夢を見ています

何時からこんな状態に陥ったのでしょうか? もう数ヶ月あるいは一年二年かも知れません

今朝は仕事で何時もより一時感早起きし、今 新幹線で関西に向かっています きっと午前中で仕事が終わり、その後また鎌倉に戻ります 途中の新幹線で眠れるか?

HorliXの最新情報

今朝深夜に情報入手しました HorliXにおいて不具合がありましたが、すぐに解決法が公開されました それは JPEGtoDICOMというプラグインです 読んで時の如しで JPEGファイルを DICOMファイルに変換するプラグインでしょう 「でしょう」というのは無責任ですが、自分では使用したことが無いのです すみません

その解決法は HorliX作者の Airさんのブログで公開されています 簡単ですね

ストレス? 乗り越える歓び? それとも

そりゃあまあ僕ほど公開の人前でしかも世界中で困難な症例の経皮的冠動脈インターベンションを行い、その多くを成功に導いてきた人間はいませんよ

それは断言します だって実際にこの世界に飛び込んでから既に 37年間もどっぷりです こんなに長くこの魑魅魍魎とした世界で生き延びている人間はいないのです

つい先日もあるアメリカ人の Cardiovascular Interventionalistからメールをいただきました 「友よ、長い友よ、自分はこの世界から抜ける、そしてあるメーカーの幹部になる、それでも友情は変わらないでいて欲しい」という内容でした

もちろん僕の返事は “Absolutely, you are my friend forever.”というニュアンスのものでした

翻って自分には才能が無いためか、この世界で蠢いていることが人生なのです

その反動で今でも色々なところから「これは不可能でしょ」などと思えるCDが送られてきます それはストレスです でも それを乗り越えて行く時の歓びというのは魅力的です うーん これって中毒的自虐的嗜好ですねえ

と言いながら 既に心はプログラミングの世界に ではバイバイ

今日は数ヶ月ぶりの日曜日

いやあ久しぶりにゆっくりと休んでいます 本当に何ヶ月間も休みが無かったのです そんな中今日は朝からゆっくりと日曜日です 「日曜日には何をするか?」ですか、決まっています ネットで本日休店でないことを確認して、自宅近くの「ブックスペース栄和堂」にいるのです

残念ながらこの店は 10月25日をもって閉店するそうです なんでも大家さんが建て替えを決定したとのことです まあそうは言いましても目の前には広大な JR大船工場跡地が広がり、そこは未だ原っぱのままです 数年内に鎌倉市役所などの公共施設と何処かの大学が移転してきて、近くには JRの新駅もできるという噂です そうなれば、この地域は鎌倉で一番地価も上昇する土地となるでしょう そんな予測もあって立ち退きになるのかも知れません そらには目の前のボーリング場も先日の台風に被害を受け、台風の後は営業を中断しているとのことでした ここも立ち退きになるのかも知れませんね 時代はどんどん変わっていきますね

そうそうそして今日はその栄和堂で 12:30より籠もっているのです 例によってプログラミングをしながら本(Kindle)を呼んだり僕の大好きな「まったりとした」時間を過ごしています 今読みかじっている本はこれです

はじめてのLISP関数型プログラミング

LISPというコンピューター言語はほとんど FORTRANに次ぐ古くから開発された言語です しかし、その独特の表現 – カッコの羅列 のためになかなか素人には馴染みがないもので、僕にとっても例外ではありませんでした

しかし、LISPは古くから純粋関数を用いた関数型プログラミングを提唱し、その流れをいくつかの言語、特に現代の Web開発では必須の言語である Javascriptにもその系譜がつながっているのです

関数型ブログラミングの中で特徴的なのは Closureやらラムダ計算 (λ計算)、あるいは無名関数というもの、そして方法論としての monadoとかいう言葉です これらを知っているか知らないでいるか、そこには多分 ずっと日本国内にとどまっているか あるいは外国を渡り歩いているか それぐらいの違いがあるのです

もっともこの本の中のある一文を引用すると「しかしラムダ計算を知っていることで見栄を張ることはもちろん、関数型プログラミングの本質に迫れます。」ということも事実なのです 少なくとも僕は見栄を張りたいですねっ

HorliX解説 – より正確な内容に

HorliXのアイコン – カッコいいね

さあ Macユーザーの皆様方 、HorliXを既に AppleStoreで購入されましたか? 未だの方 あるいは購入の仕方が分からない方は、僕が以前 upしたブログ記事をご覧下さい

以前も紹介しましたように、HorliXは OsiriXの OSS (Open Source Software)から分離した(Falkした) Horosという DICOM Softwareがあるのですが、そこからさらに Falkしたものです

Falkしたと言ってもその作業は Air様一人で 2018/05月頃より開始され、二ヶ月ぐらいで公開できるレベルにまで持っていかれ、そしてあの厳しい適合基準をクリアしないと掲載されない AppleStoreの審査を見事パスされ公開された非常に安全で信頼度の高い DICOM Softwareなのです

ここからは Air様と直接お会いして伺った情報も含んでいます

Apple Computerは今年の夏前に MacOSでの 2D/3D描画にこれまで用いてきた OpenGLという画像描画のための共通ルーチン、これはOSSとして開発されているものですが、その採用を突然やめ、Appleが自ら開発した Metalという Framewarkにすると宣言したのです これによりこれまで OpenGLを用いていたソフトの全てが将来的に使えなくなるのです

Appleはその技術レベルの高さ、皆からの信頼、内容の優秀さ、速度の素晴らしさなどから世界に冠たるものとなっており、Appleが宣言すれば皆右に習うをせねばならないのです

このため現在 Macのソフトを開発しているメーカーは大騒ぎとなっています 何故 Appleはこのような高圧的宣言をしたのでしょうか? それは主要な部分を隠蔽化することにより、高度なセキュリティを確保したいからだと思います でも正直大変なのです

そして、さらに Appleが推し進めているのが、ユーザーが試用するアプリも、全て SandBoxという一定の閉ざされた領域に閉じ込め、悪い動作をしないようにする戦略です また、ソフトの全てを 64 bits化することでした これにより色々なビットに Appleでしか分からない意味付けをできるようになるでしょう このような根本的な大掛かりな対策により Appleは高度なセキュリティを確保しようとしているのでしょう

何れにしてもこれらの要件を満たさなければ AppleStoreの審査に通らなくなったのです これらの大きな障害にも関わらず Air様は HorliXを見事 Apple審査に合格させたのです すごいですねえ

何で HorliXが完全に日本語化できないのか? という質問もありますね これの真相は、実は Appleが作成し、公開しているソフトウェア開発のための IDE (Integrated Developping Environment; 統合開発環境)である、Xcodeに内在するバグが原因らしいのです 所詮欧米メーカーは unicodeへの対応に消極的であり、結果として日本語を完全に入れ込むと HorliXが落ちてしまうらしいのです この問題は既に皆が認識しており、また HorliXだけで見られるものではないらしいのです まあ皆さん方 暫く待ちましょう

Air様はこれからも Plug-inなどの形式を用いて機能を充実して行かれる方針です ただし、その機能が本当に使われるものである、という前提が必要です 皆様方も本当にその機能が必要で、かつ皆が使うであろうものであれば、HorliXを良くしていくためにどんどん意見をアップして下さいね

いるかの棲む闇

本日は前から楽しみにしていた あの HorliX開発者の Air様と 7:30AMより病院でお会いしました この才能豊かな天才的 Software (+ Hardware) Engineerとは以前、僕のブログに掲載していた DICOM Viewerの C++で書いた Windows用プログラムを見つけられ、それで継がりができたのです

前からお会いしたいと思っていたのですが、なかなか僕も時間がとれずついに本日となりました

実際のAir様とお会いしました!! (わざと顔はぼかしてあります)

お会いして色々なお話をしました 技術的レベルは彼がエベレストの頂点近くにいるとすれば、僕はようやく鎌倉の六国見山頂上ぐらいにいるレベルでしょう それほどに知識、経験、頭脳、根性、反骨心 それら皆が数段上なのです 何しろ僕は自分のことを「壮年は過ぎたアマチュア・プログラマ」と謳っているぐらいですから・・・

まずはご出身について伺いました 何と彼は新潟県のご出身でその後、筑波大学理工学部物理学科を出られたそうです この時点で既に物理学、特に電磁力学などの素養と、プログラミングの素養、そしてハードウェアを操る素養を身につけられたようです そして卒業後は技術系会社に就職され、そこで実地での開発仕事を行われ、そこでも高度なプログラミング能力を否が応でも披露することになったようです そしてその頃より当時日本国政府が音頭を取り、某国立大学の当時教授が旗印となり鳴り物入りで立ち上げた「日本国統一電子カルテ構想」にも関わるようになったようです そう あの「開いたイルカ」プロジェクトです 僕が勝手に描いている物語かもですね

そうそうご存知無い方も、「開いたイルカ」を英語に置き換えたものを検索すればこれが何かはすぐに分かるかと思います このイルカさんが棲んでおられる場所は相当に闇かもですよっ

僕自身のことを言わせて頂けば、電子カルテについても以前より興味があり、そこの基本的データ表現には MML (Medical Markup Language)という XML (eXtensive Markup Language)と本質的に同一のものすごく冗長なデータ記述言語が用いられ、それが故にどの電子カルテもデータに関しては互換性を保てる、そのようなことは知っていました そして、何と東京の産婦人科の開業医の方が御自分一人で Java言語を用いて電子カルテシステムを構築し、それを皆に公開していることも知っていました そこに持ち上がったのが「開いたイルカ」プロジェクトです でも僕から見ればこのプロジェクト最大の問題はその中心となっておられた錦の御旗の先生ご自身があまりプログラミングに詳しくなく、実際には一行のコードも書けないのではないでしょうか? その結果起こったことは、錦を担ぎ上げ、それで商売するソフトウェアの方々が増えてきたのです その中には北海道の某技術工業系大学の先生方もおられました その方々はもちろんコードをご自身でかける方々でしたが、やはり中心の先生がグイグイと技術的に引っ張れないとこのようなプロジェクトはどうなるのでしょうかねえ

結果的にこの「開いたイルカ」プロジェクトは今は落日でしょうか その一方で例えば湘南鎌倉総合病院の属する徳洲会では既に全国統一大規模電子カルテシステムが稼働し、そこから big dataも収集できるのです この電子カルテは「開いたイルカ」プロジェクトとは関係ありません 徳洲会がこのような状況ですから、「開いたイルカ」のシェアはどんどん低下し、結果的に開発力もどんどん低下し、やれることは政治的な圧力を加えることのみでした

そして何と Air様はそのような圧力の真っ只中に放り込まれ、一時は「Air死亡」という噂を流して自分の身を守らねばならない程に追い込まれたということです 恐ろしいですねえ 国家権力をバックにえばるのはやめて欲しいですねえ

そうそうそのようなことも影響してでしょうか、Air様は何とその後 某大学医学部の入学試験を受験され、見事通過し、その後6年間 その大学で医学生として学び、医師国家試験にも合格し、その後、某診療科で有名な某公立病院で某診療科医師として研修され、さらにいくつかの国家資格を取得されました 現在でもその診療科医師として活動されています

何で僕自身が自らの言葉でこのようなことを言えるのでしょうか? 実は先にも言いましたように電子カルテシステムについては以前より興味がありました そのため、わざわざ京都にも出かけ、その方面の会合にも参加し、勉強してきました そして、ある時 呼びかけがあり、手を挙げた人のみが某国立大学別邸に集まり、電子カルテの会合を持ったのです そこには錦さんや、その他の 何でしょうか取り巻きでしょうかねえ そのような方々が 10名ぐらい集まられ、特に参加に関して制限が無く、事前に申し込んであれば参加できたので参加した僕なんかは、ものすごい疎外感を感じました そして、「あー これは決して開いた ものではない、ガチガチに外を排除するものだ」と感じたのです この時の僕の感覚はとても鋭かったですねえ 今から 5年前の 2013年のことでした

さて Air様はその一方でエンジニアとして活動も再開され、HorliXの開発に入ったのです

ものすごいですねえ 壮絶な人生でカッコいいですねえ ちなみに年齢は僕より 18歳若いです 羨ましいな

久方ぶりのPCI

昨日は午前中鎌倉で外来診療 結構色々な問題を抱えた患者さんが新患として多く受診されましたので、時間がかかりました 急いで自宅まで自転車で一旦戻り、そこから羽田空港に

そして 16:00羽田発の千歳行きに搭乗し、札幌東徳洲会病院に到着したのは 18:30 そこから打ち合わせし、それから予定的なPCIを一例行いました うーんひょっとして 9/12にヘルシンキ大学附属病院で慢性完全閉塞二例を治療して以来ではないでしょうか

患者さんは重症大動脈弁狭窄症の患者さんで実は来週TAVIを予定していますが、その術前検査で何と左冠動脈前下行枝近位部、左冠動脈回旋枝中程でどん詰まりの慢性完全閉塞だったのです 奇跡的にも右冠動脈から微かな蛇行の激しい心外膜経由の副血行があり、そこから左冠動脈前下行枝や左冠動脈回旋枝が血液供給されているのです これってすごい重症ですよね

昨日は 18:45頃いや 19:00でしょうか その頃より開始しました 流石に両側経大腿動脈的インターベンション 7Frで入りましたよ 最初狙った右冠動脈から左冠動脈回旋枝の逆行性アプローチは途中でコイル状に蛇行した部分で不通過、次にもう一本の副血行路を狙い、ここから逆行性アプローチに成功し、左冠動脈回旋枝に一個 2.75mm薬剤溶出性ステント植え込みました そしてそのまま右冠動脈からのかすかな中隔枝経由の左冠動脈前下行枝への逆行性を狙ったのですが、蛇行が強く全く不可能でしたため最後に順行性をトライしました UB3 -> Gaia Next 3とパッパッとワイヤーを切り替え、何と順行性に長い慢性完全閉塞を通過したのです そしてこちらには 38mm 薬剤溶出性ステントを植え込んで結局冠動脈は悪い部分が無くなってしまいました

しかも 20:30よりも前に終了し、造影剤も 150mlぐらいしか使用しませんでした いやあ 久しぶりに慢性完全閉塞の治療すると少し high tensionになりますねえ やっぱり僕はインタベ医者ですね