嵐のようなこの一週間

とてもとても疲れ切り、ブログにアップする気力も体力も無くなっていました でも、そのまま放置すれば歴史から消えてしまう そのように思い、書くことにしました

前回のブログは、2/12に書いたでしょうか

その次は、2/13から始めねばなりませんが、その数日の記憶が欠落しています やはり、僕の 69歳誕生日 2/15から始めねばなりませんね その日は、朝はやく東京駅まで出かけたのです そして、8:45AMには東京駅丸の内口にある、かつての東京中央郵便局跡、現在は、JP Tower + KITTEとして華やかな場所に変わっています そう言えば、僕が高校一年生の頃だったと思いますが、冬休みにこの東京中央郵便局に友人二人とアルバイトしに行きました 小包の仕分けです 今から、55年近く昔の話です なんかいまでもまったく雰囲気変わっていませんね

そして金曜日 2/15 9:00AMより PCR TokyoValves 2019の Preparatory Meetingが開始となりました そして、 14:00からはいよいよ本会の開始、Imaging Dayが始まりました

ところが、ここで大問題、朝急いで自宅から東京駅まで出てきたため、忘れ物をしていたのです 一つは携帯電話、2つ目が 何とカード類だったのです これで一日以内乗り切るのはOKですが、それから数日これで乗りかるのは危険でした そのため、 13:00に意を決して一旦自宅に戻ることに決めました 各所に電話しようと思ったのですが、何しろ携帯電話が無い!!!

流石に東京駅周辺ならば公衆電話が何処にでもあるだろう、と思ったのですが、それは過剰な期待でした 何しろ電話かけようとしても公衆電話がなかなか無いのです ホテルのドアマンに聞いてようやく「はとバス」乗り場に電話ボックスがあることをつきとめ、そこにいました でも問題は財布にあるのは100円玉と、札ばいり、仕方がないので100円玉で病院に電話し、何とか相談したのです でも、公衆電話ってお釣りは出ないのですね たかだか一分程度の電話に100円を払うことになりました

まあ過ぎたことは良いでしょう 結局自宅まで一旦戻り、すぐに東京駅まで戻り、15:30には Imaging Dayでの議論に加わることができましたそれにしても、今や現代人は電話機が無い、ということに対処せねばならないのだと実感したのです

土曜日、日曜日は TokyoValvesでとても忙しく過ごしました でもサプライズで僕は知らなかったのですが、突然誕生日祝いのお祝いがあったのです 驚きです

MySpeech
Cereblation
BirthdayCake

そして嬉しかったこと、以前鎌倉で働いておられたとても優秀で奇麗で、そしてその他の能力を持たれている看護師さん、今は神奈川県の他の病院で働いておられる看護師さん、いつもこのような会で再会できることを願ってきたのですが、その彼女と今回再開できたのです いやあ 嬉しかったなあ、とても奇麗で優秀で優しくて憧れの方です

今回の TokyoValvesは何と 980名の参加があったのです、やはり 1,000名の人々が一同に会すればいろいろな化学作用が発生します それが良い方向に向かえばいいですね

月曜日 2/17は何したかなあ 忙しかったなあ

火曜日2/18は朝緊急の腹部大動脈瘤破裂治療があり、TAVIなどの開始は 1.5時間遅れました その結果 10:45AM頃より開始となりました そして、TAVI3例を終えたのが 14:30頃、そしてその後の経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)開始が16:20頃より、でした これって最悪!!と思いますか?

そんなこと無いのですよ、きちんとクリップ植え込み、18:00前には手技終了したのです しかも僧帽弁閉鎖不全全く消失したのですよっ!!!!

その後、アクシデント ああ患者さんには関係ありません 患者さん達の経過はパーフェクトです そんなアクシデントのため帰宅したのは本日の 0:30AMでした

ですからとてもとても睡眠不足これから寝ねばなりません そして明朝 7:00AMにここを出発し、函館に飛ぶのです

爆速の経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)治療

日曜日夜 バングラデシュからシンガポール経由で帰国し、その翌日は休日でしたがバタンキュー 流石に強行日程と厳しい症例治療で疲れ果てました

本日火曜日は朝からTAVI 3例、それに引き続き Functional MRに対する経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)治療をしました かつて陳旧性心筋梗塞をおこし、その後冠動脈バイパス手術も他院で受け、それからずっと良かったのですが、大伏在静脈グラフトが閉塞し、それと共に慢性心不全となり、それまでの病院では打つ手が無いため、我々にご紹介となりました

当初は左室駆出率 30%を切り、それ故にMitraClip治療適応は無い、と判断していましたが、その後救急外来に呼吸困難のため救急受診され、そのまま入院となりました 入院後心不全の管理と諸検査により駆出率は改善し 30%以上となりMitraClipによる治療の是非を我々の Heart Teamで検討し、MitraClip適応と判断され、本日治療となりました

14:50入室、その後全身麻酔が行われ、結局 15:10頃よりいよいよ僕たちの出番 まずは右大腿動脈、大腿静脈穿刺し、そのまま経心房中隔穿刺左心カテーテル法のために Brockenbroughを行い、そのままMitraClip植え込みをしたのです、当初よりMitraClipは二個必要と判断し、一個目で僧帽弁閉鎖不全は軽減するも残存するためさらに予定通り一個追加し、僧帽弁閉鎖不全は結局皆無となりました そして 16:30には手技終了 素晴らしいできであり、爆速の手技でした あーあー 良かったなあ 素晴らしい

バングラデシュでの慢性完全閉塞ライブ

2月07日木曜日  激しく雪が降る札幌より飛行機に搭乗できるように急いで鎌倉に戻りました そして 08日金曜日は朝自宅を出発し、成田空港に向かったのです

そしてその次が2年後の 2017年2月09日のことでした この時の結構テロ直後で緊迫した様子はここでご覧頂けます

今回も BIT (Bangla Interventional Therapeutics)という学会・ライブがありそれに今回で三回目の招聘をされたからです 最初に招聘されたのは 2015年2月05日のことでした この時はテロの危険がありとても危ないエリアなので渡航自粛勧告が出ていた時です この時の様子はブログに upしていますので御覧ください

さてこの学会は今年で第9回目でありますが、本格的な学会になったのは 2015年からであり、それからインドのカルカッタと交互に毎年行われているのですが、ライブを行う本格的なものは 2015年、2017年そして今年とこれで三回目となります 何れも僕一人がライブ術者として招聘され、他の欧米やアジアからの招聘者は何れもコメンテーターや講演者としての参加です

講演

今回の目玉招聘者は前回に引き続いて Gary Mintz先生(USA)、Upendra Kaul先生(インド)、Angela Hoye先生(UK)そして僕でした

さて、今回も前二回と同じく United Hospitalのカテ室から衛星中継で学会場である Radisson Blu Dahka Hotelにライブが飛ばされました 衛星中継であり、予算的なこともあり放映時間は 14:00から15:00までの一時間きっちりと厳格に規定されていました

当日Rahman先生より頂いた情報では 48歳の労作性狭心症の患者さんで、左冠動脈回旋枝に二箇所 90%の狭窄を認め、メインの病変は右冠動脈midの慢性完全閉塞でした bridge collateralがあり左冠動脈よりの側副血行造影は認められませんでした よくあるタイプで右冠動脈の mid part丁度蛇行する部分の慢性完全閉塞であり、しばしば簡単に側枝に行くか、あるいは宣通してしまうタイプです 「これは難しいぞ」というのがシネを見ての印象でした

さて中継準備をされているのですが、なかなか手技に入りません 結局僕が手袋はめて清潔になったのは 13:45を回っていました 「これは大丈夫か? 時間があるか」と少し急ぎました 右経橈骨動脈的冠動脈インターベンションで入り、7Fr EBU3.5を左冠動脈にすばやく挿入し、放映開始前に Runthroughを左冠動脈回旋枝に通過させ、前拡張の後、薬剤溶出性ステントを二個植え込みました IVUSで確認しましたが良好であり、その頃放映がスタートしたのです

ライブデモンストレーション

案の定右冠動脈の慢性完全閉塞ではまずガイドカテを固定するために、慢性完全閉塞直前の RV branchに 2mm balloonを置いてアンカーとすることにしたのですが、NC balloonしかなく、蛇行した RV branchでアンカーのために拡張すると自然に右冠動脈近位本幹に抜けてしまいアンカーとはなりません それでも順行性に XTA -> Gaia-3と進めましたが、ガイドワイヤーは簡単に側枝に向かい全く話になりません 慢性完全閉塞の近位部はカチカチでした

「さあこれは時間切れかな? バングラデシュでの歴史的に三回しかこれまで行われていないライブデモンストレーションにおいて、過去二回成功した慢性完全閉塞の歴史もこれで終わるか」とも考えましたが、術者としては続ける以外ありません

最後に Conquest-Pro 30gを出して順行性に狙いました これが走行してガイドワイヤーは慢性完全閉塞を抜け遠位の真腔に到達したのです それから再度アンカーを試み、semi-compliant balloonがようやく一本見つかったのでそれを用いてアンカーかけ、1.25mm balloonが慢性完全閉塞を通過し、結局右冠動脈も二個の薬剤溶出性ステントを植え込み素晴らしいできとなりました ここでライブデモンストレーションは丁度終了となり、相変わらずの幻を見たか? と誰とも思わざるを得ない白熱した時間厳守の、しかも非常に困難なライブデモンストレーションが終わったのです

スタッフ一同

それはそれは会場もカテ室も興奮です そのあとホテルに戻り休んでからダッカで行きつけの高級日本料理「泉」で夕食をとり、今はダッカ空港からシンガポール空港ラウンジに戻ったところです 今回のバングラデシュ滞在は 22時間でした また二年後 BITでライブデモンストレーションに訪れることを皆に誓ったのです

Haskell programming 初歩の初歩

先述の直角三角形の三辺長さを求めるプログラムですが

let rightTriangles = [(a, b, c) | c<-[1..10], a<-[1..c], b<-[1..a], a^2 + b^2 == c^2, a + b + c < 25]

とすればきちんと動作します 動作させるためにはまず Haskell compilerを MacBook Proにインストールします それは簡単にできます そしてインストールされたならば terminalから

$ghci

と打ち込みます これにより Haskell compilerの対話モードが起動しますので待受が変わります

Prelude>

という待受になりますので さっきの正しいプログラム文を打ち込めば直感三角形の三辺の長さがタプルというデータ形式で表示されるのです

Prelude>let rightTriangles = [(a, b, c) | c<-[1..10], a<-[1..c], b<-[1..a], a^2 + b^2 == c^2, a + b + c < 25]
Prelude>[(4,3,5),(8,6,10)]

きちんと直感三角形の三辺の長さが二組出力されていますね

ここまではめでたしめでたしですが、ここに至るまでに数日間を必要としました そして次の問題が・・・・・・

気がつけば February!!

あれっ? て気がつけば2月になっていました 何だか色々なことがあり、本当に疲れ切ってこの間に時間が流れていることを意識できませんでした

また、「世の中 矛盾に満ちているよなあ」ということがいくつかありました 「もうやってらんない チャブ台ひっくり返してやる」と思うことがたくさんあるのです

そんな中で自分の心はもっと純粋なものに向かいます それは かねてより分からない、難しい、どうとっついて良いのか?? である Haskellへの挑戦です もっとも何回これまでこのような道を歩み途中で挫折して放り出したことでしょう それでも「純粋関数型言語」とか「モナド」あるいは「モノイド」、「ファンクター」「カリー化」などという何だか訳の分からない しかし魅力的な響きの言葉 これを理解したい そのように思い その象徴たる Haskellに挑戦です

Haskellはとても有名な言語ですが、やはり取り付くのは困難とされているものです しかしその先には意識の革命がある筈です もっともほとんど書籍が無いのです 僕が数年前にAmazonで入手した 「すごい HASKELL 楽しく学ぼう」という書籍がほとんど唯一のものです

この本ようやく購入後数年して読み始めました もちろん iPad Proで Kindleで読み出したのですが、一言で言えば「難しい!!」です

このように新しい言語を学ぶ時には実際にプログラムを書いてテストする作業が必要です しかしこれがなかなか動かない!!!

一つの文が動作するようになるために何日間も必要なのです たとえば本にも出ているのですが、「直角三角形の辺の長さを 1から 10CMの間の整数値で求めよ、しかも合計値が 25未満であるもの」というのがあります

これを Cあるいは C++あるいは Javascript、PHPなどで書くのはまず問題ありません ですが Hasellでは

let rightTriangle = [(a, b, c) | c <- [1..10], b <- [1..10], a <- [1..c], a^2 + b^2 = c^2, a + b + c < 25]

となります

しかしこれはエラーが出てコンパイルできません この解決に数日間要しました ばかみたいなことでした それは

a^ + b^ = c^ という文です これは2辺の二乗の和が長辺の二乗に等しいということを表そうとしているのですが、問題は゜ = です これはプログラミングでは代入を表し、イコールではないのです それが間違いだったのです こんなプログラム書く人にとっては当たり前のことを見落とし時間を無駄に使うのです どうも調子悪いです