だいぶん頭脳が Haskell脳になってきました

最近感じるのですが、これまでの半年間以上に渡る苦闘の末に、いやまだまだ末ではないのですが、自分の思考がなんだか変わりつつあるのを自覚するようになってきました。要するに Haskell脳になってきているのです。もっともその道のプロの方から見れば「赤ちゃん」のように幼稚な脳でしょうが、それでも変わりつつあります。

そのように自覚するのは、別に Haskellの勉強をしたり、プログラムを書いたりしている時ではないのです。日常生活で、フト今までとは違った思考をしているのに気づくのです。ようやくここまで来ました

-- Haskellで書いた
--リストより先頭文字が一致した項目
--を削除するプログラム
-- remove0.hs

remove' hanbetsu [] = []
remove' hanbetsu (x:xs) = if hanbetsu x
                          then remove' hanbetsu xs
                          else x:remove' hanbetsu xs

test_array = ["apple", "banana", "avogado"]

このソースコードは remove0.hsとしてセーブされています。
これでターミナルから以下のように打ち込みます

$stack ghci

これによりHaskell Interpreterが立ち上がりますので以下のようにプログラムのソースコードである remove0.hs

Prelude>:l remove0.hs

とすることによりコンパイルされますそして

Main>remove' (\(x:xs) -> x == 'b') test_array

とすることにより”banana”のみ無くしたリストが得られます。

本日の陝西人民医院におけるPCIデモ

日曜日(9月08日)夜に陝西(せんせい: ShaanXi)省の省都である西安市に入りました これで西安を訪問するのは10回ではきかないでしょう。そして本日は朝講演を行った後、実際の患者さんの治療を二例行いました。二例ともなかなか厳しい症例でしたが、無事成功裏に終了しました。もちろん二例とも慢性完全閉塞の患者さんでした。何時来てもこの街は中華文明の粋が集まる美しい省都です。とはいうものの明日(9月10日)の 6:00AMにはホテルを出て北京経由で帰国せねばなりません。短い旅です。