本日のライブデモンストレーション

こちらの時刻で 3:00AM頃から、失われたデータの復旧に全力を尽くしました。幸いその後調べると backupが 5月23日までありましたので、幸いでした。そして、その後については、新規症例登録されると自動的に当方にメールで通知が来るようにプログラムを書いていましたので、それを拾って、登録日、登録施設、登録医師、そして BMS/DESの振り分け、そこのデータはありますので、そのデータを backupに追加することにしました。もちろん、これにはプログラムを書かねばならず、また、メールからそのようなデータにするためにも、正規表現を利用して必要部分だけ抽出する必要があったのです。

3:00AMから実に 13:00まで 12時間かかりきりで修正プログラムを書きました。折角なので、記録しておきましょう。

	require_once("**");
	require_once("**");
	$link = mysql_connect($db_host, $db_user, $db_password);
	if (is_null($link)) {
		echo "Cannot open MySQL!";
    	die("MySQL connection failed");
	}
	mysql_select_db($db_name);
	$result = mysql_query('set character set utf8');

	$handle = fopen("****.txt", "r");
	if ($handle) {
		$pt_id = 325;
    while (!feof($handle)) {
        $reg_date = fgets($handle);
        echo $reg_date."<br />";
		$register_no = trim(fgets($handle));
		$hospital = trim(fgets($handle));
		$sql = "SELECT * FROM `hp_tbl` WHERE **` = '".$hospital."';";
		$result = mysql_query($sql);
		$row = mysql_fetch_assoc($result);
		$hp_id = $row['**'];
		echo $hp_id.":".$hospital."<br />";
		$doctor = trim(fgets($handle));
		$sql = "SELECT * FROM `dr_tbl` WHERE `**` = '".$doctor."';";
		$result = mysql_query($sql);
		$row = mysql_fetch_assoc($result);
		$dr_id = $row['**'];
		echo "Doctor ID: ".$dr_id.":".$doctor."<br />";
		$is_des = trim(fgets($handle));
		echo $is_des."<br />";
		if ($is_des =="BMS") {
			$is_des = 0;
		} else {
			$is_des = 1;
		}

		}
		$sql = "INSERT INTO `pt_tbl` (*******) VALUES ('".
		$hp_id."', '".$dr_id."', '".$reg_date."', '".mb_substr($shorten_hp, 0, 15).$register_no."', '1', '".$is_des."');";
		echo $sql."<br />";
		mysql_query($sql);
		$pt_id++;
    }
    fclose($handle);

これによりデータを追加挿入して、さらに、そこから SQLの書き出しを行います。あっ、ここはローカルに作成したデータベースで行い、完全なコピーを作成できる SQL文を書きださせます。そして、そのSQL文を何もデータもテープルも無い、インターネット上のデータベースに読み込ませ、新たなテーブルとデータを作成したのです。

ここまで行なって、そして、ライブデモンストレーションに行きました。

病院は綺麗なスペイン病院 (Hospital de Espanolo)でした。症例は例によって慢性完全閉塞です。患者さんは 70歳の男性で、左冠動脈前下行枝近位部の慢性完全閉塞でした。

これに大して、両側大腿動脈アプローチ 7Frを用い、最初から逆行性に入り、素早く慢性完全閉塞を通過させ、丁度ライブデモンストレーション放映終了3分ぐらい前に手技を終了しました。ほとんど全行程を 45分間の中継時間で見せることができました。

そして、それから再びホテルに戻り、今度はデータを戻したことをそのデータを入れて頂いた先生方に通知メールを出すプログラムを書いたのです。この間、腕も頭も最高回転で使いました。何しろ時間の勝負でしたので・・・

これから夕食に行きます。疲れました。

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です