コスタリカ四日目その後

三例四か所の慢性完全閉塞病変を成功裏に終了して、ホテルに戻りました

ホテルには朝食時に毎回気になっていたのですが、良さげなイタリア料理がありましたので、未だ 15:30でしたが、そこに入り、ピザなどを頼みました。驚くべきことに、ピザは、生地の厚さ、載せるチーズの種類、用いるソースの種類、そしてもちろんピザに載せる野菜三種類と、肉・魚三種類を選択できるのです こんなピザ屋さん未だかって見たことありません。出てきたピザは期待にたがわず少なくともフィレンツェのピザよりはおいしいものでした。

ピザをたらふく食べた後、部屋で休み、1930になり、夕食のレストラン SAGA に行きました

このレストランは驚くべきグレードであり、内容はコスタリカ料理+和食+イタリアンのミックスでしたが、その味は相当おいしいと思いました。この席で、Dr. Gutierresと、Dr. Obonとずっと色々なことを話しました。コスタリカのこと、医学教育のこと、日本の政治のこと、などなど色々なことを話し、学びました。

Dr. ObonはCardiologyをされている父親の勧めもあり、Texas Heart Instituteに渡り、最初の一年間は Research Fellowとして過ごし、多分その間にアメリカの医師国家試験をパスし、翌年から三年間内科のFellowを行い、それから三年間 Cardiology Fellowを行い、それから二年間 Interventional Cardiology Fellowとして過ごし、そしてコスタリカに戻ってきたそうです とても優秀です。

彼はTexas Heart Instituteにいる時に、Costa Rica出身でTAVIの最初から関わっておられる何とかという先生の下でトレーニングを積み、経カテーテル大動脈弁植え込み術に関しても相当な知識を持たれていました

Dr. Gutierrezとはもっと社会一般のことについて話をしました とても有意義でした

そして今ホテルに戻り明朝早くの出発に備え、これから眠るところです

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です