後回しの秘訣

電子メールに振り回されるようになったのは、電子メールという手段を最初に手に入れた 1993年頃からです しかし当時は電子メールなんてそんなに普及していなかったのです、今のように何でもメールで収めてしまう、ということは無かったので、やはり直接会ったりして、連絡を取り合っていたと思います
これはある意味、「直接会う」という行為が律速段階となり、自然とリズムが人間にあったものとなっていました
しかし現在はどうでしょうか? どんどんメールが来て、自分も含め、送った方から見れば、「メール送ったのに、返事も無い、見てるのだろうか?」と、勝手に思い、受け取った方は自分も含め、「うっとおしいなあ、勝手にメール送ってきて」などと思ったりします。
これに対して究極手段は、題名と送り主だけ見て、重要そうだと思えば、「これ大切だから後で見よう」と、重要マークをつけて、そのまま後回しにすることです
これで、罪の意識も無くなり、しかもどんどん後回しにして、その内本当に重要なものだけ選択されるのです これって現在の Internet Tipsです

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です