本番に強いかどうか

以前より日本人は本番に弱い、練習などの規格化された物事を行う能力はとても高いけど、思いがけない事態に対応する能力、想像力に乏しい、と言われています

直近の例では、やはり今やっている冬季オリンピックでしょうか 森元首相が個人攻撃に近いような発言をされ、問題となってもいます

日本人は本来そのように本番に弱いのでしょうか? 僕には納得行きません もともと武家分化を長年培ってきた民族です そんな訳ありません やはり、ある時期の教育などが問題だったのではないでしょうか? このような発言すればまるで右翼的発言のように聞こえるかも知れませんが、誤解しないで下さい

僕自身外国で、ぶっつけ本番でとても困難な慢性完全閉塞の治療をしかもライブデモンストレーションで何回も行ってきました その時に何時も感じるのは、自分で言うのはなんですが、「自分は何て本番に強いのだろう」という感想です

さて例の森元首相の内閣総理大臣在任期間はと言えば、2000年4月5日から2001年4月26日だったそうです その頃、例えば 1990年9月25日生まれの浅田選手は 10歳というもっとも感受性豊かな身も心も素晴らしく成長する時だったのです あんな発言しておきながら、その元を作ったのは発言した自分自身が悪いのですよ

 

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です