4年ぶりのモスクワ

2002年に初めてMoscowを訪れて以来、これで丁度 10回目のモスクワ訪問です しかし、最後に訪れたのは 2010年6月でしたので、どれだけこの国が変化しているのか? それを知りたいと思いました

丁度 1991年に中国・北京を訪問してから、何十回も訪問する中で中国がめざましく変化していく様を体験できた、そのような体験をできると期待していました そうですねインドでも同様の体験をしています

何が変化したか? 卑近な例から言えば

  1. アエロフロートの飛行機・機内サービスが格段に良くなった 場合によってはJALよりもいいのではないかな? 飛行機だって、ツボレフではなくって、Boeing 777-300だったり、Airbusの最新型です
  2. モスクワの空港が格段に綺麗になり対応も良くなった
  3. 走っている自動車が日本車を含めた外国車ばかりになった
  4. 英語で会話をできる人々が格段に増えた
  5. とてもモダンな高層ビルが増えた

ということでしょうか さらに言えばこの10回目に参加している学会も、何と宿泊しているルネッサンス・ホテルで開催されているのも驚きですね これまでは、あの共産主義時代を彷彿するバカロフ心臓病センターの建物の中の講堂で行われていました

そうそう、ライブの映像を見ていたらば、マシンがGEや、シーメンスそしてフィリップスになっているのも驚きです これまでは見たこともないロシア製のマシンだったのです うーん驚き

昨日もお仕事しましたが、本日もこれから講演、そしてその後病院に移動して、ライブをします 病院の中がどのように変化しているか それも楽しみですね

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です